銃弾とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 武具 > 弾丸 > 銃弾の意味・解説 

じゅう‐だん【銃弾】

読み方:じゅうだん

銃の弾丸鉄砲のたま。


銃弾

作者T.S.ストリブリング

収載図書ポジオリ教授冒険
出版社河出書房新社
刊行年月2008.11
シリーズ名KAWADE MYSTERY


銃弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 09:16 UTC 版)

弾丸」の記事における「銃弾」の解説

一言で「銃弾」と言っても現代では一般に飛んでゆく「弾」はそれ単体で銃にこめられるではなく、「弾」を発射するための火薬類着火用の雷管などとともに薬莢」と呼ばれる一種の容器収められ一体化した形で事前に用意されている弾頭発射薬銃用雷管薬莢収められ一体化した状態を、「実包」や「弾薬」という。 弾頭材質構造はいくつかあり、たとえば広く用いられている「フルメタルジャケット」というタイプは、弾の中心部分(「弾」、英: core コア)は鉛合金であり、それを銅合金覆い(「被甲」、英: jacketジャケット)で覆った構造になっている現代の銃弾の分類法としては、弾頭構造形状・材質などにもとづいてフルメタルジャケット / ソフトポイント / ホローポイント...」などと分類されることが多い(詳細後述)。 一方散弾銃散弾では、実包円柱の形にまとめられ発射と同時に多数球状小さな弾丸が「ばらまかれ」るようにして、ばらばらの状態で飛んでゆく。 なお、銃弾を実際に発射することを「発砲はっぽう)」という。

※この「銃弾」の解説は、「弾丸」の解説の一部です。
「銃弾」を含む「弾丸」の記事については、「弾丸」の概要を参照ください。


銃弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 17:02 UTC 版)

メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -」の記事における「銃弾」の解説

外皮硬いモンスター得意で柔らかいモンスター不得意

※この「銃弾」の解説は、「メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -」の解説の一部です。
「銃弾」を含む「メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -」の記事については、「メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -」の概要を参照ください。


銃弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 01:18 UTC 版)

スペンサー銃」の記事における「銃弾」の解説

スペンサー銃オリジナルの銃弾(カートリッジ)は、本銃用に開発された.56-56スペンサーであった後世弾薬表し方異なり、56-56の最初の56薬莢後部リム直前部分)の直径2番目の56薬莢前部の直径を表す。実際の弾丸直径は0.52インチだった。カートリッジには45グレイン(2.9g)の黒色火薬充填されていた。 カートリッジには.56-52、.56-50もあり、.56-46のバージョンさえ少数作られた。それらはオリジナルの56-56よりも口径小さくしたネックダウンバージョンであったカートリッジ長さは、管状弾倉機関部制約のため、約1.75インチ制限された。 時間が経つと、オリジナルの.56-56以上に威力射程を増すために、より小さい直径、より軽い弾丸、より多い装薬量が求められそうしたカートリッジ作られた。それらは当時口径0.58インチライフルマスケットおおよそ同じくらい強力であったが、.45-70と.50-70ガバメント弾のような他の初期の実包規格と比べて威力不足だった

※この「銃弾」の解説は、「スペンサー銃」の解説の一部です。
「銃弾」を含む「スペンサー銃」の記事については、「スペンサー銃」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「銃弾」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

銃弾

出典:『Wiktionary』 (2021/08/28 14:25 UTC 版)

名詞

 じゅうだん

  1. 小銃弾丸鉄砲のたま[1]鉄砲玉

発音(?)

じゅ↗ーだん

翻訳


「銃弾」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



銃弾と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「銃弾」の関連用語

銃弾のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



銃弾のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの弾丸 (改訂履歴)、メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ - (改訂履歴)、スペンサー銃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの銃弾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS