風とは?

ふ【風】

⇒ふう


かざ【風】

語素《「かぜ(風)」の、複合語作るときの形》他の語の上に付いて、「かぜ」の意味を表す。「風車(かざぐるま)」「風上(かざかみ)」「風穴(かざあな)」


かぜ【風】

【一】[名]

空気のほぼ平方向の運動風向風速動きを表す。山谷風海陸風のような小規模のものから、中規模季節風大規模偏西風貿易風などがある。「風が吹く」「涼し風に当たる」「テントが風をはらむ」

その身に感じられる人々のようす。また、世の中動きありさま。「浮世の風は冷たい」「娑婆(しゃば)の風」「野党風が吹く

寄席芸人用語で、扇子のこと。

多く風邪」と書く)鼻・のど・気管などのカタル性炎症くしゃみ・鼻水鼻詰まり・のどの痛み・咳(せき)・痰(たん)や発熱頭痛倦怠感(けんたいかん)などの症状がみられ、かぜ症候群ともいう。感冒ふうじゃ。「風邪をひく」《 冬》「縁談や巷(ちまた)に―の猛(たけ)りつつ/草田男

風習習わし

久方の月の桂も折るばかり家の―をも吹かせてしかな」〈拾遺・雑上〉

【二】接尾名詞に付いて、そぶり、ようす、わざとらしい態度などの意を表す。「先輩風吹かす」「臆病風に吹かれる

[補説] 書名別項。→風

風の画像

て【風】

語素動詞連用形形容詞語幹などに付いて、そのような風(かぜ)である意を表す。「追い風」「疾(はや)風」


ふう【風】

ある地域・社会などの範囲内一般に行われている生活上の様式また、やり方・流儀風俗習慣ならわし。「都会風になじむ」「昔の風を守る」「武家の風」

人や物の姿・かっこう。なり。風体。「医者の風を装う

それらしいようす。ふり。「知らない風をする」「気どった風」

世間への体裁聞こえ

隣近所へ―の悪い思いをする」〈近松秋江別れたる妻に送る手紙

性格傾向性向。「人を疎んじる風がある」

詩経」の六義(りくぎ)の一。諸国民衆の間で作られた詩歌

名詞に付いて、そういう様式である、そういう外見である、その傾向がある、などの意を表す。「地中海風の料理」「アララギ風の短歌」「役人風の男


ふう【風】

[音]フウ(漢) (呉) [訓]かぜ かざ ふり

学習漢字2年

[一]フウ

大気動き。かぜ。「風雨風車風速風力寒風逆風薫風光風疾風(しっぷう)・秋風順風旋風台風通風東風(とうふう)・突風熱風爆風微風(びふう)・防風暴風無風涼風

人々影響与えなびかせること。感化力。また、習わし様式。「風紀風教風習風俗風潮悪風遺風淫風(いんぷう)・家風画風学風気風矯風古風校風作風淳風(じゅんぷう)・新風美風弊風洋風

それとなく伝わること。「風説風評風聞

(「諷(ふう)」と通用遠回しに言う。「風刺・風喩(ふうゆ)」

姿やようす。「風格風景風光風采(ふうさい)・風体(ふうてい)/威風好風

味わいおもむき。「風趣風致風味風流

詩歌民謡風のうた。「風騒国風

病気。「風疾風邪(ふうじゃ)・風疹(ふうしん)/中風痛風破傷風

さかりがつく。「風馬牛

[二]〈フ〉

かぜ。「屏風(びょうぶ)」

おもむき。「風情(ふぜい)」

[三]〈かぜ〉「秋風神風北風潮風波風松風

[四]〈かざ〉「風上風車

難読追風(おいて)・風邪(かぜ)・東風(こち)・微風(そよかぜ)・手風(てぶり)・南風(はえ)・疾風(はやて)・風信子(ヒヤシンス)


かぜ【風】


ふり【振り/風】

【一】[名]

振り動かすこと。また、振れ動くこと。「バットの―が足りない

人の振る舞い。しぐさ。また、なりふり。「人の―見てわが―直せ」

見せかけの態度動作。ようす。ふう。「寝た―をする」

料理屋旅館などで、紹介予約なしに客が来ること。また、その客。「―の客」

一時的であること。臨時

材木屋から搾(しぼ)る―のものを…払い当て」〈秋声縮図

舞踊で、動作所作のこと。「―をつける」

女性用の和服袖付け止まりから袖下までの、縫い合わせない部分

本題に入るためのきっかけ前置きとしてする話。「前―」

和歌の歌いぶり。和歌風体

大僧正は、おほやう西行が―なり」〈後鳥羽院御口伝

10 歌曲の歌いざま。節回し

「その様を習ひて謡ひたれば、―はその―にて似ぬにや」〈梁塵秘抄口伝・一〇〉

11 ずれていること。ゆがんでいること。

「建ては建てたが、ちっくり笠に―がある」〈浄・嫩軍記

12 金銭都合をつけること。やりくり

借銀かさみ、しだいに―に詰まり」〈浮・永代蔵・六〉

13 褌(ふんどし)や腰巻をつけないこと。多く男子にいう。ふりちん

金吹きは―になるのがしまひなり」〈柳多留・三〉

14振袖」の略。

友禅の―の袂(たもと)に北時雨」〈浄・歌祭文

15振袖新造」の略。

片町の―を内へ呼び入れ」〈浄・阿波鳴渡〉

【二】接尾助数詞

振る動作回数を表すのに用いる。「バットを一―二―する」

(「口」とも書く)刀剣数えるのに用いる。「二―の刀」

振り/風の画像
振り「一」7

(南の)風

分野
風向に関する用語
意味:
予報間内および予報区内の平均風向が(南)を中心に45度の範囲にあるとき。

(南よりの)風

分野
風向に関する用語
意味:
風向が(南)を中心に南東)から(南西)の範囲でばらついている風。
備考
a) 東、西、南、北の4方向のみに用いる。
b) 予報文には用いない。注意報警報情報文でも必要最小限とどめる

(東または南の)風

分野
風向に関する用語
備考
a) 音声伝達では「東の風または南の風」を用いる。
b) 予報区域内で、場所によって東の風が吹くところや南の風が吹くところがあるときに用いる。
c) 風向大きくばらつく予報好ましくないので多用しない。

英訳・(英)同義/類義語:wind

地表上の大気動き

中島 牧:風

英語表記/番号出版情報
中島 牧:風Vent

作者伊藤整

収載図書少年少女日本文学館 19 母六夜おじさんの話
出版社講談社
刊行年月1986.6


作者井上靖

収載図書井上靖全集 第4巻 短篇 4
出版社新潮社
刊行年月1995.8

収載図書井上靖全集 第7巻
出版社新潮社
刊行年月1995.11


作者内海隆一郎

収載図書島の少年
出版社河出書房新社
刊行年月1997.9


作者壺井栄

収載図書壺井栄全集 6
出版社文泉堂出版
刊行年月1998.4


作者赤江瀑

収載図書恋物語
出版社朝日新聞社
刊行年月1998.12


作者高畠

収載図書高畠初期作品集
出版社大阪文学学校葦書房
刊行年月1999.4


作者瀬戸内寂聴

収載図書
出版社新潮社
刊行年月2000.1

収載図書瀬戸内寂聴全集15みみらく風のない日々・髪 他
出版社新潮社
刊行年月2002.4

収載図書
出版社新潮社
刊行年月2002.8
シリーズ名新潮文庫


作者大城立裕

収載図書大城立裕全集 第9巻(短編 2)
出版社勉誠出版
刊行年月2002.6


作者堀田善衛

収載図書歯車至福千年堀田善衛作品集
出版社講談社
刊行年月2003.1
シリーズ名講談社文芸文庫


作者新木伸

収載図書あるある!夢境学園 4 恋の季節
出版社エンターブレイン
刊行年月2003.12
シリーズ名ファミ通文庫


作者小沼丹

収載図書小沼丹全集 第3巻
出版社未知谷
刊行年月2004.8


作者阿刀田高

収載図書猫の事件
出版社講談社
刊行年月1987.9
シリーズ名講談社文庫


作者竹久夢二

収載図書童話集
出版社小学館
刊行年月2004.8
シリーズ名小学館文庫

収載図書春―童話
出版社日本図書センター
刊行年月2006.4
シリーズ名わくわく!名作童話館


作者樋口郁恵

収載図書21人の四季ものがたり
出版社新風舎
刊行年月2005.2
シリーズ名新風舎文庫



作者幸田文

収載図書さざなみの日記
出版社講談社
刊行年月2007.4
シリーズ名講談社文芸文庫


作者林守

収載図書おやじの背中短編小説
出版社徳孤書房
刊行年月2007.12


作者徳永直

収載図書徳永直文学選集
出版社熊本出版文化会館
刊行年月2008.5


作者中野ユウキ

収載図書現在進行
出版社文芸社
刊行年月2008.10


風―勝負の日々

作者

収載図書飛車を追う
出版社健友館
刊行年月2001.11


作者西村望

収載図書消えない焔 下
出版社徳間書店
刊行年月1988.12
シリーズ名徳間文庫


作者筒井康隆

収載図書串刺し教授
出版社新潮社
刊行年月1988.12
シリーズ名新潮文庫

収載図書座敷ぼっこ
出版社出版芸術社
刊行年月1994.4
シリーズ名ふしぎ文学館

収載図書懲戒の部屋自選ホラー傑作集 1
出版社新潮社
刊行年月2002.11
シリーズ名新潮文庫


作者北方謙三

収載図書棒の哀しみ
出版社新潮社
刊行年月1990.10


作者増田みず子

収載図書夢虫
出版社講談社
刊行年月1991.5


作者皆川博子

収載図書愛と髑髏
出版社集英社
刊行年月1991.11
シリーズ名集英社文庫

収載図書皆川博子作品精華幻妖」―幻想小説
出版社白泉社
刊行年月2001.12

収載図書日本怪奇小説傑作集 3
出版社東京創元社
刊行年月2005.12
シリーズ名創元推理文庫


作者村松友視

収載図書桃のシャンパン―女の物語
出版社河出書房新社
刊行年月1994.10


作者斉藤

収載図書銀河鉄道からす座特急
出版社ポプラ社
刊行年月1995.5


読み方:かぜ

  1. 風俗専門巡査、又風俗壊乱取締りを厳重にする事を「けいはちふう」又は「けいはちかぜ」(警八風)と云ふ。警視庁第八項に其項あるより来る。
  2. 刑事のこと、又は、路上ででんすけ賭博などの一斉取締にあうこと。用例「かぜをくって、やくだった」(取締にあたってさいなんだった)。〔一般犯罪
  3. 刑事のこと。または、路上賭博一斉取締に会うこと。〔香具師不良

分類 犯罪香具師不良


読み方:かぜ

  1. 警官追跡せらるるを云ふ、「きたかぜ」の略。

読み方:かぜ

  1. 風俗専務巡査警視庁管内)。〔第二類 人物風俗
  2. 刑事多治見 不良仲間
  3. 風俗係の警官。〔死〕〔掏摸
  4. 風紀巡査語頭字のみをいう。〔不〕

分類 不、不良仲間掏摸


読み方:かぜ

  1. 扇のこと。〔芸能寄席落語)〕
  2. 隠語〕扇のこと。
  3. 扇子

分類 寄席寄席落語芸能


読み方:ばらみ,ぱらみ

  1. 途上掏摸犯。〔朝鮮人隠語
  2. 掏摸をいふ。〔朝鮮人語〕
  3. 途上掏摸犯を云ふ。

分類 朝鮮人朝鮮人

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
かぜ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/18 18:14 UTC 版)

(かぜ)とは、空気流れのこと、あるいは流れる空気自体のことである。




  1. ^ 出典:広辞苑
  2. ^ a b c d 「百万人の天気教室 5訂版」p13 白木正規 成山堂書店 平成10年5月8日5訂版発行
  3. ^ 「百万人の天気教室 5訂版」p54-56 白木正規 成山堂書店 平成10年5月8日5訂版発行
  4. ^ 「百万人の天気教室 5訂版」p53 白木正規 成山堂書店 平成10年5月8日5訂版発行
  5. ^ 「百万人の天気教室 5訂版」p21-22 白木正規 成山堂書店 平成10年5月8日5訂版発行
  6. ^ 「百万人の天気教室 5訂版」p15 白木正規 成山堂書店 平成10年5月8日5訂版発行
  7. ^ 「百万人の天気教室 5訂版」p19-20 白木正規 成山堂書店 平成10年5月8日5訂版発行
  8. ^ 「百万人の天気教室 5訂版」p17-19 白木正規 成山堂書店 平成10年5月8日5訂版発行
  9. ^ 「百万人の天気教室 5訂版」p17 白木正規 成山堂書店 平成10年5月8日5訂版発行
  10. ^ 「百万人の天気教室 5訂版」p53-54 白木正規 成山堂書店 平成10年5月8日5訂版発行
  11. ^ 地形等の影響とは、風の中に物体があるとカルマン渦という乱流が生じるが、不特定多数の障害物によって複雑な乱流が生じて、突発的に風速が増すことである。
  12. ^ 「海の気象がよくわかる本」p100-101 森朗 枻出版社 2012年3月30日第一版第一刷
  13. ^ 「気候変動で読む地球史 限界地帯の自然と植生から」p225-227 水野一晴 NHK出版 2016年8月25日第1刷
  14. ^ 「図解 異常気象のしくみと自然災害対策術」p12 ゲリー・マッコール著 内藤典子訳 原書房 2019年7月31日第1刷
  15. ^ 「百万人の天気教室 5訂版」p80-82 白木正規 成山堂書店 平成10年5月8日5訂版発行
  16. ^ 「海の気象がよくわかる本」p152-153 森朗 枻出版社 2012年3月30日第一版第一刷
  17. ^ 「百万人の天気教室 5訂版」p77-78 白木正規 成山堂書店 平成10年5月8日5訂版発行
  18. ^ 「世界地理12 両極・海洋」p50 福井英一郎編 朝倉書店 昭和58年9月10日
  19. ^ 「海の気象がよくわかる本」p134-135 森朗 枻出版社 2012年3月30日第一版第一刷
  20. ^ 「世界地理12 両極・海洋」p267 福井英一郎編 朝倉書店 昭和58年9月10日
  21. ^ 「百万人の天気教室 5訂版」p106-107 白木正規 成山堂書店 平成10年5月8日5訂版発行
  22. ^ 「海の気象がよくわかる本」p120-121 森朗 枻出版社 2012年3月30日第一版第一刷
  23. ^ 「海の気象がよくわかる本」p128-129 森朗 枻出版社 2012年3月30日第一版第一刷
  24. ^ 「海の気象がよくわかる本」p130-131 森朗 枻出版社 2012年3月30日第一版第一刷
  25. ^ 「海の気象がよくわかる本」p140-141 森朗 枻出版社 2012年3月30日第一版第一刷
  26. ^ 「百万人の天気教室 5訂版」p121 白木正規 成山堂書店 平成10年5月8日5訂版発行
  27. ^ 「海の気象がよくわかる本」p124 森朗 枻出版社 2012年3月30日第一版第一刷
  28. ^ 「海の気象がよくわかる本」p126-127 森朗 枻出版社 2012年3月30日第一版第一刷
  29. ^ 「樹木学」p117 ピーター・トーマス 築地書館 2001年7月30日初版発行
  30. ^ これからの時期は特に注意!風と寒さの関係”. ウェザーニューズ (2016年11月9日). 2017年9月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年9月13日閲覧。
  31. ^ 「基礎地球科学 第2版」p126 西村祐二郞編著 朝倉書店 2010年11月30日第2版第1刷
  32. ^ 「乾燥地の自然」(乾燥地科学シリーズ2)p49 古今書院 篠田雅人編 2009年3月31日初版第1刷
  33. ^ 「基礎地球科学 第2版」p128 西村祐二郞編著 朝倉書店 2010年11月30日第2版第1刷
  34. ^ 「キリマンジャロの雪が消えていく―アフリカ環境報告」p158 石弘之(岩波新書、2009)
  35. ^ 「海の気象がよくわかる本」p204-205 森朗 枻出版社 2012年3月30日第一版第一刷
  36. ^ https://www.ykkap.co.jp/info/ventilation/ 「窓がポイント! 住まいのじょうずな換気方法」YKKAP 2020年8月11日閲覧
  37. ^ 『世界文明における技術の千年史 「生存の技術」との対話に向けて』p34 アーノルド・パーシー 林武監訳、東玲子訳、新評論、2001年6月。ISBN 978-4-7948-0522-5
  38. ^ 『世界文明における技術の千年史 「生存の技術」との対話に向けて』p88 アーノルド・パーシー 林武監訳、東玲子訳、新評論、2001年6月。ISBN 978-4-7948-0522-5
  39. ^ 『図説 オランダの歴史』p12 佐藤弘幸 河出書房新社、2012年4月30日初版発行
  40. ^ 『図説 オランダの歴史』p12-15 佐藤弘幸 河出書房新社、2012年4月30日初版発行
  41. ^ 「トコトンやさしいエネルギーの本 第2版」(今日からモノ知りシリーズ)p78 山﨑耕造 日刊工業新聞社 2016年4月25日第2版第1刷
  42. ^ 「海を渡った人類の遙かな歴史 古代海洋民の航海」p222 ブライアン・フェイガン著 東郷えりか訳 河出文庫 2018年2月20日初版
  43. ^ 「南太平洋を知るための58章 メラネシア ポリネシア」p52-54 吉岡政徳・石森大知編著 明石書店 2010年9月25日初版第1刷
  44. ^ 「大帆船時代 快速帆船クリッパー物語」p203 杉浦昭典 中公新書 昭和54年6月25日発行
  45. ^ 「大帆船時代 快速帆船クリッパー物語」p4 杉浦昭典 中公新書 昭和54年6月25日発行
  46. ^ http://www.jballoon.jp/faq.html#_02 「おしえて!バルーンQ&A」一般社団法人日本気球連盟 2008年 2020年3月31日閲覧
  47. ^ https://www.jaaf.or.jp/guide/ 「陸上競技ガイド」日本陸上競技連盟公式サイト 2020年3月31日閲覧
  48. ^ https://www.kodomonokagaku.com/hatena/?989d10945af54bad03babf0b28945a40 「高波、津波、高潮はどう違う?」子供の科学 誠文堂新光社 2020年3月27日閲覧
  49. ^ http://www.mlit.go.jp/river/kaigan/main/kaigandukuri/takashiobousai/02/index.html 「高潮は恐ろしいの?」日本国国土交通省 2020年3月23日閲覧
  50. ^ 「図解 異常気象のしくみと自然災害対策術」p89 ゲリー・マッコール著 内藤典子訳 原書房 2019年7月31日第1刷
  51. ^ http://www.bousai.go.jp/kohou/kouhoubousai/h27/81/special_01.html 「特集 大雪への備え~雪害では、どのような災害が起こるのか」(平成27年度 広報誌「ぼうさい」冬号(第81号))日本国内閣府 2020年3月31日閲覧
  52. ^ 「海の気象がよくわかる本」p192-193 森朗 枻出版社 2012年3月30日第一版第一刷



出典:『Wiktionary』 (2020/02/22 01:00 UTC 版)

発音

名詞

  1. かぜ空気流れ
  2. かぜ)ある勢力勢い
  3. フウ風習気風慣習雰囲気
  4. フウ風体恰好
  5. フウ様子。ふり。
  6. フウ性向性格傾向きらい
  7. フウ体裁聞こえ
    • 風が悪い。
  8. フウ様態感じ

翻訳

接尾辞

  1. フウ)(とくにある地域の)特徴を有したさま。風味
  2. フウそのような雰囲気のあるさま。似ているさま。
  3. かぜ)(多く「〜風を吹かす」の形で)ある身分仮託して、居丈高になる様子

関連語

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「風」の関連用語

1
100% |||||


3
100% |||||


5
90% |||||

6
90% |||||

7
90% |||||

8
90% |||||

9
90% |||||

10
90% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



風のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2021 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2021 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの風 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 Weblio RSS