家礼とは? わかりやすく解説

け‐らい【家来】

読み方:けらい

主君主家仕える者。家臣従者

親・尊族を敬い礼を尽くすこと。転じて他人に礼を尽くすこと。

文籍(ぶんせき)にも—といふことあるべくや」〈源・藤裏葉

朝廷公事(くじ)や故実を習うために摂家などに出入りする者。

[補説] 古くは「家礼」「家頼」などと書き、「家来」は中世以降表記

「家来」に似た言葉

家礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/28 07:21 UTC 版)

家礼(けれい)とは、公家社会において公家同士の間で結ばれた一種の主従関係のこと。特に近世摂関家とその他堂上家との間の家礼関係を門流(もんりゅう)とも称した。また、武家における家来(けらい)という語の由来とも言われている。




「家礼」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「家礼」の関連用語


2
従僕 デジタル大辞泉
58% |||||

3
雇い人 デジタル大辞泉
52% |||||

4
奴隷 デジタル大辞泉
32% |||||


6
18% |||||



9
14% |||||


家礼のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



家礼のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの家礼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS