徳川家光とは? わかりやすく解説

とくがわ‐いえみつ〔トクがはいへみつ〕【徳川家光】

読み方:とくがわいえみつ

[1604〜1651]江戸幕府第3代将軍。在職1623〜1651。秀忠二男幼名竹千代家康秀忠遺志継ぎ武家諸法度参勤交代の制などを整え幕政基礎築いたまた、キリシタン弾圧して鎖国体制強化した


徳川家光

作者海音寺潮五郎

収載図書武将列伝 江戸篇 新装版
出版社文藝春秋
刊行年月2008.7
シリーズ名文春文庫


徳川家光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/06 01:21 UTC 版)

徳川 家光(とくがわ いえみつ)は江戸幕府の第3代征夷大将軍(在職:1623年 - 1651年)。乳兄弟に稲葉正勝稲葉正吉稲葉正利がいる。


注釈

  1. ^ 征夷大将軍の辞令(宣旨)「孝亮宿禰日記」
    權大納言源朝臣家光
    右中將藤原朝臣季俊傳宣權大納言藤原朝臣實條宣
    奉 勅件人宜爲征夷大將軍者
    元和九年七月廿七日
    左大史小槻宿禰孝亮奉
    (訓読文)権大納言源朝臣家光(徳川家光) 右中将藤原朝臣季俊(正親町季俊)伝へ宣(の)り、権大納言藤原朝臣実条(三条西実条)宣る、勅(みこのとり)を奉(うけたまは)るに、件人(くだんのひと)宜しく征夷大将軍に為すべし者(てへり) 元和9年(1623年)7月27日 左大史小槻宿禰孝亮(壬生孝亮)奉(うけたまは)る
  2. ^ 家光期に発令された農民統制策であると考えられている慶安御触書も家光期の治績であるとされてきたが、現在ではこれは慶安期の幕令ではなく、元禄期に甲斐国甲府藩の農民教諭書が流布される過程で幕令であったとする伝承が付加されたものであると考えられている。
  3. ^ 家光の死後、日光に参詣した将軍は4人だけであり、2度参詣した家綱以外は1度のみである。また、家綱の最初の参詣は家光在世中である。
  4. ^ 日光山輪王寺所蔵の重要文化財にされている守袋である。しかし、「真事 家康様 三世御因縁 三世の契り」と書いた紙も入っており、家光が家康の子であると認識していた可能性は低い。

出典

  1. ^ 村川浩平「天正・文禄・慶長期、武家叙任と豊臣姓下賜の事例」『駒沢史学』80号 p.118
  2. ^ 通説では、その後徳川家茂の時代までの200年以上にわたって将軍の上洛は行われなかったとされているが、実際には家光存命中に何度か上洛計画があったことが判明している(野村玄『日本近世国家の確立と天皇』清文堂、2006年、P45・296)。
  3. ^ 表章天野文雄『岩波講座 能・狂言I 能楽の歴史』93頁(岩波書店、1987年)
  4. ^ 井澤潤「東照大権現祝詞にみる徳川家光の東照大権現崇拝心理
  5. ^ NHK・NHKプロモーション編集 『江戸開府四〇〇年記念 徳川将軍家展』図録、2003年、p.180に一覧表あり。ただし、画像形式による推定作品3点を含む。また1点のみ、元和9年(1623年)という早い時期に、探幽ではない絵師に描かせた可能性がある画像(徳川記念財団蔵)も存在する。
  6. ^ 井澤潤「御守袋文書にみる徳川家光の心理
  7. ^ 山本博文『江戸城の宮廷政治』
  8. ^ 篠田達明『徳川将軍家十五代のカルテ』(新潮新書、2005年5月、ISBN 978-4106101199)より。また、『謎解き!江戸のススメ』(BS-TBS、2015年3月2日放送)でも紹介された。
  9. ^ 将軍の肖像画、下絵はリアル 徳川宗家に伝来、研究進む『朝日新聞』「2012年8月8日
  10. ^ “徳川将軍家:家光の駕籠、福井の寺で発見 専門家「驚き」”. 毎日新聞. (2018年7月31日). https://mainichi.jp/articles/20180731/k00/00e/040/208000c 2018年8月5日閲覧。 
  11. ^ 久能山東照宮博物館編集・発行 『博物館資料集2 ―徳川歴代将軍の書画―』(1971年)に15点掲載(白黒写真)。府中市美術館(金子信久、音ゆみ子)編著 『へそまがり日本美術』(講談社、2019年3月14日、ISBN 978-4-06-515046-7)には、『徳川歴代将軍の書画』と重複する1点と、日本美術協会編『葵花余芳』(尚美会、1916年)から転載の1点を含んだ4点を掲載している。
  12. ^ NDLJP:851575。なお、『扶桑画人伝』では「富士山ノ図多シ」としているが、『徳川歴代将軍の書画』『へそまがり日本美術』には掲載されていない。
  13. ^ 徳川家光は「ヘタウマ」画家? 水墨画を公開へ”. 朝日新聞デジタル (2018年12月20日). 2018年12月20日閲覧。
  14. ^ 松のさかへ」 『史籍雑纂』 2巻、国書刊行会、1911年11月30日、441-526頁。NDLJP:1912983https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1912983/227 
  15. ^ 以貴小伝』による。『幕府祚胤伝』では母は玉とある。


「徳川家光」の続きの解説一覧

徳川家光(とくがわ いえみつ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 04:25 UTC 版)

Y十M 〜柳生忍法帖〜」の記事における「徳川家光(とくがわ いえみつ)」の解説

第3徳川将軍天樹院の弟にあたる。不幸続きの姉のことを労わっている。堀主水一件には心を痛めているが、明成処断することは主水主君への反抗幕府肯定することになるため、処分下せずにいる。

※この「徳川家光(とくがわ いえみつ)」の解説は、「Y十M 〜柳生忍法帖〜」の解説の一部です。
「徳川家光(とくがわ いえみつ)」を含む「Y十M 〜柳生忍法帖〜」の記事については、「Y十M 〜柳生忍法帖〜」の概要を参照ください。


徳川家光(とくがわ いえみつ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 03:47 UTC 版)

十 〜忍法魔界転生〜」の記事における「徳川家光(とくがわ いえみつ)」の解説

幕府3代将軍。宗意軒の星占いによると、病がちで4、5年で寿命尽きる。

※この「徳川家光(とくがわ いえみつ)」の解説は、「十 〜忍法魔界転生〜」の解説の一部です。
「徳川家光(とくがわ いえみつ)」を含む「十 〜忍法魔界転生〜」の記事については、「十 〜忍法魔界転生〜」の概要を参照ください。


徳川家光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 02:49 UTC 版)

忍法帖シリーズ」の記事における「徳川家光」の解説

幼名竹千代乳母春日局1623年3代将軍となり、1651年48歳で没。

※この「徳川家光」の解説は、「忍法帖シリーズ」の解説の一部です。
「徳川家光」を含む「忍法帖シリーズ」の記事については、「忍法帖シリーズ」の概要を参照ください。


徳川家光 (とくがわ いえみつ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 04:53 UTC 版)

GATE 7」の記事における「徳川家光 (とくがわ いえみつ)」の解説

神社の前で倒れそうになっていたところを佳人助けられた美少年。致佳人曰くきらきらしてる」。隠威の名は「三葉」。柳生十兵衛天海従えている。蒼生夕(あおいゆう)と名乗り佳人と同じ西陣高校に通っている。

※この「徳川家光 (とくがわ いえみつ)」の解説は、「GATE 7」の解説の一部です。
「徳川家光 (とくがわ いえみつ)」を含む「GATE 7」の記事については、「GATE 7」の概要を参照ください。


徳川家光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/26 15:44 UTC 版)

柳生非情剣 SAMON」の記事における「徳川家光」の解説

徳川三代将軍幼少の頃より父母疎まれており、将軍の位に就いた後も怯え続けていた。

※この「徳川家光」の解説は、「柳生非情剣 SAMON」の解説の一部です。
「徳川家光」を含む「柳生非情剣 SAMON」の記事については、「柳生非情剣 SAMON」の概要を参照ください。


徳川家光(とくがわ いえみつ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/18 13:59 UTC 版)

忍びの卍」の記事における「徳川家光(とくがわ いえみつ)」の解説

3代徳川将軍本作においては暗愚人物として描かれる

※この「徳川家光(とくがわ いえみつ)」の解説は、「忍びの卍」の解説の一部です。
「徳川家光(とくがわ いえみつ)」を含む「忍びの卍」の記事については、「忍びの卍」の概要を参照ください。


徳川家光(とくがわ いえみつ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 23:54 UTC 版)

AMAKUSA1637」の記事における「徳川家光(とくがわ いえみつ)」の解説

三代将軍

※この「徳川家光(とくがわ いえみつ)」の解説は、「AMAKUSA1637」の解説の一部です。
「徳川家光(とくがわ いえみつ)」を含む「AMAKUSA1637」の記事については、「AMAKUSA1637」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「徳川家光」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「徳川 家光」の例文・使い方・用例・文例




徳川家光と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

徳川家光のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



徳川家光のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの徳川家光 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのY十M 〜柳生忍法帖〜 (改訂履歴)、十 〜忍法魔界転生〜 (改訂履歴)、忍法帖シリーズ (改訂履歴)、GATE 7 (改訂履歴)、柳生非情剣 SAMON (改訂履歴)、忍びの卍 (改訂履歴)、AMAKUSA1637 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS