Facebook Facebookの概要

Facebook

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/28 06:35 UTC 版)

Facebook


開発元 Meta Platforms, Inc.
初版 2004年2月4日 (20年前) (2004-02-04)
対応言語 多言語(Unicodeに登録されている文字に依存)
サポート状況 開発中
種別 ソーシャル・ネットワーキング・サービス
公式サイト www.facebook.com
現在 運営中
テンプレートを表示

Facebookという名前は、アメリカの一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「フェイスブック」(face book)に由来している[1]

概説

2004年にマーク・ザッカーバーグと、ザッカーバーグのハーバード大学のルームメイトで同級生だったエドゥアルド・サベリンが創業した。その後アンドリュー・マッコーラムダスティン・モスコヴィッツクリス・ヒューズなどが加わった[2]

当初は、会員はハーバード大学のドメインのメールアドレスを持つ学生に限定されていたが、ボストン地域の大学、アイビーリーグの大学、スタンフォード大学へと対象が拡大されていった。徐々にさまざまな大学の学生も対象に加わり、やがて高校生にも開放され、最終的には13歳以上のすべての人に開放された。現在のFacebookでは、ユーザー登録時に13歳以上であることを宣言すれば誰でも会員になれる[3]

サイトの利用前に必要なユーザー登録を行うと、個人プロファイルの作成、ほかのユーザーをフレンドに追加、メッセージの交換、プロファイル更新時の自動通知の受信を行うことができる。加えて、ユーザーは共通の関心を持つユーザーグループへ参加することができるようになる。ユーザーグループは、会社、学校・大学、ほかの属性で分類されている。また、フレンドを「職場の同僚」「親しい友人」といったリストに入れて分類することができる。

2005年5月に、Accel Partnersは1270万ドルをFacebookに投資し、Jim Breyerは個人資金から100万ドルをAccel Partnersの投資資金に追加した[4]。2009年1月のCompete.comによる調査は、ワールドワイドな月間アクティブユーザー数によるランキングで、Facebookをもっとも利用されているソーシャル・ネットワーキング・サービスにランクした[5]Entertainment Weeklyは、過去10年間の"ベスト"リストにFacebookを選び、「Facebookが存在する前の世界は、どうやって元カノにこっそりつきまとったり、会社の同僚の誕生日を忘れないようにしたり、友人をむかつかせたり、Scrabulousみたいな熱狂的なゲームをプレイしていたんだろう?」と述べている[6]

当初は学生のみに限定していたが、2006年9月26日以降は一般にも開放された。日本語版は2008年に公開された。

同じMeta社が運営するInstagramThreadsとは異なり、個人での使用では実名登録制となっている。ハンドルネームなどを使った通名・匿名での登録は基本的にできない上に、個人情報の登録も必要となっている[7]。公開後、急速にユーザー数を増やし、2010年にサイトのアクセス数がGoogleを抜き話題になる。2011年9月、世界中に8億人のユーザーを持つ世界最大のSNSになった[8]

2012年9月、Facebookのアクティブユーザー数は10億人を超えた[9]。ただし、そのうち8.7%は偽物である[10]。2011年5月のコンシューマー・レポートの調査によると、サービスの利用規約に違反する13歳未満の子供のユーザーが750万人、10歳未満の子供のユーザーが501万人いる[11]。2012年において、Facebookは180ペタバイトのデータを持ち、24時間毎に0.5ペタバイトのデータが増加している[12]

2012年2月1日にFacebookは最初の株式公開を行い、カリフォルニア州メンローパークに本部を移転した[13]。Facebookは、2012年5月18日からNASDAQ市場で株式の売却を開始した[14]。2012年の売り上げ51億ドルによって、Facebookは2013年5月に発行されたフォーチュン500で462位にランクされ、初めてフォーチュン500に選ばれた[15]。2012年、ウェビー賞を受賞[16]。 2016年第2四半期は営業利益2830億円、前年同期比116%増となった。月間利用17億1200万人(同社子会社インスタグラムは月間5億人)を数える。

カスタマイズ性の点においては、基本的にプレーンテキストのみに対応しているが、Ajaxに対応していたり、自分の好きなアプリケーション(アプリ)を選択して追加できたりするなど、最新の技術に対応している。これらアプリケーションは、Facebookが開発したものよりも、一般のユーザーが開発したものが多い。一般ユーザがさまざまなアプリケーションを開発し、Facebookのツールとして公開できることで、Facebookはそれ自身が持ち備えている性能を超えてサービスを提供することができる。

また、モバイル端末にも対応しており、BlackBerryAndroidなどでは専用ウィジェットが用意され、iPhoneiPod touchに搭載されたSafariでアクセスすると、専用画面でサービスを提供している。iPhone、iPadなどのiOS搭載端末や、Android用のアプリも別途用意されている。

Meta社は、Instagramが象徴的なように、短期の利益よりも投資を優先し、利益計上を今のところはしないていない。しかしながら、Googleと並ぶ世界最大の広告企業となっている。トラフィックの点で、月間約250億(2019年5月)の訪問を有するFacebookは、同770億のGoogleと併せて、世界全体の2大ウェブサイトとなっている。

中古品売却や住宅求人などさまざまな募集広告を出せる「Facebook Marketplace」、ほかのユーザーに直接メッセージを送ることのできる機能もある。また、写真動画のアップロード(Facebook Video)にも対応している。容量制限はない。604ピクセルを超える写真に関しては、長辺が604ピクセルになるよう縮小される。Facebook内の専用ページや外部サイトでの購買活動と連動して、自分の友人が何を買ったか、どの映画音楽を高評価したかなどの形で広告が出る「Social Ads」もある。

歴史

創業者のマーク・ザッカーバーグ
創業者のクリス・ヒューズ
創業者のダスティン・モスコヴィッツ

ハーバード大学の学生だったマーク・ザッカーバーグはハッキングをして得た女子学生の身分証明写真をインターネット上に公開し、公開した女子学生の顔を比べて勝ち抜き投票させる「フェイスマッシュ」というゲームを考案した[17]。これは大学内で問題になり、ザッカーバーグはハーバード大学の半年間の保護観察処分を受けるに至った。

2004年、ザッカーバーグはハーバード大学の学生が交流を図るための「Thefacebook」というサービスを開始した(本人の登録制)。その数日後、スタンフォード大学コロンビア大学イェール大学などの学生からの「同じようなサイトが欲しい」との要望に応え、いわゆるアイビー・リーグの学生にも開放した。その後、徐々に全米の学生に開放され、学生生活に欠かせないツールとなった。大学のメールアドレス(.eduドメイン)を所有する大学生のみに参加が限られていたが、2006年初頭には全米の高校生に開放し、2006年9月までには一般に開放され、有効なメールアドレスさえあれば世界中の誰もが利用できるようになった。

2004年4月、正式にフロリダ州にLLC[18]として登録。パートナーは、ザッカーバーグ、モスコヴィッツ、サベリンの3人。

顧問のマット・コーラーにより、最初に採用されたエンジニアとしてスティーブ・チェンが働く。しかし、数週間でPayPal時代の友達と「ビデオサイトを作る」と言って辞めようとする。マット・コーラーには、「一生、後悔するぞ。フェイスブックはすぐに大きい会社になるんだ。ビデオサイトなんて掃いて捨てる程あるじゃないか」と説得されるも聞かず、ビデオサイト(YouTube)を作るために去る。

ケビン・エフルシーがザッカーバーグに、運営に関する知識が極めて豊富な者が必要と、ジェフ・ロスチャイルドを推薦する。彼はVERITASシマンテックに売却し悠々自適な身で、何週間かはコンサルティングに応じるつもりだったが、ザッカーバーグとFacebookの虜になり、フルタイムの社員となることで会社の信用が上がった。 ジェフ・ロスチャイルド曰く「私は、連中がデートサイトを作っていると思った。しかし、彼らのビジョンを理解すると、今までのサイトとはまったく別物だった。大学内限定で友達との情報を交換するもっとも効果的なチャンネルを作ろうとしている」としている。

2006年9月5日、「News Feed」と「Mini Feed」機能を開始。

2007年10月24日、マイクロソフトが広告に関する独占的契約、Windows LiveおよびXbox Liveとのシステム統合を含み、Facebookに2億4000万(約264億円)ドルを出資し、同社の株式1.6%を取得した。MicrosoftはFacebookの時価総額を150億ドル(約1兆6500億円)と評価している。ちなみにGoogleは、米Yahoo!とともに米MySpaceと広告を契約中(3年契約、9億ドル約990億円)。MicrosoftがYahoo!買収にあたって提示した金額は446億ドル(約4兆9060億円)であり、FacebookはYahoo!の3分の1の市場価値があると見られている(2008年4月)。

2007年10月31日、GoogleがOpenSocialAPIを公開。OrkutセールスフォースLinkedInNing、Hi5、Plaxo、Friendster、Viadeo、オラクルらが参加。

2008年1月25日、FacebookAPI"JavaScript Client Library"を公開したことにより、SNS業界にとどまらず、IT業界全体にSNSのオープン化に拍車をかける。アプリケーションの総数は約17,000。毎日、約140のアプリケーションが追加されている。

2008年5月9日、MySpaceがDataPortabilityパートナーとして、Yahoo!、ebayTwitterPhotobucketと提携。

2008年5月10日、Facebook Connectを発表。2008年5月12日、GoogleがFriend Connectを発表。

2008年5月15日、Facebookが、GoogleのFriend Connectに対し、Facebookのプライバシー標準を満たさないものとして接続を拒否する。

2008年5月19日、マーク・ザッカーバーグが来日し講演。その場で日本語版が一般公開された。

2009年、先行していたMySpaceを追い抜き、世界最大規模のSNSサイトとなった。

2009年9月3日、Windows LiveおよびXbox Liveとのシステム統合に際し、Activity Streamsを採用したと発表。

2009年11月9日、「Microsoft SDK for Facebook Platform」をリリースした。

2010年7月22日、アクティブユーザが、全世界で5億ユーザを突破と発表[19]

2010年9月24日、Facebook創設への経緯を描いた映画「ソーシャル・ネットワーク」が公開された。日本では2011年1月15日公開された。

2011年9月9日、Bing Translatorを用いた機械翻訳機能が搭載された。

2011年12月19日、本社をパロアルトのスタンフォード研究公園からメンローパークサン・マイクロシステムズ跡地に移した[20]

2012年5月18日、NASDAQ市場にてIPOが実施された。

2020年5月6日、Facebook監督委員会の初期メンバー(委員)20人が発表された[21][22][23]

2021年11月28日、Facebook, Incが社名をMeta Platforms, Inc.に変更したことにより、FacebookはSNSの名称として維持される[24]

2022年3月4日、ロシア国内でFacebookが閲覧できなくなったほか同年3月21日には運営会社のメタが過激派組織に認定された[25]


  1. ^ Eldon, Eric (2008年12月18日). “2008 Growth Puts Facebook In Better Position to Make Money”. VentureBeat (San Francisco). http://venturebeat.com/2008/12/18/2008-growth-puts-facebook-in-better-position-to-make-money/ 2008年12月19日閲覧。 
  2. ^ Carlson, Nicholas (2010年3月5日). “At Last – The Full Story Of How Facebook Was Founded”. Business Insider. http://www.businessinsider.com/how-facebook-was-founded-2010-3#we-can-talk-about-that-after-i-get-all-the-basic-functionality-up-tomorrow-night-1 
  3. ^ Information For Parents and Educators”. Facebook. 2011年11月22日閲覧。
  4. ^ “Jim Breyer (via Accel Partners)”. CNBC. (2012年5月22日). http://www.cnbc.com/id/47387334/Jim_Breyer_via_Accel_Partners 
  5. ^ Kazeniac, Andy (2009年2月9日). “Social Networks: Facebook Takes Over Top Spot, Twitter Climbs”. Compete Pulse blog. http://blog.compete.com/2009/02/09/facebook-myspace-twitter-social-network/ 2009年2月17日閲覧。 
  6. ^ Geier, Thom; Jensen, Jeff; Jordan, Tina; Lyons, Margaret; Markovitz, Adam; et al. (2009年12月11日). “The 100 Greatest Movies, TV Shows, Albums, Books, Characters, Scenes, Episodes, Songs, Dresses, Music Videos, and Trends that entertained us over the 10 Years”. Entertainment Weekly (New York) ((1079/1080):74–84) 
  7. ^ Facebook 利用規約(Statement of Rights and Responsibilities)
  8. ^ Facebook、ユーザー数が8億人を突破したと発表”. ITmedia news (2011年9月26日). 2011年9月26日閲覧。
  9. ^ “Facebook Tops Billion-User Mark”. The Wall Street Journal (New York). (2012年10月4日). http://online.wsj.com/article/SB10000872396390443635404578036164027386112.html 2012年10月4日閲覧。 
  10. ^ Facebook: About 83 million accounts are fake」『USA Today』。2012年8月4日閲覧。オリジナルの2013年2月5日時点におけるアーカイブ。
  11. ^ “Five million Facebook users are 10 or younger”. ConsumerReports.org. (2011年5月10日). http://news.consumerreports.org/electronics/2011/05/five-million-facebook-users-are-10-or-younger.html 2011年5月15日閲覧。 
  12. ^ Sharwood, Simon (2012年11月9日). “Facebook warehousing 180 PETABYTES of data a year”. The Register. 2013年8月8日閲覧。
  13. ^ Facebook, Inc. Financial Statements”. Securities and Exchange Commission (2013年2月1日). 2013年2月1日閲覧。
  14. ^ “Birthday boy Mark Zuckerberg to get $100bn gift”. The Times of India. Associated Press. (2012年5月14日). オリジナルの2012年5月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120514180811/http://timesofindia.indiatimes.com/tech/social-media/Birthday-boy-Mark-Zuckerberg-to-get-100bn-gift/articleshow/13131192.cms 
  15. ^ “Facebook squeaks onto the Fortune 500”. USA Today. (2013年5月6日). http://www.usatoday.com/story/money/business/2013/05/06/facebook-fortune-500-2013/2139223/ 2013年5月19日閲覧。 
  16. ^ Facebook | 2012 Webby Award Winner”. The Webby Awards. 2017年11月15日閲覧。
  17. ^ 著書:The Accidental Billionaires
  18. ^ フェイスブックの資本政策”. 吉永康樹のCFO News (2011年1月22日). 2023年4月2日閲覧。
  19. ^ 500 Million Stories - archive.today(2012年11月29日アーカイブ分)
  20. ^ Facebook completes move to Menlo Park HQ”. www.bizjournals.com. 2023年2月19日閲覧。
  21. ^ STEVEN LEVYフェイスブックの「監督委員会」は、ザッカーバーグをしのぐ権限をもつことになる」『WIRED.jpコンデナスト・ジャパン、2020年5月13日。2020年5月26日閲覧。
  22. ^ 奥平和行「Facebookの独立監督委、デンマーク元首相らを起用」『日本経済新聞日本経済新聞社、2020年5月7日。2020年5月26日閲覧。
  23. ^ 佐藤由紀子「Facebook、不適切投稿を審議する外部組織「監督委員会」メンバー発表」『ITmedia NEWS』ITmedia、2020年5月7日。2020年5月26日閲覧。
  24. ^ 米フェイスブック、社名を「メタ」に変更 企業ブランドの刷新図る”. BBC (2021年10月29日). 2021年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月8日閲覧。
  25. ^ ロシア、メタを過激派組織に認定 Facebookなど禁止(写真=ロイター)”. 日本経済新聞 (2022年3月22日). 2022年5月18日閲覧。
  26. ^ Facebook、「Facebook Connect」の正式提供を開始 - CNET News.com(日本語版)
  27. ^ Facebook Watchに毎月12.5億人の訪問者”. TechCrunch Japan. 2021年4月24日閲覧。
  28. ^ • Number of Facebook users worldwide 2008-2016 | Statistic - ウェイバックマシン(2017年2月13日アーカイブ分)
  29. ^ Facebook創業者来日、日本語版は成功するか?”. CNET Japan (2008年5月19日). 2023年2月19日閲覧。
  30. ^ “当然? Facebookから逃げ出す若者たち”. 読売新聞. (2016年6月22日). https://web.archive.org/web/20160622191605/http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160622-OYT8T50037.html#1 2016年12月12日閲覧。 
  31. ^ これでアカウント完全削除!「Facebook(フェイスブック)」の退会方法”. ミライFAN. 2016年12月12日閲覧。
  32. ^ tsuruaki (2010年4月27日). “Facebookは日本でも覇権を握れるのか【湯川】”. techwave.jp. 2023年2月19日閲覧。
  33. ^ 日本でFacebookがブレイクするために必須と思われる5つのポイント at Archive.is (archived 2012年7月9日)
  34. ^ “日本人は「透明なFacebook」に耐えられるのか?”. 日経トレンディ: p. 1. (2011年2月2日). http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20110131/1034333/?rt=nocnt 2016年12月12日閲覧。 
  35. ^ “日本人は「透明なFacebook」に耐えられるのか?”. 日経トレンディ: p. 3. (2011年2月2日). http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20110131/1034333/?P=3 2016年12月12日閲覧。 
  36. ^ SNS炎上が「バカッター」から「バカスタグラマー」へ変化中 | FRIDAYデジタル
  37. ^ 「AERA」2011年2月7日号、朝日新聞社、22ページ
  38. ^ ネットレイティングス株式会社、2011年9月29日発表
  39. ^ “facebookのユーザー数の推移をまとめました。日本の男女別利用者の年齢がわかります。”. ローンチ戦略プロデューサー 田邊佑介の日記. (2016年1月4日). http://www.sodateru.co.jp/blog/tanabe/facebook/facebook-data1512/ 2016年12月12日閲覧。 
  40. ^ 国内主要SNS”. gaiax-socialmedialab.jp. gaiax-socialmedialab.jp. 2021年1月12日閲覧。
  41. ^ 国内月間アクティブユーザー数:2600万人(2019年3月時点)”. blog.comnico.jp. 2019年12月8日閲覧。
  42. ^ Facebookが使えない国はどこ?”. ネットベンチャーニュース. 2023年2月19日閲覧。
  43. ^ フェイスブック、中国で利用急増 1カ月で7倍70万人:日本経済新聞
  44. ^ 早苗, 浦上 (2018年7月27日). “Facebook中国子会社の「設立撤回」に波紋、中国外交部がコメント”. BUSINESS INSIDER JAPAN. 2023年2月19日閲覧。
  45. ^ [IT]インドのフェイスブック・ユーザー、1億2,500万人に─6カ月で1,300万人増【企業/ニュース】 - archive.today(2015年7月2日アーカイブ分)
  46. ^ 世界を変えるフェイスブック革命:日経ビジネスオンライン - ウェイバックマシン(2017年4月6日アーカイブ分)
  47. ^ TechCrunch Josh Constine Facebook Launches Verified Accounts and Pseudonyms
  48. ^ 韓国:FaceBookで『革命』? 監視されるな!”. LaborNet Japan. 2023年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年2月19日閲覧。
  49. ^ ニューヨーク・タイムズ2011年2月14日 en:Jennifer Preston Facebook Officials Keep Quiet on Its Role in Revolts
  50. ^ もしもムスリム同胞団がエジプトを掌握したら… 反政府デモの真相とムバラク後の中東和平 ~スタンフォード大学 ジョエル・ベイニン教授に聞く|World Voiceプレミアム|ダイヤモンド・オンライン - ウェイバックマシン(2011年2月11日アーカイブ分)
  51. ^ Facebook、セキュリティーを強化―Social Captchaと常時HTTPS接続を導入 - archive.today(2012年7月13日アーカイブ分)
  52. ^ モバイル端末にとって最も深刻な脅威はFacebook | 個人情報保護 | トピックス | Computerworld - エンタープライズITの総合ニュースサイト - archive.today(2013年5月1日アーカイブ分)
  53. ^ [1]
  54. ^ Facebookアプリ「マイカレンダー」はスパム?”. ハチヨンイズム. 2023年2月19日閲覧。
  55. ^ ASSIOMA(アショーマ) » Facebookで「勝手に友達申請」される事象が発生中 - ウェイバックマシン(2017年3月13日アーカイブ分)
  56. ^ 米当局が市民の通話記録を大量収集、大手9社のネット監視も”. www.afpbb.com (2013年6月7日). 2019年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月10日閲覧。 “またガーディアン紙と米紙ワシントン・ポスト (Washington Post)が6日報じたところによると、NSAは2007年に開始された「PRISM(プリズム)」と呼ばれるプログラムの下で、マイクロソフト (Microsoft)、グーグル (Google)、フェイスブック (Facebook)、アップル (Apple)といった米インターネット大手企業9社のサーバーから動画や写真、電子メールを直接収集していたという。”
  57. ^ 米当局、グーグルなどIT大手のサーバーからデータ収集=報道」『Reuters』、2013年6月7日。2019年9月10日閲覧。オリジナルの2019年9月10日時点におけるアーカイブ。「同紙によると、NSAなどがサーバーにアクセスしている企業は、グーグルやフェイスブックのほか、マイクロソフト (MSFT.O)、アップル (AAPL.O)、ヤフー (YHOO.O)、パルトーク、AOL (AOL.N)、スカイプ、ユーチューブの9社。収集されているデータには、音声や動画、文書、接続ログも含まれるという。」
  58. ^ Google・Apple・Yahoo!などのサーバにある個人情報を直接のぞき見できる極秘システム「PRISM」とは?”. GIGAZINE (2013年6月7日). 2019年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月10日閲覧。
  59. ^ Greenwald, Glenn; MacAskill, Ewen (2013年6月7日). “NSA Prism program taps in to user data of Apple, Google and others” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/world/2013/jun/06/us-tech-giants-nsa-data 2019年9月10日閲覧。 
  60. ^ あなたの個人情報を引き出すフェイスブックの最新手口 | ReadWrite Japan - archive.today(2014年4月23日アーカイブ分)
  61. ^ “社員がTwitterで他人の個人情報公開か エフセキュア「調査中」” (日本語). ITmedia. (2015年11月5日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1511/05/news070.html 
  62. ^ Keith Martin (2015年11月3日). “Thank you for your note. We are looking into this and will address as soon as we can.” (英語). Keith Martin. 2015年11月4日閲覧。
  63. ^ Facebook、携帯電話のマイクから会話を収集して広告表示しているとの疑惑を釈明”. www.gizmodo.jp (2016年6月7日). 2023年2月19日閲覧。
  64. ^ Facebook、「CAが集めた個人情報は5000万人ではなく8700万人」 下院もCEOを公聴会に招請”. ITmedia NEWS. 2023年2月19日閲覧。
  65. ^ FB利用者情報流出、8700万人規模に 当初推定から大幅増”. www.afpbb.com. 2018年12月6日閲覧。
  66. ^ FacebookのザッカーバーグCEO、初公聴会を無難に乗り切る”. It media (2018年4月11日). 2018年4月15日閲覧。
  67. ^ 下院公聴会で「自分のデータもCAに売却されていた」”. It media (2018年4月12日). 2018年4月15日閲覧。
  68. ^ フェイスブック、日産に個人情報か 電話番号など、米紙報道 産経新聞 2018年6月9日
  69. ^ 日産、システム変更が理由と説明 フェイスブック利用者情報へのアクセス 産経新聞 2018年6月12日
  70. ^ Facebook、9月発覚の攻撃で1400万人の電話番号や勤務先などがアクセスされたと発表 - ITmedia NEWS
  71. ^ Facebookの5,000万人分の情報流出について、いま知っておくべきこと|WIRED.jp”. WIRED.jp. 2018年12月6日閲覧。
  72. ^ Facebook発表、今回のアカウント情報流出は3000万件、うち個人情報にアクセスされたのは2900万件”. www.gizmodo.jp. メディアジーン (2018年10月16日). 2018年12月6日閲覧。
  73. ^ FB、また個人情報流出か 25万人分、日本人も | 共同通信 - This kiji is at Archive.is (archived 2018年10月7日)
  74. ^ “FB、パスワードずさん管理 数億人単位で暗号処理せず”. 日本経済新聞. (2019年3月22日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42758330S9A320C1000000/ 2019年3月30日閲覧。 
  75. ^ フェイスブック、12年からパスワード閲覧可能 ずさんな管理態勢相次ぎ発覚」『毎日新聞』、2019年3月22日。2019年3月30日閲覧。オリジナルの2019年3月30日時点におけるアーカイブ。
  76. ^ パスワードの安全に関するお知らせ” (2019年3月22日). 2019年3月30日閲覧。
  77. ^ Facebook、Instagramのパスワード平文保存件数を数万人から数百万人に修正”. ITmedia NEWS. 2019年4月19日閲覧。
  78. ^ Facebook、ユーザー150万人分のメール情報を意図せず収集との報道--対象者に通知、修正済み”. 2019年4月19日閲覧。
  79. ^ a b FBやインスタで世界的な障害、ログインできず 約2時間で復旧”. 朝日新聞DIGITAL. 2024年3月6日閲覧。
  80. ^ フェイスブック「ナパーム弾の少女」写真検閲で物議 批判受け撤回”. www.afpbb.com. 2023年2月19日閲覧。
  81. ^ “Facebook bans Trump ‘indefinitely’”. The Verge. (2021-0-07). https://www.theverge.com/2021/1/7/22218725/facebook-trump-ban-extended-capitol-riot-insurrection-block 2021年2月27日閲覧。 
  82. ^ “Donald Trump Facebook Ban Decision Will Be 'Controversial' Says Oversight Board Member”. Newsweek. (2021年2月26日). https://www.newsweek.com/donald-trump-facebook-ban-decision-oversight-board-1572313?amp=1 2021年2月27日閲覧。 
  83. ^ 16歳の少女がFacebookで「花嫁」としてオークションにかけられていたことが判明”. GIGAZINE. 2018年12月6日閲覧。
  84. ^ Ehrenkranz, Melanie. “Facebook Took Two Weeks to Delete a Post Selling a Child Bride in South Sudan: Report” (英語). Gizmodo. 2018年12月6日閲覧。
  85. ^ Lomas, Natasha. “Facebookはプラットフォーム上での16才の花嫁オークションを防げなかった”. TechCrunch Japan. 2022年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月6日閲覧。
  86. ^ 「習近平」を「ミスター・くその穴」に誤訳、FBが謝罪”. www.afpbb.com (2020年1月19日). 2020年8月23日閲覧。
  87. ^ Russell, Jon. “Instagramの共同ファウンダーがFacebookを去った理由――ファミリー企業運営の舵取りは難しい”. TechCrunch Japan. 2018年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月6日閲覧。
  88. ^ 良心のため960億円の報酬を捨てたWhatsApp創業者ブライアン・アクトン、Facebookとの決別を語る”. GIGAZINE. 2018年12月6日閲覧。
  89. ^ Facebook傘下のWhatsApp創業者が退社へ 個人情報保護で対立との報道”. ITmedia NEWS. 2018年12月6日閲覧。



フェイスブック (人名録)

(Facebook から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/17 18:31 UTC 版)

フェイスブック(face book または facebook)とは、アメリカ合衆国のいくつかの大学で見られる、個人の写真と名前で構成された紙またはウェブ上の人名録のことである。特に、学生同士の交流のために、大学の運営者が年度初めに配布する出版物を指す。




「フェイスブック (人名録)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「Facebook」に関係したコラム

  • FXやCFDのDPOとは

    FXやCFDのDPO(Detrended Price Oscillator、ディトレンディドプライスオシレーター)とは、移動平均の乖離を用いたテクニカル指標のことです。DPOの計算方法は、まずn日間の...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Facebook」の関連用語

Facebookのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Facebookのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのFacebook (改訂履歴)、フェイスブック (人名録) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS