陸上競技とは?

陸上競技

一般の陸上競技に準じて行われているが、障害考慮して実施種目競技規則用具などを一部変更している。こん棒投げなど特別に考案された種目行われている。
車いす使用者競走競技では、「レーサー」と呼ばれる軽量(約5キロ~8キロ)かつ空気抵抗低減配慮したフレーム形状専用車いす使用する場合が多い。
また下肢切断選手では、スポーツ用に開発された義足装着して競技を行う選手も多い。
視覚障害選手場合は、ガイドランナー(伴走者とともに走ったり、フィールド競技においてはコーラー(手たたきなどの音源選手のために出す人)による方向指示得て跳躍投てき認められているなど、障害種類程度に応じた工夫がなされている。
選手障害種類程度運動機能によってクラス分けがなされ、クラスごとに勝敗決するようにしている。

陸上競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/22 08:45 UTC 版)

陸上競技(りくじょうきょうぎ、英語: athletics)は、主に野外競技場のトラックやフィールドあるいは道路で行われる、走る跳ぶ投げるの3基本技を中心とする競技総称[1]。単に陸上(りくじょう)と呼ぶことも多い。




  1. ^ なお、現代の「陸上」とは分類が異なるが、当時は(屋外で)他にも戦車競走、レスリング、ボクシング(拳闘)、パンクラティオンも行われた。
  1. ^ a b 大辞泉
  2. ^ 「スポーツの文化史 古代オリンピックから21世紀まで」p29 ヴォルフガング・べーリンガー 髙木葉子訳 法政大学出版局 2019年3月25日初版第1刷
  3. ^ 「図説 人類の歴史 別巻 古代の科学と技術 世界を創った70の大発明」p207 ブライアン・M・フェイガン編 西秋良宏監訳 朝倉書店 2012年5月30日初版第1刷
  4. ^ 「スポーツの文化史 古代オリンピックから21世紀まで」p41-42 ヴォルフガング・べーリンガー 髙木葉子訳 法政大学出版局 2019年3月25日初版第1刷
  5. ^ https://www.joc.or.jp/sp/column/olympic/history/002.html 「近代オリンピックの始まり」公益財団法人日本オリンピック委員会 2020年4月4日閲覧
  6. ^ 「スポーツの世界地図」p86 Alan Tomlinson著 阿部生雄・寺島善一・森川貞夫監訳 丸善出版 平成24年5月30日
  7. ^ https://www.jp.tdk.com/athletic/wca_tdk/ 「世界陸上競技選手権大会とTDK」TDK株式会社 2020年4月4日閲覧
  8. ^ 「スポーツの世界地図」p97 Alan Tomlinson著 阿部生雄・寺島善一・森川貞夫監訳 丸善出版 平成24年5月30日
  9. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/2677080?cx_part=search 「2009年、世界を再び熱くさせたボルト」AFPBB 2009年12月22日 2020年4月4日閲覧
  10. ^ 「スポーツの世界地図」p86 Alan Tomlinson著 阿部生雄・寺島善一・森川貞夫監訳 丸善出版 平成24年5月30日
  11. ^ 「スポーツの世界地図」p69 Alan Tomlinson著 阿部生雄・寺島善一・森川貞夫監訳 丸善出版 平成24年5月30日
  12. ^ https://www.marathon.tokyo/about/founders-history/ 「大会の沿革」TOKYO MARATHON 2020 2020年4月4日閲覧
  13. ^ 岡尾惠市『陸上競技のルーツをさぐる』 文理閣 1996年 p.6
  14. ^ a b 中村敏雄『スポーツルールの社会学』朝日新聞社〈朝日選書〉1991年、ISBN 402259523X pp.32-50.
  15. ^ a b 長谷川 2013, pp. 59-60.
  16. ^ 長谷川 2013, p. 59.
  17. ^ a b 長谷川 2013, p. 60.
  18. ^ 長谷川 2013, pp. 60-61.
  19. ^ 長谷川 2013, p. 61.
  20. ^ 長谷川 2013, pp. 61-62.
  21. ^ 長谷川 2013, pp. 41-47.
  22. ^ 長谷川 2013, pp. 112-128.
  23. ^ 長谷川 2013, p. 66.
  24. ^ 長谷川 2013, pp. 141-267.
  25. ^ a b c d e f g h 女子のみ
  26. ^ a b c d e f g h i j 男子のみ
  27. ^ 男子日本記録
  28. ^ 女子日本記録
  29. ^ 女子は7300点以上
  30. ^ a b トラック競技審判長 日本陸上競技連盟
  31. ^ 走り高跳及び棒高跳は前か後ろ片方だけでよい。
  32. ^ フライングしたら即失格 国際陸連が新ルール導入へ - 朝日新聞
  33. ^ https://www.jaaf.or.jp/pdf/about/rule/1918.pdf 「陸上競技ルールブック2019」p371 日本陸上競技連盟 2019年11月4日閲覧
  34. ^ https://www.jaaf.or.jp/athlete/rule/handbook_pdf/02.pdf 「公認競技会」日本陸上競技連盟 2019年11月4日閲覧
  35. ^ 「スポーツの世界地図」p94 Alan Tomlinson著 阿部生雄・寺島善一・森川貞夫監訳 丸善出版 平成24年5月30日
  36. ^ 「スポーツの世界地図」p86 Alan Tomlinson著 阿部生雄・寺島善一・森川貞夫監訳 丸善出版 平成24年5月30日
  37. ^ 「スポーツの世界地図」p95 Alan Tomlinson著 阿部生雄・寺島善一・森川貞夫監訳 丸善出版 平成24年5月30日
  38. ^ https://www.jaaf.or.jp/news/article/13372/ 「IAAF組織名称変更に関するお知らせ」日本陸上競技連盟 2019年11月22日 2020年4月3日閲覧
  39. ^ IAAF National Member Federations Archived 2009-09-03 at the Wayback Machine.. IAAF. Retrieved on 26 March 2010.
  40. ^ 「スポーツの世界地図」p95 Alan Tomlinson著 阿部生雄・寺島善一・森川貞夫監訳 丸善出版 平成24年5月30日


「陸上競技」の続きの解説一覧

陸上競技

出典:『Wiktionary』 (2019/07/24 20:22 UTC 版)

名詞

陸上 競技りくじょうきょうぎ

  1. 競技場トラックフィールドあるいは公道で、自力のみまたは定められた道具を使って行う、走行または歩行跳躍投擲による競技総称

関連語

翻訳




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「陸上競技」の関連用語

陸上競技のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



陸上競技のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2020 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
財団法人日本障害者スポーツ協会財団法人日本障害者スポーツ協会
Copy Rights : 2020 JSAD All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの陸上競技 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの陸上競技 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS