Facebookとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > Facebookの意味・解説 

エフ‐ビー【FB】

読み方:えふびー

《Facebook》⇒フェースブック


フェースブック【facebook】

読み方:ふぇーすぶっく

個人写真と名前とを掲載した名簿大学高校などで、学生お互いを知ることができるよう学年度はじめに配布する印刷物だけでなく、オンライン上の名簿についてもいう。写真名鑑

(Facebook)米国代表的なSNSソーシャルネットワーキングサービス)の一。2004年、フェースブック社(現メタ社)がハーバード大学学生向けサービスとして提供開始その後全米学生にも開放され2006年には学生以外も参加できるようになった2008年より日本語版サービス開始豊富なアプリケーションソフトや、さまざまな情報共有機能をもつ。FB


Facebook

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/20 00:42 UTC 版)

Facebook(フェイスブック)は、アメリカ合衆国のオンライン・ソーシャルメディアおよびソーシャル・ネットワーキング・サービスであり、カリフォルニア州メンローパークに本拠地を置くメタ・プラットフォームズ(旧: Facebook, Inc.)の旗艦サービスである。


  1. ^ Eldon, Eric (2008年12月18日). “2008 Growth Puts Facebook In Better Position to Make Money”. VentureBeat (San Francisco). http://venturebeat.com/2008/12/18/2008-growth-puts-facebook-in-better-position-to-make-money/ 2008年12月19日閲覧。 
  2. ^ Carlson, Nicholas (2010年3月5日). “At Last – The Full Story Of How Facebook Was Founded”. Business Insider. http://www.businessinsider.com/how-facebook-was-founded-2010-3#we-can-talk-about-that-after-i-get-all-the-basic-functionality-up-tomorrow-night-1 
  3. ^ Information For Parents and Educators”. Facebook. 2011年11月22日閲覧。
  4. ^ “Jim Breyer (via Accel Partners)”. CNBC. (2012年5月22日). http://www.cnbc.com/id/47387334/Jim_Breyer_via_Accel_Partners 
  5. ^ Kazeniac, Andy (2009年2月9日). “Social Networks: Facebook Takes Over Top Spot, Twitter Climbs”. Compete Pulse blog. http://blog.compete.com/2009/02/09/facebook-myspace-twitter-social-network/ 2009年2月17日閲覧。 
  6. ^ Geier, Thom; Jensen, Jeff; Jordan, Tina; Lyons, Margaret; Markovitz, Adam; et al. (2009年12月11日). “The 100 Greatest Movies, TV Shows, Albums, Books, Characters, Scenes, Episodes, Songs, Dresses, Music Videos, and Trends that entertained us over the 10 Years”. Entertainment Weekly (New York) ((1079/1080):74–84) 
  7. ^ Facebook 利用規約(Statement of Rights and Responsibilities)
  8. ^ Facebook、ユーザー数が8億人を突破したと発表”. ITmedia news (2011年9月26日). 2011年9月26日閲覧。
  9. ^ Facebookが10億ユーザー突破 ザッカーバーグCEO「驚きに満ちている」”. ITmedia news (2012年10月4日). 2012年10月4日閲覧。
  10. ^ “Facebook Tops Billion-User Mark”. The Wall Street Journal (New York). (2012年10月4日). http://online.wsj.com/article/SB10000872396390443635404578036164027386112.html 2012年10月4日閲覧。 
  11. ^ “Facebook: About 83 million accounts are fake”. USA Today. http://www.usatoday.com/tech/news/story/2012-08-03/cnbc-facebook-fake-accounts/56759964/1 2012年8月4日閲覧。 
  12. ^ “Five million Facebook users are 10 or younger”. ConsumerReports.org. (2011年5月10日). http://news.consumerreports.org/electronics/2011/05/five-million-facebook-users-are-10-or-younger.html 2011年5月15日閲覧。 
  13. ^ Sharwood, Simon (2012年11月9日). “Facebook warehousing 180 PETABYTES of data a year”. The Register. 2013年8月8日閲覧。
  14. ^ Facebook, Inc. Financial Statements”. Securities and Exchange Commission (2013年2月1日). 2013年2月1日閲覧。
  15. ^ “Birthday boy Mark Zuckerberg to get $100bn gift”. The Times of India. Associated Press. (2012年5月14日). オリジナルの2012年5月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120514180811/http://timesofindia.indiatimes.com/tech/social-media/Birthday-boy-Mark-Zuckerberg-to-get-100bn-gift/articleshow/13131192.cms 
  16. ^ “Facebook squeaks onto the Fortune 500”. USA Today. (2013年5月6日). http://www.usatoday.com/story/money/business/2013/05/06/facebook-fortune-500-2013/2139223/ 2013年5月19日閲覧。 
  17. ^ Facebook | 2012 Webby Award Winner”. The Webby Awards. 2017年11月15日閲覧。
  18. ^ 著書:The Accidental Billionaires
  19. ^ フェイスブックの資本政策”. blogos.com (2011年1月22日). 2019年12月9日閲覧。
  20. ^ Facebook公式ブログ(英語)より
  21. ^ Schubarth, Cromwell. Facebook completes move to Menlo Park HQ. Silicon Valley/San Jose Business Journal. American City Business Journals. 2011年12月20日.
  22. ^ STEVEN LEVYフェイスブックの「監督委員会」は、ザッカーバーグをしのぐ権限をもつことになる」『WIRED.jpコンデナスト・ジャパン、2020年5月13日。2020年5月26日閲覧。
  23. ^ 奥平和行「Facebookの独立監督委、デンマーク元首相らを起用」『日本経済新聞日本経済新聞社、2020年5月7日。2020年5月26日閲覧。
  24. ^ 佐藤由紀子「Facebook、不適切投稿を審議する外部組織「監督委員会」メンバー発表」『ITmedia NEWS』ITmedia、2020年5月7日。2020年5月26日閲覧。
  25. ^ 米フェイスブック、社名を「メタ」に変更 企業ブランドの刷新図る”. BBC (2021年10月29日). 2021年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月8日閲覧。
  26. ^ ロシア、メタを過激派組織に認定 Facebookなど禁止(写真=ロイター)” (日本語). 日本経済新聞 (2022年3月22日). 2022年5月18日閲覧。
  27. ^ Facebook、「Facebook Connect」の正式提供を開始 - CNET News.com(日本語版)
  28. ^ Facebook Watchに毎月12.5億人の訪問者”. TechCrunch Japan. 2021年4月24日閲覧。
  29. ^ 外部リンク、webcache.googleusercontent.comからのアーカイブ、2017年2月15日 09:10:04 UTC閲覧。
  30. ^ Facebook創業者来日、日本語版は成功するか? CNET JAPAN 2008年5月19日(2010-8-16閲覧)
  31. ^ “当然? Facebookから逃げ出す若者たち”. 読売新聞. (2016年6月22日). http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160622-OYT8T50037.html#1 2016年12月12日閲覧。 
  32. ^ これでアカウント完全削除!「Facebook(フェイスブック)」の退会方法”. ミライFAN. 2016年12月12日閲覧。
  33. ^ Facebookは日本でも覇権を握れるのか TechWave 2010年4月27日(2010-8-16閲覧)
  34. ^ 日本でFacebookがブレイクするために必須と思われる5つのポイント TechCrunch 2010年3月26日(2010-8-16閲覧)
  35. ^ “日本人は「透明なFacebook」に耐えられるのか?”. 日経トレンディ: p. 1. (2011年2月2日). http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20110131/1034333/?rt=nocnt 2016年12月12日閲覧。 
  36. ^ “日本人は「透明なFacebook」に耐えられるのか?”. 日経トレンディ: p. 3. (2011年2月2日). http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20110131/1034333/?P=3 2016年12月12日閲覧。 
  37. ^ SNS炎上が「バカッター」から「バカスタグラマー」へ変化中 | FRIDAYデジタル
  38. ^ 「AERA」2011年2月7日号、朝日新聞社、22ページ
  39. ^ ネットレイティングス株式会社、2011年9月29日発表
  40. ^ “facebookのユーザー数の推移をまとめました。日本の男女別利用者の年齢がわかります。”. ローンチ戦略プロデューサー 田邊佑介の日記. (2016年1月4日). http://www.sodateru.co.jp/blog/tanabe/facebook/facebook-data1512/ 2016年12月12日閲覧。 
  41. ^ 国内主要SNS”. gaiax-socialmedialab.jp. gaiax-socialmedialab.jp. 2021年1月12日閲覧。
  42. ^ 国内月間アクティブユーザー数:2600万人(2019年3月時点)”. blog.comnico.jp. 2019年12月8日閲覧。
  43. ^ Facebookが使えない国は?
  44. ^ フェイスブック、中国で利用急増 1カ月で7倍70万人:日本経済新聞
  45. ^ Facebook中国子会社の「設立撤回」に波紋、中国外交部がコメント
  46. ^ [1]インドのフェイスブック・ユーザー、1億2500万人に─6カ月で1300万人増
  47. ^ 日経ビジネスオンライン編集部 2011年2月4日(金) 世界を変えるフェイスブック革命 リアルを動かし始めた世界最大のSNSはグーグルを超えるか
  48. ^ TechCrunch Josh Constine Facebook Launches Verified Accounts and Pseudonyms
  49. ^ チョ・ドンウォン 2011年3月2日 韓国:FaceBookで『革命』? 監視されるな! レイバーネット日本
  50. ^ ニューヨーク・タイムズ2011年2月14日 en:Jennifer Preston Facebook Officials Keep Quiet on Its Role in Revolts
  51. ^ ダイヤモンド社 もしもムスリム同胞団がエジプトを掌握したら… 反政府デモの真相とムバラク後の中東和平 ~スタンフォード大学 ジョエル・ベイニン教授に聞く
  52. ^ Facebook、セキュリティーを強化 - Social Captchaと常時HTTPS接続を導入
  53. ^ モバイル端末にとって最も深刻な脅威はFacebook
  54. ^ [2]
  55. ^ http://84ism.jp/17708
  56. ^ http://www.assioma.jp/?p=3009
  57. ^ 米当局が市民の通話記録を大量収集、大手9社のネット監視も” (日本語). www.afpbb.com (2013年6月7日). 2019年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月10日閲覧。 “またガーディアン紙と米紙ワシントン・ポスト (Washington Post)が6日報じたところによると、NSAは2007年に開始された「PRISM(プリズム)」と呼ばれるプログラムの下で、マイクロソフト (Microsoft)、グーグル (Google)、フェイスブック (Facebook)、アップル (Apple)といった米インターネット大手企業9社のサーバーから動画や写真、電子メールを直接収集していたという。”
  58. ^ 米当局、グーグルなどIT大手のサーバーからデータ収集=報道」『Reuters』、2013年6月7日。2019年9月10日閲覧。オリジナルの2019年9月10日時点におけるアーカイブ。「同紙によると、NSAなどがサーバーにアクセスしている企業は、グーグルやフェイスブックのほか、マイクロソフト (MSFT.O)、アップル (AAPL.O)、ヤフー (YHOO.O)、パルトーク、AOL (AOL.N)、スカイプ、ユーチューブの9社。収集されているデータには、音声や動画、文書、接続ログも含まれるという。」
  59. ^ Google・Apple・Yahoo!などのサーバにある個人情報を直接のぞき見できる極秘システム「PRISM」とは?” (日本語). GIGAZINE (2013年6月7日). 2019年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月10日閲覧。
  60. ^ Greenwald, Glenn; MacAskill, Ewen (2013年6月7日). “NSA Prism program taps in to user data of Apple, Google and others” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/world/2013/jun/06/us-tech-giants-nsa-data 2019年9月10日閲覧。 
  61. ^ readwrite.jp「あなたの個人情報を引き出すフェイスブックの最新手口」
  62. ^ “社員がTwitterで他人の個人情報公開か エフセキュア「調査中」” (日本語). ITmedia. (2015年11月5日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1511/05/news070.html 
  63. ^ Keith Martin (2015年11月3日). “Thank you for your note. We are looking into this and will address as soon as we can.” (英語). Keith Martin. 2015年11月4日閲覧。
  64. ^ "Facebook、携帯電話のマイクから会話を収集して広告表示しているとの疑惑を釈明" Gizmodo Japan 2016年6月7日閲覧。
  65. ^ Facebook、「CAが集めた個人情報は5000万人ではなく8700万人」下院もCEOを公聴会に招請 - ITmedia NEWS
  66. ^ FB利用者情報流出、8700万人規模に 当初推定から大幅増” (日本語). www.afpbb.com. 2018年12月6日閲覧。
  67. ^ FacebookのザッカーバーグCEO、初公聴会を無難に乗り切る”. It media (2018年4月11日). 2018年4月15日閲覧。
  68. ^ 下院公聴会で「自分のデータもCAに売却されていた」”. It media (2018年4月12日). 2018年4月15日閲覧。
  69. ^ フェイスブック、日産に個人情報か 電話番号など、米紙報道 産経新聞 2018年6月9日
  70. ^ 日産、システム変更が理由と説明 フェイスブック利用者情報へのアクセス 産経新聞 2018年6月12日
  71. ^ Facebook、9月発覚の攻撃で1400万人の電話番号や勤務先などがアクセスされたと発表 - ITmedia NEWS
  72. ^ Facebookの5,000万人分の情報流出について、いま知っておくべきこと|WIRED.jp” (日本語). WIRED.jp. 2018年12月6日閲覧。
  73. ^ Inc, mediagene (2018年10月16日). “Facebook発表、今回のアカウント情報流出は3000万件、うち個人情報にアクセスされたのは2900万件” (日本語). www.gizmodo.jp. 2018年12月6日閲覧。
  74. ^ https://this.kiji.is/421237905324950625
  75. ^ “FB、パスワードずさん管理 数億人単位で暗号処理せず”. 日本経済新聞. (2019年3月22日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42758330S9A320C1000000/ 2019年3月30日閲覧。 
  76. ^ “フェイスブック、12年からパスワード閲覧可能 ずさんな管理態勢相次ぎ発覚”. 毎日新聞. (2019年3月22日). https://mainichi.jp/articles/20190322/k00/00m/020/179000c 2019年3月30日閲覧。 
  77. ^ パスワードの安全に関するお知らせ” (日本語) (2019年3月22日). 2019年3月30日閲覧。
  78. ^ Facebook、Instagramのパスワード平文保存件数を数万人から数百万人に修正”. 2019年4月19日閲覧。
  79. ^ Facebook、ユーザー150万人分のメール情報を意図せず収集との報道--対象者に通知、修正済み”. 2019年4月19日閲覧。
  80. ^ http://www.afpbb.com/articles/-/3100429?utm_source=yahoo&utm_medium=news
  81. ^ “Facebook bans Trump ‘indefinitely’”. The Verge. (2021-0-07). https://www.theverge.com/2021/1/7/22218725/facebook-trump-ban-extended-capitol-riot-insurrection-block 2021年2月27日閲覧。 
  82. ^ “Donald Trump Facebook Ban Decision Will Be 'Controversial' Says Oversight Board Member”. Newsweek. (2021年2月26日). https://www.newsweek.com/donald-trump-facebook-ban-decision-oversight-board-1572313?amp=1 2021年2月27日閲覧。 
  83. ^ 16歳の少女がFacebookで「花嫁」としてオークションにかけられていたことが判明” (日本語). GIGAZINE. 2018年12月6日閲覧。
  84. ^ Ehrenkranz, Melanie. “Facebook Took Two Weeks to Delete a Post Selling a Child Bride in South Sudan: Report” (英語). Gizmodo. 2018年12月6日閲覧。
  85. ^ Lomas, Natasha. “Facebookはプラットフォーム上での16才の花嫁オークションを防げなかった” (日本語). TechCrunch Japan. 2018年12月6日閲覧。
  86. ^ 「習近平」を「ミスター・くその穴」に誤訳、FBが謝罪” (日本語). www.afpbb.com (2020年1月19日). 2020年8月23日閲覧。
  87. ^ Russell, Jon. “Instagramの共同ファウンダーがFacebookを去った理由――ファミリー企業運営の舵取りは難しい” (日本語). TechCrunch Japan. 2018年12月6日閲覧。
  88. ^ 良心のため960億円の報酬を捨てたWhatsApp創業者ブライアン・アクトン、Facebookとの決別を語る” (日本語). GIGAZINE. 2018年12月6日閲覧。
  89. ^ Facebook傘下のWhatsApp創業者が退社へ 個人情報保護で対立との報道” (日本語). ITmedia NEWS. 2018年12月6日閲覧。



フェイスブック (人名録)

(Facebook から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/17 18:31 UTC 版)

フェイスブック(face book または facebook)とは、アメリカ合衆国のいくつかの大学で見られる、個人の写真と名前で構成された紙またはウェブ上の人名録のことである。特に、学生同士の交流のために、大学の運営者が年度初めに配布する出版物を指す。




「フェイスブック (人名録)」の続きの解説一覧

Facebook

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 05:21 UTC 版)

AKB48グループ」の記事における「Facebook」の解説

日本国内のほとんどのメンバー公式アカウント所持しないが、日本国外BNK48MNL48SGO48ではメンバー全員アカウント開設している。グループとしてAKB48AKB48 Team 8)、JKT48BNK48MNL48AKB48 Team TPTPE48)、MUM48SGO48アカウント存在するなかでもBNK48以降のグループ公式サイト更新極端に少なく、Facebookがメイン情報発信となっている。

※この「Facebook」の解説は、「AKB48グループ」の解説の一部です。
「Facebook」を含む「AKB48グループ」の記事については、「AKB48グループ」の概要を参照ください。


Facebook

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 05:36 UTC 版)

ピーター・ティール」の記事における「Facebook」の解説

詳細は「Facebook#Thefacebook, ティール氏の投資を参照 2004年8月ティールはFacebookに50ドル初期投資として10.2%を出資し、Facebookの取締役となった。これはFacebookへの最初の外部投資であり、会社評価額490ドルだった。取締役員としてティールはFacebookの運営積極的に関与しなかった。彼はさまざまな資金調達タイミング計るのを手伝いザッカーバーグ2008年世界金融危機 (2007年-2010年)前に終了したFacebookの2007シリーズDのタイミング計るのことに貢献したティール功績認めた。 デイビッド・カークパトリックは彼の著書『Facebook Effect』で、ティールどのようにしてこの投資行ったのかを概説している。当時Facebookの「取締役」とされていたNapster創設者一人であるショーン・パーカー投資求めていた。ビジネスベースのソーシャルネットワークLinkedInCEOであるリード・ギャレット・ホフマンアプローチホフマンはFacebookが好きだったが、利益相反可能性があるため、リード投資家になることを拒否ホフマンは、パーカーPayPal時代から交流のあるティール紹介したティールパーカーフェイスブック創設者マーク・ザッカーバーグ会見したティールザッカーバーグ相性は良くティールはFacebookのシードラウンド投資50ドルで会社の10.2%で行うことに同意した投資当初転換社債型新株予約権付社債形で行われ2004年末までにFacebookが150万人ユーザー達した場合株式変換されるというものだった。Facebookは目標わずかに下回ったが、いずれにせよティール社債株式変換することを許可したティールはこの投資について次のように述べている。 私は、彼らがオリジナルのビジョン追求することに満足していました。そしてそれは非常に合的な評価でした。私は、この投資がかなり安全なものになるだろうと思っていました2010年9月ティール消費者インターネットセクターの成長可能性について懐疑的な見方示しながら、他のインターネット企業比較して、Facebook(流通市場評価額300ドル)は比較過小評価されていると主張。 Facebookの株式公開2012年5月で、時価総額はほぼ1000ドル1株あたり38ドル)。その時点でティール1680を6億3800ドル売却した2012年8月初期の投資家ロックアウト期間が終了するとすぐに、ティール残り株式のほぼすべてを1株あたり19.27ドルから20.69ドル、つまり3億9,580ドル売却し総額10億ドルを超えた。 彼は理事会議席維持した2016年彼は100万弱のを約1億ドル売却2017年11月彼はさらに160,805を2,900ドル売却し彼の保有株をFacebookの59,913クラスAにした。 2020年4月時点で彼はFacebookで1万未満所有していた。

※この「Facebook」の解説は、「ピーター・ティール」の解説の一部です。
「Facebook」を含む「ピーター・ティール」の記事については、「ピーター・ティール」の概要を参照ください。


Facebook

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/12 15:18 UTC 版)

ソーシャルメディアマーケティング」の記事における「Facebook」の解説

FacebookページTwitterアカウントよりもはるかにいろいろな情報掲載できる。製品ビデオ写真、より長い説明推薦状などを提供でき、フォロワー他の人のために製品ページコメントできる。 Facebookは、製品Twitterページリンクし直したりイベントリマインダー送信できる2015年5月時点でマーケター93%がFacebookを使用してブランド宣伝している 。 2011年調査では、「エンゲージメント」またはクリックといいねの84%が、Facebookの広告リンクしているとされる2014年までに、Facebookはビジネスページとブランドページから公開されるコンテンツ制限していた。 Facebookアルゴリズム調整により、無料のビジネスページ(少なくとも500,000の「いいね」がある)のオーディエンス2012年16%から2014年2月2%減少しました

※この「Facebook」の解説は、「ソーシャルメディアマーケティング」の解説の一部です。
「Facebook」を含む「ソーシャルメディアマーケティング」の記事については、「ソーシャルメディアマーケティング」の概要を参照ください。


Facebook

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 03:17 UTC 版)

小西愛衣」の記事における「Facebook」の解説

KUROBEアクアフェアリーズ 富山トヨタイベントにて令和2年7月豪雨被災地への #募金活動行います。(2020年7月12日

※この「Facebook」の解説は、「小西愛衣」の解説の一部です。
「Facebook」を含む「小西愛衣」の記事については、「小西愛衣」の概要を参照ください。


Facebook

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/27 05:58 UTC 版)

星加輝」の記事における「Facebook」の解説

KUROBEアクアフェアリーズ 昨日の #星加選手 の動画反響多かった後ろで #浮島選手 が足を気にする様子。。(2020年8月6日昨日引き続きトレーニングおもしろ動画👉星加選手2020年8月5日

※この「Facebook」の解説は、「星加輝」の解説の一部です。
「Facebook」を含む「星加輝」の記事については、「星加輝」の概要を参照ください。


Facebook

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 08:46 UTC 版)

2019年-2020年香港民主化デモ」の記事における「Facebook」の解説

FacebookはTwitter発表同じく8月19日、「中国ネットワーク発信した香港に関する」7個のページ、3個のグループ、5個のアカウントポリシー違反したため削除した発表した

※この「Facebook」の解説は、「2019年-2020年香港民主化デモ」の解説の一部です。
「Facebook」を含む「2019年-2020年香港民主化デモ」の記事については、「2019年-2020年香港民主化デモ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「Facebook」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「Facebook」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「Facebook」に関係したコラム

  • FXやCFDのDPOとは

    FXやCFDのDPO(Detrended Price Oscillator、ディトレンディドプライスオシレーター)とは、移動平均の乖離を用いたテクニカル指標のことです。DPOの計算方法は、まずn日間の...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Facebook」の関連用語

Facebookのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Facebookのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリFacebookの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのFacebook (改訂履歴)、フェイスブック (人名録) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのAKB48グループ (改訂履歴)、ピーター・ティール (改訂履歴)、ソーシャルメディアマーケティング (改訂履歴)、小西愛衣 (改訂履歴)、星加輝 (改訂履歴)、2019年-2020年香港民主化デモ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS