走行とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > > 走行 > 走行の意味・解説 

そう‐こう〔‐カウ〕【走行】

読み方:そうこう

[名](スル)自動車などが走ること。「時速三〇キロで—する」「—距離」

線状生体組織連なり。またその向き筋肉筋線維)、血管神経線維などについていう。「筋肉の—に沿う


走る

(走行 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/22 02:00 UTC 版)

走る(はしる、奔る、趨る)とは、足(脚)をすばやく動かして前に移動すること[1]。人間は二足歩行をするとき、左右の足で交互に地面を(斜め後ろ方向へ)蹴ることで前方への推進力を得るが、両足が同時に地面に接する瞬間が無いような移動のしかたを「走る」と言う[2]。あるいは両足が同時に地面から離れる瞬間がある方法のほうを「走る」と言い、常にどちらかの足が地面についているように脚を交互に動かす移動方法のほうは歩くという(そして「歩く」のほうは、しばしば両足が同時についている瞬間もある移動法となっている)。


  1. ^ 『大辞泉』、走る
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『日本大百科全書』(ニッポニカ)、走る
  3. ^ Trust Us, Upper-Body Strength Sessions Are More Important Than You May Think” (英語). Runner's World (2021年3月5日). 2022年12月10日閲覧。
  4. ^ 人体600万年史(上):科学が明かす進化・健康・疾病 著:ダニエル・E・ リーバーマン 、翻訳:塩原 通緒
  5. ^ ランナーズハイは進化の適応”. natgeo.nikkeibp.co.jp. 2022年12月30日閲覧。
  6. ^ 堀内勝「動物の走りとリズム性」『民族とリズム』、東京書籍、1990年、ISBN 4487752582 pp.83-91


「走る」の続きの解説一覧

走行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/05/25 06:05 UTC 版)

深腓骨神経」の記事における「走行」の解説

腓骨頭回って下腿前面出てきた総腓骨神経から分岐し、前脛骨動脈と伴行しながら下腿前面下行する。走行中に下腿伸筋群筋枝出したのち、背側神経になる。

※この「走行」の解説は、「深腓骨神経」の解説の一部です。
「走行」を含む「深腓骨神経」の記事については、「深腓骨神経」の概要を参照ください。


走行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/30 13:40 UTC 版)

上大静脈」の記事における「走行」の解説

上大静脈は、上肢や首や頭から血液集めている右と左腕頭静脈合流してできる。また右心房に入る直前に、胸郭からの血液集めている奇静脈心臓の上側右前方から合流している。 上大静脈腕頭静脈には右心房に至るまで弁がないので、右の心房収縮心室収縮内頚静脈まで伝わる。この拍動頚静脈圧といい、胸鎖乳突筋通して観測することができる。三尖弁逆流が起こるとこれがかなり強くなる

※この「走行」の解説は、「上大静脈」の解説の一部です。
「走行」を含む「上大静脈」の記事については、「上大静脈」の概要を参照ください。


走行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/10 22:38 UTC 版)

大内臓神経」の記事における「走行」の解説

大内臓神経は第6~第9胸神経節から出て交感神経幹素通りし交感神経幹内側脊柱沿って下降し横隔膜貫いて腹腔達する。このうち一部腹腔神経叢一部は腎神経叢入りここにある前神経節でニューロン乗り換え腹部臓器分布する。なお第1011神経節から出るものは小内神経呼ばれる。これらは、腹腔神経叢において椎体前面・横隔膜脚・大動脈によって囲まれる空間分布している。

※この「走行」の解説は、「大内臓神経」の解説の一部です。
「走行」を含む「大内臓神経」の記事については、「大内臓神経」の概要を参照ください。


走行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/30 20:20 UTC 版)

ストライダ」の記事における「走行」の解説

小径タイヤを履いている為漕ぎ出しが軽い。坂が少なく信号が多い市街地を走るのに向いている。変速機構備わっていないモデル坂道は苦手である。3シリーズ以前のモデルは、搭乗者体重によっては、急勾配の上り坂はベルトが歯飛びして登れない場合がある。5シリーズ等、新しいモデルベルトの歯飛び防止用のベアリングがリアプーリー付近に付いておりこの問題解消したハンドルの軸とフロントタイヤの軸がずれている事から操縦感覚特異なものになっており安全に走行する為にある程度練習が必要。時速は20km/h弱で走るのが一般的

※この「走行」の解説は、「ストライダ」の解説の一部です。
「走行」を含む「ストライダ」の記事については、「ストライダ」の概要を参照ください。


走行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 07:56 UTC 版)

A-bike」の記事における「走行」の解説

時速10キロメートル程度であれば容易に出すことができ、「人が走る速度〜歩くよりやや速い速度」が常用速度となる。 タイヤが6インチという極めて小さい径であることから振動吸収性悪く段差乗越などの走破性は悪い。ホイルベースも短いことから安定性良いとは言えない。これらは折り畳み小型・軽量というA-bike特性から来るものである操縦感覚はこれらの特性から一般自転車とやや異なるものであり、自在かつ安全に走行するにはある程度練習が必要である。

※この「走行」の解説は、「A-bike」の解説の一部です。
「走行」を含む「A-bike」の記事については、「A-bike」の概要を参照ください。


走行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/25 06:18 UTC 版)

上甲状腺動脈」の記事における「走行」の解説

胸鎖乳突筋前縁の下で起こり頸動脈三角内部上前方に走る。ここでは、皮膚広頸筋筋膜にておおわれている。その後、下に向かい肩甲舌骨筋胸骨舌骨筋胸骨甲状筋下方を通る。 内側には、下咽頭収縮筋、上喉頭神経が走る。

※この「走行」の解説は、「上甲状腺動脈」の解説の一部です。
「走行」を含む「上甲状腺動脈」の記事については、「上甲状腺動脈」の概要を参照ください。


走行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 04:47 UTC 版)

外側腓腹皮神経」の記事における「走行」の解説

膝窩総腓骨神経から分かれ腓腹筋外側頭を乗り越えるように下方外側へと筋膜下を走行し腓腹筋中央付近筋膜から皮下出て皮膚分布する

※この「走行」の解説は、「外側腓腹皮神経」の解説の一部です。
「走行」を含む「外側腓腹皮神経」の記事については、「外側腓腹皮神経」の概要を参照ください。


走行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/04/29 04:59 UTC 版)

顔面横動脈」の記事における「走行」の解説

顔面横動脈浅側頭動脈から(時に外頸動脈内頸動脈から別れ耳下腺へと向かう。耳下腺貫き耳下腺管と頬骨弓下端の間で顔を横切り多く分かれ耳下腺耳下腺管、咬筋外皮栄養供給するまた、顔面動脈咬筋動脈頬動脈眼窩下動脈吻合する。 この血管は、咬筋の上にあり、顔面神経一本ないし二本とともに走行する

※この「走行」の解説は、「顔面横動脈」の解説の一部です。
「走行」を含む「顔面横動脈」の記事については、「顔面横動脈」の概要を参照ください。


走行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/12/31 08:43 UTC 版)

後下小脳動脈」の記事における「走行」の解説

PICA椎骨動脈から分岐する延髄上部表面背側にまわり、迷走神経および副神経交叉する。ここで延髄の背外側栄養する小さな穿通分岐する。この穿通栄養する領域下オリーブ核背側領域)には脊髄視床路三叉神経脊髄路、疑からの末梢神経迷走神経背側下小脳脚腹側および延髄由来交感神経線維などが通っている。さらに下小脳脚上を通って小脳下部表面達する。 内側外側があり、内側小脳半球間隙から背側進み第四脳室脈絡叢一部分栄養する。一方外側小脳虫部下位(特に虫部垂や虫部結節)や小脳扁桃、そして小脳半球下面分枝しながら栄養し、やがて(椎骨動脈からのもうひとつである)前下小脳動脈および脳底動脈からのである上小動脈吻合して終わる。

※この「走行」の解説は、「後下小脳動脈」の解説の一部です。
「走行」を含む「後下小脳動脈」の記事については、「後下小脳動脈」の概要を参照ください。


走行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/02/28 03:14 UTC 版)

下腹壁動脈」の記事における「走行」の解説

腸骨動脈から分岐し上内側に曲がって腹横筋膜と腹膜の間を腹直筋後面まで進み腹直筋鞘の中に入る。腹直筋腹直筋鞘の間をまっすぐ上行したのち、臍の上方で上腹動脈交通する精管女性では子宮円索)は下腹壁動脈の前外側越えて曲がる。

※この「走行」の解説は、「下腹壁動脈」の解説の一部です。
「走行」を含む「下腹壁動脈」の記事については、「下腹壁動脈」の概要を参照ください。


走行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/16 15:09 UTC 版)

浅側頭動脈」の記事における「走行」の解説

外頸動脈二つの終のうち、細い方が浅側頭動脈であり、外頸動脈から続いているように見える。 耳下腺内部起こり下顎骨下顎頸超えて側頭骨の頬骨突起後根超える。この過程終えて、およそ5cmの部位浅側頭動脈前頭枝浅側頭動脈頭頂枝二つ分かれる頬骨突起交差する際、前耳介筋筋膜おおわれている。顔面神経側頭頬骨および一つないし二つ静脈交差し耳介側頭神経とともに走行する内頸静脈である眼窩上動脈と特に吻合する

※この「走行」の解説は、「浅側頭動脈」の解説の一部です。
「走行」を含む「浅側頭動脈」の記事については、「浅側頭動脈」の概要を参照ください。


走行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/08 02:38 UTC 版)

椎骨動脈」の記事における「走行」の解説

左の椎骨動脈は左鎖骨下動脈に、右の椎骨動脈は右鎖骨下動脈由来し第六頚椎から第一頚椎にかけて存在する左右の横突孔内を下から上に貫通するこのような所を走行しているため、首を後ろ大きく曲げ姿勢を取ると、この動脈圧迫される結果、この動脈での血流悪くなり脳への血流不足したりすることもある。また、首を後屈させる姿勢長時間取り続けると、場合によっては動脈内に血栓生ずることもあり、その後、首を動かすなどして血流回復した時に、脳へと血栓飛んで最悪場合脳梗塞発生させることもある。第一頚椎の横突孔を出ると内側蛇行し硬膜突き破って脊髄腔内入りそのまま脊髄沿って大後頭孔から脳内後頭蓋窩)に入る。脳幹部に入ると左右それぞれ延髄の前外側を上行し、延髄境界の高さで左右合流して一本動脈脳底動脈”となる。

※この「走行」の解説は、「椎骨動脈」の解説の一部です。
「走行」を含む「椎骨動脈」の記事については、「椎骨動脈」の概要を参照ください。


走行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/12 09:05 UTC 版)

上行咽頭動脈」の記事における「走行」の解説

外頸動脈総頸動脈より別れた直後に、その後方より分岐するその後垂直に上昇し内頸動脈咽頭側面の間を通り頭蓋骨表面向かい頭長筋の上横たわる後頭動脈内頸動脈より分岐することもある。

※この「走行」の解説は、「上行咽頭動脈」の解説の一部です。
「走行」を含む「上行咽頭動脈」の記事については、「上行咽頭動脈」の概要を参照ください。


走行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/13 02:10 UTC 版)

スキッドステアローダー」の記事における「走行」の解説

4輪油圧駆動・無段変速だが、左右それぞれの前後2輪チェーンつながれており、デフ存在しない。よって、旋回時の操作車両動き油圧ショベルコンバインなどで見られるクローラーに近い。 車内に走行レバー左右2本あり(1本レバー仕様存在する)、左右タイヤそれぞれの前後進を操作する。 例として、左右とも前に回転させる前進、右だけ前進させると左に曲がる。 操舵機構を持つホイールローダーとは異なり左右回転方向互いに方向にすればタイヤスキッドさせながらその場旋回超信地旋回)させることができる。

※この「走行」の解説は、「スキッドステアローダー」の解説の一部です。
「走行」を含む「スキッドステアローダー」の記事については、「スキッドステアローダー」の概要を参照ください。


走行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/24 20:03 UTC 版)

鎖骨下静脈」の記事における「走行」の解説

左右鎖骨下静脈はともに腋窩静脈から連続してきており、第1肋骨外側縁に始まり前斜角筋内側縁に向かって走行する。そしてここで内頸静脈合流し腕頭静脈となる。この合流地点のかどは静脈角呼ばれている。 鎖骨下静脈鎖骨下動脈に伴行するが、前斜角筋によって両者隔てられており、静脈前部位置している。また、第1肋骨には前斜角筋停止部の隣で鎖骨下静脈が通るところに窪みがある。これは鎖骨下静脈溝呼ばれる鎖骨下静脈表皮近く屈曲少ないため、静脈穿刺高カロリー経静脈栄養中心静脈圧測定のためのカテーテル挿入中心静脈カテーテル)などに用いられている。

※この「走行」の解説は、「鎖骨下静脈」の解説の一部です。
「走行」を含む「鎖骨下静脈」の記事については、「鎖骨下静脈」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「走行」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

走行

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 05:13 UTC 版)

名詞

そうこう

  1. 自動車鉄道などの乗り物走ること。
  2. 人間動物が走ること。
  3. 脈管神経などの進み方。進む向き

翻訳

動詞

-するそうこう-する

  1. (自動詞)自動車鉄道などの乗り物が)走る
  2. (自動詞) 人間動物が走る。
  3. (自動詞) 脈管神経などが進む。通る。

活用

翻訳


「走行」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



走行と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「走行」の関連用語


2
90% |||||

3
オドメーター デジタル大辞泉
90% |||||

4
90% |||||

5
緩速 デジタル大辞泉
90% |||||




9
72% |||||


走行のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



走行のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの走る (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの深腓骨神経 (改訂履歴)、上大静脈 (改訂履歴)、大内臓神経 (改訂履歴)、ストライダ (改訂履歴)、A-bike (改訂履歴)、上甲状腺動脈 (改訂履歴)、外側腓腹皮神経 (改訂履歴)、顔面横動脈 (改訂履歴)、後下小脳動脈 (改訂履歴)、下腹壁動脈 (改訂履歴)、浅側頭動脈 (改訂履歴)、椎骨動脈 (改訂履歴)、上行咽頭動脈 (改訂履歴)、スキッドステアローダー (改訂履歴)、鎖骨下静脈 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの走行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS