テニスボールとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > Juggling用語 > テニスボールの意味・解説 

テニスボール

読み方てにすぼーる
【英】:Tennis-Ball

ご存知テニスボール。ジャグリングボールとしては大きさは手ごろなのだが、重さが軽すぎ,手で弾むためジャグリングやりにくい。ただ少しばかり細工をすることでちょう良い重さにする事ができる。

カッター切れ目沿って切込みを入れ、そこから鳥の餌やコインなどを詰める。そのあと接着剤切り口貼り付ければりっぱなジャグリングボールの完成である。中にを入れるという方法もある。


テニスボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/21 08:57 UTC 版)

テニスボール: tennis ball)とは、狭義には、テニス(狭義のテニス、すなわち、硬式テニスともいうローンテニス[1])用に作られたボール。厚いゴムボールに毛羽のあるフェルトを被せた[2]の形で、フェルトによる特有の反発性をもつ。


注釈

  1. ^ 日本でも「ローンテニス」という語はクラブやスクールなどの名称としては用例が非常に多く、それ以外での用例は少ない。
  2. ^ 角の丸い長方形の2枚のフェルトに後工程で覆われることになる中身の話。
  3. ^ 亜硝酸アンモニウム”. コトバンク. 2019年8月21日閲覧。
  4. ^ 詳しくは、東京府東京市浅草区神吉町15番地、現在の東京都台東区東上野5丁目15番地。
  5. ^ 件のゴム製造会社のこの時点での社名は資料によってまちまちであるため、混乱しがちではあるが、社名の変遷を調べ上げた結果、「三田土」と判断した。

出典

  1. ^ a b 小学館『精選版 日本国語大辞典』、ほか. “ローンテニス”. コトバンク. 2019年8月21日閲覧。
  2. ^ a b 硬球”. コトバンク. 2019年8月21日閲覧。
  3. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』、ほか. “ソフトテニス”. コトバンク. 2019年8月21日閲覧。
  4. ^ 小学館『デジタル大辞泉』、ほか. “軟式テニス”. コトバンク. 2019年8月21日閲覧。
  5. ^ 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “軟式庭球”. コトバンク. 2019年8月21日閲覧。
  6. ^ 軟球”. コトバンク. 2019年8月21日閲覧。
  7. ^ ITF approved tennis balls, Classified Surfaces & Recognised Courts - A Guide to Products & Test Methods, 2012, International Tennis Federation. [1]. Retrieved on 2012-10-20.
  8. ^ a b c d e f g 小学館『日本大百科全書(ニッポニカ)』. “日本のテニス - テニス”. コトバンク. 2019年8月21日閲覧。
  9. ^ a b 加藤進一(加藤事務所代表取締役社長)「日本のゴム産業はどこから始まったのか? - 連載コラム「ゴム業界の常識・非常識」(8)」『ゴム報知新聞』株式会社ポスティコーポレーション、2017年12月5日。2019年8月21日閲覧。
  10. ^ a b c d 三田土ゴム製造株式会社の昭和14年の広告」『ゴムタイムス』株式会社ゴムタイムス社、2013年5月13日。2019年8月21日閲覧。
  11. ^ a b 台東区役所 観光課. “日本ゴム工業発祥の地碑”. TAITOおでかけナビ(公式ウェブサイト). 台東区. 2019年8月21日閲覧。
  12. ^ 昭和ゴム株式会社”. イプロス製造業(公式ウェブサイト). 株式会社イプロス (2017年9月6日). 2019年8月21日閲覧。


「テニスボール」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「テニスボール」の関連用語

テニスボールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



テニスボールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2021 by JugglingDonuts
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテニスボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS