戦車とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > > 車両 > 戦車の意味・解説 

せん しゃ [1] 【戦車】

兵士を乗せ、馬に引かせた戦闘用の車。古代中国ローマなどで用いられた。兵車


【戦車】(せんしゃ)

Tank.
装甲が施された車体機銃滑腔砲などの武装備え不整地を走行する能力をもった戦闘車両
時代によって設計思想異なるが、常に「武装備え対応防御意識して装甲化され、無限軌道で走る」という特徴を持つ。

タンク(Tank)」という名称は、英国で作られた世界初の戦車であるマーク1開発計画由来する。
スパイ計画意図察知されるのを防ぐため、戦車開発計画には真実異な秘匿名称が与えられた。
その秘匿名が「水槽供給(Tank Supply)」であり、これを縮めた「Tank」が戦車一般を意味する名詞として定着した。
なお、本来の開発名称は「陸上軍艦(Land Ship)」であったという。

現存する兵器の中で、「戦車」という軍事学上の概念沿う車両主力戦車のみである。
敵戦車との正面戦闘能力に不足がある場合突撃砲戦車駆逐車自走榴弾砲などと呼んで戦車とは区別される。
また、戦車の車体を別用途流用した場合も、性能要件を完全に満たさない場合は「戦車」に含まない

とはいえ報道などでは装甲を持つ軍用車両は何であろうと「戦車(Tank)」と呼ばれる可能性がある。
主力戦車」のみを指す事を明示したい場合素直に主力戦車」と表記すべきであろう

日本語場合、「軍用武装した船舶」は全て戦艦」で、軍用機全て戦闘機」、戦う車両全て「戦車」である。
軍事専門家発言著述としては問題のある表現だが、日本語として間違っているわけではない

近年では対戦車ミサイル発達著しく一時は戦車無用論も囁かれた。
しかし歩兵前線突破させるためには不可欠で、地域継続的制圧続け能力は他の兵科では代え難い
味方士気与え影響絶大であり、今もって「陸戦の王者」として君臨している。

関連騎馬戦車 施条砲 滑腔砲 成形炸薬弾 多目的対戦車榴弾 粘着榴弾 高速徹甲弾 装弾筒付徹甲弾 装弾筒付翼安定式徹甲弾 攻撃ヘリコプター ガンシップ 特車

略史

第一次世界大戦
世界初の戦車・マーク1登場
このころの戦車は、敵陣地の鉄条網機関銃塹壕などを突破するために用意された車両であった。
無限軌道塹壕踏破し、装甲で敵の銃弾砲弾に耐え、自ら応戦しつつ、歩兵部隊前進支援した。
1917年
フランスで「ルノーFT17」が完成
全周旋回する砲塔戦闘室と操縦室分離する構造などを史上初め採用し、現代戦車の原型となった。
第二次世界大戦
従来の戦車の定義と異なさまざまな装甲戦闘車両登場
これに伴い、「戦車」は敵陣突破歩兵支援加えて装甲車両を正面戦闘撃破可能な車両を指すようになった
冷戦期以降
戦車の分類整理統合され、戦車の役割がほぼ主力戦車統合される。

戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/21 20:29 UTC 版)

戦車(せんしゃ)は、戦線を突破することなどを目的とする高い戦闘力を持った装甲戦闘車両である。一般に攻撃力として敵戦車を破壊できる強力な火砲を搭載した旋回砲塔を装備し、防御力として大口径火砲をもってしても容易に破壊されない装甲を備え、履帯による高い不整地走破能力を持っている。




注釈

  1. ^ スウェーデンのStrv.103主力戦車は、大戦中の定義で言えば、明らかに対戦車自走砲のような車両であるが、その開発・運用目的・戦闘能力から、スウェーデン軍では主力戦車として配備されていた。また、陸上自衛隊が導入している16式機動戦闘車は装輪式でありながら戦車と運用方法が類似し、105mmという戦車砲並みの大口径砲を有することから、財務省はこれを戦車と定義し、戦車調達費の枠内に収めようとし、それに反対する防衛省と議論が続いている。
  2. ^ tankが登場する直前の辞書大日本国語辞典(大正4年8月発行) には「せんしゃ【戰車】 戦争に用ふる車。軍用の車。兵車」とある
  3. ^ 中国大陸では青銅器時代には戦車が主力兵器とみなされるほど重視されていたものの、時代が下ると歩兵と騎兵に地位を奪われて廃れていった。日本では山がちな地勢や大陸から伝わった鉄器や騎馬の技術によって戦車の時代を経ること無く歩兵と騎兵の時代に移行したため、ほとんど使われなかった
  4. ^ 大正11年「偕行社記事」4月号に掲載された「作戦上に於ける自動車の利用について」という論文に戦車の語が確認できるという。佐山二郎『機甲入門』光人社NF文庫、2002年。70ページ ISBN 4-7698-2362-2
  5. ^ 奥村恭平大尉(陸士21期・輜重、のち陸軍少将)が軍用自動車調査会の席上で「戦車」と呼称することを提案した
  6. ^ 兵器の制式名としてPanzerkampfwagenではなくPanzerだけで「戦車」を意味するようになったのが確認できるのは、IV号駆逐戦車の長砲身型であるIV号戦車/70 (Panzer IV/70) が最初である。
  7. ^ 現在のドイツ連邦軍のpanzerdivisionも装甲師団と訳されるのが通例である。日本語中の頻度を調べるサービス[1]で検索すると「装甲師団」31件、「機甲師団」22件に対して、「戦車師団」は5件。しかも内訳をみていくと装甲師団はドイツのPanzerDivisionのことを表してる用例ばかりなのに、戦車師団はいずれもドイツのそれではなく日本や韓国の戦車師団についての用例である(2014年の検索結果)
  8. ^ チャレンジャー1は55口径120mmライフル砲L11A5を装備。
  9. ^ 21世紀現在では、戦闘用装甲車輌であってもセンサー類やC4Iシステムといった多数の電子機器を常時稼動させる必要があり、停車時に主たるエンジンを停止する間の補助電源としてAPUを搭載する必要が生まれている。
  10. ^ フランスのルクレールでは12.7mm機関銃を、日本の90式戦車と米M1エイブラムスでは7.62mm機関銃を主砲と同軸に備えている。
  11. ^ M1戦車は砲塔を90度横に向けても、パワーパックがそのまま垂直には引き上げられず、斜めに傾ける作業が必要となっている。
  12. ^ Strv 103では増加燃料タンクを足回りを覆うように並べ、HEAT弾の威力を減衰させる装甲としての役割を兼ねさせた。これに対する射撃実験の映像でも確認できるように、当然HEAT弾によって燃料に着火してしまうが、着弾時に飛び散ったり空いた穴から地面に流れるため、そのまま走り抜けてしまえば車体が炎上することは無いようである。さらに同車は車体前面に柵型の対HEAT装甲を設けたが、これは後述する鳥籠装甲と同じ原理によるものである。
  13. ^ スェーデンではHEAT弾の爆発的な加熱ではディーゼル燃料に着火しないことが実射実験で確かめられている(現代戦車のテクノロジー)
  14. ^ コンタクト5FY-5など。
  15. ^ 川底が厚い泥であったり、特に急流であれば水中渡河は困難だと考えられる。
  16. ^ 兵器輸出入の実例を挙げれば、国内の企業が開発した車輌と他国の車輌とを比較検討した結果、他国製の輸入に決まる場合もあれば、逆にイランへの輸出用に開発したものの革命でキャンセルされ、開発企業救済のために本国イギリス陸軍に採用されたチャレンジャー1の例もある。一方で日本やイスラエルの様に、防衛上の方針や政治的制約からコスト面での不利を覚悟で輸出を行わずに国内での生産と運用に限定する国もある。また西側標準となったL7ライフル砲やラインメタル120mm滑腔砲のように、一部装備のみの輸出入やライセンス生産が行われる事も多い。
  17. ^ 戦車の性能は、開発国の工業力を推し量る指針となる。第二次世界大戦中、ドイツは同国ならではの優れた機械技術でティーガーパンターなどの強力な戦車を開発したが、あまりに複雑な構造故に生産性が非常に悪く、戦場でも稼働率が上げられずに当初見込んだ戦果を得る事が出来なかった。対するアメリカはM4シャーマン戦車のような単純な構造で生産性と信頼性、可用性の高い戦車の大量生産を行い、物量でドイツ軍戦車を圧倒する事で連合国の勝利に大きく貢献した。
  18. ^ 冷戦終結による「脅威の減少」とは、戦車同士が大規模に砲火を交える可能性が小さくなったという事を指す。
  19. ^ こういった発展途上国の陸軍向けの兵器販売としては、ソビエト時代などに輸出された世界中に多く存在する旧型戦車へのアップデートキットや中古戦車の輸出などが代表的である。
  20. ^ 先進国や発展地上国でも、近代化改修に似て非なるものに、旧式化した戦車の車体や走行装置などを自走砲や工兵戦闘車両のような派生車輌として活用することも以前からよく行われた。
  21. ^ 軽量化に伴い防護性能の低下は避けられず、あるものは装軌(キャタピラ)式を止めて装輪(タイヤ)式とすることで路外走行性能も低下するが、空輸性を含めた輸送の利便性と単一ファミリー化によるコスト低減を優先した設計が行われている。

出典

  1. ^ a b c 三野正洋 (1997). 戦車マニアの基礎知識. イカロス出版. 
  2. ^ 阿川弘之 『軍艦長門の生涯 上巻』 新潮社、1975年12月、28頁。 
  3. ^ 陸軍省臨時軍事調査委員 『欧洲交戦諸国ノ陸軍ニ就テ(増補再版)』 陸軍省、1916年6月、第九 欧州戦ニ於ケル兵器ノ趨勢 24頁http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1885847 
  4. ^ 扇広 (1982). 日本陸軍の戦車発達史 (1)、『戦車マガジン』1982年6月号. 株式会社戦車マガジン. pp. 88 - 89. 
  5. ^ 細見惟雄、重信吉固 『中隊教練ノ研究 歩兵操典草案 下巻』 陸軍歩兵学校将校集会所、1925年3月、附表第二http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/914145 
  6. ^ 陸軍歩兵学校准士官下士集会所編 『陸軍歩兵学校案内』 陸軍歩兵学校准士官下士集会所、1925年8月、六 戦車 19頁http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/964209 
  7. ^ 日本の陸軍、『Jグランド』vol.18. イカロス出版. (2008). pp. 41. JANコード 4910151760288. 
  8. ^ 네이버 국어사전 - 땅크”. NAVER国語辞典. NAVER. 2017年9月18日閲覧。
  9. ^ アーマーモデリング誌創刊号での、ドイツ人編集者の証言より
  10. ^ ピーター チェンバレン、クリス エリス. 世界の戦車 1915 - 1945 (初版 ed.). pp. 114. 
  11. ^ 高井三郎 『ゴランの激戦 第四次中東戦争』 原書房、1982年。ISBN 4-562-01250-1
  12. ^ Chaim Herzog (2009). The War of Atonement:The Inside Story of the Yom Kippur War. A GreenHill Book. ISBN 978-1-935149-13-2. ,P205.
  13. ^ 三菱重工|「Best Innovation 2010」
  14. ^ a b c 日本兵器研究会編『現代戦車のテクノロジー』アリアドネ企画 2001年5月10日第2刷発行 ISBN 4-384-02592-0
  15. ^ KADDB - Projects - Falcon Turret Archived 2008年2月6日, at the Wayback Machine. - 写真1 Archived 2011年9月20日, at the Wayback Machine. - 写真2 Archived 2012年5月21日, at the Wayback Machine. - 写真3 Archived 2011年10月25日, at the Wayback Machine.
  16. ^ Armed Robotic Vehicle (ARV) UGV Robotic Armored Assault System (RAAS)
  17. ^ PANZER誌 2007年1月号特集「第4世代MBTは実現するか?」
  18. ^ ストライクアンドタクティカルマガジン別冊「戦後の日本戦車」古是三春、一戸祟 カマド社
  19. ^ a b 高井三郎著『国土防衛と陸上作戦における戦車の役割(下)』軍事研究2008年10月号(株)ジャパン・ミリタリー・レビュー 2008年10月1日発行 ISSN 0533-6716
  20. ^ 上田信『戦車メカニズム図鑑』(グランプリ出版 1997年3月25日初版)
  21. ^ 林磐男. タンクテクノロジー (初版 ed.). pp. 52. 
  22. ^ 林磐男. タンクテクノロジー (初版 ed.). pp. 77. 
  23. ^ [2][リンク切れ]
  24. ^ 戦車の操縦に必要な免許とは? 戦車乗りの証、「大特車はカタピラ車に限る」の意味
  25. ^ 戦車の運転に必要な免許は? 自衛隊車両への素朴なギモン
  26. ^ 戦車の免許の取り方・一般人でも免許取得できるのか|自衛隊





戦車と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「戦車」の関連用語

戦車のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



戦車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの戦車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS