アメリカ合衆国大統領とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > アメリカ合衆国大統領の意味・解説 

アメリカ合衆国大統領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/18 00:49 UTC 版)

アメリカ合衆国大統領(アメリカがっしゅうこくだいとうりょう、英語: President of the United States of America、略称: POTUS)は、アメリカ合衆国元首であり行政府の長たる大統領




注釈

  1. ^ a b ただし、任期途中で大統領に昇格した場合は、その任期が残り2年以内であれば、その後の大統領選挙に2度挑戦できる(修正第22条)。この場合、最高で10年間在任出来ることになる。
  2. ^ 2000年アメリカ合衆国大統領選挙に際して、共和党の大統領候補ジョージ・W・ブッシュと副大統領候補のディック・チェイニーの州籍が同じテキサス州であったため、チェイニーが同州の自宅を売却し、有権者登録と運転免許登録をワイオミング州に移転したことによって規制を回避している。
  3. ^ a b 憲法上は上院の「助言と同意」が必要であるが、「助言」は提案の後でもよいと解釈されるため、実質的には「同意」すなわち「承認」のみが必要となる。
  4. ^ 比較例として、同年度の日本の内閣総理大臣の基本給は約2,485万円となっている。ただし、日本では国会議員歳費との差額分だけが内閣総理大臣の給与として扱われる。
  5. ^ 独立戦争の植民軍総大将ワシントン、連邦憲法起草に関わったジェファーソン、奴隷解放を声明したリンカーンの3人は伝統的に「偉大な大統領」として多くの施設名などにその名を残しているほか、紙幣や硬貨の肖像にも使用され続けている。ルーズベルトはかつて在任中にノーベル平和賞を受賞した唯一の大統領として、この肖像が制作されていた当時[いつ?]は“偉大な大統領”の一人に名を連ねていた。
  6. ^ ケニア人の黒人の父親とアメリカ人の白人の母親の子であるため、現在の南アメリカや過去の米国の人種分類ではムラートとされる。しかし現在の米国では、歴史的経緯から、黒人の血を引いていることが外見的に明らかであれば(エスニックグループとしての)「黒人」に分類される。
  7. ^ 合衆国発足当時は「陛下」(Your Majesty)や「閣下」(Your Excellency)などが模索されたが、初代大統領のジョージ・ワシントンはこうした尊称で呼びかけられることを嫌ったため、より親しみやすい「ミスター・プレジデント(Mr. President)」が定着した。ウォーレン委員会報告書にもあるように公文書にも使われる表記。なお、日本では映画、テレビドラマなどの吹き替え、字幕等で「閣下」と翻訳する例も見受けられ、正式な外交公文の宛名は「アメリカ合衆国大統領***閣下」となる
  8. ^ この慣例は、ウォーターゲート事件の揉み消しスキャンダルで辞任したリチャード・ニクソンにも例外なく適用された。

出典

  1. ^ “How To Address The President; He Is Not Your Excellency Or Your Honor, But Mr. President”. The Washington Star. (1891年8月2日). https://www.nytimes.com/1891/08/02/archives/how-to-address-the-president-he-is-not-your-excellency-or-your.html 
  2. ^ USGS Correspondence Handbook—Chapter 4”. Usgs.gov (2007年7月18日). 2012年11月15日閲覧。
  3. ^ Models of Address and Salutation”. Ita.doc.gov. 2010年9月4日閲覧。
  4. ^ Heads of State, Heads of Government, Ministers for Foreign Affairs, Protocol and Liaison Service, United Nations. Retrieved November 1, 2012.
  5. ^ The White House Office of the Press Secretary (2010年9月1日). “Remarks by President Obama, President Mubarak, His Majesty King Abdullah, Prime Minister Netanyahu and President Abbas Before Working Dinner”. whitehouse.gov. 2011年7月19日閲覧。
  6. ^ Maier, Pauline (2010). Ratification: The People Debate the Constitution, 1787–1788. New York, New York: Simon & Schuster. p. 433. ISBN 978-0-684-86854-7 
  7. ^ March 4: A forgotten huge day in American history”. Philadelphia: en:National Constitution Center (2013年3月4日). 2018年7月29日閲覧。
  8. ^ Presidential Election of 1789”. Digital Encyclopedia. Mount Vernon, Virginia: Mount Vernon Ladies' Association, George Washington's Mount Vernon. 2018年7月29日閲覧。
  9. ^ 西山隆行 2018, p. 38.
  10. ^ 阿川尚之. “第13回 湾岸戦争と大統領の戦争権限 - デラムス対ブッシュ事件と大統領の戦争権限”. 憲法で読むアメリカ現代史. NTTウェブマガジン Webnttpub.. 2014年8月12日閲覧。
  11. ^ CNN.co.jp : トランプ氏、自家用機の使用は却下 就任後は大統領専用機で - CNN
  12. ^ 西山隆行 2018, p. 29.
  13. ^ トランプ氏はもう機密報告を「受けるべきではない」 バイデン大統領”. CNN (2021年2月6日). 2021年2月7日閲覧。
  14. ^ “米大統領は辞めてから稼ぐ、元大統領たちの知られざる懐事情”. (2011年1月29日). http://www.cnn.co.jp/usa/30005433.html 2011年1月29日閲覧。 [リンク切れ]





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アメリカ合衆国大統領」の関連用語

アメリカ合衆国大統領のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アメリカ合衆国大統領のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアメリカ合衆国大統領 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS