2005年とは? わかりやすく解説

2005年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 18:20 UTC 版)

2005年(2005 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、土曜日から始まる平年平成17年。


注釈

  1. ^ ※テレビドラマ『G-SAVIOUR』などで使用された旧来の設定。

出典

  1. ^ マラッカ海峡における日本籍船への襲撃事件に関連した警戒強化及び船位通報の奨励について - 国土交通省 平成17年 (2005年) 3月15日
  2. ^ 【吉田羊・鈴木梨央出演の「ポカリ、のまなきゃ。」シリーズ第12弾】2019年の話題曲!スピッツ「優しいあの子」を吉田羊・鈴木梨央が完全カバー!楽曲フル尺バージョンも公開!”. PR TIMES (2019年12月12日). 2021年1月11日閲覧。
  3. ^ マイケル・コリンズ 『2004年 火星への旅』草思社、1992年、218・226・280-282頁。ISBN 978-4-7942-0472-1 
  4. ^ 竹田裕一郎覇界王〜ガオガイガー対ベターマン〜 中巻』新紀元社、2020年、360頁。ISBN 978-4-7753-1714-3 
  5. ^ 和久井健 『東京卍リベンジャーズ(3)』講談社、2017年9月15日。ISBN 978-4065101889https://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000023042 
  6. ^ 和久井健 『東京卍リベンジャーズ(7)』講談社、2018年6月15日。ISBN 978-4-06-511620-3https://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000310191 
  7. ^ レイ・ブラッドベリ 『火星年代記』早川書房、1976年、307-310・334-338・371頁。ISBN 978-4-15-040114-6 
  8. ^ 和久井健 『東京卍リベンジャーズ(11)』講談社、2019年3月15日。ISBN 978-4065144459https://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000319483 
  9. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE .1 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.1 一年戦争編】』バンダイ、1989年、63頁。ISBN 978-4-89189-006-3 



2005年(2歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/31 09:48 UTC 版)

アパッチキャット」の記事における「2005年(2歳)」の解説

3月競走馬デビュー戦を迎えデビュー初戦初勝利挙げたその後は2戦1勝シーズン終えた

※この「2005年(2歳)」の解説は、「アパッチキャット」の解説の一部です。
「2005年(2歳)」を含む「アパッチキャット」の記事については、「アパッチキャット」の概要を参照ください。


2005年(4歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 05:08 UTC 版)

アトラクション (競走馬)」の記事における「2005年(4歳)」の解説

5月香港チャンピオンズマイル当時国際格付なし)で復帰するが、ブリッシュラックから離され11着に敗れる。その後は軽い怪我などもあり8月まで休養しG3・ハンガーフォードステークス出走したが、4着に敗れた。そしてメイトロンステークス出走人気シックに譲ったものの、レースでは逃げ切って久々の勝利を挙げたが、この直後に再び脚を故障してしまい引退した

※この「2005年(4歳)」の解説は、「アトラクション (競走馬)」の解説の一部です。
「2005年(4歳)」を含む「アトラクション (競走馬)」の記事については、「アトラクション (競走馬)」の概要を参照ください。


2005年(ブラータWCM)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/13 02:27 UTC 版)

ワールド・チャンピオンシップ・モータースポーツ」の記事における「2005年(ブラータWCM)」の解説

2005年シーズンチェコのバイクメーカーブラータと提携しチーム名新たにブラータWCMとして戦うこと発表されたジェームス・エリソンフランコ・バッタイーニライダーに、チーム当初は従来型のハリスWCM戦い第11戦ブルノには新しV6エンジン搭載したマシンデビューするはずであったが、結局V6マシンレース戦うことはなかった。この年WCMチームGP参戦最終年となった

※この「2005年(ブラータWCM)」の解説は、「ワールド・チャンピオンシップ・モータースポーツ」の解説の一部です。
「2005年(ブラータWCM)」を含む「ワールド・チャンピオンシップ・モータースポーツ」の記事については、「ワールド・チャンピオンシップ・モータースポーツ」の概要を参照ください。


2005年(平成18年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/19 21:49 UTC 版)

sorachoco」の記事における「2005年(平成18年)」の解説

2月14日、名称が未決定のままユニット活動開始sorachocoというユニット名称での活動11月からとなった7月には「怜美☆優奈」という名義でユニット初のイベント開催稲村その後公式サイトの「日記」において、花村出会ったのは2年前であり、いつか同じステージに立ちイベントできれば、という話をしていたと述懐している。同7月にはさらに、プレイステーション2ゲームギャラクシーエンジェルII』において両名ヒロイン声優として起用発表され声優として注目集めたことがファン拡大つながった

※この「2005年(平成18年)」の解説は、「sorachoco」の解説の一部です。
「2005年(平成18年)」を含む「sorachoco」の記事については、「sorachoco」の概要を参照ください。


2005(平成17)年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/04 07:32 UTC 版)

稲井」の記事における「2005(平成17)年」の解説

株式会社稲井八商店,創立100周年迎え株式会社稲井社名変更を行う。 稲井謙一第4代目社長に就任する本社事業部多賀城移転する

※この「2005(平成17)年」の解説は、「稲井」の解説の一部です。
「2005(平成17)年」を含む「稲井」の記事については、「稲井」の概要を参照ください。


2005年(1年目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 01:06 UTC 版)

愛媛マンダリンパイレーツ」の記事における「2005年(1年目)」の解説

発足時監督西田真二コーチ沖泰司高山郁夫であったエース西山道隆好打者林真輝中谷翼ドラフト候補擁し前評判高かったが、首位争い加わことなくチーム最下位終わった優勝した高知ファイティングドッグスとの対戦成績は6勝195分大きく負け越し高知独走を許す要因になった10月15日の対香川オリーブガイナーズ戦(松山中央公園野球場)が雨天中止となり、代替試合実施しなかったため、89試合シーズン終了したこの年観客動員は71503名(1試合平均1625名)でリーグ最多記録した1試合平均数値2016年現在リーグ最多である)。 育成選手ドラフト西山福岡ソフトバンクホークス中谷広島東洋カープ指名されリーグ所属選手として初めNPBへの入団決まったシーズン終了後の10月27日コーチ高山郁夫福岡ソフトバンクホークス2軍コーチへの就任決まった12月リーグ運営会社であるIBLJ西田監督契約更新しないことを発表した

※この「2005年(1年目)」の解説は、「愛媛マンダリンパイレーツ」の解説の一部です。
「2005年(1年目)」を含む「愛媛マンダリンパイレーツ」の記事については、「愛媛マンダリンパイレーツ」の概要を参照ください。


2005年(ウィリアムズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/22 03:36 UTC 版)

ニック・ハイドフェルド」の記事における「2005年(ウィリアムズ)」の解説

2005年、アントニオ・ピッツォニアとのレギュラーシート争い経て、まさにテスト入団形でウィリアムズ移籍したチームメイトにはラルフ・シューマッハ後任として加入したマーク・ウェバーコンビを組むこととなった第2マレーシアGP自身2度目3位表彰台、第6戦モナコGP自己最高位2位、第7戦ヨーロッパGPでは搭載燃料軽くした戦略よるものではあったが、初のポールポジション獲得決勝3位走行中ラスト1周首位ライコネンが1コーナーでタイヤトラブルによりクラッシュリタイヤとなると労せずして2戦連続2位フィニッシュした。開幕前はセカンドドライバー的な見方多かったが、ウェバーに対してほぼ互角の成績残したといえるイタリアGP前のモンツァ・テストでのクラッシュ影響により、イタリアGPベルギーGP欠場し復帰目指したトレーニング中に再度負傷してしまい、結局ブラジルGP以降の残り3戦全て欠場することとなり、ウィリアムズ戦闘力低下相俟って尻すぼみ」の印象を与えることとなった余談だが、ハイドフェルド離脱によりラスト3戦はアントニオ・ピッツォニアシート収まった

※この「2005年(ウィリアムズ)」の解説は、「ニック・ハイドフェルド」の解説の一部です。
「2005年(ウィリアムズ)」を含む「ニック・ハイドフェルド」の記事については、「ニック・ハイドフェルド」の概要を参照ください。


2005年(4歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/13 15:31 UTC 版)

マラーヘル」の記事における「2005年(4歳)」の解説

古馬となり、休養明け初戦ドバイ遠征してドバイシーマクラシック出走したがフェニックスリーチに敗れて8着だった。帰国後はジョンポーターステークス (G3) で5着、続くハクスレイステークス (G3) を制して重賞競走2勝目挙げたその後重賞戦線走り、4戦で2着1回、3着3回好走するが勝利はできなかった。12月には香港遠征して香港カップで3着となっている。

※この「2005年(4歳)」の解説は、「マラーヘル」の解説の一部です。
「2005年(4歳)」を含む「マラーヘル」の記事については、「マラーヘル」の概要を参照ください。


2005年(1期)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 01:13 UTC 版)

灼眼のシャナ (アニメ)」の記事における「2005年(1期)」の解説

地上波放送は、UHFアニメ形態での放送以下参照)。

※この「2005年(1期)」の解説は、「灼眼のシャナ (アニメ)」の解説の一部です。
「2005年(1期)」を含む「灼眼のシャナ (アニメ)」の記事については、「灼眼のシャナ (アニメ)」の概要を参照ください。


2005年(1年目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 00:52 UTC 版)

徳島インディゴソックス」の記事における「2005年(1年目)」の解説

発足時監督小野和幸コーチ柳田聖人定詰雅彦であった序盤こそ勝ち星恵まれなかったが、7月11連勝記録してから一気波に乗り9月にはついに首位立ったその後高知ファイティングドッグス首位争い演じる。終盤力尽き優勝こそ譲ったが、シーズン2位と健闘したチーム特色として、グレアム義季サイモン山口寛史など俊足巧打選手多く、足を絡め戦術多用することが挙げられる中でもチーム盗塁数はリーグ1位(146)で、グレアム初代盗塁王輝いたシーズン終了後、二人コーチリーグ運営会社IBLJから契約更新しない通告を受け、それぞれ退団した

※この「2005年(1年目)」の解説は、「徳島インディゴソックス」の解説の一部です。
「2005年(1年目)」を含む「徳島インディゴソックス」の記事については、「徳島インディゴソックス」の概要を参照ください。


2005年(2歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/23 06:33 UTC 版)

ウェルアームド」の記事における「2005年(2歳)」の解説

イギリスクライヴ・ブリテン厩舎所属し競走馬デビュー戦でいきなり重賞競走7月7日行われたスーパーレイティヴステークス(G3) に出走した10着だった。その後一般競走中心に走りデビュー5戦目で2着となり、11月デビュー7戦目を制して初勝利挙げた

※この「2005年(2歳)」の解説は、「ウェルアームド」の解説の一部です。
「2005年(2歳)」を含む「ウェルアームド」の記事については、「ウェルアームド」の概要を参照ください。


2005年(1年目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 23:08 UTC 版)

高知ファイティングドッグス」の記事における「2005年(1年目)」の解説

発足時監督藤城和明コーチ森山一人坊西浩嗣だった。 2005年のシーズンは、開幕ゲーム愛媛マンダリンパイレーツエース西山道隆攻略し勝利を収め開幕ダッシュ成功したその後香川オリーブガイナーズ徳島インディゴソックス首位を譲るもすぐに巻き返し記念すべきリーグ初代チャンピオン輝いた投手陣前半戦活躍した高梨篤、シーズン11勝の相原雅也筆頭に豊富な持ち駒をほこる。打撃陣は田考平、山本健士、宮本裕司中軸チーム引っ張りシーズンを通して貢献したシーズン当初は高知県出身選手がいなかったが、観客動員増やす目的もあり、シーズン途中高知県出身選手追加入団選手の中に含めた観客数は、合計30,283人。1試合平均673人だった。高知県室戸広域公園野球場では、高知球団ホーム45試合中3試合が行なわれた他に徳島県鳴門球場から会場変更されプラス2試合が行なわれたが、これは徳島球団ホーム分であり、上の集計には含めない。 シーズン終了後、坊西コーチリーグ運営会社IBLJから、来期契約結ばないとの通告を受けて退団した

※この「2005年(1年目)」の解説は、「高知ファイティングドッグス」の解説の一部です。
「2005年(1年目)」を含む「高知ファイティングドッグス」の記事については、「高知ファイティングドッグス」の概要を参照ください。


2005年(第52回大会)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 16:35 UTC 版)

鹿児島県下一周市郡対抗駅伝競走大会」の記事における「2005年(第52回大会)」の解説

大会3日目宮之城町現さつま町)山崎国道267号沿いで応援帰り中学生の列に車が突っ込み死傷者出したことから中止された。

※この「2005年(第52回大会)」の解説は、「鹿児島県下一周市郡対抗駅伝競走大会」の解説の一部です。
「2005年(第52回大会)」を含む「鹿児島県下一周市郡対抗駅伝競走大会」の記事については、「鹿児島県下一周市郡対抗駅伝競走大会」の概要を参照ください。


2005年(2歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/12/20 12:58 UTC 版)

マルシャンドール」の記事における「2005年(2歳)」の解説

8月競走馬デビュー迎えたが7着で、その後休養入りそのまま2歳終えた

※この「2005年(2歳)」の解説は、「マルシャンドール」の解説の一部です。
「2005年(2歳)」を含む「マルシャンドール」の記事については、「マルシャンドール」の概要を参照ください。


2005年(第1回)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/21 05:24 UTC 版)

香川レインボー映画祭」の記事における「2005年(第1回)」の解説

10月9日開催。 My Sexuality私の好きな性別〜(1999年日本Queer Boys and Girls on the SHINKANSEN2004年 - 2005年日本No time No place2004年日本パペット劇場〜愛、以外。(2004年日本homme-オム-(レインボーmix)(2005年、日本ヘテロ薬(2005年、日本

※この「2005年(第1回)」の解説は、「香川レインボー映画祭」の解説の一部です。
「2005年(第1回)」を含む「香川レインボー映画祭」の記事については、「香川レインボー映画祭」の概要を参照ください。


2005年(月組)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 08:13 UTC 版)

真面目が肝心」の記事における「2005年(月組)」の解説

梅田芸術劇場メインホール公演として、月組選抜メンバーにて上演

※この「2005年(月組)」の解説は、「真面目が肝心」の解説の一部です。
「2005年(月組)」を含む「真面目が肝心」の記事については、「真面目が肝心」の概要を参照ください。


2005年(花組)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 08:13 UTC 版)

真面目が肝心」の記事における「2005年(花組)」の解説

日生劇場公演として、専科所属していた樹里咲穂迎え花組選抜メンバーにて上演

※この「2005年(花組)」の解説は、「真面目が肝心」の解説の一部です。
「2005年(花組)」を含む「真面目が肝心」の記事については、「真面目が肝心」の概要を参照ください。


2005年(1年目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 00:33 UTC 版)

香川オリーブガイナーズ」の記事における「2005年(1年目)」の解説

発足時監督芦沢真矢コーチ加藤博人森博幸であった1年目である2005年のシーズンは、投手を軸とした守りチームとして戦った投手では、先発伊藤秀範・捻金孝行ストッパー松尾晃雅リーグ防御率の上位に入り伊藤最多勝松尾最優秀防御率タイトル獲得。しかし攻撃面はチーム打率.223と貧打にあえぎ、3位終わった。なお、10月15日の対愛媛戦(松山中央公園野球場)が雨天中止となり、代替試合実施しなかったため、89試合シーズン終了している。

※この「2005年(1年目)」の解説は、「香川オリーブガイナーズ」の解説の一部です。
「2005年(1年目)」を含む「香川オリーブガイナーズ」の記事については、「香川オリーブガイナーズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2005年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「2005年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「2005年」に関係したコラム

  • FXのくりっく365とは

    FX(外国為替証拠金取引)のくりっく365とは、株式会社東京金融取引所(金融取)の運営するFX(外国為替証拠金取引)の名称です。くりっく365は、2005年7月から取引が開始されました。くりっく365...

  • CFDのトウモロコシ相場の見方

    CFDのトウモロコシ相場は、生産国や消費国の情勢、気候などにより値動きが大きくなります。この値動きは、テクニカル指標では分析できないほど荒い値動きになります。ここでは、過去のトウモロコシ相場を振り返り...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

2005年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2005年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの2005年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアパッチキャット (改訂履歴)、アトラクション (競走馬) (改訂履歴)、ワールド・チャンピオンシップ・モータースポーツ (改訂履歴)、sorachoco (改訂履歴)、稲井 (改訂履歴)、愛媛マンダリンパイレーツ (改訂履歴)、ニック・ハイドフェルド (改訂履歴)、マラーヘル (改訂履歴)、灼眼のシャナ (アニメ) (改訂履歴)、徳島インディゴソックス (改訂履歴)、ウェルアームド (改訂履歴)、高知ファイティングドッグス (改訂履歴)、鹿児島県下一周市郡対抗駅伝競走大会 (改訂履歴)、マルシャンドール (改訂履歴)、香川レインボー映画祭 (改訂履歴)、真面目が肝心 (改訂履歴)、香川オリーブガイナーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS