意とするとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 意とするの意味・解説 

意(い)と◦する

多く、あとに打消しの語を伴って用いる)気にとめる。心配する。「失敗も—◦せずやり抜く


い【意】 と=する[=為(な)す]

① (多く下に打消の語を伴って気にとめる気にかける意に介する

花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二「君請ふ意と為すなかれ」

② ある事柄に対し、こうである、また、こうしたいと思う。

太平記14C後)三八「只尺寸の謀を以て大功成らん事を意とする者也」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「意とする」の関連用語

意とするのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



意とするのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS