発病とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > > 発病の意味・解説 

はつ‐びょう〔‐ビヤウ〕【発病】

読み方:はつびょう

[名](スル)病気起こること。病気になること。「過労がもとで—する」「—率」


発病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 03:37 UTC 版)

山口雄也 (闘病記著者)」の記事における「発病」の解説

1997年平成9年10月18日京都府京都市左京区生まれる。3歳からピアノ習い始めたほか、小学3年生から陸上競技を始め高校3年の夏まで9年続けた2013年平成25年)に京都市立堀川高等学校入学し2016年平成28年4月京都大学工学部地球工学科進学この年秋に風邪こじらせて肺炎発症し精密検査受けたところ、縦隔胚細胞腫瘍という、数十万人一人割合発生する稀少な癌であることが判明。癌の告知から8日後の12月8日京都大学医学部附属病院入院。このとき、ブログ或る闘病記」を開設している。 2017年平成29年3月10時を超える手術により腫瘍除去し大学復学した。しかし退院後になって、「どうせ再発するのになんで生きているんだろう」「みんな、死ぬときにだけ寄ってくるんやな」といった無気力感襲われたといい、学業にも身が入らなくなったために、単位大量に落としている。 2018年平成30年6月28日定期検診のため京都大学医学部附属病院行ったところ急性リンパ性白血病との診断を受け、即時入院となる。このとき、すぐには涙も流せないよう強烈な混乱4日苦しんだが、再度入院生活となり、知人ネット上から多くのメッセージ寄せられるうになると、再び「生きなくちゃ」と思えるようになったという。その後骨髄バンク適合するドナー見つかり10月17日移植手術を受け、一時退院した

※この「発病」の解説は、「山口雄也 (闘病記著者)」の解説の一部です。
「発病」を含む「山口雄也 (闘病記著者)」の記事については、「山口雄也 (闘病記著者)」の概要を参照ください。


発病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/22 02:20 UTC 版)

能一実」の記事における「発病」の解説

1988年突如厚生労働省指定をする特定疾患のひとつである難治性消化器疾患クローン病患う。 この病は1988年当時約5,000件の医療受給者交付数であり、2004年現在の約23,000件と増加傾向にある医療受給者交付に比べると、当時は症例少なく原因不明炎症性腸疾患であった。この病気は特に食事と運動において厳しい制限があり、1989年地元花月園競輪場開催され日本選手権競輪で姿を見せた後は長期休養強いられ関係者から選手生命危機と囁かれた。

※この「発病」の解説は、「能一実」の解説の一部です。
「発病」を含む「能一実」の記事については、「能一実」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「発病」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

発病

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 08:14 UTC 版)

名詞

はつびょう

  1. 病気罹ること。

動詞

活用

サ行変格活用
発病-する

「発病」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



発病と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

発病のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



発病のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの山口雄也 (闘病記著者) (改訂履歴)、能一実 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの発病 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS