久方のとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 比喩 > 久方 > 久方のの意味・解説 

ひさ かたの 【久方の・久堅の】

枕詞
天に関係のある「天」「空」「」「月」「月夜」「日」「昼」「」「」「あられ」などにかかる。 「 -天の香具山利鎌とかま)にさ渡るくび)/古事記 」 「 -も降らぬかつつみ/万葉集 520」 「 -月夜を清み/万葉集 1661」 〔語義・かかり方未詳天の形をひさご形と見たためとする説もあるが、天を永遠に堅固なもの(久堅)、きわめて遠い彼方のもの(久方)と解したためとする説が有力〕
「都」にかかる。都を天上世界なぞらえ永遠に栄えるものとして讃(たた)える心からか。 「 -都を置きて草枕旅行く君を何時とか待たむ/万葉集 3252
月の中にかつら)の木があるという伝説から、「」にかかる。 「 -にかくるあふひ/新勅撰
天上のものと考えられていたので、「岩戸」にかかる。 「 -岩戸の関もあけなくに/好忠集



久方のと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「久方の」の関連用語

久方ののお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



久方ののページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2020 Weblio RSS