任意とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 任意 > 任意の意味・解説 

任意

読み方:にんい

任意(にんい)とは、定められた方法によらず、その人心のままに、自由な判断任せることをいう。また、数学では、任意を「特別な選び方をしないこと」という意味で用いる。

【任意という言葉成り立ちについて】
任意の「任」という字には「まかせる、自由にさせる」という意味があるまた、任意の「意」には「思っていること、気持ち考え」という意味がある。この二つ漢字組み合わせによって「思っていることにまかせる」「考えを自由にさせる」という「任意」の意味が成り立っている。

任意の用法
任意は、「その人の思っているように自由に任せる」という意味なので、相手に何かを強制したり義務付けたりする場合には用いない。たとえばオリエンテーションへの参加各々判断任せるという場合は「オリエンテーションへの参加は任意です」と表現する。反対にオリエンテーションへの参加義務づけられている場合は「オリエンテーションへの参加必須です」と表現する。

任意の例文
警察から任意同行求められた」
遠足には任意の服装ご参加ください
アンケートへの回答は任意となっています」
パーティー参加するかどうかは、皆さまの任意です」

数学分野では「任意」は「特に固定されていない」という意味合いの用語として用いられる。
文例
任意の点A、Bを結ぶ直線

任意の類義語
任意の類義語には「裁量さいりょう)に任せる」という言葉がある。「裁量任せる」とは「自分考え判断し、物事を処理すること」という意味だが、「任意」には実行するかしないか含めて当人判断して良いという使い方なされるに対して、「裁量任せる」の場合は、実行するに当たって当人の自由な判断任せるという使い方をされる点で用法異なる。

また、任意の類義語には「恣意(しい)」という言葉がある。「恣意」とは、「気まま思い付き自分勝手考え方」という意味である。「任意」が「相手の自由な判断任せること」を表すのに対して恣意」は「自分勝手思い付き、わがままな行動」というネガティブイメージを含む点で用いられる場面異なる。

他にも、任意の類義語には「随意(ずいい)」という言葉がある。「随意」とは、「束縛がなく、思いのままである」という意味である。「自由に任せる」という点で「任意」とほぼ同じ意味だが、「任意」の方が一般的に用いられることが多い。

任意の対義語
任意の対義語には「強制きょうせい)」という言葉がある。「任意」の「してもしなくても良い、どうするかは相手判断任せる」という意味に対して強制」は「必ずやなければならない義務である」と、相手への行動を強いる点で対の意味を成している。

また、任意の対義語には「必須(ひっす)」という言葉がある。 「必須」は「なくてはならないこと、必要である」という反対の意味になり、なければならない ことを表す。「アンケートへの回答は任意です」に対してアンケートへの回答必須です」と書かれていれば、「任意」は答えても答えなくても良いが、「必須」は必ず回答をしなければならないということになる。

その他、任意の対義語には「特定とくてい)」という言葉もある。「任意のボールをこの箱から取り出しくださいと書いてあれば、選び出すボールは「どれでも良いということになるが、「野球ボールだけを取り出しくださいとあればテニスボールピンポン玉取り出してはいけないことになる。このように特定」には「それと断定する、限定する」という意味があるので、「限定する必要がなく自由で良い」という意味合いを含む任意の対の言葉となりうる。

任意の関連語
「任意」の関連語として「任意性(にんいせい)」を解説する。
任意性」とは、「任意」の名詞形である。「任意」は「相手思うまま任せる」という形のない抽象的状況を表しているが、「任意性と書ことによって何者にも強制されず、自由な判断ができる状況」を表すようになる。他の単語一緒に用いられることが多く、たとえば「自白任意性」「供述任意性」といった言葉は、「事件被疑者がその状況伝える際に、無理な取り調べなどで自白供述強制されることがなかったか、本人の自由な判断話せる状況あったか」という意味を表している。

また「任意」の関連語として「任意様式(にんいようしき)」を解説する。
「任意様式」とは、書き方は自由だが、記入回答)する項目は決まっている書類書き方のこと。たとえば、市販されている履歴書などでは住所学歴などを記入する箇所定められているが、「履歴書は任意様式で、住所学歴記入してください」と指示があった場合住所学歴さえ記入ていればどのように書こうが自由であるということを示す。

にん‐い【任意】

[名・形動思いのままにまかせること。その人自由意志にまかせること。また、そのさま。「任意に選ぶ」「任意な(の)行動」「任意の点AとBを結ぶ線」


にん‐い【任意】

〔名〕 (形動心のままにまかせること。思いのままにするさま。こころまかせ随意

延喜式(927)一八礼儀進退放逸任意。衣冠束体参差正者。撿考之日惣加糺正

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉八「任意之を敵中発射する」〔何休春秋公羊伝序〕

[補注]数学では、「すべての」の意味で「任意の」と使うことが多い。


任意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/12 00:14 UTC 版)

任意(にんい、arbitrary)とは、思うままに任せること、という意味で、当人の自由意思に任せる、ということである[1]。また、数学などでは、任意を「特別な選び方をしないこと」という意味で用いる[2]


  1. ^ a b c 広辞苑 第五版 p.2048【任意】
  2. ^ 実用日本語表現辞典


「任意」の続きの解説一覧

任意

出典:『Wiktionary』 (2018/03/31 13:51 UTC 版)

名詞

(にんい)

  1. その者の意志任せること。自由に行うこと。してもよく、しなくてもよいこと。どのようにしてもよいこと。
  2. 特定選び方によらずに選ぶこと。自由に選ぶこと。また自由に選んだおのおのすべて
  3. 相手方同意得て行うこと。

形容動詞

活用

ダ型活用
任意-だ



任意と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「任意」に関係したコラム

  • MT4でCFDの銘柄をグループ分けしてチャートを順次表示するには

    MT4(Meta Trader 4)でCFDの銘柄をグループ分けしてチャートを順次表示する方法を紹介します。CFDには、コモディティや株式、株価指数、債券などの商品があります。まず、それぞれの商品につ...

  • 株365の必要証拠金額は

    株365の必要証拠金額は、株365を取り扱う証券会社が東京金融取引所の算出した株価指数証拠金基準額を参考に設定しています。東京金融取引所の株価指数証拠金基準額の算出方法は次の通りです。各銘柄について、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「任意」の関連用語

任意のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



任意のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの任意 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの任意 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS