朝鮮とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 地域 > 朝鮮の意味・解説 

ちょうせん〔テウセン〕【朝鮮】

アジア大陸東部朝鮮半島とその付属からなる地域。北は鴨緑江豆満江によって中国ロシア連邦と境をなし、南は朝鮮海峡隔て日本対する。前3世紀ごろに箕子(きし)朝鮮、前2世紀初めに衛氏朝鮮建国。これを前108年漢の武帝が滅ぼし、楽浪郡など四郡を設置半島南部には馬韓辰韓弁韓分立4世紀高句麗(こうくり)・新羅(しらぎ)・百済(くだら)・任那(みまな)が対立7世紀新羅統一国家建設1014世紀高麗(こうらい)、14世紀以降は李氏朝鮮王朝交代1910年日本併合され、1945年日本の敗戦によって解放されたが、1948年北緯38度線を境に、北に朝鮮民主主義人民共和国、南に大韓民国成立


朝鮮

作者高浜虚子

収載図書朝鮮
出版社新宿書房
刊行年月1996.3
シリーズ名外地」の日本語文学


朝鮮

作者ジョン・マクガハン

収載図書男の事情 女の事情
出版社国書刊行会
刊行年月2004.6


朝鮮

読み方:ちょうせん

  1. 刑務所

分類 ルンペン大阪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

朝鮮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 14:43 UTC 版)

朝鮮(ちょうせん、チョソン、조선)は、朝鮮半島および済州島巨文島鬱陵島など周囲の島嶼海域を併せた地域を表す呼称。ユーラシア大陸の東端に位置し、北西に中華人民共和国、北東にロシア、南東に対馬海峡西水道(朝鮮海峡)を隔てて日本と隣接する。


注釈

  1. ^ 原文「朝音潮 直驕反 鮮音仙 以有汕水故名也 汕一音訕」
  2. ^ 「國在東方 先受朝日之光鮮 故名朝鮮」
  3. ^ 意味によって発音も異なり、鮮麗の鮮は「xiān」、鮮少の鮮は「xiǎn」である(郑春兰『传统文化经典读本 汉字』四川辞书出版社, 2018.01, P.209)。

出典

  1. ^ "North Korea". World Reference Atlas (2nd American ed.). New York: Dorling Kindersley. 1996. p. 413. ISBN 0-7894-1085-0
  2. ^ "South Korea". World Reference Atlas (2nd American ed.). New York: Dorling Kindersley. 1996. p. 498. ISBN 0-7894-1085-0
  3. ^ MT.co.kr
  4. ^ a b c 「地域・国名編-朝鮮」【監修】伊藤亜人+大村益夫+高崎宗司+武田幸男+吉田光男+梶村秀樹『[新版] 韓国 朝鮮を知る事典』平凡社、2014年3月19日 新版第1刷発行、ISBN 978-4-582-12647-1、580頁。
  5. ^ Wikisource 中国語版 「史記三家註/卷115」冒頭
  6. ^ 世界大百科事典Korea』 - コトバンク
  7. ^ a b 矢木毅 2008, p. 46
  8. ^ a b 宇山卓栄『朝鮮属国史 中国が支配した2000年』扶桑社扶桑社新書〉、2018年11月2日、12頁。ISBN 4594080804
  9. ^ 高木桂蔵『阿片としての中華意識』文芸春秋諸君!〉、2002年4月、142-149頁。
  10. ^ 高山正之『気分はまだ始皇帝』新潮社週刊新潮〉、2002年7月11日。
  11. ^ 矢木毅 2008, p. 45
  12. ^ 矢木毅 2008, p. 41,50
  13. ^ 矢木毅 2008, p. 61
  14. ^ 矢木毅 2008, p. 50-51
  15. ^ 矢木毅 2008, p. 43
  16. ^ 矢木毅 2008, p. 44
  17. ^ 矢木毅 2008, p. 40
  18. ^ 黄文雄『日本の植民地の真実』扶桑社、2003年10月31日、137頁。ISBN 978-4594042158
  19. ^ 矢木毅 2008, p. 43
  20. ^ 矢木毅 2008, p. 45
  21. ^ 矢木毅 2008, p. 41
  22. ^ 矢木毅 2008, p. 44
  23. ^ 矢木毅 2008, p. 49
  24. ^ 韓国ノ国号ヲ改メ朝鮮ト称スルノ件(明治43年勅令第318号)
  25. ^ アジア歴史資料センター、レファレンスコードC01007778900
  26. ^ アジア歴史資料センター、レファレンスコードC01007819700
  27. ^ アジア歴史資料センター、レファレンスコードC01007867000
  28. ^ 毎日新聞』2002年4月10日朝刊
  29. ^ 日本経済新聞』2002年4月10日朝刊



朝鮮

出典:『Wiktionary』 (2021/06/20 11:29 UTC 版)

発音(?)

ちょ↗ーせ↘ん
IPA: /ʨoːsen/
X-SAMPA/??/

固有名詞

 ちょうせん

  1. 地域名東アジア東北部日本海東シナ海伸びた半島部(朝鮮半島)及びその周辺島嶼部の呼称
  2. 国名 歴史語義1の地域における国家又は王朝名。
    1. 中国史書にのみ残る、古代中国東北方面にあった国。朝鮮半島あったか定かではない場合もある。古朝鮮檀君朝鮮箕子朝鮮衛氏朝鮮の3国を言うが、前二者伝説的存在であり、歴史的なものは衛氏朝鮮のみである。
    2. 1392年李成桂建国した王朝朝鮮王朝李氏朝鮮
  3. 国名 現代語義1の地域における国家のうち北部位置する国、朝鮮民主主義人民共和国日本においては一般的に北朝鮮呼称する。南部大韓民国韓国)を、古く南朝鮮と呼ぶこともあったが、同国政府要請により現在ではいられることは少ない。

語源

紀元前4世紀頃からある、中国側から呼称であり、史記管子に朝鮮という地名に関する記述がみられる。その由来については諸説があり確定していない一般的に使用されるようになるのは、語義2の朝鮮王朝以降である。

関連語

翻訳

主に1.の用法訳語記述する。2と3の訳語は、各項目を参照されたし


「朝鮮」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



朝鮮と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「朝鮮」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

朝鮮のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



朝鮮のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの朝鮮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの朝鮮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS