諸説とは? わかりやすく解説

しょ‐せつ【諸説】

読み方:しょせつ

いろいろな説・意見。または、うわさ。「―が入り乱れる」「巷間(こうかん)に―が飛び交う


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/14 16:21 UTC 版)

「おきん」の記事における「諸説」の解説

長兵衛とおきんの死亡時期には異説があり、長兵衛水野謀殺されたのが1650年5月13日慶安3年4月13日享年28)、おきんが亡くなったのは、さらにその60日ほど前の1650年3月16日慶安3年2月14日享年32)とするものである同説採用する実録 江戸悪党』の山下昌也によれば、おきんの父・惣右衛門が、山脇家菩提寺である源空寺に、自らよりも先立った夫婦弔い地蔵菩薩彫った2基の墓を建てたという。戒名は善香寿散信女ぜんこうじさんしんにょ)、とするのは三田村鳶魚であり、三田村によれば、同寺の古い記録にあるという。 源空寺は同墓の建立当時には湯島所在したが、1657年3月2日明暦3年1月18日)に起きた明暦の大火以降現在の東上野移転した

※この「諸説」の解説は、「おきん」の解説の一部です。
「諸説」を含む「おきん」の記事については、「おきん」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/24 07:55 UTC 版)

ベロシペード」の記事における「諸説」の解説

英国科学者ロバート・フック17世紀ベロシペード発明したともいわれている。フック車両初期の頃のホースレス・キャリッジ(horseless carriages:馬のいらない車両に似ていた。

※この「諸説」の解説は、「ベロシペード」の解説の一部です。
「諸説」を含む「ベロシペード」の記事については、「ベロシペード」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 05:07 UTC 版)

卑弥弓呼」の記事における「諸説」の解説

邪馬台国畿内説唱える内藤湖南は、原文中の卑弥弓呼素」を「卑弥弓呼 素より」ではなく卑弥弓呼素」という名であるとし、名のうちの「呼素」は「襲國酋長など」を指すと推測している。「襲國」とは熊襲の域(九州南部)の意であり、内藤のほか、新井白石白鳥庫吉津田左右吉井上光貞喜田貞吉らも、狗奴国熊襲クニであるとし、したがっ同人物を熊襲人物であるとみている。内藤のほか、新井山田邪馬台国畿内説本居白鳥津田井上喜田吉田邪馬台国九州説である。同人物についての記録は、『魏志倭人伝』における2か所での言及(#原文に留まっており、それぞれ言語学歴史学等のアプローチによって推定されている。 山田孝雄は、狗奴国毛野国現在の栃木県群馬県一帯)であるとし、したがっ同人物を毛人、つまり蝦夷人物であるとしている。 ほかには本居宣長吉田東伍らに、狗奴国伊予国風早郡河野郷現在の愛媛県松山市北条)とする説がある。 コロンビア大学日本文化研究所設立者角田柳作は、1951年昭和26年)、『魏志倭人伝』を英語に翻訳する際に Himikuku (ひみくく)あるいは Pimikuku (ぴみくく)と表記した。後者表記は、日本語の唇音退化説に則ったものである(は行#音韻史ハ行転呼の項を参照)。「卑弥弓呼」の読みには、ほかにも「ひみきゅうこ」「ひみくこ」とする説があり、「ひこみこ彦御子、男王)」の誤りとする説もある。 市井研究者である佐藤裕一紹介する彦御子」説は、「卑弥弓呼」を「卑弓弥呼」の誤りであるとするもので、「彦御子」、つまりは皇子同義の「天皇息子」を指す一般名詞であり、「卑弥呼」も「姫御子」、皇女同義の「天皇の娘」を指す一般名詞であり、「卑弓弥呼」は「卑弥呼」と対をなすものとなる。さらに、佐藤採用する説では、天皇の子という意味を超えて、「彦御子」は「男王」、「姫御子」は「女王」を指すとしている。 卑彌弓呼建日別(熊襲)「隼人」の王であると考え火照命(日本書記では火須勢理命火闌降命・火酢芹命)とする説もある。火照命ホデリは「火が明るく燃え盛る」の意である。石原洋三郎によれば卑彌弓呼は「ヒミコ卑弥呼)」のような性質があり、「男子」であるため、さらに「弓」が付いたであろうとしている。「弓」が得意であったのか、或いは「弓」のように速さ急襲を得意とするであった考えている

※この「諸説」の解説は、「卑弥弓呼」の解説の一部です。
「諸説」を含む「卑弥弓呼」の記事については、「卑弥弓呼」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 16:15 UTC 版)

比企氏」の記事における「諸説」の解説

室町時代初頭に再び比企地方に姿をあらわし上杉氏等に仕えた後、後北条氏勢力拡大する後北条氏仕えたとも言われている埼玉県比企郡川島町にある金剛寺には、15世紀比企氏墓所多数存在する比企の乱後、生き延びた一族が、地方所領潜伏していたとも、名前を変え地元潜伏していたとも、菩提寺である金剛寺にかくまわれていたとも、後北条氏のように比企地方領有するための正当性を示すため当時地元力武士が比企氏称したなど諸説がある。だが鎌倉時代長きにわたり支配権失っていたことから勢力の拡大はならず江戸時代になると一族幕府諸藩仕官地元で帰農するなどした。

※この「諸説」の解説は、「比企氏」の解説の一部です。
「諸説」を含む「比企氏」の記事については、「比企氏」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/28 23:59 UTC 版)

悪の起源」の記事における「諸説」の解説

ソクラテスを初めとするギリシャ哲学者たちは、事を単純化して悪の起源は、人間無知にあると考えたゾロアスター教により代表されるペルシア二元論では、「善」と「悪」は、永遠に対峙する2つのものであって、しばしば、「善」は霊の世界、「悪」は物質世界結びつけられている。この二元論グノーシス主義を介して広くギリシャ・ローマ世界影響与えた肉体そのものを悪と考え禁欲主義主張したストア派哲学この世を悪として隠遁生活唱導したキリスト教修道院主義などにその感化をみる。 キリスト教立場からは、人間社会における「悪の起源」は、『創世記』3章記されているような、アダムとイヴ創造主である神に対する不服従結果として人間生活に闖入してきた原理であると説く犯罪あるいは不道徳含めて、それは神に対するとされるこのように悪は神との関係において定義され、その起源は、聖と義である神との交流見失い、疎遠断絶という関係が始まったという関係の変化存するとする。 ラインホルド・ニーバーは、人間の不安が悪を生み出す説明しているパウル・ティリッヒは、人間有限性に罪の起源があるとの説を支持した近代入ってからは、「悪の起源」を、文明発達結びつける説が現れた。すなわち、文明初期には素朴で悪とは無関係な生活をしていた人類は、文明発展に伴って経済機構複雑化などの影響を受け、そこに悪が始まったとする。この説によると、貨幣経済貪欲生み出したのである。ある学者[誰?]は、チャールズ・ダーウィンによる生物進化論の立場から、未進化のままで人のうちに残っている動物的な性質に「悪の起源」を求める。彼らによれば、人はなお進化途上にあって未だ克服できない課題として「悪」の問題抱えているのである。これは、ウォルター・ローゼンブッシュ(Walter Rosenbuschプロテスタント神学者)によって道徳的に適用され唱導された。生長の家では、この世のことは実相ではないと言う理由から、「悪」は人の幻想過ぎず「悪」そのものがないものとしている。フリードリヒ・シェリング観念論哲学の手法により、悪は神により形成され完全な世界において、人間のみがなしうる行為であり、過去や現在・未来を貫く自由な決断のなかで「被造物のなかで最高度完全性と呼ぶべきものに由来する解説した

※この「諸説」の解説は、「悪の起源」の解説の一部です。
「諸説」を含む「悪の起源」の記事については、「悪の起源」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/03 23:55 UTC 版)

壬生綱重」の記事における「諸説」の解説

下野国誌」によると綱重は大永3年1532年)に没したとされ、同年中に坂田山築城し、名を鹿沼城としたという。 この項目は、日本の歴史関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:歴史/P:歴史学/PJ日本史)。

※この「諸説」の解説は、「壬生綱重」の解説の一部です。
「諸説」を含む「壬生綱重」の記事については、「壬生綱重」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/15 16:10 UTC 版)

エーリュシオン」の記事における「諸説」の解説

紀元前8世紀末のホメーロス叙事詩など古い時代の説では、エーリュシオン世界西の果てオーケアノス海流近くにある気候温暖で芳香満ちた島とされ、ラダマンテュス治めているという。 一方紀元前1世紀ウェルギリウス『アエネーイス』など、新し時代の説では地下にあり、ハーデース統治下にあるとされる死者なかでも生前正しい行ないをした者が死後移り住むとされる世界で白ポプラの木が茂っている。これは、レウケー変身した物であるという。 2世紀プトレマイオス著書ゲオグラフィア』(Geographia、地理学)に治められている世界地図では、「至福者の島」(古代ギリシア語: μακάρων νῆσοι、現在のマカロネシア)と呼ばれており、当時世界最西端考えられていた。中世ヨーロッパにおいても、「幸福諸島英語版)」と翻訳され世界地図にも記載されていた。大航海時代探検家たちの探索目的となり、近世までそれは行われた比較神話学においては仏教浄土信仰比されることがある

※この「諸説」の解説は、「エーリュシオン」の解説の一部です。
「諸説」を含む「エーリュシオン」の記事については、「エーリュシオン」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/01 23:04 UTC 版)

キャロル・ディアリング号」の記事における「諸説」の解説

捜査中とその後に人気を博した説は多かった当初は外部からの侵入失踪原因であるように思われた。 1921年4月11日、クリストファー・コロンブス・グレー(Christopher Columbus Gray)という男が、ノース・カロライナ州バクストン・ビーチ(Buxton Beach)の水面浮いている瓶のなかに、伝言書かれ紙片見つけた主張した彼はそれをただちに当局引き渡した文面次の通りディアリング号はディーゼル船追跡され捕えられた。乗組員拘束され全て取り上げられた。乗組員船内各所に隠れており、逃げ機会はない。発見者はどうかディアリング本社に通してください手紙筆跡は、ワーメル船長未亡人によってハーバート・ベイツ技師のそれと一致させられ、また瓶はブラジルであることが判明した。これはディアリング号のすぐ後を追ってケープ・ルックアウト・ライトシップに到着した謎めいた」("mysterious")汽船目撃とともにディアリング号の乗組員失踪犯罪者たちの襲撃よるもの思われた。しかしこの説にはすぐに反論なされた。「もしある乗組員なんとかして紙、ペンおよび瓶を手に入れ手紙書いたならば、なぜ彼は警察あるいは沿岸警備隊ではなく会社に通知するよう要求しただろうか?」 その後幾つかの説が挙げられた。 ハリケーン合衆国政府、特に気象局は、失踪原因として巨大ハリケーン強く主張した。これは過去二十年間で最大のものであったとされ、モンテ・サン・ミケーレ号など消息を絶った船の大部分はこのハリケーン巻き込まれた推測できたが、ヒューイット号とディアリング号は当時嵐の海域から遠ざかりつつあったことが判明した。ラリー・クッシュ(Larry Kusche)およびリチャード・ワイナー(Richard Winer)をふくむ幾人か作家調査により、ディアリング号の乗員パニック起こしたというよりむしろ整然と船から避難していったことが明らかになっている。 海賊合衆国海洋船舶連盟(the United States Marine Shipping Board)のO.W.パーカー(O.W. Parker船長海賊行為原因である確信していた。彼は自分の意見では、「海賊行為フェニキア人時代から疑いなくなおも存在している」と述べたワーメル船長未亡人は、この説の特に強い擁護者であった一団海賊さまざまな失踪原因である信じられていた。しかしながら上記の手紙除いてこの説の物的証拠現われなかったし、海賊被疑者捕えられなかった。 共産主義者ニューヨークにあるロシア連合労働者党United Russian Workers Party)(共産主義者表向き組織)の本部にたいする警察強制捜査結果組織の構成員アメリカ船を差押えソ連まで航行させるように呼びかける文書見つけたこれらの文書は、ソビエト共産党陰謀企てており、前年の幾隻かの船舶攻撃もこれで説明できるかに思われた。ディアリング号の事件原因について広く信じられた説であり、特に政府内の反共主義者多く支持者得た好奇心をそそる連想であるけれども、ソ連邦崩壊によりロシア側において多くの秘密情報明らかになった後もこの計画実行されたという決定的な証拠見つかっていない。 ラム酒密輸犯:海賊説と似た説として、バハマ活動している一団酒類密輸犯が、ラム酒密輸船として用いるために船を奪取したとするものである。この事件発生した当時は禁酒法時代のことであった。リチャード・ワイナーの『Ghost Shipsによればディアリング号は、船倉にざっと100万ドル当の酒類を運ぶだけの大きさ有していた。しかし他方このように目立って容易に区別できる比較低速の船が、密輸犯の選ぶ標的になるかどうか疑わしい暴動ワーメル一等航海士との間に起きていた対立と、リオ・デ・ジャネイロでの乗組員に対する嘲笑は、船長乗組員たちとのあいだで、航海中に深刻な不和起こっていたかもしれないことを示唆する。ケープ・ルックアウトにおけるジェイコブソン船長は、ディアリングの様子がたしかにおかしいと考えていた。ジェイコブソン船長の船に大声で呼びかけた男がワーメル船長で「なかった」ことは明確であるし、幹部船員officer)ともいえなかった。メーン州上院議員フレデリック・ヘイルFrederick Hale)はこの説を擁護し、これは「明白な暴動事件」("a plain case of mutiny")であった述べた不可避なことであるかしれないが、事象から数十年もしないうちに、異様な型の説明が広まった超常的説明本船乗組員失踪は、異常現象超自然的なものを扱う作家によって引証されてきた。チャールズ・フォートCharles Fort)は、著書Lo!』(1931年)において、この船について初めて「謎めいた」("mysterious")文脈言及したその後海で発生した数々の謎を題材とした作品もそれに倣ったディアリング号がいわゆるバミューダトライアングル見なされる海域航行したため、乗組員失踪はしばしばこの事実結びつけられてきた。しかし、ディアリング号が発見された船の永眠の場(ダイアモンド・ショールズ)、およびその最後目撃交信知られている最後の場所ノースカロライナ州ルックアウト岬)は、一般にバミューダトライアングルとして知られる海域からは数百マイル離れているのである

※この「諸説」の解説は、「キャロル・ディアリング号」の解説の一部です。
「諸説」を含む「キャロル・ディアリング号」の記事については、「キャロル・ディアリング号」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/04 08:37 UTC 版)

ポンティック語族」の記事における「諸説」の解説

インド・ヨーロッパ祖語が、北西コーカサス語族基層とし、ウラル語族のような北ユーラシア言語上層言語として覆いかぶさって成立した混合言語であるという説もある。(インド・ウラル語族参照

※この「諸説」の解説は、「ポンティック語族」の解説の一部です。
「諸説」を含む「ポンティック語族」の記事については、「ポンティック語族」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/12 13:30 UTC 版)

イワサク・ネサク」の記事における「諸説」の解説

古事記伝』では、「石根析」というべき所を2つ分けて附け神名とし、「サク」は祝詞の「磐根木根踏みさくみて」の「さく」で、岩に凹凸があることを指したものとしている。

※この「諸説」の解説は、「イワサク・ネサク」の解説の一部です。
「諸説」を含む「イワサク・ネサク」の記事については、「イワサク・ネサク」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/29 20:09 UTC 版)

根の国」の記事における「諸説」の解説

根の国のあった場所は言うまでもなく地下であるという主張もあるが、一方で古くから神話現実的に解釈し地上どこかに当てるが行われた。その場合、イザナミスサノオと縁の深い出雲国入口があるとする説がある。特に、夜見(よみ)という地名のある鳥取県米子市と、黄泉平坂比定地のある島根県松江市間の島根県安来市には、古事記にも「出雲国伯耆国の堺の比婆山」と記されイザナミのものと伝えられる神陵があることからこの出雲東部一帯根の国とする説安本美典著『邪馬台国出雲神話』[要ページ番号]では述べられている。 柳田國男は、根の国の「ネ」は琉球の他界信仰である「ニライカナイ」と同じものであるとし、それに「根」の字宛てられたために地下にあるとされるように変化したとした。柳田根の国ニライカナイ同根であるとの考えから、本来は明るイメージの世界だったとした。

※この「諸説」の解説は、「根の国」の解説の一部です。
「諸説」を含む「根の国」の記事については、「根の国」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/29 20:51 UTC 版)

岐須美美命」の記事における「諸説」の解説

史実であるかどうかはともかく記紀神武東征に関する伝承出発地を「日向ヒムカ)」としている。これを日向国現在の宮崎県に相当)とみて、岐須美美命にまつわる地名南九州のものと解釈する説がある。たとえば母親の名である「アヒラ(阿比良・吾平津)」を大隅国現在の鹿児島県東部姶羅郡(あいらのこおり)や日向国南部油津(あぶらつ)(現在の宮崎県日南市)と関連付ける説がある。同様に出身地とみられるアタ阿多・吾田)」を薩摩国鹿児島県西部阿多郡日向国南部の吾田(あがた)(現在の宮崎県日南市に通ずるとみる説がある。 『日本書紀』第二神代下」には、日向神話登場する火闌降命が「吾田君小橋等之本祖」とあり、「吾田君小橋」と『古事記』の「阿多之小君」を同一視するならば、岐須美美命母親(アヒラヒメ・アヒラツヒメ)は九州ルーツがあるということになる。「小小橋」を地名とみる説もある。 『日本書紀』にはタギシミミ1人名があり、キスミミの名は『古事記』にあるのみで事績についての記載はなく、子孫記載もない。『先代旧事本紀』においても同様である。『風土記』・『万葉集』・『新撰姓氏録』にも登場しない江戸時代国学者本居宣長は『古事記伝』にて、本来は多芸志美美命(タギシミミノミコト)の「多」の文字脱漏により伝わった異称で、1人人物指していたのに2兄弟誤認されて伝わったとの推察示したまた、先代旧事本紀』巻六「皇孫本紀」では「研耳命」の名を記す一方で、巻七「天皇本紀」では「研耳命」は登場せず、「神武天皇子四処」(手研耳命神八井耳命神渟名川耳尊彦八井耳命)としている。

※この「諸説」の解説は、「岐須美美命」の解説の一部です。
「諸説」を含む「岐須美美命」の記事については、「岐須美美命」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/30 15:48 UTC 版)

北畠顕成」の記事における「諸説」の解説

近世史書には顕成の事績について触れたものがあるが、これらの所伝史料不足のため真偽定かでなく、以下に諸説として列挙するに留める。 『太平記』作者太平記評判秘伝理尽鈔』は、『太平記』作者一人として顕成の名を挙げている。同書によれば、顕成は26歳出家して行意号し多武峰退いて児島高徳日野蓮秀と共に『太平記』一部執筆・校閲したという。顕成の出家伝え史書として、他に南山要記』・『南朝伺候略伝』がある。なお、行意は「歌道達者であったというが、顕成の和歌は1首も伝わっておらず、歌人としての活動確認できない。あるいは、鎌倉時代初期勅撰歌人行意との混同があるか。 懐良親王従軍北畠准后伝』・『南朝編年記略』は、顕成が九州下って征西将軍懐良親王従軍したとする。後者によると、顕成の従二位権大納言叙任は、吉野帰参後にその勲功賞したものとされる別に筑紫戦死した注する系図もあるが、これは筑後川の戦い討死した「北畠中納言」を顕成に比定したためか。 浪岡北畠氏の祖 一方で顕成が陸奥下ったとする所伝もある。浪岡氏関連の系図がそれで、『応仁武鑑』・『津軽旧記によれば、顕成は正平2年1347年霊山城陥落の後、南部氏庇護の下で船越岩手県山田町)に居を構えたが、文中2年1373年安東氏招請浪岡青森市)に入部しその子孫土着して浪岡氏称したという。その菩提所である京徳寺過去帳には、忌日応永9年8月7日1402年9月4日)、法号を恵院とする。しかし、北畠氏一族浪岡依拠し時期人物について異説多く応永年間に孫の顕邦が入部したとする説の他、建徳年間の守親入部説や元中年間の親統入部説などがあり、何れも事実関係確認できない後期村上水軍の祖 『後太平記』・『予陽盛衰記』によると、後期村上水軍の祖村上師清は北畠顕家遺児であるとされ、父戦死後信濃蟄居していたが、雑賀衆協力得て伊予大島進出し村上義弘の跡を継いだという。能島村上氏系図ではこの師清を顕成と同一人とするが、何れも名門志向意識基づ仮冒であろう

※この「諸説」の解説は、「北畠顕成」の解説の一部です。
「諸説」を含む「北畠顕成」の記事については、「北畠顕成」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/08 01:13 UTC 版)

堀元積」の記事における「諸説」の解説

堀秀村は元積の孫とも、元積と同一人物とも言われている

※この「諸説」の解説は、「堀元積」の解説の一部です。
「諸説」を含む「堀元積」の記事については、「堀元積」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/02 00:19 UTC 版)

玉櫛媛」の記事における「諸説」の解説

『古事記』記述されている大物主との神婚に関しては、『土佐国風土記逸文類した話があり、三輪山神婚説話分類される後述書 p.136)。この三輪山神婚説話類型は、ユーラシア北半球から北アメリカ、そして朝鮮半島からモンゴルにまで分布する太陽(妹)に月(兄)が恋をし、夜に来訪する恋人正体つかもうとして、太陽恋人の顔に煤(すす)をつけ、朝になって兄の顔に煤がついていた、という話のモチーフ変化したものが三輪山神婚説話であるという考え坂本太郎 他注『日本書紀 上』)もある(志田諄一 『<日本史=21> 風土記世界教育者 1979年 p.137)。

※この「諸説」の解説は、「玉櫛媛」の解説の一部です。
「諸説」を含む「玉櫛媛」の記事については、「玉櫛媛」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 23:50 UTC 版)

中山柵」の記事における「諸説」の解説

伊東信雄は『宮城県史』第1巻1957年)において、多賀城北方固め天平五柵(石巻平野から大崎平野にかけて造営され牡鹿柵・新田柵・玉造柵・色麻柵の四柵と不明の一柵)の不明の一柵に小田郡中山柵充てた伊東は「当時の情勢」から中山柵創建天平期まで遡る可能性指摘し中山柵擬定地に遠田郡涌谷町箟岳山(ののだけさん)、登米郡米山村中津山桃生郡河南町佳景山(かけやま)の3説をあげた。伊東は『古代東北発掘』(学生社1973年)の第13章考古学上から見た古代東北」(黒川文化研究夏期講座1972年8月6日収録)の「奈良時代までの東北城柵位置」においても中山柵桃生城西方新田柵と牡鹿柵の間に図示し中山柵擬定地は涌谷町箟岳山説を最有力考えていたことが知られる箟岳丘陵南側位置する涌谷町日向館跡周辺からは土塁状の高まりとともに多賀城創建以前仙台郡山遺跡Ⅱ期)の竹状骨痕を残す凸面格子叩き平瓦およびそれ以降布目瓦確認されており、日向館跡小田軍団関わる城柵小田郡家、天平五柵の不詳の一柵(あるいは中山柵)などの役割担いながら、中世城館へと変容ていったものと考えられている。

※この「諸説」の解説は、「中山柵」の解説の一部です。
「諸説」を含む「中山柵」の記事については、「中山柵」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 05:18 UTC 版)

蘇志摩利」の記事における「諸説」の解説

釈日本紀』(述義)にある陽成天皇による878年元慶2年)の日本紀講筵元慶講書878年元慶2年)-881年元慶5年))で、惟良宿禰高尚惟良高尚)がソシモリ今の保留解説しその分注に「此説甚可驚云々」とされた。その後江戸時代国学勃興者までながらく議論しきものはなかったが、江戸時代から戦前にかけて『日本書紀』曾尸茂梨現在のどこにあたるのか盛んに議論され候補地をあげる説次々あらわれ、その数は戦前の段階で北は咸鏡北道から南は済州島まで、朝鮮半島各地に8ヶ所にも及んだそれらの中で比較有名な説は、吉田東伍の「古代半島諸国興廃概考」(1891年明治24年8月号『史学会雑誌21号p.21~22。)で、曾尸茂梨春川の とし、素戔嗚尊彼の地にあまくだったのは中国春秋戦国時代西暦紀元前4世紀推定した。同論文後に、『日韓古史断』(1911年明治44年))の34-35ページ記述となり 、この説に準拠して朝鮮江原道春川郡牛頭山江原神社つくられた。(1918年大正7年)に社が建てられ1941年昭和16年10月1日国幣小社になった。) しかし場所について論争決着はつかないまま現在に至り最近では普通名詞または神話上の概念として、特定の実在の場所に当てはめないのが学界傾向である。 またソシモリ語源語義についても戦前から多くの説がある。 二つほど例をあげると、金沢庄三郎は『日鮮同祖論』(復刻版 成甲書房1978年昭和53年))で「曽尸茂梨の(助辞)尸を除いたソモリは、徐伐すなわちソホリと音韻上一致するもので、モとホすなわちmp音の相通である」とした。また韓国の宗教文化研究院長の崔俊植(梨花大学教授)は、ソシモリは、「ソシ」は「高い」、「モリ」は「頂上てっぺん」、「ソシモリ」は「高い柱の頂上」という意とした。 だが現在のところソシモリ」の語義語源について正確なところは不明である

※この「諸説」の解説は、「蘇志摩利」の解説の一部です。
「諸説」を含む「蘇志摩利」の記事については、「蘇志摩利」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/19 08:16 UTC 版)

満潘汗」の記事における「諸説」の解説

漢代遼東郡番汗県は現在の北朝鮮平安北道博川博川江西岸)に比定され通説となっており、満潘汗はこの番汗に似ていることから同一と考えられる。また同じく遼東郡内の文県現在の遼寧省営口市考えられており「満」はこの「文」ではないかともいわれる。ただ問題は文県番汗県があまりに離れすぎており、満=文県遼東郡西方なので、朝鮮との境界というのにあわない。これをどう考えるかで説がわかれる。

※この「諸説」の解説は、「満潘汗」の解説の一部です。
「諸説」を含む「満潘汗」の記事については、「満潘汗」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 00:34 UTC 版)

タカミムスビ」の記事における「諸説」の解説

女神要素を持つ神皇産霊神と対になり、男女の「むすび」を象徴する神とする説がある。

※この「諸説」の解説は、「タカミムスビ」の解説の一部です。
「諸説」を含む「タカミムスビ」の記事については、「タカミムスビ」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 07:35 UTC 版)

神武東征」の記事における「諸説」の解説

神話学立場からは、 三品彰英により 高句麗建国神話との類似指摘されている。

※この「諸説」の解説は、「神武東征」の解説の一部です。
「諸説」を含む「神武東征」の記事については、「神武東征」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/09 22:32 UTC 版)

物質」の記事における「諸説」の解説

matter物質)」という概念西洋哲学史において、古代ギリシア発祥したが、その正体について20世紀初以前科学者哲学者宗教家論争繰り返した1930年代初頭以降原子の構造明らかになり、その性質説明する量子力学成立すると、物質本質を厳密か統一的に理解する事が可能になった。これは、20世紀における最大の科学的成果一つである。 古代ギリシャでは物質は「本質的に不活性なもの」と見なす人がいたが、ビュヒナーマルクス主義では「運動活動と一体で切り離せないもの(つまり活性あるもの)」と見なしたデカルトが「本質的に空間延長する空間占める)もの」と見なしたに対しライプニッツボスコヴィチ物質を「延長の無い(空間占めない)、エネルギー中心」と見なしたし、バークリーカント物質を「本質的に理解不能のもの(あるいは不可知のもの)」と見なしたが、ホッブズは「哲学にとっての唯一明瞭な根拠」と見なしたし、デモクリトスが「その本質として永遠に現実的」と見なしたが、プラトンヘーゲルは「可能態以上のものではありえないある種存在」と見なした、といった具合である。 20世紀初頭まで、科学界において原子存在有無について論争続いたために、物質について様々な解釈共存した例えば、物質はものの仮の姿にすぎず、エネルギーのみが本質であるとする Energetiker 論者原子存在否定した1930 年代初頭までに電子陽子中性子相次いで実験的に発見されて、量子力学完成することによって、矛盾の無い、物質統一的な理解がはじめて可能になった。物質物理化学的には「原子構成されるもの」、初等量子力学または第一量子化範囲では「質量をもつ波」、場の量子論または第二量子化においては「場の励起状態」と理解される一般に、1/2のスピン角運動量をもつクオークレプトンなど物質構成するフェルミ粒子パウリの排他原理に従い2つ以上の粒子同一の量子状態占めることができないため、「場所をとるもの」の性質を持つ。一方光子のようにスピン角運動量が1であるよう素粒子は、複数粒子同一の量子状態占有することが許されるボース粒子あるために、パウリの排他原理従わず、「場所をとる」という物質特有の性質持たないまた、光子ゲージ粒子一種であり、質量もたない光子光子直接相互作用したり、原子のような構造作ったりはしないこのため日常生活おいても、光や電波は「物質一種」であるとは認識されないクオークレプトンそのもの元来SU(2)L ゲージ対称性を保つ性質を持つために質量持たないが、ビッグバン後、宇宙冷却する過程ヒッグス場自発的対称性の破れにより有限な真空期待値獲得すると、この量子場との相互作用により質量をもつ物質粒子出現した考えられている。一方ヒッグス場のうち、電荷をもつSU(2)弱アイソスピンゲージ群のz成分真空期待値もたないために、光とは相互作用せず、光子質量獲得しない。この理論は、2012 年ヒッグス粒子の発見により実証された。こうして「場所をとり、質量あるよう物質」の背景にある複雑な機構が解明された。宇宙には重力相互作用はするが、直接的な検出が難しい正体不明の暗黒物質充満している証拠得られつつある。また、中性子のみで構成され中性子星や、超高温出現するクオークグルーオンプラズマなど、新たな物質形態存在することがわかってきた。 なお、哲学的に言えば物質宇宙構成する存在のうちの1つである。哲学的に物質対置される概念的存在は「非物質」と呼ばれ空間時間情報を始めとして多数存在する一方現代科学における場の量子論においては真空は場の基底状態物質スピン1/2の場励起状態、光はスピンの場励起状態であると理解される一方時間と空間量子化して重力現象説明する量子重力理論は、まだ成立いたっていない。なお、WMAP等の人工衛星による宇宙マイクロ波背景放射観測結果により、原子等の通常物質宇宙全エネルギーの5%程度相当しているに過ぎないことが見積もられている。一方残り70%は暗黒エネルギー25%前後暗黒物質構成されていると考えられている。このように人間が日的に接す物質は、宇宙全体に存在する物質形態のうちの一部に過ぎないことがわかっている。

※この「諸説」の解説は、「物質」の解説の一部です。
「諸説」を含む「物質」の記事については、「物質」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/22 00:47 UTC 版)

洪家拳」の記事における「諸説」の解説

洪家拳四平大馬馬立ち)は脚部柔軟さ強さ、気を強化し鍛え鍛錬法である。 同様の南派武術詠春拳木人椿洪家拳胡蝶掌に似た掌打技法、包排手(ポウパイサオ)がある。歴史的に洪家拳詠春拳と非常に関わりが深い拳である。 周家拳(洪頭蔡尾拳)、黒虎門形刁手門(佛家拳)等も洪家拳影響を受けているとされる

※この「諸説」の解説は、「洪家拳」の解説の一部です。
「諸説」を含む「洪家拳」の記事については、「洪家拳」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 04:00 UTC 版)

飯富氏」の記事における「諸説」の解説

飯富氏に関しては諸説がある。その主なものを記す。 清和源氏満政流飯富氏 この説は、「源季遠源満政の子孫である源重時の子である」という誤伝によって起こったものと思われる正しくは源季遠源満政の子孫である源重時養子となった」である。実子ではないが、養子でもその家継いだのだからと言われれば、そのとおりである。ただ、重時には実子多かったことから養子ではなく猶子であったかもしれないいずれにしても飯富氏清和源氏満政流とも縁が深いことはたしかである。 甲斐源氏逸見氏飯富氏1 この説は、宗季が逸見光長養子となったことが『吾妻鏡』記載されていることから始まった説で宗季が初代という判断であれば、このとおりである。ただし、この説では甲斐国巨摩郡飯富(いいとみ)郷(現在の山梨県南巨摩郡身延町)を本官の地とする。この部分反対で飯富氏住んだことから飯富郷ができたと考えたほうが無難である。また、逸見光長養子という表記現実に上の説と同じく猶子正しい見方がある。宗季が逸見名乗った形跡はないことから立証できるまた、曾祖父名乗っていた飯富氏を再度新規に称したとするよりは、曾祖父の号を正式に氏にしたと解釈するほうが無難である。 甲斐源氏逸見氏飯富氏2 この説は、上記の二節とは異なり飯富氏は、甲斐国巨摩郡飯富郷(現在の山梨県身延町)を本官の地とし、忠宗も宗季も登場しない甲斐源氏逸見氏逸見光長の子源内長能が飯富郷に本拠構えて飯富氏称したとする。 その他の同じく清和源氏満快流や多氏は、太、大、意富、飯富、於保と記され九州畿内系譜を伝える。一族大和国十市郡移り同地の飫富郷に住む。甲斐国信濃国の飫冨氏は、その一族とされる

※この「諸説」の解説は、「飯富氏」の解説の一部です。
「諸説」を含む「飯富氏」の記事については、「飯富氏」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 03:20 UTC 版)

平田道仁」の記事における「諸説」の解説

通説では、道仁は慶長年中朝鮮人より七宝技術伝授されとされているが、この朝鮮工人説については、当時李朝において七宝盛んに行われていた形跡がないため、仮に朝鮮人から学んだとしても中国ヨーロッパ七宝技術、あるいは、国内七宝技術であった推測されている。朝鮮工人説は、後世文化7年1810年)の史料江都金工名譜』や、天保15年1844年)の史料栗原信充著『鏨工譜略 (さんこうふりゃく)』の道仁の項に、「平田彦四朗、京師住、慶長年中、依台命朝鮮人ヨリ七宝ヲ流スヲ受、東都七宝ノ祖トス御金具師也、正保三年卒」と記載されていることによる一方で否定説製造方法歴史的背景など様々な観点からあり、たとえば明治28年出版されたジェームズ・ボウ著「Notes on Shippo日本の七宝)」では「当時金工技術日本のほうが進んでおり、わざわざ朝鮮から学ぶはずがない」としている。また、長崎平戸オランダ商館を通じるなどしてオランダ技術学んだとする説詳しくは平戸七宝を参照)や、西洋釉薬ソーダガラスであるのに対して平田釉薬中国流鉛ガラスであるが、中国では透明感のある釉薬見られないことから国内ソーダガラスに鉛を加えるなどして独自に透明感のある鉛ガラス開発した推測する説などがある。 七宝技術習得経緯定かではないが平田一派のいわゆる平田七宝』は、その遺例を見ると、非常に高度な七宝技術駆使したものであり、他の系統七宝とは異なる趣を持つ。なお、一説によれば、道仁は美濃故郷だったともあるが、その明確な根拠示されていないまた、道仁と同時期七宝師に嘉長がおり、同じく京都居住していたことから、道仁と同一人物視する説も見られるが、作風隔たりがあるとともに史料上もこれを明らかにしがたい詳しくは嘉長を参照のこと)。

※この「諸説」の解説は、「平田道仁」の解説の一部です。
「諸説」を含む「平田道仁」の記事については、「平田道仁」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 07:23 UTC 版)

甕依姫」の記事における「諸説」の解説

甕依姫について、九州王朝説唱えた古田武彦は『魏志倭人伝』にいうとこの卑弥呼のことであるとしている。

※この「諸説」の解説は、「甕依姫」の解説の一部です。
「諸説」を含む「甕依姫」の記事については、「甕依姫」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 10:05 UTC 版)

嘉元の乱」の記事における「諸説」の解説

黒田俊雄1965年の『日本の歴史8 蒙古襲来』で、『保暦間記』書かれている嘉元の乱あらすじ紹介して、「しかしこの作戦はまったくまずい…すべて行きづまってくると、権力欲争いくだらないやりかたになってくる」と書かれている網野善彦は、貞時と越訴頭人となって御家人たちの衆望集めようとした宗方対立があったとする高橋慎一朗は、この事件における時村立場を、霜月騒動と同様の「得宗政権支え二者対立に起因する」もの。「嘉元の乱霜月騒動縮小再生産だった」としている。 奥富敬之の『鎌倉北条氏基礎的研究』でも『鎌倉北条氏興亡』でも真偽のほど保留しながらも事件『保暦間記』に沿って説明している『保暦間記』記述は『鎌倉将軍執権列伝』(安田元久編、1974年内の執権北条貞時」(五味克夫313頁にあり、その他の史料でどう書かれているかも紹介されている。ただし、『実躬卿記』は一切出てこない。 細川重男上記の京に伝えられたその当時情報の方に軸を置き、貞時が北条氏庶家重鎮ある時誅殺することで庶家勢力退けて得宗による専制強化しようとしたが、北条氏庶家反発予想以上に強かったため、貞時が自己への責任追及避けるためやむなく宗方討伐命じたではないかとしている。

※この「諸説」の解説は、「嘉元の乱」の解説の一部です。
「諸説」を含む「嘉元の乱」の記事については、「嘉元の乱」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 22:43 UTC 版)

紀元節」の記事における「諸説」の解説

紀元節2月11日という日付の由来については、「建武年間記」「建武年中行事」によると、延喜式神名帳筆頭にある宮中内の座神「韓神社」の祭りを、建武2年2月11日後醍醐天皇執り行ったことに由来するとする説がある。

※この「諸説」の解説は、「紀元節」の解説の一部です。
「諸説」を含む「紀元節」の記事については、「紀元節」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 22:11 UTC 版)

ゴフェル」の記事における「諸説」の解説

七十人訳聖書紀元前3〜1世紀ギリシャ語翻訳され聖書)ではゴフェルを xylon tetragonon(英: "squared timber"、角材)と訳している。ラテン語版ウルガータ5世紀)では lignis levigatis(シクストゥス・クレメンティーナ版 (en) では lævigatis、英: "smoothed(または planed)wood"、製材された木材)と訳されている。 ユダヤ百科事典ジューイッシュ・エンサイクロペディア)では、これをバビロニア語の "gushure iṣ erini"(英: cedar-beams、レバノン杉角材)またはアッシリア地方の"giparu"(英: reed、葦)であろうとしている。 現在では、これを英語に訳す際にcypressホソイトスギあるいはイタリアイトスギ)とすることが多い(ただし聖書使われているヘブライ語では、cypress には別途 brosh という語がある)。聖書研究有名なアダム・クラーク(enメソジスト神学者)は、イトスギギリシャ語 kuparisson とヘブライ語の gophar に類似見られるとして、これを支持していた。 他には、マツスギシダー)、モミコクタン黒檀)、編みなど)、ビャクシンアカシアツゲ仲間イグサ類と樹脂性樹木さらにはアメリカ大陸のイエローウッド(ケンタッキー・イエローウッド)とする説まであるが、これらはいずれも、ノアの方舟材料とつながるような、なんらかの関係が見つかっているものではない。 ヘブライ文字では g と k の間には形の類似性見られるため、gopher は kopher(ヘブライ語ピッチ原油コールタールなどを蒸溜した後に残る黒い滓のことのこと)だったのではないか、つまり kopher は pitched woodピッチ塗られ木材ではないか、とする説もある。また、方舟補強するために板を貼り合わせること、あるいは現在では絶滅した種のことではないかとする説最近はあるが、いずれも広く支持を得るには至っていない。 翻訳聖書では、文語訳聖書松木口語訳聖書いとすぎの木、新改訳聖書新共同訳聖書ゴフェルの木と訳している。

※この「諸説」の解説は、「ゴフェル」の解説の一部です。
「諸説」を含む「ゴフェル」の記事については、「ゴフェル」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 00:09 UTC 版)

シドラ湾事件 (1989年)」の記事における「諸説」の解説

このときのリビア軍航空機ソ連製MiG-23であるが、それがどの派生型であったかについては諸説ある。アメリカ側発表ではこのときの機体後期型MiG-23MLであったとされているが、ソ連ロシア資料では初期の輸出型MiG-23MSであったとされている

※この「諸説」の解説は、「シドラ湾事件 (1989年)」の解説の一部です。
「諸説」を含む「シドラ湾事件 (1989年)」の記事については、「シドラ湾事件 (1989年)」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 06:59 UTC 版)

トヨタマヒメ」の記事における「諸説」の解説

『日本書紀』一書によれば火折尊豊玉姫出産に火をともして盗み見たというが、この「一つ火」を灯す行為タブーであった指摘される。 「妖精メリュジーヌは、下半身の姿で入浴しているところを夫のレイモンダンに覗き見られて、人間界から離れる」。この話はトヨタマヒメの話によく似ている。「ヨーロッパ神話伝承フォークロア詳し中世フランス文学専門家フィリップ・ヴァルテールは、「(両)神話共通のルーツを、太古のユーラシア神話まで遡る試み」をしている(渡邉浩司渡邉裕美子)。

※この「諸説」の解説は、「トヨタマヒメ」の解説の一部です。
「諸説」を含む「トヨタマヒメ」の記事については、「トヨタマヒメ」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 21:28 UTC 版)

熊襲」の記事における「諸説」の解説

肥後国球磨郡(くまぐん。現熊本県人吉市周辺球磨川上流域)から大隅国贈於郡(そおぐん。現鹿児島県霧島市周辺現在の曽於市曽於郡とは領域を異にする)に居住した部族とされる。また5世紀ごろまでに大和朝廷臣従し、「隼人」として仕えたという説もある(津田左右吉ら)。なお、隼人研究家中村明蔵は、球磨地方と贈於地方考古学的異質性から、熊襲本拠は、都城地方や贈於地方のみであり、「クマ」は勇猛さ意味する美称であるとの説を唱えている。 また、魏志倭人伝中の狗奴国クマソの国であるとする説が、内藤湖南津田左右吉井上光貞らにより唱えられている。ただし、この説と邪馬台国九州説とは一致するものではない。 沼田頼輔は『日本人新論の中で熊襲語源の諸説について紹介しており、本居宣長はその集団勇猛さ直接名前の由来になったとしたり、八田知紀勇猛さを表す熊と山岳重畳している様をあらわす於曾のつづまりである曾から来ているとしている一方青柳高鞆肥後國球磨郡大隈國囎唹郡合わせたもので、根拠として風土記にある「球磨囎唹」の名や景行天皇記述などを挙げている事を記している宝賀寿男は、熊襲の「クマ」は「熊(羆)」のトーテム表し神功皇后戦った羽白などは、その「熊」・「」の名称や「...其の為人強く健し。亦身に翼有りて、能く飛び高く翔る...」といった記述から、「熊、」をトーテムとする天孫族末裔で、邪馬台国王族の子孫と独自の説を提唱した。この説では、津田左右吉らの学説反論し狗奴国は「)」のトーテム表し犬狼信仰犬狼祖伝説を持つ縄文人の国であると想定されている。隼人は「吠え人」(のように吠える人)の意味で、狗奴国末裔隼人であるとする。 文献資料ではなく土器分布の面からは、免田土器弥生期から古墳初期にかけて)が熊襲文化圏によって生み出されたものではないかと森浩一考察している。

※この「諸説」の解説は、「熊襲」の解説の一部です。
「諸説」を含む「熊襲」の記事については、「熊襲」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 13:43 UTC 版)

藤原定家」の記事における「諸説」の解説

定家クラス中級貴族一度工面できる金額200貫で年収はその10倍の2千くらいという説(本郷恵子)があり(後述書 p.67)、荘園領主は1石=1貫(千文)で安定さようとしていたため、これを基準とするなら定家年収現代にして2億円とされる五味文彦日本の中世財団法人放送大学教育振興会 第21999年(1刷98年ISBN 4-595-55432-X p.67)。これに対し皇族長屋王年収4億円(1991年当時価格。なお、長屋王定家には500年時代差があることにも注意であったとされている長屋王逸話を参照)。

※この「諸説」の解説は、「藤原定家」の解説の一部です。
「諸説」を含む「藤原定家」の記事については、「藤原定家」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 13:48 UTC 版)

姫始め」の記事における「諸説」の解説

最も有力な説は、正月強飯こわいい蒸した固い飯。別名「おこわ」)から、初め姫飯ひめいい柔らかい飯)を食べる日というものである昔は、祭の間に強飯食べ、祭が終わると姫飯食べていた。 『和名抄』(『和名類聚抄』)では「糄𥻨」をヒメと訓じ、「非レ米非レ粥之義」(レは返り点)と注されているから、飯のことであると解されている。上代の飯は強飯で(上述)、姫飯はより水分の多いやわらかなものであるが、一方で、粥はシルカユ訓むから、糄「米索」はそれよりも濃い粥であるという。一説に、「非レ米」の音でヒメという、という。『資益王記』に、正月1日諸社遙拝のあとに、次看経、次御コワ、次比目始とあるのが、すなわちこれであり、『春曙抄』に「飯の類なり、米は蓬莱台に始り、粥は七種始まる。飯の始もまたあるべし、何ぞ馬乗始ありて飛馬始あらんや」といい、『東牖子』に「いづれ暦の糄「米索」始は粥のくひはじめなるべし元旦雑煮食し初めて、而して後にひめはじめあり」といい、後世姫糊ひめのり)にいうヒメ同じであるという。 また、藤原彦麿随筆傍廂』(片ひさし)1巻には、 「故師伊勢貞丈大人の云く、初春ひめはじめは、諸説まちまちなれど、皆とるに足らず、むかしより世俗のいひ来れる男女交合の始なり」「親子兄弟中にては、つつましさにさともえいはぬは、好色淫奔心を恥づればなるべし、さる故に小ざかしき人は糄𥻨始なりといへり、和名抄に糄𥻨比女とあるは、衣につくる糊なり、誤り食物と思へり、よしや常の飯にしても毎日くへば、何ぞ其始をいふべき、さればひめはじめは糄𥻨にも姫にも飛馬にもかかはる事にあらず」 とある。その伊勢貞丈は『安斉随筆』で、姫はじめに関する後人の諸説は「みな出所なき推量なり」としているから、事実はやくにすたれ、暦の上にのみ残ったものであるとされる

※この「諸説」の解説は、「姫始め」の解説の一部です。
「諸説」を含む「姫始め」の記事については、「姫始め」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 03:44 UTC 版)

因果関係 (法学)」の記事における「諸説」の解説

行為結果間に上記のような条件関係肯定された場合、さらに、刑法上の因果関係存在を認めるのかについての判断が必要となる。日本においては、その判断基準方法について判例と各学説争いがある。日本における通説は、相当因果関係説である。

※この「諸説」の解説は、「因果関係 (法学)」の解説の一部です。
「諸説」を含む「因果関係 (法学)」の記事については、「因果関係 (法学)」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 21:14 UTC 版)

「鬼」の記事における「諸説」の解説

文芸評論家馬場あき子は5種類分類している。 民俗学上の鬼で祖霊地霊山岳宗教系の鬼、山伏系の鬼、例:天狗仏教系の鬼、邪鬼夜叉羅刹人鬼系の鬼、盗賊凶悪な無用者。 怨恨憤怒によって鬼に変身変身譚系の鬼。 「鬼」(キ) という漢字の原義は「死者の魂」である。例えば、餓えた死者の魂を「餓鬼」、死者の魂泣き喚くことを「鬼哭」という。現代日本語の「オニ」も、「鬼」の原義である「死者の魂」として用いられる例もあり、海外で死ぬことを「異国鬼となる」「異境鬼となる」と表現する馬場によれば、元々は死霊意味する中国の鬼6世紀後半日本入り日本固有で古来の「オニ」と重なってになったという。ここでいうオニ」とは祖霊であり地霊であり、「目一つ」の姿で現されており、隻眼という神の印帯びた神の眷属捉える見方や、「一つ目」を山神の姿とする説五来重)もある。いずれにせよ一つ目の鬼は死霊というより民族的な神の姿を彷彿とさせるまた、『日本書紀』にはまつろわぬ「邪しき神」を「邪しき鬼もの」としており得体知れぬカミ」や「モノ」が鬼として観念されている説話の「人を食う凶暴な鬼」のイメージは「カミ」、「モノ」から仏教の獄鬼、怪獣妖怪など想像上の変形から影響を受けて成立していったと言える平安都人が闇に感じていた恐怖どのようなものかが窺えるまた、大東文化大学講師岡部隆志によれば、鬼とは安定したこちらの世界侵犯する異界の存在であるという。鬼のイメージ多様なのは、社会その時代によって異界イメージ多様であるからで、朝廷まつろわぬ民法を犯す反逆者、山に棲む異界の住人であれば鍛冶屋のような職能者も鬼と呼ばれ異界幻想とたとえれば人の怨霊地獄羅刹夜叉、山の妖怪など際限なく鬼のイメージ広がるとしている。 平安時代から中世にかけて説話登場する多くの鬼は、怨霊化身、人を食べ恐ろし怪物である。京都北西大江山には酒呑童子呼ばれる鬼の親分本拠地構え茨木童子を始めとする多くの子分統率していたといい、その描写赤毛で角があり、髭も髪も眉毛つながっており、手足熊の手のようで、京の町からさらってきた若い女性の肉を常食していたという。『伊勢物語第6段夜女をつれて逃げ途中に鬼に女を一口で食べられる話があり、ここから危難にあうことを「鬼一口と呼ぶうになるが、岡部隆志はこれを、戦乱災害飢饉などの社会不安の中で頻出する人死にや行不明を「異界この世現出する現象」と解釈したものであり、人の体消えていくことのリアルな実演であり、この世現れた鬼が演じてしまうものと推測している。また岡部は、鬼は異界来訪者であり、人を向こう側世界拉致する悪魔であり、昔話のように福を残して去る神ともしている(例:一寸法師瘤取り爺さんの鬼)。異界幻想される地名として大江山著名であるが、それは京の都にとって大江山異界の山であっためであり異界としての山に接す地域には鬼伝承は多い。 二松学舎大学教授小山聡子によれば平安時代には仏教経典基づく鬼、モノノケ正体定かではない死霊が鬼として描かれたもの、疫神として登場する鬼などに特に区別はなく、大きな身体一つ目大きな口、角、赤い褌、手足三本指などの特徴示されることが多く、これは仏教経典描かれた鬼の図像影響が大きい指摘する(ただし、モノノケの場合は『山海経』など他の書物図像影響を受けた鬼とは異な系統図像存在しているが、いずれも当時の人々恐怖感じた図像イメージ重ね合わされたことでは共通する)。 国文学者阿部正路歴史学者松本新八郎評論家馬場あき子指摘するように、鬼の形態歴史を辿れば、初期の鬼というのは女性形であり『源氏物語』登場する鬼とは怨霊のことであるが、渡辺綱一条戻橋出てくるように、初めのころ女性形で出てくる。

※この「諸説」の解説は、「鬼」の解説の一部です。
「諸説」を含む「鬼」の記事については、「鬼」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 03:59 UTC 版)

ダミー・ホイ」の記事における「諸説」の解説

野球史研究家一部は、当時難聴ホイに対し審判一定の動作ボールストライクなどの判定伝えるようにしていたことが、後年ビル・クレムにより、審判員判定動作体系化されるに至るきっかけになっていると主張している。

※この「諸説」の解説は、「ダミー・ホイ」の解説の一部です。
「諸説」を含む「ダミー・ホイ」の記事については、「ダミー・ホイ」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 08:18 UTC 版)

多氏」の記事における「諸説」の解説

邪馬台国女王卑弥呼多氏一族である肥国造の人であるとする説がある。 戦国時代丹羽氏多氏後裔指摘されている。

※この「諸説」の解説は、「多氏」の解説の一部です。
「諸説」を含む「多氏」の記事については、「多氏」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 22:55 UTC 版)

姫街道」の記事における「諸説」の解説

姫街道」と呼ばれるようになった理由については、 (説1江戸時代新居今切)の関所避けた女性本坂越を選んだためで、女性新居避けた理由については、(説1-1新居関所女性に対する取締り厳しかった入り鉄砲に出女詮議厳しかった)ため (説1-2新居舞阪の海がよく荒れ女性渡海怖がったため (説1-3)「今切」が「縁切れ」に通ずるため縁起悪く不吉な感じ与えるから の各説があり、また (説2)古代から中世にかけて栄えた街道のため「古い街道」という意味で「鄙(ひね)街道」と呼ばれていたのが「姫」(ひめ)に転訛した、とする説、 (説3)「姫」は愛宕山真っ直ぐに登る表坂を「男坂」と呼び遠回りではある傾斜の緩い脇坂を「女坂と呼ぶように、本街道半分規格造られ脇道を「女道」「姫道」として「姫街道と呼ぶようになった、あるいは「大きい」本街道との対比において「小さい」脇道美称して「姫街道」と呼んだとする説、 (説4)本坂峠の麓父の墓守をしていた橘逸勢の娘の妙冲や、平宗盛寵愛を振り切って天竜川畔で余生過ごした熊野御前近く8代将軍吉宗の母・浄円院大勢の人足を引き連れて通行したことなど、女性イメージ強く残る街道だったため、特に「姫」の名で呼ばれたとする説もある。

※この「諸説」の解説は、「姫街道」の解説の一部です。
「諸説」を含む「姫街道」の記事については、「姫街道」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 07:43 UTC 版)

アイヌ」の記事における「諸説」の解説

自然人類学中には(特に日本人和人)の学者中には)「アイヌも本土日本人も、縄文人基盤として成立した集団で共通の祖先を持つ」とする学者もいた[誰?]。 また日本人和人)の側に立って日本人和人)を研究する研究者であり、「南方系の縄文人北方系の弥生人」という「二重構造説」で知られる埴原和郎は、「アイヌ和人縄文人基盤として成立した集団で共通の祖先を持つが、本土人は、在来縄文人弥生時代大陸から渡来した人々混血することで成立した一方アイヌ混血せず、縄文人がほとんどそのまま小進化をして成立した」と主張した2009年)。また「アイヌは、大和民族追われて本州から逃げ出した人々ではなく縄文時代以来から北海道住んでいた人々の子孫」と主張した

※この「諸説」の解説は、「アイヌ」の解説の一部です。
「諸説」を含む「アイヌ」の記事については、「アイヌ」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 05:27 UTC 版)

鹿野忠雄」の記事における「諸説」の解説

鹿野消息説明する仮説当時からおもに2つ存在していたとされ、1つは、当時日本軍に対するゲリラ各地に出没しており彼らに襲撃され可能性が高いとする仮説、もう1つは、逆に日本軍側の憲兵撲殺されたとする仮説がある。 ただし、いずれの説も当時混乱のなか数少ない証言と噂や憶測を元に形成され仮説確証得られないまた、戦後からは生存説信じられていた。

※この「諸説」の解説は、「鹿野忠雄」の解説の一部です。
「諸説」を含む「鹿野忠雄」の記事については、「鹿野忠雄」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/23 23:30 UTC 版)

人魂」の記事における「諸説」の解説

19世紀末イギリス民俗学者セイバイン・ベアリング=グールドは、死体腐敗して発生したリン化水素発散墓の上をただよう青い光生むということはありそうなことだと考えていた。一説によると、「戦前の葬儀土葬であったため、遺体から抜け出したリン雨の日夜に雨水反応して光る現象一般的であり、庶民科学的知識乏しかったとが人魂説を生み出したと言われるが[誰によって?][要出典]、人や動物の骨などに多く含まれるリン酸自然発火しないので該当しない。ただし、リン化水素常温では無色腐魚臭の可燃性気体で、常温空気中酸素反応して自然発火する。 昔からなどの発光昆虫流星誤認、光るコケ類を体に付け小動物沼地などから出た引火性ガス球電さらには目の錯覚などがその正体考えられた。例え寺田寅彦1933年昭和8年)に帝国大学新聞寄稿した随筆の中で自分の二人の子供が火の玉目撃した状況や、高圧放電火花拡大投影した像を注視する実験伊豆地震時の各地での「地震の光」の目撃談に基づき物理的現象錯覚とが相俟って生じた可能性述べている。実際に可燃性ガス人工人魂作った例もある(山名正夫明治大学教授メタンガスによる実験1976年ほか)。 1980年代には、大槻義彦が「空中生じたプラズマである」と唱えた 。 だが、上記の説明群では説明できないものもあり、様々な原因現象により生じと考えられる

※この「諸説」の解説は、「人魂」の解説の一部です。
「諸説」を含む「人魂」の記事については、「人魂」の概要を参照ください。


諸説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 03:37 UTC 版)

出雲族」の記事における「諸説」の解説

出雲族鉄器文明を持つツングースであるとする説がある。 天孫族屈しまいとし出雲族一部東北逃れ蝦夷となって最後まで戦ったとする説がある。出雲方言東北方言が同じズーズー弁であるのも、その証左であるとされることが多い。

※この「諸説」の解説は、「出雲族」の解説の一部です。
「諸説」を含む「出雲族」の記事については、「出雲族」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「諸説」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「諸説」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「諸説」の関連用語

諸説のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



諸説の意味のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのおきん (改訂履歴)、ベロシペード (改訂履歴)、卑弥弓呼 (改訂履歴)、比企氏 (改訂履歴)、悪の起源 (改訂履歴)、壬生綱重 (改訂履歴)、エーリュシオン (改訂履歴)、キャロル・ディアリング号 (改訂履歴)、ポンティック語族 (改訂履歴)、イワサク・ネサク (改訂履歴)、根の国 (改訂履歴)、岐須美美命 (改訂履歴)、北畠顕成 (改訂履歴)、堀元積 (改訂履歴)、玉櫛媛 (改訂履歴)、中山柵 (改訂履歴)、蘇志摩利 (改訂履歴)、満潘汗 (改訂履歴)、タカミムスビ (改訂履歴)、神武東征 (改訂履歴)、物質 (改訂履歴)、洪家拳 (改訂履歴)、飯富氏 (改訂履歴)、平田道仁 (改訂履歴)、甕依姫 (改訂履歴)、嘉元の乱 (改訂履歴)、紀元節 (改訂履歴)、ゴフェル (改訂履歴)、シドラ湾事件 (1989年) (改訂履歴)、トヨタマヒメ (改訂履歴)、熊襲 (改訂履歴)、藤原定家 (改訂履歴)、姫始め (改訂履歴)、因果関係 (法学) (改訂履歴)、鬼 (改訂履歴)、ダミー・ホイ (改訂履歴)、多氏 (改訂履歴)、姫街道 (改訂履歴)、アイヌ (改訂履歴)、鹿野忠雄 (改訂履歴)、人魂 (改訂履歴)、出雲族 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS