鎌倉幕府とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 鎌倉幕府の意味・解説 

鎌倉幕府 (かまくらばくふ)


鎌倉幕府

読み方:カマクラバクフ(kamakurabakufu)

日本初武家政権


鎌倉幕府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 18:30 UTC 版)

鎌倉幕府(かまくらばくふ)は、源頼朝が創設した日本武家政権。この時代を鎌倉時代という。


注釈

  1. ^ ただし近年では逆に、武士の起源を有力農民ではなくて貴族の側とする見解が主流となった。詳細は『軍事貴族』『武士#「職能」武士の起源』の項目を参照。
  2. ^ 『百錬抄』寿永二年十月二十二日条によれば「十月十四日、(中略)東海・東山諸国の年貢、神社仏寺ならびに王臣家領の庄園、元の如く領家に随うべきの由、宣旨を下さる。頼朝の申し行いに依るところ也。」と記されている。『百錬抄』寿永二年十月二十日条参照。
  3. ^ 『吾妻鏡』には文治元年(1185年)10月18日以降の記述によれば「廿八、丁未、補任諸国平均守護地頭、不論権門勢家庄公、可充 課兵粮米段別五升之由、今夜、北条殿謁申藤中納言経房卿云々」とあるように、数度に渡り北条時政を通じて荘園公領を問わず反別五升の兵粮米の徴収権を与えられることを奏請した。さらに、九条兼実の日記『玉葉』によれば「二十九日、戊申、北条殿申さるるところの諸国守護地頭兵粮米の事、早く申請に任せて御沙汰あるべきの由、仰せ下さるるの間、帥中納言勅を北条殿に伝えらると云々」と記されている。『吾妻鏡』文治元年十二月六日条、『玉葉』『吉記』文治元年十二月二十七日条。参照。
  4. ^ もっとも、北村拓 著「鎌倉幕府征夷大将軍の補任について」、今江廣道 編 『中世の史料と制度』続群書類従完成会、2005年、137 - 194頁。 のように、征夷大将軍はこの時代には完全に名誉職化しており、何らかの権限を付与されたものではないとする説もある。
  5. ^ 足利尊氏寄進状建武2年(1335年3月28日付(『神奈川県史』資料編3所収)[16]
  6. ^ 「将軍足利尊氏寄進状案」「将軍足利尊氏御教書案」(『神奈川県史』資料編3所収)、「惟賢灌頂授与記」(『鎌倉市史』史料編1所収)[16]
  7. ^ これら学説については井上光貞前掲書、国史大辞典編集委員会編前掲『国史大辞典 3』などに詳しい。

出典

  1. ^ 阿部猛; 佐藤和彦 編 『人物でたどる日本荘園史』東京堂出版、1990年。 
  2. ^ 高橋富雄 『征夷大将軍 もう一つの国家主権』中央公論社、1987年、73-74頁。 
  3. ^ 菱沼一憲 『中世地域社会と将軍権力』汲古書院、2011年、161頁。 
  4. ^ 細川重男 『鎌倉幕府の滅亡』吉川弘文館、2011年、132 - 133頁。 
  5. ^ 永井 2009, p. 53.
  6. ^ a b 永井 2009, pp. 3–24.
  7. ^ a b c 河内 2007, pp. 304–347.
  8. ^ 峰岸 2005, pp. 37–38.
  9. ^ 峰岸 2005, p. 57.
  10. ^ 峰岸 2005, p. 62.
  11. ^ 峰岸 2005, p. 63.
  12. ^ 永井 2003, pp. 148・150.
  13. ^ 『太平記』巻十「大仏貞直並金沢貞将討死事」
  14. ^ 『太平記』巻十「信忍自害事」
  15. ^ 『太平記』巻十「高時並一門以下於東勝寺自害事」
  16. ^ a b c d 「神奈川県:鎌倉市 > 小町村 > 宝戒寺」 『日本歴史地名大系』平凡社、2006年。 
  17. ^ 佐藤弘夫 編 『概説 日本思想史』ミネルヴァ書房、2005年。 
  18. ^ 鎌倉市. “鎌倉市のみどころ「大倉幕府」 かまくら GreenNet” (日本語). 2009年10月6日閲覧。 [リンク切れ]
  19. ^ 国史大辞典編集委員会編 編 『国史大辞典 3』吉川弘文館、1983年、549頁。 
  20. ^ 岩田慎平「武家政権について」元木泰雄 編『日本中世の政治と制度』(吉川弘文館、2020年) ISBN 978-4-642-02966-7 P316 - 330.
  21. ^ 川合康「鎌倉幕府の成立時期を再検討する」(初出:『じっきょう地歴・公民科資料』76号(2013年)/所収:川合『院政期武士社会と鎌倉幕府』(吉川弘文館、2019年)) 2019年、P276 - 288.
  22. ^ 帝国書院 | 社会科Q & A — 歴史”. www.teikokushoin.co.jp. 2019年11月4日閲覧。
  23. ^ 稲葉継陽 2012, p. 54.
  24. ^ 佐藤 1976.
  25. ^ 佐藤 1976, p. 5.
  26. ^ 佐藤進一 『日本の中世国家』 岩波現代文庫、2007年3月、66頁。
  27. ^ 村井章介「佐藤進一著『日本の中世国家』」『史学雑誌』第93巻第4号、史学会、1984年、 95-96(p.510-521)、 doi:10.24471/shigaku.93.4_510ISSN 0018-2478NAID 110002368296
  28. ^ 吉田孝、上横手雅敬 「(書評)佐藤進一著「日本の中世国家」」『法制史研究』1984巻34号 1984年、177頁。
  29. ^ 奥山研司 「高校日本史における中世史像の変革 : 地頭制の取り扱いを通じて」『社会科研究』38巻 全国社会科教育学会、1990年、93頁。
  30. ^ 平雅行 「中世史像の変革と鎌倉仏教(1)」『じっきょう 地歴・公民科資料』No.65 実教出版、2007年10月、3-4頁。(2020年1月10日閲覧)
  31. ^ 安藤豊「歴史学習「鎌倉時代」に関する内容構成フレームの検討 : 中学校における中世史(「鎌倉時代」)学習内容再構築のための基礎的考察(その1)」『北海道教育大学紀要 教育科学編』第59巻第1号、北海道教育大学、2008年8月、 40(p.39-42)、 ISSN 13442554NAID 110006825912
  32. ^ 稲葉継陽 2012, p. 56.
  33. ^ 『本郷和人 日本史の法則 kindle版 位置NO.2898/3041』河出書房新社、2021年。 
  34. ^ 『本郷和人 日本史の法則 kindle版 位置NO.2761/3041』河出書房新社、2021年。 
  35. ^ a b c d e f g h i 永井 2009, pp. 40–42.
  36. ^ 永井 2009, pp. 48–52.
  37. ^ 永井 2009, pp. 53–56.
  38. ^ a b 永井 2009, p. 42.



鎌倉幕府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/07 09:43 UTC 版)

守護使不入」の記事における「鎌倉幕府」の解説

本来、守護には大犯三箇条義務遂行のため、本人あるいはその代理である役人使者国内公領荘園への立ち入る権利認められていたが、鎌倉幕府は国司領家本所権門)との対立回避するために、国司領家本所守護による干渉受けない特例地域設ける事を承認していた。これは御成敗式目によって一層明確化され、不入地に犯罪者などが逃げ込んだ場合でもその追捕国司領家によって行われ不入地の境界線守護側に引き渡すと言う原則成立した

※この「鎌倉幕府」の解説は、「守護使不入」の解説の一部です。
「鎌倉幕府」を含む「守護使不入」の記事については、「守護使不入」の概要を参照ください。


鎌倉幕府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/19 14:13 UTC 版)

安堵状」の記事における「鎌倉幕府」の解説

武家においては鎌倉幕府の頃には惣領に対して下文庶子に対してこれより格下下知状をもって安堵状書式としたが、嘉元3年1303年)に安堵状作成するのをやめ、前の権利者による譲状外題安堵行って下知状代用とした。

※この「鎌倉幕府」の解説は、「安堵状」の解説の一部です。
「鎌倉幕府」を含む「安堵状」の記事については、「安堵状」の概要を参照ください。


鎌倉幕府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 03:20 UTC 版)

炎立つ (NHK大河ドラマ)」の記事における「鎌倉幕府」の解説

源頼朝みなもと の よりとも) 演:長塚京三 義家玄孫で鎌倉幕府初代将軍平氏打倒兵を挙げ義経合流し義経活躍により平氏滅亡させる義経無断で官位得たことを理由謀反人扱いし、義経奥州逃れたことを知ると、義経もろとも奥州藤原氏滅ぼすことで奥州支配目論む源義経みなもと の よしつね) 演:野村宏伸 同じく義家玄孫頼朝異母弟。 京の五条大橋弁慶決闘その様子を見ていた似らに武勇認められ奥州青年時代をすごす。国衡が指南する馬術弓術には積極的に取り組むが、泰衡が指南する国史勉強には関心示さず、泰衡を悩ませる頼朝決起を知ると「二度と平泉には訪れない」と泰衡と約束交わして平泉起ち頼朝の元に駆けつけ源平合戦活躍し平氏滅亡させる。やがて頼朝不仲になり、泰衡との約束について迷った奥州逃れる。秀衡の前で頼朝討伐の策を披露するなど復讐機会をうかがっていたが、一方で自分の存在平泉危うくすることに心を痛めていた。 常盤御前ときわ ごぜん) 演:松田美由紀 義経の母。 京で義経再会し奥州逃れるつもりであることを知らされる義経の妻 演:高取茉南 頼朝追われ義経と共に奥州逃れてくる。 源行家みなもと の ゆきいえ) 演:筑前翠瑶 頼朝叔父多田蔵人行綱(ただ くろうど ゆきつな) 演:三田村周三 多田源氏北条時政ほうじょう ときまさ) 演:本郷功次郎 頼朝の舅北条宗時ほうじょう むねとき) 演:湯江健幸 時政長男北条義時ほうじょう よしとき) 演:黒樹洋 時政次男武蔵坊弁慶むさしぼう べんけい) 演:時任三郎 義経家臣佐藤継信さとう つぐのぶ) 演:上田雄太 義経家臣佐藤忠信さとう ただのぶ) 演:小林良平 義経家臣安達藤九郎盛長(あだち とうくろう もりなが) 演:勝部演之 御家人土肥実平(どい さねひら) 演:小野進也 御家人新田忠常にった ただつね) 演:舘大介 御家人千葉胤頼(ちば たねより) 演:山口眞司 御家人三浦義村みうら よしむら) 演:大森啓祠朗 御家人加藤景廉(かとう かげかど) 演:小野了 御家人佐々木高綱ささき たかつな) 演:熊谷俊哉 御家人富樫泰家(とがし やすいえ) 演:渡辺哲 安宅の関守。 義経一行見逃す。

※この「鎌倉幕府」の解説は、「炎立つ (NHK大河ドラマ)」の解説の一部です。
「鎌倉幕府」を含む「炎立つ (NHK大河ドラマ)」の記事については、「炎立つ (NHK大河ドラマ)」の概要を参照ください。


鎌倉幕府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 21:32 UTC 版)

山賊王」の記事における「鎌倉幕府」の解説

北条高時 本作最大の敵。

※この「鎌倉幕府」の解説は、「山賊王」の解説の一部です。
「鎌倉幕府」を含む「山賊王」の記事については、「山賊王」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「鎌倉幕府」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「鎌倉幕府」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

鎌倉幕府のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鎌倉幕府のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2022,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鎌倉幕府 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの守護使不入 (改訂履歴)、安堵状 (改訂履歴)、炎立つ (NHK大河ドラマ) (改訂履歴)、山賊王 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS