堂上家とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 実業家 > 貴族 > 公家 > 堂上家の意味・解説 

どう じょうけ だうじやう- [3] 【堂上家】

堂上」に同じ。

堂上家

読み方:ドウショウケ(doushouke)

昇殿をゆるされた家柄総称


堂上家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/26 06:16 UTC 版)

堂上家(とうしょうけ、どうじょうけ)は、公家家格の一つ。御所清涼殿南廂にある殿上間に昇殿する資格を世襲した家柄。また、公卿になれる家柄。同時に上級貴族とも呼ばれる。


  1. ^ 中納言を一旦辞任することなく、大納言に任ぜられることを「直任」といい、一時中納言を辞職してから大納言に任ぜられるより格上とされた。「宣任の例が多い」は、一度でも「直任」の例があることを指す(浅見雅男『華族誕生』)。
  2. ^ a b c d e 藤氏長者勧学院別当
  3. ^ 五摂家筆頭 陽明家と称す
  4. ^ 藤原北家御堂流
  5. ^ 桃華坊と称す
  6. ^ a b 源氏長者淳和院奨学院両別当
  7. ^ a b
    三條実房長男公房嫡流を継ぎ三條を称したが、三男の公氏も三條を称したため、嫡流を転法輪三條、公氏の流を正親町三條と呼び区別した。
  8. ^ 藤原公季
  9. ^ 閑院流
  10. ^ 藤原師実
  11. ^ 蔵米参照
  12. ^ 藤原魚名
  13. ^ 園池公屋が正親町三条実昭猶子となったため、閑院流正親町三条庶流となった。
  14. ^ 藤原武智麻呂
  15. ^ 藤原南家
  16. ^ 藤原北家閑院流西園寺庶流の四辻公遠の子・四辻嗣良が高倉範久の嗣子となり、高倉家を再興し、寛永14年(1637年)に高倉から藪に改姓した。以後、室町(四辻)家の血統により、室町流を称する。庶流に中園家・高丘家がある。この南家高倉流は、閑院家に従属している。
  17. ^ 藤原頼宗
  18. ^ 中御門流
  19. ^ 藤原長家
  20. ^ 御子左家
  21. ^ a b c d e 五堂上家
  22. ^ 藤原道隆
  23. ^ 藤原長良
  24. ^ 高倉永家の子・堀河親具は当初、水無瀬親氏の養子となっていたが、後に養父に実子が生まれ、疎んじられて家を追われたために出家し、東国徳川家康に寄寓した。天正13年(1585年)、家康が上洛した際に親具もこれに従って帰京し、家康の計らいで親具に堀河の家号が与えられて新家創設が許されたが、親具が出家していたために、代わって長男の堀河康胤に継がせて堀河家を興させた。後に次男の樋口信孝樋口家を創設した。血統上は高倉系であるが、水無瀬系庶流扱いとなる。
  25. ^ 藤原真夏
  26. ^ 藤原高藤
  27. ^ 勸修寺流
  28. ^ 是定王氏長者
  29. ^ 他に神祇領・神事料100石
  30. ^ これは官職ではなく吉田兼倶が用い始めた僭称である。
  31. ^ 弘化4年12月17日(1848年1月22日)に地下家から格上となった。俊常が六位蔵人の極﨟(最先任)を祖父から三代続けて勤めたことによる。なお、分家の北小路家は俊矩の代に半家に格上げされるものの、堂上昇進が遅れたため男爵にしかなれなかった。


「堂上家」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「堂上家」の関連用語

堂上家のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



堂上家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの堂上家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS