アメリカ合衆国大統領とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > アメリカ合衆国大統領の意味・解説 

アメリカ合衆国大統領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/09 03:51 UTC 版)

アメリカ合衆国大統領(アメリカがっしゅうこくだいとうりょう、: President of the United States of America、略称:POTUS)は、アメリカ合衆国元首であり、行政府の長たる大統領。4年ごとに実施されるアメリカ合衆国大統領選挙によって選出される。


  1. ^ 共和党のエイブラハム・リンカーンは、1864年に民主党のアンドリュー・ジョンソンとともに国民統一党の一部の所属として2期目に選出された。
  2. ^ 元民主党のジョン・タイラーは、1840年にハリソンとともにホイッグ党所属で副大統領に選出された。大統領としてのタイラーの政策優先事項はホイッグ党の議題の大半に反対していることが早期に判明し、1841年9月に党から追放された。
  3. ^ 民主党のアンドリュー・ジョンソンは、1864年に共和党のエイブラハム・リンカーンとともに国民統一党所属で副大統領に選出された。その後、ジョンソンは大統領時代に国民連合の旗の下に支持者の党を設立しようと試みたが失敗し、大統領任期の終盤近くに民主党に復帰した。

注釈

  1. ^ a b 任期途中で大統領に昇格した場合は、その任期が残り2年以内であれば、その後の大統領選挙に2度挑戦できる(修正第22条)。この場合、最高で10年間在任出来ることになる。第36代大統領のリンドン・ジョンソンにはこの資格があったがベトナム戦争の責任を取り3期目をかけた選挙に出馬しなかったので2期で退任した。
  2. ^ 2000年アメリカ合衆国大統領選挙に際して、共和党の大統領候補ジョージ・W・ブッシュと副大統領候補のディック・チェイニーの州籍が同じテキサス州であったため、チェイニーが同州の自宅を売却し、有権者登録と運転免許登録をワイオミング州に移転したことによって規制を回避している。
  3. ^ 修正22条の制定前に、フランクリン・ルーズベルトが4回大統領に選出されている。
  4. ^ a b 憲法上は上院の「助言と同意」が必要であるが、「助言」は提案の後でも良いと解釈されるため、実質的には「同意」すなわち「承認」のみが必要となる。
  5. ^ 比較例として、同年度の日本の内閣総理大臣の基本年給は約2,485万円となっている。ただし、日本では国会議員歳費との差額分だけが内閣総理大臣の給与として扱われる。
  6. ^ 独立戦争の植民軍総大将ワシントン、連邦憲法起草に関わったジェファーソン、奴隷解放宣言を声明したリンカーンの3人は伝統的に「偉大な大統領」として多くの施設名などにその名を残しているほか、紙幣や硬貨の肖像にも使用され続けている。T・ルーズベルトはかつて在任中にノーベル平和賞を受賞した唯一の大統領として、この肖像が制作されていた当時[いつ?]は“偉大な大統領”の一人に名を連ねていた。
  7. ^ ケニア人の黒人の父親とアメリカ人の白人の母親の子であるため、現在の南アメリカや過去のアメリカの人種分類ではムラートとされる。しかし、現在のアメリカでは歴史的経緯から黒人の血統を有していることが外見的に明らかであれば(エスニックグループとしての)「黒人」に分類される。
  8. ^ 合衆国発足当時は「陛下」(Your Majesty)や「閣下」(Your Excellency)などが模索されたが、初代大統領のジョージ・ワシントンはこうした尊称で呼びかけられることを嫌ったため、より親しみやすい「ミスター・プレジデント(Mr. President)」が定着した。ウォーレン委員会報告書にもあるように公文書にも使われる表記。なお、日本では映画、テレビドラマなどの吹き替え、字幕等で「閣下」と翻訳する例も見受けられ、正式な外交公文の宛名は「アメリカ合衆国大統領***閣下」となる
  9. ^ この慣例は、ウォーターゲート事件の揉み消しスキャンダルで辞任したリチャード・ニクソンにも例外なく適用された。

出典

  1. ^ “How To Address The President; He Is Not Your Excellency Or Your Honor, But Mr. President”. The Washington Star. (1891年8月2日). https://www.nytimes.com/1891/08/02/archives/how-to-address-the-president-he-is-not-your-excellency-or-your.html 
  2. ^ USGS Correspondence Handbook—Chapter 4”. Usgs.gov (2007年7月18日). 2012年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月15日閲覧。
  3. ^ Models of Address and Salutation”. Ita.doc.gov. 2010年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月4日閲覧。
  4. ^ Heads of State, Heads of Government, Ministers for Foreign Affairs, Protocol and Liaison Service, 国際連合. Retrieved November 1, 2012.
  5. ^ The White House Office of the Press Secretary (2010年9月1日). “Remarks by President Obama, President Mubarak, His Majesty King Abdullah, Prime Minister Netanyahu and President Abbas Before Working Dinner”. en:whitehouse.gov. 2011年7月19日閲覧。
  6. ^ {https://kotobank.jp/word/%E9%96%93%E6%8E%A5%E9%81%B8%E6%8C%99-49090}
  7. ^ Maier, Pauline (2010). Ratification: The People Debate the Constitution, 1787–1788. New York, New York: Simon & Schuster. p. 433. ISBN 978-0-684-86854-7 
  8. ^ March 4: A forgotten huge day in American history”. Philadelphia: en:National Constitution Center (2013年3月4日). 2018年7月29日閲覧。
  9. ^ Presidential Election of 1789”. Digital Encyclopedia. Mount Vernon, Virginia: Mount Vernon Ladies' Association, George Washington's Mount Vernon. 2018年7月29日閲覧。
  10. ^ 西山隆行 2018, p. 38.
  11. ^ 阿川尚之. “第13回 湾岸戦争と大統領の戦争権限 - デラムス対ブッシュ事件と大統領の戦争権限”. 憲法で読むアメリカ現代史. NTTウェブマガジン Webnttpub.. 2014年8月12日閲覧。
  12. ^ CNN.co.jp : トランプ氏、自家用機の使用は却下 就任後は大統領専用機で - CNN
  13. ^ 西山隆行 2018, p. 29.
  14. ^ トランプ氏はもう機密報告を「受けるべきではない」 バイデン大統領”. CNN (2021年2月6日). 2021年2月7日閲覧。
  15. ^ “米大統領は辞めてから稼ぐ、元大統領たちの知られざる懐事情”. CNN. (2012年1月29日). https://www.cnn.co.jp/usa/30005433.html 2023年5月14日閲覧。 



アメリカ合衆国大統領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 07:37 UTC 版)

アルマゲドン (映画)」の記事における「アメリカ合衆国大統領」の解説

クインシー曰く宇宙物理学劣等生」である大統領科学顧問の案を鵜呑みにし、トルーマン現場反対押し切ってキムジーに核爆弾起爆命じるなど、頑迷な人物として描かれている。

※この「アメリカ合衆国大統領」の解説は、「アルマゲドン (映画)」の解説の一部です。
「アメリカ合衆国大統領」を含む「アルマゲドン (映画)」の記事については、「アルマゲドン (映画)」の概要を参照ください。


アメリカ合衆国大統領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/22 21:54 UTC 版)

Driver 潜入!カーチェイス大作戦」の記事における「アメリカ合衆国大統領」の解説

マフィアカスタルディー暗殺対象とされてしまう。

※この「アメリカ合衆国大統領」の解説は、「Driver 潜入!カーチェイス大作戦」の解説の一部です。
「アメリカ合衆国大統領」を含む「Driver 潜入!カーチェイス大作戦」の記事については、「Driver 潜入!カーチェイス大作戦」の概要を参照ください。


アメリカ合衆国大統領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 14:24 UTC 版)

邪眼は月輪に飛ぶ」の記事における「アメリカ合衆国大統領」の解説

危険物質を残さず大量殺戮可能なミネルヴァ特徴着目しテロ頻発する中東某国ミネルヴァ放すことを企てる。しかし、ミネルヴァ移送途中で逃亡し、当計画への大統領関与国務大臣からリークされたため、一転して窮地追い込まれるホワイトハウスから電話通じミネルヴァの巣のある聖マーリン病院小児病棟へのミサイル攻撃指令する

※この「アメリカ合衆国大統領」の解説は、「邪眼は月輪に飛ぶ」の解説の一部です。
「アメリカ合衆国大統領」を含む「邪眼は月輪に飛ぶ」の記事については、「邪眼は月輪に飛ぶ」の概要を参照ください。


アメリカ合衆国大統領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 16:34 UTC 版)

ジョー・バイデン」の記事における「アメリカ合衆国大統領」の解説

バイデン政権」も参照 2021年1月20日ワシントン連邦議会前でカマラ・ハリスとともに大統領副大統領就任式に臨み、第46大統領就任した宣誓の後「アメリカをまたひとつにまとめて立て直すため、全身全霊をかける」「私たちまたしても民主主義貴重だと学ぶことになった民主主義壊れやすい。そして皆さん、今この時には民主主義打ち勝った」「恐怖ではなく希望の、分断ではなく団結の、暗闇ではなく光の、アメリカ物語一緒に書いていきましょう」と演説した同日中に15大統領令署名気候変動抑制に関するパリ協定への復帰カナダからアメリカ中西部まで原油を運ぶ「キーストーンXLパイプライン」の建設認可取り消しアラスカ州北東部北極野生生物国家保護区での石油・ガス開発向けたリース活動の停止措置自動車燃費基準メタン排出規制見直し検討指示など、環境重視政策への転換示した。しかしアメリカ石油協会英語版)やアラスカ州州知事マイク・ダンリービーからは批判の声起きている。またWHOからの脱退取り消し連邦庁舎内でのマスク着用社会的距離の確保義務化メキシコとの国境の壁建設連邦資金振り向ける根拠になっていた非常事態宣言の解除命令含まれる。翌1月21日には新型コロナウイルスの感染拡大抑えるため、ワクチン供給加速などを目指す10本の大統領令署名した1月22日までにホワイトハウス大統領執務室模様替え行いイギリスの首相ウィンストン・チャーチル胸像執務室から撤去させ、代わりにヒスパニック系公民権運動指導者セザール・チャベス(英語版)、マーチン・ルーサー・キング牧師ケネディ大統領の弟で司法長官務めたロバート・ケネディ公民権運動ローザ・パークスフランクリン・ルーズベルト大統領の妻エレノア・ルーズベルト胸像置かれた。また暖炉の上の最も目立つ場所にはフランクリン・ルーズベルト32大統領肖像画かけられた(トランプ時代にはジョージ・ワシントン初代大統領肖像画)。その両側には、トーマス・ジェファーソン第3代大統領と、当時ジェファーソン大統領対立したアレクサンダー・ハミルトン財務長官肖像画並べられた。「共和制枠内での意見違い民主主義にとって重要だという象徴」とバイデン政権説明する。逆側にはジョージ・ワシントン初代大統領と、エイブラハム・リンカーン第16代大統領肖像画が対になって飾られた。 1月25日には政府調達アメリカ製品を優先するバイ・アメリカン」法(英語版)の運用強化する大統領令署名した27日には公有地での石油天然ガス新たな掘削禁止や、洋上風力発電2030年までに倍増させるなど気候変動対策に関する一連の大統領令署名した。「今日ホワイトハウス気候変動の日だ」と述べ気候変動危機対す世界的な対応をアメリカが「リードしなければならない」と述べた1月28日には「トランプ政権によるダメージ修復する」として国民医療保険加入拡大向けた2種類大統領令署名した。またトランプ政権下で実施されメディケイド低所得者向け公的医療保険)の加入資格厳格化などの政策見直すよう連邦政府機関指示した3月11日1兆9000ドル規模新型コロナウイルス追加経済対策法案に署名して成立させた。追加対策となる現金給付について、ホワイトハウス試算によれば1億6000万世帯が給付対象となる。 3月20日には公約掲げていた100以内1億回のワクチン接種を約60日で達成した3月26日就任後初めての正式な記者会見行い米中関係を「21世紀における民主主義専制主義闘い」と定義した世界一大国になろうという中国野望自分大統領でいる限り、そうはさせない表明した南部国境メキシコからアメリカ入国しようとする子供増え当局施設留められている問題についてバイデン政権トランプ政権政策転換して、親などが同行していない子供限り入国認め始めたためではとの疑念に対しては、一時滞在施設確保進めるなど対策を急ぐと釈明するとともにトランプ政権あまりにも非人道的政策をやめたからといって謝罪はしない」と述べた。また年齢から1期辞めるつもりなのではないかという噂について記者会見否定し2024年出馬にも意欲示した3月31日に「アメリカ雇用計画」と銘打って2兆2500ドル規模インフラ計画発表したバイデンはこの計画成立すれば1900万人雇用生まれるとしている。またその財源一つとしてトランプ政権35%から21%に引き下げていた連邦法人税28%まで上げることを提案した2017年トランプ政権実施した富裕層大企業優遇減税措置撤回するものだとしているが、法人税増税には野党共和党ワシントン企業ロビイスト反発強く民主党穏健派からは25%への引き上げなら支持できるといった妥協案も出ている。 4月8日製造番号無く追跡困難になっている「ゴースト銃」と呼ばれる自家製銃の規制など目指す最初銃規制政策発表した追加規制政策も出す姿勢示している。連邦議会では銃購入時身元確認厳格化する法案などが審議中だが、野党共和党反対しており、また与党民主党内にも一部慎重論がある。規制反対派から違憲として訴訟起こされる可能性もある。 4月20日ジョージ・フロイド死亡させたとして殺人罪問われていた元警官裁判有罪判決出たことを受けて声明出し、「フロイドさんは帰ってこないが、この評決アメリカで正義向けた闘いの中で大きな前進となる可能性がある」「我々は真の改革のため、ここで立ち止まらず今回のような悲劇が再び起こらないように、もっと努めなければならないフロイドさんが最後に言った息ができない』という言葉忘れてならない。いまこそ大きな変革のときだ」と述べ人種差別解消警察改革必要性訴えた4月28日上下両院合同会議施政方針演説行った新型コロナ危機の中で政権引き継いだが、100日にして危機から脱しつつあるとして「アメリカは再び動き出した」と宣言。また中国習近平総書記については改めて「専制主義者」と定義し、「専制主義者の彼らは、民主主義21世紀において専制主義対抗できない考えている」として、中国との競争勝利するためにも国内融和中間層復活につながる経済政策が必要と強調民主主義優位を示すためにも分断乗り越えて結束することを国民呼びかけた。「この国をつくったのはウォール街ではなく中間層だ」として低中所得の労働者への支援姿勢示した先に発表した2兆ドル規模インフラ計画加え児童教育無償化など、育児教育支援を軸とした総額1.8ドル規模追加経済対策示した財源には富裕層増税を主に充てるべきだとし、議会予算措置要求した5月25日ジョージ・フロイド家族らとホワイトハウス面会し、「彼の殺害1960年代公民権運動以来の『抗議の夏』を生み出しすべての人種世代人々平和的に一つにした」とする声明出した4月施政方針演説で「フロイドさんの命日までに、警察市民信頼関係再構築警察改革などを実現させたい」と述べていたが法案成立していないことについては「法案議会での議論続いている。(最終的に署名する)私の早く法案届けてくれることを願っている」と述べた6月19日にはテキサス州奴隷解放宣言読み上げられ1865年6月19日の「ジューンティーンス」を記念して6月19日連邦祝日とする「ジューンティーンス独立記念日法案」に署名して成立させた。バイデンは「大統領になってまだ数カ月かたっていないが、私にとってこれは、大統領として最大栄誉一つとして語り継がれることになると思う」と述べた9月15日新たな対中安全保障枠組みとしてイギリスオーストラリア互いに軍事情報技術交換するAUKUS創設した連邦予算のうち約5500億ドル高速道路や道路都市公共交通旅客鉄道整備清潔な飲料水の提供、高速インターネット回線電気自動車充電スポットなど全国的ネットワーク整備などに充てるアメリカインフラ投資法案推進し11月6日下院一部民主党議員造反遭いながらも一部共和党議員賛成得て可決漕ぎつけた。アメリカ国内インフラ投資としては数十年来規模となる。 12月9日10日2日間にかけて中国ロシアなど専制主義国家覇権主義対抗するため欧州主要国日本台湾など民主主義国111か国が招待されてのオンライン形式国際会議民主主義サミット」を主催。これに対して中国ロシアは「世界分裂をあおるものだ」と批判している。サミットでは各国指導者が「権威主義対す防衛」「汚職への対応と闘い」「人権促進」という三つテーマに基づくそれぞれの国内情勢について報告行い民主主義促進話し合ったバイデン閉幕演説で「専制主義国家は、世界中人々心の中燃えさかる自由の炎決して消すことは出来ない」と演説して締めくくった。またこのサミット合わせてオーストラリアデンマークノルウェー共同声明をだし、専制主義国家反体制派監視など人権侵害利用しかねない技術拡散を防ぐため、輸出管理行動規範作成協力しあうことを確認した。またバイデン民主主義サミット来年今度対面形式開催したいという意欲表明した12月12日13日アメリカ南部中西部発生し90人が死亡した大規模竜巻被害について「連邦政府としてできることは何でもする」として被災者救援復興支援全力を挙げる考え示した12月15日には最も被害が大きい南部ケンタッキー州訪問し復旧にかかる当面費用連邦政府全面的に負担する考え示した2022年1月6日トランプ支持者による連邦議会襲撃から1年節目声明出し議事堂襲撃した者と襲撃扇動した者は、アメリカ民主主義のど元短剣突きつけた」「我々の歴史上初めて、選挙敗れた大統領暴徒議会侵入によって平和的な権力の移行妨げようとした」「1月6日民主主義終わりではなく、自由とフェアプレー再興始まりとする、米国史新たな一章を書いていこう」と述べた。また米国世界多く地域で、民主主義独裁主義戦い繰り広げられているとして、米国民主主義守っていく誓い立てた1月7日には同日発表され失業率コロナ前の水準である3%台まで改善したことに関して「私の経済計画機能している」と述べて実績アピールした。しかし、COVID-19経済政策といった重要課題対す評価芳しくなく、1月世論調査では支持率41%に低下したアメリカインテリジェンスロシアウクライナ侵略前から侵略計画事前に掴んでいたとみられ、バイデンロシア侵略予定している日時リークし続けたが、ロシア側は「アメリカが煽っているだけ」として侵攻計画否定し続けていた。しかし2月24日にはロシア大統領ウラジーミル・プーチンウクライナ全面侵略実際に開始した。これを受けてバイデン声明出し「この攻撃もたらす死と破壊責任ロシアだけにある」「米国同盟国団結し断固とした方法対応する世界ロシア責任追及する」と非難した3月2日、駐米ウクライナ大使隣席の中で上下両院合同会議一般教書演説行ったプーチンには敬称与えず呼び捨て強く非難した。「ロシアウラジーミル・プーチン世界彼の威嚇的なやり方屈服させることができると考え、その基盤揺るがそうとした。しかし彼はひどい誤算をした。彼はウクライナなだれ込むことができ、世界言いなりになると思っていた。その代わりに、彼は想像もしなかった強固な壁に出くわしたウクライナ人々だ。ゼレンスキー大統領からあらゆるウクライナ国民まで、彼らの大胆不敵さ勇気決意世界触発している。体を張って戦車止める市民たち。学生から退職者教諭まで誰もが母国を守る戦士となった。この戦いでは、ゼレンスキー氏が欧州議会への演説語ったように『光が闇を打ち負かす』のだ。駐米ウクライナ大使今夜、ここにいる。今夜、この議場にいる我々それぞれが、ウクライナ世界明白なシグナル送ろうではないか。」と宣言した。また「独裁者侵略行為への代償を払わなければ、彼らはさらなる混乱引き起こすという教訓を、歴史を通じてわれわれは学んできた。アメリカ世界へ脅威増大し続ける」としてプーチン・ロシアに制裁を加えることの重要性訴え同盟国とともにロシアをさらに孤立させ、経済圧迫させる」と宣言した。そして「プーチンかつてないほど世界から孤立している。この時代歴史振り返るとき、ウクライナ対すプーチン戦争ロシア弱体化させ、世界強くしたと評価されるだろう」「民主主義専制主義闘い民主主義国家は今まさに立ち上がりつつあり、世界明らかに平和と安全の側を選んでいる。プーチン自由主義社会決意弱めることは決しできない」と決意述べた。しかし非同盟国のウクライナへの米軍派遣改め否定し東欧行っている派兵についてポーランドルーマニアバルト3国などのNATO同盟国をロシア侵攻から守るために派兵していると説明した。この演説後の公共ラジオNPRとマリスト研究所世論調査支持率前週39%から47%に8ポイント上昇し、特にロシア対す経済制裁への支持率83%に達した。 G7諸国はじめ同盟国一緒にSWIFTからのロシア排除ロシア中央銀行資産凍結最恵国待遇取り消しロシア原油天然ガス石炭などの輸入禁止ロシア航空機の領空封鎖といったロシア制裁措置強化とともにウクライナへの軍事援助人道支援進めている。特に3月16日にはウクライナやその近隣東欧諸国支援するための136ドル規模予算盛り込んだ2022会計年度21年10月から22年9月)の予算案署名して成立させた。 また「脱炭素」を掲げバイデン政権これまで石油業界冷淡だったが、ウクライナ危機による原油供給不安を背景に対場を変更エネルギー長官ジェニファー・グランホルムは「我々は戦時体制にある」と宣言し業界シェールオイル増産呼び掛け推進するようになった急速に米国原油生産量上がってきており、2022年12月原油生産2月比較して日量100万バレル以上増える見通しとなったロシアウクライナ侵略影響物価上昇加速したことについて、4月1日演説ロシア責任があると述べたが、これ以前からインフレ率が約40年ぶりの高水準だったため、責任転嫁ではとの批判の声起きた12日発表ロイターイプソスによる世論調査では支持率45%から41%に低下した5月3日連邦最高裁人工妊娠中絶合憲性認めた1973年判決を覆す見通しであるという報道について女性中絶選択する権利基本的なもの」と1973年判決を覆すことに反対表明した。しかしこの声明について行政司法への介入ではないかとの批判起きた。さらに5月11日に「中絶権利擁護法案」が連邦議会上院採決で全共和党議員民主党上院議員1名の反対によって、賛成49反対51否決された。これについてバイデンは「共和党議員は、米国民自分の体と家族生に関する最も個人的な決断をする権利前に立ちはだかることを選んだ」と批判し「(女性中絶を)選ぶ権利を守るため、有権者11月中間選挙でより多くプロ・チョイス中絶を選ぶ権利擁護派)の上院議員を選ぶ必要がある」と述べた

※この「アメリカ合衆国大統領」の解説は、「ジョー・バイデン」の解説の一部です。
「アメリカ合衆国大統領」を含む「ジョー・バイデン」の記事については、「ジョー・バイデン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アメリカ合衆国大統領」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アメリカ合衆国大統領」の例文・使い方・用例・文例

  • アメリカ合衆国大統領
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アメリカ合衆国大統領」の関連用語

アメリカ合衆国大統領のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アメリカ合衆国大統領のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアメリカ合衆国大統領 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアルマゲドン (映画) (改訂履歴)、Driver 潜入!カーチェイス大作戦 (改訂履歴)、邪眼は月輪に飛ぶ (改訂履歴)、ジョー・バイデン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS