上院とは? わかりやすく解説

じょう‐いん〔ジヤウヰン〕【上院】


上院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/09 09:44 UTC 版)

上院(じょういん、: upper house)は、両院制議会における一方の議院の呼称である。日本では参議院、イギリスでは貴族院がこれにあたる。対称となる議院は下院(かいん、: lower house)と呼ばれる。


注釈

  1. ^ 14世紀前半に庶民院が分離したことで成立[3]
  2. ^ カナダでは英語とフランス語が公用語。表記は次の通り。英語: Senate of Canada仏語: Sénat du Canada
  3. ^ スイスではドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の4つが公用語。表記はそれぞれ次の通り。独語: Ständerat仏語: le Conseil des Etats伊語: il Consiglio degli Statiロマンシュ語: il Cussegl dals Stadis
  4. ^ the House of Peers(英訳)[4]
  5. ^ the House of Councillors(英訳)[4]
  6. ^ ベルギーの公用語はフランス語、オランダ語、ドイツ語。表記はそれぞれ次の通り。仏語: le Sénat蘭語: de Senaat独語: der Senat。直接選出議員と指名議員はワロン語、フラマン語双方の言語圏から、共同体選出議員はワロン語、フラマン語、ドイツ語の各々の所属言語グループから選出される。
  7. ^ 創設は1810年。1906年のドゥーマの設置で上院化。

出典

  1. ^ 鳥取県・島根県、徳島県・高知県はそれぞれ2県の区域で1選挙区とする「合区」となっている。
  2. ^ 国会の地位と権能:国会の基礎知識:参議院のあらまし:参議院”. www.sangiin.go.jp. 2020年1月16日閲覧。
  3. ^ 近藤申一『イギリス議会政治史 上』(敬文社、昭和45年) p.100
  4. ^ a b 英訳(参考)。参議院 (n.d.), Guide A Brief History, 参議院, https://www.sangiin.go.jp/eng/guide/history/index.htm 2009年9月23日閲覧。 


「上院」の続きの解説一覧

上院(山上)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 22:00 UTC 版)

石清水八幡宮」の記事における「上院(山上)」の解説

社殿は「八幡造」と呼ばれる独特の構造である。楼門から奥へと舞殿幣殿本殿続きいずれも国宝指定されている。 本殿 - 内殿と外殿からなっている。その双方の軒が接す所に天正8年1580年8月織田信長奉納した黄金」が設けられている。貞観元年859年)に清和天皇勅命建立され以来幾度も焼失し造営14度修理17度に及んでいる。なお、内殿と外殿に分かれているのは、これは神が昼は外殿に、夜は内殿に遷られるとされることによる内殿国宝) - 後殿とも呼ばれる寛永11年1634年)に徳川家光によって再建。 外殿(国宝) - 前殿とも呼ばれる寛永11年1634年)に徳川家光によって再建幣殿国宝) - 寛永11年1634年)に徳川家光によって再建舞殿国宝) - 寛永11年1634年)に徳川家光によって再建東門国宝) - 寛永11年1634年)に徳川家光によって再建西門国宝) - 寛永11年1634年)に徳川家光によって再建蟇股施されている彫刻目貫きの」は左甚五郎の作という。この夜になる抜け出して山麓の畑を荒らすというので、動かなくするために右目に釘が打ちつけられたという。 廻廊国宝) - 寛永11年1634年)に徳川家光によって再建廻廊東北部分は鬼門あるため鬼門封じとして土台石垣切り取られ造りとなっている。 楼門国宝) - 寛永11年1634年)に徳川家光によって再建築地塀 - 織田信長奉納した土塀で「信長塀」と呼ばれている。 西総門重要文化財) - 江戸時代前期再建校倉宝蔵京都府指定有形文化財) - 江戸時代中期再建北総門(重要文化財) - 江戸時代前期再建東総門(重要文化財) - 江戸時代前期再建楠木正成奉納大楠京都府指定天然記念物) - 楠木正成建武元年1334年)に奉納した7本の内の1本神楽殿 勤番授与廻廊 南総門 - 1938年昭和13年再建。 上院社殿国宝社殿南面し参道斜めに接続楼門国宝校倉京都府指定文化財南総竈神殿 上院参道の石灯籠

※この「上院(山上)」の解説は、「石清水八幡宮」の解説の一部です。
「上院(山上)」を含む「石清水八幡宮」の記事については、「石清水八幡宮」の概要を参照ください。


上院(元老院)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/04 03:58 UTC 版)

2018年イタリア総選挙」の記事における「上院(元老院)」の解説

中道右派連合最大勢力五つ星連合第1党ながら過半数取得できず、中道左派連合議席大幅に失う。 e • d 2018年イタリア上院選挙2018年3月4日施行党派合計議席増減比例区小選挙区在外選挙区議得票数得票率議席得票数得票率議席得票数得票率 中道右派連合 137 20 77 11,317,258 37.50 58 11,327,549 37.50 2 228,957 23.08 同盟 58 30 37 5,321,537 17.61 21 0 226,885 21.96 フォルツァ・イタリア 57 41 33 4,358,004 14.43 23 2 イタリアの同胞 18 18 7 1,286,606 4.26 9 0 私達とイタリア 4 新党 0 361,402 1.19 4 0 10,404 1.04 五つ星運動 112 58 68 9,713,763 32.21 44 9,729,621 32.22 0 174,948 17.64 中道左派連合 60 58 44 6,929,460 22.96 14 6,943,450 22.99 2 352,339 35.47 民主党 53 57 43 5,768,101 19.12 8 2 268,612 27.03 よりヨーロッパへ 1 新党 0 712,844 2.36 1 0 52,494 5.29 インシエーメ 1 新党 0 163,028 0.54 1 - - - 一般市民のリスト 1 新党 0 157,205 0.52 1 0 31,293 3.15 南チロル人民党トレント自治運動 3 1 1 128,282 0.42 2 - - - ヴァッレ・ダオスタ連合 1 ± 0 - - - 1 - - - 自由と平等 4 新党 0 987,706 3.27 0 990,500 3.28 4 55,279 5.57 在外イタリア人協力運動 1 ± 0 - - - - - - 1 107,879 10.88 南米イタリア移民連合 1 ± 0 - - - - - - 1 65,069 6.56 合計315 ± 0 189 28,948,187 100.0 116 28,986,931 100.0 10 984,471 100.0

※この「上院(元老院)」の解説は、「2018年イタリア総選挙」の解説の一部です。
「上院(元老院)」を含む「2018年イタリア総選挙」の記事については、「2018年イタリア総選挙」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「上院」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

上院

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 02:28 UTC 版)

名詞

(じょういん)

  1. 二院制議会における議会の一。日本では参議院にあたる

対義語


「上院」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「上院」の関連用語

上院のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



上院のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの上院 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの石清水八幡宮 (改訂履歴)、2018年イタリア総選挙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの上院 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS