気象学とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 学問 > 気象学の意味・解説 

きしょう‐がく〔キシヤウ‐〕【気象学】


気象学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 04:21 UTC 版)

気象学きしょうがく: meteorology)は、地球の大気で起こる諸現象(気象)や個々の流体現象を研究する学問。自然科学あるいは地球科学の一分野。


  1. ^ Library of Congress. The Invention of the Telegraph. Retrieved on 2009-01-01.
  2. ^ India Meteorological Department Establishment of IMD. Retrieved on 2009-01-01.
  3. ^ Finnish Meteorological Institute. History of Finnish Meteorological Institute. Retrieved on 2009-01-01.
  4. ^ Japan Meteorological Agency. History. Retrieved on 2021-03-24.
  5. ^ BOM celebrates 100 years”. オーストラリア放送協会. 2008年1月1日閲覧。
  6. ^ Collections in Perth: 20. Meteorology”. National Archives of Australia. 2008年5月24日閲覧。
  7. ^ G-G Coriolis (1835). “Sur les équations du mouvement relatif des systèmes de corps”. J. De l'Ecole royale polytechnique 15: 144–154. 
  8. ^ Shaye Johnson. The Norwegian Cyclone Model. Retrieved on 2006-10-11.
  9. ^ Cox, John D. (2002). Storm Watchers. John Wiley & Sons, Inc.. p. 208. ISBN 047138108X 
  10. ^ Edward N. Lorenz, "Deterministic non-periodic flow", Journal of the Atmospheric Sciences, vol. 20, pages 130–141 (1963).
  11. ^ Manousos, Peter (2006年7月19日). “Ensemble Prediction Systems”. Hydrometeorological Prediction Center. 2010年12月31日閲覧。
  12. ^ 50年目を迎えた気象庁の数値予報 気象業務支援センター、2011年9月1日閲覧
  13. ^ 気象産業の形成と展望-日本・アメリカの気象業界の実態と気象情報市場の推移- 斎藤弘幸、北海道大学。
  14. ^ WeatherBug Eyes the Smart Grid BuzzKatie Fehrenbacher, 2010年2月10日、GIGAOM(日本語部分訳:スマートグリッド構成要素としての「天気予報」 小林啓倫、ITmediaオルタナティブブログ)
  15. ^ 2011年度事業報告 (PDF) 」、日本気象学会。



気象学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 17:32 UTC 版)

1878年の夏、ミュンヘン工科大学にいたころの指導教官気象学者の ヴィルヘルム・フォン・ベゾルト(ドイツ語版) であり、そのころから気象学にも深い興味抱いていた。しかし、ベルリンヘルムホルツ助手をしていたころにいくつか論文書いた程度で、気象学の業績多くない例えば、液体蒸発についての研究新たな湿度計考案湿潤な大気断熱的に変化したときの特性グラフ使って判定する方法などの論文がある。

※この「気象学」の解説は、「ハインリヒ・ヘルツ」の解説の一部です。» 「ハインリヒ・ヘルツ」の概要を見る


気象学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/10 02:21 UTC 版)

秋芳洞を参照あぶくま洞を参照 洞内気流気温湿度洞内などについて研究が行われる。地中温度はふつう-50cmで日変化が、-10mで年変化消失すると言われるが、カルストのような洞穴地帯ではそれをはるかに越える数倍から数十倍の深/奥部まで外気温影響みられる。これは洞窟系や割れ目を通じて外気流出入煙突効果)や、雨水浸透激しく起こことによる煙突効果がみられず、また地表水洞内への浸透少な洞窟では地表温度影響受けにくい冬季氷点下下がった気流大量に洞内流れ込むような洞窟では、冷たく密度大き空気洞内滞留し夏季にも洞内気温氷点下維持され、氷による洞内装飾見られることがあるこのような洞窟を氷洞(氷穴)という。洞内気流地表との間の未知の連絡洞の探査応用されることもある。煙突効果起こことによる洞内気の季節的な二酸化炭素分圧変化によって、洞穴生成物主として冬季成長するという研究もある。

※この「気象学」の解説は、「洞穴学」の解説の一部です。» 「洞穴学」の概要を見る


気象学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 15:33 UTC 版)

しかしフィッツロイ汚名着せられなかった。1848年9月イギリスに戻るとウーリッジ造船所本部長任命された。1849年3月にはフリゲート艦アロガント号の艦長任命された。1851年不健康のため現役退き同年ダーウィンを含む13人の推薦によりロンドン王立協会会員選ばれたフランシス・ボーフォートのもとで、王立協会会長推薦によって気象データ収集のための新設され部門商務省気象局長に選ばれた。これは現代イギリス気象庁前身にあたるフィッツロイは船の船長情報集めて報告できるように器具手配した彼は何種類もの気圧計(フィッツロイ・バロメータ)を設計して配布しそれぞれの港に設置された。20世紀おいても気圧計にはフィッツロイ特徴的な見解彫刻された。「上昇したとき:冬に気圧計上昇すれば前兆である。」 1859年蒸気クリッパーロイヤルチャーター号を沈めた大嵐Royal Charter Gale)はフィッツロイ暴風警報storm warning)の必要性感じさせた。イギリス学術協会依頼彼は1860年6月6日政府から認可を受けて暴風警報センター設置した彼は国内13地点気象観測結果電報集めて、その現状分析して暴風警報発表開始した。これは今でいうナウキャストであり、厳密に気象予報異なる。しかし、彼は1961年8月1日から気象予報をも民衆に対して独断発表し始めた彼は気象理論に関してドイツの気象学者ハインリッヒ・ドーフェの信奉者であり、異な性質気流衝突重視していた。しかし当時はそれはきちんと理論化されておらず科学的に認められていなかった。 当時気象予報には怪しげな占星気象学を用いた物も少なくなく、気象予報発表には政府イギリス科学界科学信頼性失墜させるものとして反発した彼は気象予報科学としてではなく実用的な技術として民衆役に立つ考えていた。彼は気象予報科学的な予測prediction)と区別するために「フォアキャストforecast)」という造語まで作った現在ではこの語は気象予報の意味広く使われている。また気象予報体系化するために1863年Weather Book」に出版した。これは当時科学的な見解からはかなり先進的だった。彼の死後統計学者フランシス・ゴルトン委員長とする調査委員会組織され、その勧告により一般向け気象予報1866年5月28日中止された。しかし、同様に中止され暴風警報要望され再開されるなどの混乱生じた一方で気象予報その後13年間にわたってイギリスでは発表されなかった。

※この「気象学」の解説は、「ロバート・フィッツロイ」の解説の一部です。» 「ロバート・フィッツロイ」の概要を見る


気象学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 08:59 UTC 版)

カント気象において、1756年4月ケーニヒスベルクで「風の理論説明に対する新たな注解Neue Anmerkungen zur Erlauterung der Theorie der Winde)」を発表した。これは、風に関して下の5つ考えからなっていた 。 加熱持続する限り、場所による加熱違いは風を引き起こす暖かい空気は、冷たい空気置き換わる赤道からへの風は、地球の自転により次第西風になる。 東風貿易風も、同様に地球の自転による。 モンスーンは、3.の原因によっても説明されるカントは、イギリス気象学者ジョージ・ハドレーによる地球規模風の考え方発展させ、向きの上層の流れ存在しているという結論達しこの上層の風が地表風と接触するとき、さまざまな現象起きると考えた 。これが大規模な同士接触して顕著な気象起こることの初めての考えとなったまた、これら大気循環原因に関する記述含んだカント自然地理学に関する教科書講義ノート19世紀になって出版され広く使われた。カント風に関す考えは、その後19世紀ドイツの気象学者物理学者ハインリヒ・ドーフェが発展させ、イギリスロバート・フィッツロイ提督が行ったイギリス気象局での気象予報根拠の一つとなったカント気流同士接触という考え方は、今日の気象学でいう前線という概念元の一つとなった

※この「気象学」の解説は、「イマヌエル・カント」の解説の一部です。» 「イマヌエル・カント」の概要を見る


気象学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 01:42 UTC 版)

ジュール・グレゴリー・チャーニー、フョルトフトとともに気象力学草分け一人。気象学や気象予報において数理モデルコンピュータを使う斬新な手法持ち込み数値予報)、天気を操るアイディア提案し地球温暖化予測した

※この「気象学」の解説は、「ジョン・フォン・ノイマン」の解説の一部です。» 「ジョン・フォン・ノイマン」の概要を見る


気象学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 07:12 UTC 版)

1827年論文「Drehungsgesetz」を発表したこの中でドーヴェは、熱帯低気圧気流回転であることを主張した。ただし、ドーヴェ回転であることを主張したのは熱帯地域発生する低気圧についてのみで、地球上すべての低気圧が渦になることは考えていなかった。 1849年王立プロイセン気象研究所所長任命された。就任当時、プロセイン全土37気象観測所があったが、これを1860年代終わり頃には120ヶ所まで増やしたドーヴェは、気温月平均値)、5日平均10日平均緯度平均値平均気温偏差などを導入し統計的に気候分析する手法導入したグスタフ・キルヒホフは、ドーヴェを「気象学の創始者」と評価した一方で、「頑迷なドーヴェドイツの気象学の近代化遅らせた」という批判存在した

※この「気象学」の解説は、「ハインリッヒ・ウィルヘルム・ドーヴェ」の解説の一部です。» 「ハインリッヒ・ウィルヘルム・ドーヴェ」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

気象学

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 03:01 UTC 版)

名詞

気象 きしょうがく

  1. 気象に関する研究をする学問地球科学一分野

翻訳


「気象学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



気象学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

気象学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



気象学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの気象学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのハインリヒ・ヘルツ (改訂履歴)、洞穴学 (改訂履歴)、ロバート・フィッツロイ (改訂履歴)、イマヌエル・カント (改訂履歴)、ジョン・フォン・ノイマン (改訂履歴)、ハインリッヒ・ウィルヘルム・ドーヴェ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの気象学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS