1876年アメリカ合衆国大統領選挙とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 1876年アメリカ合衆国大統領選挙の意味・解説 

1876年アメリカ合衆国大統領選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/13 09:56 UTC 版)

1876年アメリカ合衆国大統領選挙(1876ねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、英語: United States presidential election, 1876)は、アメリカの歴史の中でも最も議論を呼び、白熱した大統領選挙の一つとなった。ニューヨーク州出身のサミュエル・ティルデンが一般選挙でラザフォード・ヘイズを破り、選挙人投票でも184票を獲得してヘイズの165票を上回ったが、まだ集計されていない票が20票あった。この20票が論争となった。3つの州(フロリダ州ルイジアナ州およびサウスカロライナ州)で、それぞれの党がその候補の勝利を報告し、またオレゴン州の選挙人1人は違法(「選挙されたかあるいは指名されたか」という根拠で)と宣言され交代させられた。これらの票は激しい選挙人の議論の後で最終的にヘイズの得票とされた。




  1. ^ Voter Turnout in Presidential Elections: 1828 - 2008
  2. ^ Flashback to 1876: History repeats itself”. BBC News December 12 2000. 2006年11月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g Andrews, E. Benjamin (1912). History of the United States. New York: Charles Scribner's Sons. 
  4. ^ Morris, Roy, Jr. (2003). Fraud Of The Century. Rutherford B. Hayes, Samuel Tilden And The Stolen Election Of 1876. New York: Simon and Schuster.
  5. ^ HarpWeek | Hayes vs. Tilden: The Electoral College Controversy of 1876-1877
  6. ^ 1876 Presidential General Election Data - National”. 2013年5月7日閲覧。


「1876年アメリカ合衆国大統領選挙」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1876年アメリカ合衆国大統領選挙」の関連用語

1876年アメリカ合衆国大統領選挙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



1876年アメリカ合衆国大統領選挙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1876年アメリカ合衆国大統領選挙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS