ワクチンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 医療 > ワクチン > ワクチンの意味・解説 

vaccine

別表記:バクシーン、ワクチン

「vaccine」とは・「vaccine」の意味

「vaccine」は、病気予防免疫力高めるために接種される物質を指す。ワクチンは、ウイルス細菌などの病原体弱めたり無力化したしたもので、体内入れることで免疫システム病原体対抗する能力獲得する具体的な例としては、インフルエンザワクチン麻疹ワクチン挙げられる

「vaccine」の発音・読み方

「vaccine」の発音は、/væksíːn/バクシーン)となる。日本語では「ワクチン」と読む。

「vaccine」の語源・由来

「vaccine」の語源は、ラテン語の「vacca」(牛)という言葉から来ている。これは、最初のワクチンが牛痘ウイルス用いて作られたことに由来するエドワード・ジェンナー1800年牛痘ウイルス用いて天然痘予防接種行ったことが、ワクチンの歴史始まりである。

「vaccine」の類語

「vaccine」の類語には、「immunization」(免疫化)や「inoculation」(接種)などがある。これらの言葉は、ワクチン接種によって免疫力高めることを意味する

「vaccine」と「vaccination」の違い

「vaccine」と「vaccination」は、両者ともワクチンに関連する言葉であるが、意味は異なる。「vaccine」はワクチンそのものを指すのに対し、「vaccination」はワクチンを接種する行為プロセスを指す。

「vaccine」を含む用語・関連する用語

「vaccines」とは

「vaccines」は、「vaccine」の複数形であり、複数のワクチンを指す。

「vaccine certificate」とは

「vaccine certificate」は、ワクチン接種証明する書類のことである。これにより、接種者はワクチン接種記録持ち歩くことができる。

「vaccine impact factor」とは

「vaccine impact factor」は、ワクチンの効果影響評価する指標である。これにより、ワクチンの有効性安全性定量的評価することができる。

「vaccine passport」とは

vaccine passport」は、ワクチン接種の証明書を持っていることで、国際的な旅行イベントへの参加容易になる仕組みである。これにより、感染症拡大を防ぐことができる。

「vaccines impact factor」とは

「vaccines impact factor」は、「vaccine impact factor」と同様に複数ワクチンの効果影響評価する指標である。

「vaccine」の使い方・例文

1. The flu vaccine is recommended for everyone over the age of six months.(インフルエンザワクチンは、6か月上のすべての人に推奨されている。)
2. The development of a new vaccine can take several years.(新しワクチンの開発には数年かかることがある。)
3. The government has launched a nationwide vaccination campaign.(政府全国的なワクチン接種キャンペーン開始した。)
4. The vaccine has been proven to be safe and effective in clinical trials.(ワクチンは臨床試験安全性有効性証明されている。)
5. Some vaccines require booster shots to maintain immunity.(一部のワクチンは、免疫力維持するためにブースターショットが必要である。)
6. The vaccine is administered through an injection.(ワクチンは注射によって投与される。)
7. The vaccine was developed using cutting-edge technology.(ワクチンは最先端技術用いて開発された。)
8. The vaccine is expected to be available to the public soon.(ワクチンは近いうちに一般に利用可能になると予想されている。)
9. The vaccine has been approved by the regulatory authorities.(ワクチンは規制当局によって承認されている。)
10. The vaccine provides protection against several strains of the virus.(ワクチンはウイルスの複数対す保護提供する。)

ワクチン【vaccine】

読み方:わくちん

牝牛の意のラテン語由来し牛痘の意》生体免疫をつくらせて感染症予防するために用いられる抗原病原体あるいは細菌毒素毒性弱める失わせるかし、抗原性だけ残したもの不活化または死菌ワクチン・生ワクチン・トキソイドなどがある。ジェンナー痘瘡(とうそう)の予防牛痘用いたことに始まる。

ワクチンプログラム」「ワクチンソフト」の略。


ワクチン

英訳・(英)同義/類義語:vaccine

不活性化もしくは無毒化したウイルス病原菌で、これを接種することにより病原体対す免疫をあらかじめ成立させておくことで病気かからないか、症状軽くできる。天然痘ウイルスワクシニアウイルス)が最初の例。

予防接種(ワクチン) (よぼうせっしゅ(わくちん))

感染症原因となるウイルス細菌増殖力弱くしたり(弱毒ワクチン)、まったく増殖できないように(不活化ワクチンしたもの。ワクチンを体内注入する(予防接種)ことで、体内抗体免疫)をつくり、その感染症にかかりにくくします。
link_out.png参考:予防接種と感染症

予防接種(ワクチン) (よぼうせっしゅ(わくちん))

感染症原因となる病原体の毒力を弱めたり薬物殺したり(不活化)、病原体毒素一部精製するなどして予防接種液(ワクチン)をつくり、それを体に接種して、その病気対す抵抗力(免疫)をつくることを予防接種といいます。 予防接種で使うワクチンには、生ワクチン不活化ワクチン2種類あります
link_out.png参考:予防接種と感染症

ワクチン

Vaccine

【概要】 病原体そのものではなく病原体似たもの与えて抵抗力(=免疫力)を導く方法。つまり病原体中和する能力(=抗体)を作らせたり、細胞との結合阻止したり、病原体処理する細胞を作らせたり(=細胞性免疫)する。個体免疫能力依存している。  

分類(1)不活化ワクチン病原体処理して感染性なくしたもの。(2)弱毒ワクチン病原性が非常に弱い生きた病原体を使うもの。(3)部分ワクチン:病原体構造一部だけを人工的に作らせたもの。  

HIVワクチン難しさHIV遺伝子全部解明されているのでその一部変えることはできる。ところがHIV変異がよく起こるので、感染予防ワクチンの開発にはなかなか成功しない。むしろ感染者発病遅らせるワクチンの成功報告されている。いずれにしても広く使用できるうになるのは、10年近く先になると言われている。

《参照》 予防抗原抗体細胞性免疫HIVワクチン肺炎球菌ワクチン変異


ワクチン

生体持っている免疫」のシステム利用して、あらかじめさまざまな感染症対する「免疫力」を作らせて予防することを目的とした医薬品のことです。 使われるのは、ウイルス細菌病原体)や毒素毒性弱めたり失わせたりしたもので、人為的に接種することで発病することなく生体免疫反応記憶を残すことが可能です。そのため、その病原体侵入した時に免疫による防衛反応働き発病せずにすみます。ワクチンをあらかじめ接種することを予防接種いいます。ワクチンは次の3種類に大きく分かれます
1.生ワクチン弱毒ワクチン病原体毒性の弱いものを生きたまま使うワクチンです。一度投与するとほぼ一生
果を持続するものもあります
2.不活化ワクチン死菌ワクチン病原体を熱、紫外線薬剤などで、死滅させて毒性無くした製剤です。ある程度
期間を過ぎると効果無くなってしまうので、基本的に追加接種が必要です。
3.トキソイド変性毒素
病原体作り出す毒素ホルマリンなどで処理し抗原性免疫作用引き起こす能力)を失わせずに毒性減少させたものです。

ワクチン [Vaccine]

 生体接種し微生物による病気を起こさせなくする物質製剤をいう。殺した病原微生物(死ワクチン)、病気起こす力を弱めた微生物(弱毒または生ワクチン)、毒性弱めた毒素等がワクチンとして用いられる結核BCG天然痘種痘は、生ワクチンの代表である。種痘200年前イギリス人ジェンナーによって作られた。ワクチンによる抵抗性は、ワクチンとして用いた物質にのみ特有に作用します。ハシカ掛かったヒトは、二度とハシカならないのはこのような仕組み免疫)が成立しているからです。

ワクチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/16 08:30 UTC 版)

ワクチン: Vakzin: vaccine)は、感染症の予防に用いる医薬品病原体から作られた無毒化あるいは弱毒化された抗原そのもの、または病原体を基にデザインされたmRNA[1][2][3]DNA遺伝子配列を化学合成したもの(遺伝子ワクチン)、もしくは遺伝子組換え技術によって大量発現されたタンパク質(遺伝子組換えワクチン)などを投与することで、体内の病原体に対する抗体産生を促し、感染症に対する免疫を獲得する。


  1. ^ 位髙 啓史「mRNA医薬・mRNAワクチンとは何か」『学術の動向』第26巻第10号、公益財団法人日本学術協力財団、2021年、10_38-10_43、doi:10.5363/tits.26.10_38 
  2. ^ 位髙 啓史、秋永 士朗、井上 貴雄「mRNA 医薬開発の世界的動向」『医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス』第50巻第5号、日本公定書協会、2019年、242-249頁。 
  3. ^ 吉田 徳幸、山下 拓真、山本 武範、大岡 伸通 et al.「mRNA医薬の評価の考え方 ─パネルディスカッションの論点─」『医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス』第54巻第4号、日本公定書協会、2023年、322-329頁。 
  4. ^ 「ワクチンと予防接種のすべて 見直されるその威力」p2 尾内一信・高橋元秀・田中慶司・三瀬勝利編著 金原出版 2019年10月15日改訂第3版第1刷発行
  5. ^ 「ワクチンと予防接種のすべて 見直されるその威力」p3 尾内一信・高橋元秀・田中慶司・三瀬勝利編著 金原出版 2019年10月15日改訂第3版第1刷発行
  6. ^ 「ワクチンと予防接種のすべて 見直されるその威力」p19 尾内一信・高橋元秀・田中慶司・三瀬勝利編著 金原出版 2019年10月15日改訂第3版第1刷発行
  7. ^ 「予防接種の現場で困らない まるわかりワクチンQ&A」p70 中野貴司編著 日本医事新報社 2015年4月10日第1版
  8. ^ 「海外渡航のためのワクチン」 厚生労働省検疫所、2020年8月4日閲覧
  9. ^ 「医学の歴史」pp220-221 梶田昭 講談社 2003年9月10日第1刷
  10. ^ 「医学の歴史」pp219-220 梶田昭 講談社 2003年9月10日第1刷
  11. ^ 『医学の歴史』pp221 梶田昭 講談社 2003年9月10日第1刷
  12. ^ 「ワクチン学」p9 山内一也・三瀬勝利 岩波書店 2014年2月27日第1刷
  13. ^ 「医学の歴史」pp261-262 梶田昭 講談社 2003年9月10日第1刷
  14. ^ 「ワクチン学」p10-12 山内一也・三瀬勝利 岩波書店 2014年2月27日第1刷
  15. ^ a b 「2017年08月04日更新 予防接種についての10の事実(ファクトファイル)」 厚生労働省検疫所、2020年8月4日閲覧
  16. ^ 『人類と感染症の歴史 未知なる恐怖を越えて』p25 加藤茂孝 丸善出版 平成25年3月30日発行
  17. ^ 「世界地理大百科事典1 国際連合」p330 2000年2月1日初版第1刷 朝倉書店
  18. ^ 「ワクチン 基礎から臨床まで」p274 日本ワクチン学会編集 朝倉書店 2018年10月10日初版第1刷
  19. ^ a b c 「分かる 教えたくなる コロナワクチン開発」 日本経済新聞 2020年7月28日 2020年8月9日閲覧
  20. ^ 「イギリスで新型コロナウイルスのワクチン接種開始 米ファイザー製」 BBC、2020年12月8日、2020年12月31日閲覧
  21. ^ 「ワクチンと予防接種のすべて 見直されるその威力」p37 尾内一信・高橋元秀・田中慶司・三瀬勝利編著 金原出版 2019年10月15日改訂第3版第1刷発行
  22. ^ a b 「ワクチン 基礎から臨床まで」p238 日本ワクチン学会編集 朝倉書店 2018年10月10日初版第1刷
  23. ^ a b 「免疫不全患者に対して禁忌とされるワクチンの種類とステロイドがワクチン接種に与える影響」Web医事新報 No.4761 (2015年07月25日発行) P.64 日本医事新報社 2020年8月8日閲覧
  24. ^ ワクチンと感染では作られる抗体の質が異なることを発見』(プレスリリース)理化学研究所 東京理科大学、2021年7月15日https://www.riken.jp/press/2021/20210715_3/index.html2021年9月5日閲覧 
  25. ^ Yu Adachi、Keisuke Tonouchi、Taiki Yajima、Yasuyo Harada、Hidehiro Fukuyama、Senka Deno、Yoichiro Iwakura、Akihiko Yoshimura ほか「Influenza virus infection expands the breadth of antibody responses through IL-4 signalling in B cells」『情報知識学会誌』第3789巻第12号、2021年、doi:10.1038/s41467-021-24090-z 
  26. ^ 「ワクチン 基礎から臨床まで」p239 日本ワクチン学会編集 朝倉書店 2018年10月10日初版第1刷
  27. ^ インフルエンザワクチンについて 国立感染症研究所
  28. ^ 「ワクチンと予防接種のすべて 見直されるその威力」p38 尾内一信・高橋元秀・田中慶司・三瀬勝利編著 金原出版 2019年10月15日改訂第3版第1刷発行
  29. ^ 新型コロナウイルス感染症ワクチン候補MT-2766の日本における臨床試験の開始について』(プレスリリース)田辺三菱製薬株式会社、2021年9月30日https://www.mt-pharma.co.jp/news/2021/MTPC210930.html2021年10月1日閲覧 
  30. ^ 新型コロナウイルス感染症ワクチン候補MT-2766の日本における臨床試験の開始について』(プレスリリース)田辺三菱製薬株式会社、2021年9月30日https://www.mt-pharma.co.jp/news/2021/MTPC210930.html2021年10月1日閲覧 
  31. ^ 植物由来のコロナワクチンが最終治験に、まもなく実現か”. ナショナル ジオグラフィック (2021年7月9日). 2021年10月1日閲覧。
  32. ^ mRNA vaccine”. 米国立医学図書館 (NLM). 2021年1月9日閲覧。
  33. ^ Garde, Damian (2020年11月1日). “How nanotechnology helps mRNA Covid-19 vaccines work”. STAT. 2020年12月21日閲覧。
  34. ^ CDC (2020年2月11日). “COVID-19 and Your Health”. Centers for Disease Control and Prevention. 2020年12月21日閲覧。
  35. ^ Banks, Marcus A. (2020年7月16日). “What Are mRNA Vaccines, and Could They Work Against COVID-19?”. Smithsonian Magazine. 2020年12月21日閲覧。
  36. ^ Branswell, Helen (2020年12月19日). “FDA grants authorization to Moderna's Covid-19 vaccine”. STAT. 2020年12月21日閲覧。
  37. ^ Kim W, Liau LM (January 2010). “Dendritic cell vaccines for brain tumors”. Neurosurgery Clinics of North America 21 (1): 139–57. doi:10.1016/j.nec.2009.09.005. PMC 2810429. PMID 19944973. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2810429/. 
  38. ^ Anguille S, Smits EL, Lion E, van Tendeloo VF, Berneman ZN (June 2014). “Clinical use of dendritic cells for cancer therapy”. The Lancet. Oncology 15 (7): e257-67. doi:10.1016/S1470-2045(13)70585-0. PMID 24872109. 
  39. ^ McKenzie, David (2018年5月26日). “Fear and failure: How Ebola sparked a global health revolution”. CNN. https://edition.cnn.com/2018/05/26/health/ebola-outbreaks-west-africa-congo-revolution-mckenzie-intl/index.html 2018年5月26日閲覧。 
  40. ^ Meri S, Jördens M, Jarva H (December 2008). “Microbial complement inhibitors as vaccines”. Vaccine 26 Suppl 8: I113-7. doi:10.1016/j.vaccine.2008.11.058. PMID 19388175. 
  41. ^ Lowe (2008). “Plasmid DNA as Prophylactic and Therapeutic vaccines for Cancer and Infectious Diseases”. Plasmids: Current Research and Future Trends. Caister Academic Press. ISBN 978-1-904455-35-6. http://www.horizonpress.com/pla 
  42. ^ 「予防接種の現場で困らない まるわかりワクチンQ&A」p76-77 中野貴司編著 日本医事新報社 2015年4月10日第1版
  43. ^ a b 「ワクチンと予防接種のすべて 見直されるその威力」p205 尾内一信・高橋元秀・田中慶司・三瀬勝利編著 金原出版 2019年10月15日改訂第3版第1刷発行
  44. ^ 「予防接種の現場で困らない まるわかりワクチンQ&A」p30-31 中野貴司編著 日本医事新報社 2015年4月10日第1版
  45. ^ 「予防接種の現場で困らない まるわかりワクチンQ&A」p96-97 中野貴司編著 日本医事新報社 2015年4月10日第1版
  46. ^ a b c 「予防接種の現場で困らない まるわかりワクチンQ&A」p31-32 中野貴司編著 日本医事新報社 2015年4月10日第1版
  47. ^ a b Orbach H, Agmon-Levin N, Zandman-Goddard G (February 2010). “Vaccines and autoimmune diseases of the adult”. Discov Med 9 (45): 90–7. PMID 20193633. http://www.discoverymedicine.com/Hedi-Orbach/2010/02/04/vaccines-and-autoimmune-diseases-of-the-adult/. 
  48. ^ 土井脩「MMRワクチン副作用問題」(pdf)『医薬品レギュラトリーサイエンス』第42巻第12号、2011年、1070-1071頁。 
  49. ^ Taylor LE, Swerdfeger AL, Eslick GD. Vaccines are not associated with autism: An evidence-based meta-analysis of case-control and cohort studies. Vaccine. 2014 May 6.PMID:24814559
  50. ^ 「研究開発の流れ」一般財団法人 阪大微生物病研究会(BIKEN財団) 2020年8月10日閲覧
  51. ^ 「ワクチンと予防接種のすべて 見直されるその威力」p30-31 尾内一信・高橋元秀・田中慶司・三瀬勝利編著 金原出版 2019年10月15日改訂第3版第1刷発行
  52. ^ 「研究開発の流れ」 一般財団法人 阪大微生物病研究会(BIKEN財団)2020年8月8日閲覧
  53. ^ 「ワクチンと予防接種のすべて 見直されるその威力」p30 尾内一信・高橋元秀・田中慶司・三瀬勝利編著 金原出版 2019年10月15日改訂第3版第1刷発行
  54. ^ 新型コロナウイルスのワクチン開発-製薬大手が消極的な理由”. スイスインフォ (2020年3月10日). 2020年4月18日閲覧。
  55. ^ 『医学の歴史』p301 梶田昭 講談社 2003年9月10日第1刷
  56. ^ 「ワクチン 基礎から臨床まで」p4 日本ワクチン学会編集 朝倉書店 2018年10月10日初版第1刷
  57. ^ 高橋真理子 (2014年11月21日). “常識破りの連続だったインフルワクチン報道”. 朝日新聞. http://webronza.asahi.com/science/articles/2014112200024.html 2018年4月10日閲覧。 
  58. ^ 堀勝洋「社会保障法判例 - 児童の障害が種痘に起因すると認められ、予防接種法による障害児養育年金の不支給決定が取り消された事例」(pdf)『季刊社会保障研究』第17巻第4号、1982年9月、469-474頁。 
  59. ^ a b c d 真由子, 豊田 (2021年2月6日). “なぜ、日本は「ワクチン後進国」なのか?豊田真由子が思う「理由」と「背景」”. まいどなニュース. https://web.archive.org/web/20210207210603/https://this.kiji.is/730678189629652992 
  60. ^ 「ワクチンと予防接種のすべて 見直されるその威力」p34 尾内一信・高橋元秀・田中慶司・三瀬勝利編著 金原出版 2019年10月15日改訂第3版第1刷発行
  61. ^ 「ワクチンはお金がかかる?!」 KNOW・VPD NPO法人VPDを知って、子どもを守ろうの会 2020年8月10日閲覧
  62. ^ 「ワクチン後進国」と呼ばれた日本...その背景には”過去最悪”と言われた『ジフテリア』など度重なる接種事故の歴史 よんチャンTV | MBS
  63. ^ 「予防接種の現場で困らない まるわかりワクチンQ&A」p2-3 中野貴司編著 日本医事新報社 2015年4月10日第1版
  64. ^ 「旅と病の歴史地図 麻疹ワクチン接種 「本当に必要な世代」に」 毎日新聞 2018年5月25日、2020年8月4日閲覧
  65. ^ 国内で販売されているワクチン等と取り扱い会社 | ワクチン・予防接種に関わるご質問 一般社団法人日本ワクチン産業協会
  66. ^ a b 「新型インフルエンザ(A/H1N1)対策総括会議 報告書」2010年6月10日
  67. ^ 評定の基本的考え|疑似科学|Gijika.com”. gijika.com. 2020年6月23日閲覧。
  68. ^ 山本輝太郎,石川幹人「ワクチン有害説を科学的に評価する」『ファルマシア』第55巻第11号、The Pharmaceutical Society of Japan、2019年、1024-1028頁、doi:10.14894/faruawpsj.55.11_1024 
  69. ^ Nobel Prize winner tries to explain why dumb parents don't vaccinate their kidsJ. Chung, Gothamist, 8 Feb 2015
  70. ^ 岩城喜之 (2018年2月25日). “ワクチンの危険性指摘、ノーベル賞受賞者モンタニエ氏”. View Point. 2018年4月10日閲覧。
  71. ^ 清野透、、(構成)飯塚りえ「進化した次世代ワクチンへの期待と可能性:シリーズ がんから身をまもる 第1回 子宮頸がん」(pdf)『ヘルシスト』第223号、2014年1月、20-23頁。 
  72. ^ Anna Masera (2017年7月11日). “Sulla protesta contro i vaccini obbligatori” (イタリア語). La Stampa. http://www.lastampa.it/2017/07/11/cultura/opinioni/public-editor/sulla-protesta-contro-i-vaccini-obbligatori-qq8FmLpab1teOCbmNXGbeI/pagina.html 2018年4月20日閲覧。 
  73. ^ イタリア、予防接種を就学の条件に”. AFPBB News (2017年5月20日). 2018年4月24日閲覧。



ワクチン

出典:『Wiktionary』 (2021/11/16 17:15 UTC 版)

語源

ドイツ語 Vakzin からの借用語

発音

名詞

ワクチン

  1. (免疫学) 感染症予防目的用いられる毒性弱めた、または無くし病原体から作られた抗原

翻訳


「ワクチン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ワクチンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ワクチン」の関連用語

ワクチンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ワクチンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2024 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
赤ちゃん&子育てインフォ赤ちゃん&子育てインフォ
Copyright©2024 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2024, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2024 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2024 Food Safety Commission. All Right Reserved.
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2024 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワクチン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのワクチン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS