信濃とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 都市 > 信濃 > 信濃の意味・解説 

しなの 【信濃】 ◇

旧国名の一。長野県全域にあたる。廃藩置県後、長野筑摩の二県が置かれたが、1876年明治9)長野県統合信州しんしゆう)。

信濃

読み方:シナノshinano

旧国名の一


【信濃】(しなの)

大日本帝国海軍超大型空母「信濃」。
大東亜戦争後期建造中の戦艦から空母改造された艦である。

当初、本艦は「大和」級超ド級戦艦の3番艦として横須賀海軍工廠建造が進められていた。
しかし、建造途中1942年ミッドウェー海戦連合艦隊擁する空母機動部隊壊滅的被害を蒙り、その補充急務となった。
このため、本艦は戦艦としての建造中止され、空母設計変更されて建造続けられた。

同様に、改「鈴谷」級大型重巡洋艦として建造されていた「伊吹」も空母設計変更され、また、大正初期建造された旧式戦艦伊勢」「日向」も空母改装されることになったが、こちらは予算費用兼ね合いから完全な空母にはできず、戦艦としての水上砲戦能力一部残した航空戦艦として就役した。

空母としての)本艦の設計建造に当たっては、他の空母とは異なコンセプト採用された。
敵の機動部隊アウトレンジするため、本艦は機動部隊前方海面進出し、後方空母から発進してきた艦載機を一旦収容し、燃料弾薬補充を行って敵へ向かわせる、という運用法が考えられた。
このため当初自前攻撃機搭載せず、直衛の戦闘機のみを搭載することとされ、また、予想される敵攻撃隊の攻撃対処するため、飛行甲板にも装甲が施されていた。

このことで公試排水量68,000トンになったことから、後年世界初スーパーキャリアーであった」という説も生まれたが、本来のスーパーキャリアーとは運用思想根底から異なるため一般的ではない。

空母としての改装工事1944年秋までかかり、1944年11月竣工した。
しかし、戦局の急速な悪化呼応して建造が急がれ、必要な工事大半省略された形で竣工とされたため、呉に回航して残り工事を行うこととなり、工廠工員も乗せたまま処女航海に出た。
その途上、本艦は紀伊半島沖合で米バラオ級潜水艦アーチャー・フィッシュ(SS-311)」の雷撃により、魚雷4本が命中して横転沈没竣工からわずか10日という短すぎる生涯を閉じた。

スペックデータ


信濃

作者室生犀星

収載図書あにいもうと詩人の別れ
出版社講談社
刊行年月1994.9
シリーズ名講談社文芸文庫


信濃

読み方:シナノshinano

作者 橋本多佳子

初出 昭和22年

ジャンル 句集


信濃


信濃


信濃

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

信濃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/28 19:54 UTC 版)

信濃(しなの)




「信濃」の続きの解説一覧



信濃と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「信濃」の関連用語


2
100% |||||

3
98% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||


7
94% |||||

8
90% |||||

9
78% |||||


信濃のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



信濃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの信濃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS