信濃とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 都市 > 信濃 > 信濃の意味・解説 

しなの【信濃】


信濃

読み方:シナノshinano

旧国名の一


【信濃】(しなの)

大日本帝国海軍超大型空母「信濃」。
大東亜戦争後期、建造中戦艦から空母改造された艦である。

当初本艦は「大和」級超ド級戦艦3番艦として横須賀海軍工廠建造進められていた。
しかし、建造途中1942年ミッドウェー海戦連合艦隊擁する空母機動部隊壊滅的な被害蒙り、その補充急務となった
このため本艦戦艦として建造中止され空母設計変更されて建造続けられた。

同様に、改「鈴谷」級大型重巡洋艦として建造されていた「伊吹」も空母設計変更され、また、大正初期に建造され旧式戦艦伊勢」「日向」も空母改装されることになったが、こちらは予算費用兼ね合いから完全な空母にはできず、戦艦として水上砲戦能力一部残した航空戦艦として就役した。

空母としての本艦設計建造に当たっては他の空母とは異なコンセプト採用された
敵の機動部隊アウトレンジするため、本艦機動部隊前方海面進出し後方空母から発進してきた艦載機を一旦収容し燃料弾薬補充行って敵へ向かわせる、という運用法が考えられた。
このため当初は自前攻撃機搭載せず、直衛の戦闘機のみを搭載することとされ、また、予想される攻撃隊攻撃対処するため、飛行甲板にも装甲施されていた。

このことで公試排水量68,000トンになったことから後年世界初スーパーキャリアーであった」という説も生まれたが、本来のスーパーキャリアーとは運用思想根底から異なるため一般的ではない。

空母としての改装工事1944年秋までかかり1944年11月竣工した
しかし、戦局急速な悪化呼応して建造急がれ必要な工事大半省略された形で竣工とされたため、呉に回航して残り工事を行うこととなり、工廠工員乗せたまま処女航海出た
その途上本艦紀伊半島沖合で米バラオ級潜水艦アーチャー・フィッシュ(SS-311)」の雷撃により、魚雷4本が命中して横転沈没竣工からわずか10日という短すぎる生涯閉じた

スペックデータ


信濃

作者室生犀星

収載図書あにいもうと詩人の別れ
出版社講談社
刊行年月1994.9
シリーズ名講談社文芸文庫


信濃

読み方:シナノshinano

作者 橋本多佳子

初出 昭和22年

ジャンル 句集


信濃


信濃


信濃

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

信濃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/29 15:03 UTC 版)

信濃(しなの)




「信濃」の続きの解説一覧

信濃(しなの)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/14 13:56 UTC 版)

CIRCLEさーくる」の記事における「信濃(しなの)」の解説

女子サーモンピンクロングヘアを、首のあたりで1束にまとめている。また、の上の毛束は前方垂らしている。瞳もサーモンピンク。胸はそこそこある模様

※この「信濃(しなの)」の解説は、「CIRCLEさーくる」の解説の一部です。
「信濃(しなの)」を含む「CIRCLEさーくる」の記事については、「CIRCLEさーくる」の概要を参照ください。


信濃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/19 23:05 UTC 版)

新戦艦高千穂」の記事における「信濃」の解説

第○艦隊旗艦戦艦。名称のみ登場

※この「信濃」の解説は、「新戦艦高千穂」の解説の一部です。
「信濃」を含む「新戦艦高千穂」の記事については、「新戦艦高千穂」の概要を参照ください。


信濃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 15:37 UTC 版)

歌枕の一覧」の記事における「信濃」の解説

浅間山あさまやま): 長野県浅間山。信濃なる 浅間の嶽に たつ煙 をちこち人の 見やはとがめぬ(『伊勢物語』) 安曇野あづみの): 長野県安曇野市周辺姨捨山うばすてやまおばすてやま)、更科(級)山(さらしなやま): 長野県千曲市にある冠着山かむりきやま)。我が心 慰めかねつ 更科や をばすて山に 照る月を見て(『古今和歌集』、よみ人しらず諏訪海(すわのうみ): 長野県諏訪湖園原そのはら): 長野県下伊那郡阿智村

※この「信濃」の解説は、「歌枕の一覧」の解説の一部です。
「信濃」を含む「歌枕の一覧」の記事については、「歌枕の一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「信濃」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

信濃

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 12:20 UTC 版)

固有名詞

  (しなの)

  1. 旧国名一つ信濃国
  2. 長野県にある地名信濃町

「信濃」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



信濃と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

信濃のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



信濃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの信濃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのCIRCLEさーくる (改訂履歴)、新戦艦高千穂 (改訂履歴)、歌枕の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの信濃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS