世界初とは? わかりやすく解説

世界初の一覧

(世界初 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/23 07:56 UTC 版)

世界初の一覧(せかいはつのいちらん)では、現状で確認しうる世界で初めての事物を紹介する。


注釈

  1. ^ ウニのを分割すると、それぞれが完全なウニに成長することを発見。細胞核移植以前のクローン技術と位置付けられる。
  2. ^ アカガエル属の1種。
  3. ^ 世界的に認められているカシミール・フンクは、翌年同ビタミンを発見。
  4. ^ 4艦とも日本語読み。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j 吉野敏行「文明の代謝史観序説」『人間と環境』第6巻、2015年、 60頁。
  2. ^ a b 吉野敏行「文明の代謝史観序説」『人間と環境』第6巻、2015年、 60-61頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 吉野敏行「文明の代謝史観序説」『人間と環境』第6巻、2015年、 61頁。
  4. ^ 生みの親が語る「ケータイ絵文字」14年の軌跡と新たな一歩”. 日経トレンディ (2012年5月25日). 2018年8月28日閲覧。
  5. ^ a b 細野英夫「里山の基礎的研究―南那須―」『白鷗大学論集』第19巻第1号、2004年、 109頁。
  6. ^ a b 高阪章「私たちはどこから来て、どこへ行くのか──人類史から見た暮らしの変化──」『国際学研究』第6巻第1号、2017年、 42-43頁。
  7. ^ The Shore Porters' Society: About Us - Our History” (2007年). 2008年5月6日閲覧。
  8. ^ 【PDF速報】世界初DMV発進 線路も道路も走ります! 阿佐海岸鉄道・海陽町―高知県東洋町|徳島の話題|徳島ニュース|徳島新聞電子版” (日本語). 徳島新聞電子版. 2021年12月25日閲覧。
  9. ^ “世界で初めて商用の自動運転トラックが公道での走行を認可される”. Gigazine. (2015年5月11日). http://gigazine.net/news/20150511-autonomous-truck-drive-road/ 
  10. ^ Telegram from Orville Wright in Kitty Hawk, North Carolina, to His Father Announcing Four Successful Flights, 1903 December 17”. World Digital Library (1903年12月17日). 2013年7月22日閲覧。
  11. ^ “World’s First Untethered Manned Electric Helicopter Flight” (英語). ウォール・ストリート・ジャーナル. (2011年9月6日). https://www.wsj.com/articles/BL-TEB-3102 
  12. ^ “世界初の顔面完全移植男性、TV記者会見で感謝の言葉 スペイン”. AFP BB. (2010年7月27日). http://www.afpbb.com/articles/-/2743445 
  13. ^ “世界初の子宮移植ベビーが誕生! 医療技術の発達はここまできた!”. TOCANA. (2014年12月13日). https://tocana.jp/2014/12/post_5364_entry.html 
  14. ^ Pop Quiz: What was the first personal computer?” (英語). en:Blinkenlights Archaeological Institute. 2021年10月19日閲覧。
  15. ^ The George R. Stibitz Computer Pioneer Award”. 2008年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月19日閲覧。
  16. ^ Timeline of Computer History” (英語). Computer History Museum. 2021年10月19日閲覧。
  17. ^ 世界初のパーソナルコンピュータ「Altair 8800」の開発者E・ロバーツ氏、死去” (2010年4月2日). 2021年10月19日閲覧。
  18. ^ Learning to program the D-Wave One” (英語). 2011年5月11日閲覧。
  19. ^ 量子コンピューターに、最初の買い手がついた”. 2011年5月11日閲覧。
  20. ^ PlayStationStore「ゲームアーカイブス」カテゴリ内にて「PCエンジンアーカイブス」を、本日より取り扱い開始”. ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン ニュースリリース (2007年9月15日). 2012年9月21日閲覧。
  21. ^ カプコンオンラインゲームズ|タイトル詳細|ファイティング・ストリート”. 株式会社カプコン (2009年10月6日). 2016年5月9日閲覧。
  22. ^ Sony Global -Sony History-
  23. ^ a b レコチョクが平成ダウンロードランキングを発表!平成を通して最もダウンロードされた楽曲はGReeeeN「キセキ」~平成最後、令和最初の1曲無料プレゼントキャンペーン実施~、PRTIMES(株式会社レコチョク)、2019年4月25日 11時46分。
  24. ^ 「1 ロック・アラウンド・ザ・クロック ビル・ヘイリーと彼のコメッツ」『ビルボード・ナンバー1・ヒット (上) 1955-1970』フレッド・ブロンソン(著)、井上憲一ほか(訳)、音楽之友社、1988年、25頁。ISBN 978-4-276-23601-1。(該当ページにはノンブル表記なし)
  25. ^ 稲垣正浩、寒川恒夫、野々宮徹、谷釜了正 『図説 スポーツの歴史―「世界スポーツ史」へのアプローチ』大修館書店、1996年10月10日、14-15頁頁。ISBN 978-4-469-26352-7 
  26. ^ 中国、世界初の量子通信衛星を打ち上げ”. AFP BB (2016年8月16日). 2016年8月19日閲覧。
  27. ^ 中国、世界初の量子通信衛星を軌道に”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2016年8月16日). 2016年8月19日閲覧。
  28. ^ classe Dévastation”. Dossiers Marine. 2007年9月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年1月12日閲覧。
  29. ^ 三浦耕喜 『ヒトラーの特攻隊―歴史に埋もれたドイツの「カミカゼ」たち』作品社、2009年2月17日。ISBN 4-86182-224-6 ISBN 978-4-86182-224-7
  30. ^ "Wikipedia:Wikipedia's oldest articles"。ウィキペディアにて2022年1月23日日曜日閲覧。
  31. ^ Andrew Lih 著The Wikipedia Revolution



世界初

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 18:11 UTC 版)

葛西臨海水族園」の記事における「世界初」解説

2013年2月12日、ジャノメコオリウオ(オセレイテッド アイスフィッシュ・コオリウオ科・ノトテニア亜目・Chionodraco rastrospinosus)が世界で初めて飼育下で産卵した。卵は直径4.5ミリ程度で約500個あった。卵が孵化する時期不明で「ほかの南極に住むと同じ程度であれば半年後」と水族館推測した。ジャノメコオリウオの生体展示も世界初である。

※この「世界初」の解説は、「葛西臨海水族園」の解説の一部です。
「世界初」を含む「葛西臨海水族園」の記事については、「葛西臨海水族園」の概要を参照ください。


世界初

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 07:26 UTC 版)

女性参政権」の記事における「世界初」解説

世界初の恒常的な女性の参政権は、1869年アメリカ合衆国ワイオミング州実現した(ただし選挙権のみ)。 1871年フランスパリ・コミューン短期間ながら女性参政権実現された。 被選挙権を含む参政権の実現は、1894年オーストラリア南オーストラリア州が世界初である。

※この「世界初」の解説は、「女性参政権」の解説の一部です。
「世界初」を含む「女性参政権」の記事については、「女性参政権」の概要を参照ください。


世界初

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/10 13:54 UTC 版)

ローヤルクラウン・コーラ」の記事における「世界初」解説

世界初の缶飲料、世界初の16オンスボトル、世界初のカフェインフリーコーラなど時代先取りし「世界初」商品多く世に出しており、それらはインダストリアル・ファースツと呼ばれている。 中でも1961年発売したダイエット・ライト・コーラ(Diet Rite Cola)は、世界初のダイエットコーラとしてばかりでなく、世界初のおいしいダイエット飲料として売り出され発売1年半消費量全米第4位にランクインするほどの好成績残し同業他社ダイエットコーラ進出する切っ掛けとなった。ダイエット・ライト・コーラは1983年にカフェイン・ナトリウム・砂糖全部抜いたものになり、現在[いつ?]でも好評博している

※この「世界初」の解説は、「ローヤルクラウン・コーラ」の解説の一部です。
「世界初」を含む「ローヤルクラウン・コーラ」の記事については、「ローヤルクラウン・コーラ」の概要を参照ください。


世界初

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/13 23:51 UTC 版)

ウィキペディアタウン」の記事における「世界初」解説

世界初のウィキペディアタウンは、2012年のイギリス・ウェールズにある人口9,000人弱のモンマスという町とされ、町中無料Wi-Fi設置し博物館学校など1000カ所建造物展示物に、ウィキペディアへの検索が行えるQRコードがあり、これを用いて携帯電話スマートフォンなどでアクセスできるようになっているこの町ウィキペディアの編集者の提案始まり、「モンマスペディアという名のプロジェクトたちあがり町議会協力の元、ボランティア新たに500目の記事執筆しまた、QRコードプレートシール各所に取り付けるなど、6か月かけて準備をしたという。 これについて、ウィキペディア運営するWikimedia財団は、「紙のガイドブック地図情報古くなってしまうが、Wikipedia記事は常にアップデートされている点がエキサイティングだ」〔ママ〕としている。

※この「世界初」の解説は、「ウィキペディアタウン」の解説の一部です。
「世界初」を含む「ウィキペディアタウン」の記事については、「ウィキペディアタウン」の概要を参照ください。


世界初

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 06:18 UTC 版)

NLS」の記事における「世界初」解説

NLSあらゆる機能は、エンゲルバートの「集団による知的作業強化」という目標に沿ったもので、単にシステム使いやすくするのではなくユーザー知的作業強化することに集中していた。従っ以下に示す機能群は、エンゲルバート後に WYSIAYG (What You See Is All You Get) パラダイム称したものというよりも、熟練したユーザー駆使できる可能性持った完全対話型パラダイムサポートするのだった。 コンピュータマウス 2次元ディスプレイ編集 ファイル内オブジェクトアドレッシング、リンク ハイパーメディア アウトライン処理 柔軟なビュー制御 マルチウィンドウ ファイルまたいだ編集 ハイパーメディア使った電子メール ハイパーメディア出版 文書の版管理 画面共有型会議システム コンピュータ支援会議 フォーマット・ディレクティブ 文脈依存ヘルプ 分散クライアント・サーバ・アーキテクチャ 一様なコマンド文法 汎用ユーザインタフェースのためのフロントエンド・モジュール 複数ツール統合 文法駆動コマンド言語インタプリタ 仮想端末プロトコル RPCプロトコル 互換「コマンドメタ言語それらの世界初の多くスタッフ発明である。説明されなければ私が理解できないこともあった。彼らはもっと評価されるべきである。 —Douglas Engelbart.

※この「世界初」の解説は、「NLS」の解説の一部です。
「世界初」を含む「NLS」の記事については、「NLS」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「世界初」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「世界初」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

世界初のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世界初のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界初の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの葛西臨海水族園 (改訂履歴)、女性参政権 (改訂履歴)、ローヤルクラウン・コーラ (改訂履歴)、ウィキペディアタウン (改訂履歴)、NLS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS