ngとは? わかりやすく解説

エヌ‐ジー【NG】

読み方:えぬじー

no good

映画やテレビ撮影俳優演技うまくいかないこと。また、そのために使えなくなったフィルム。「—を出す」

1から転じて俗に、してはいけないこと。また、具合都合悪いこと。「電車内での通話は—です」「翌月の—日を伝える」


エヌ‐ジー【NG】

読み方:えぬじー

National Guard米国で、民兵


エヌ‐ジー【NG】


NG 【No Good】

不良、または失敗のこと。

ng(ナノグラム)

重量単位です。 
1ng=10-6mg=10-9g10分のグラム

μg、ng、pg(マイクログラム、ナノグラム、ピコグラム)


NG

作者安住磨奈

収載図書胸騒ぎ理由
出版社シンコー・ミュージック
刊行年月1993.6


Ng

名前 ウン; ング; インウー; ヌ; ン

.ng

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 15:56 UTC 版)

.ng国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、ナイジェリアに割り当てられている。




「.ng」の続きの解説一覧

N G

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/18 20:39 UTC 版)

N_Gエヌジー
GENICスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル avex trax
チャート最高順位
  • デイリー1位オリコン
  • 週間2位(オリコン)
  • 週間2位(Billboard JAPAN Hot Albums)
GENIC アルバム 年表
Ever Yours
(2022年)
N_G
(2024年)
『N_G』収録のシングル
  1. TALK
    リリース: 2022年9月7日
  2. Flavor
    リリース: 2023年2月15日
  3. サヨナラの理由
    リリース: 2023年12月22日
  4. I'll Be There
    リリース: 2024年1月18日
テンプレートを表示

N_G』(エヌジー)は、2024年3月6日avex traxよりリリースされたGENICの3枚目のオリジナル・アルバム[2]

通常盤[1]、初回生産限定盤A[3]、初回生産限定盤B [4]の3形態で発売された。

概要

前作『Ever Yours』から約1年8か月ぶりにリリースされた。

GENIC第2章がスタートとなる本作のコンセプトは「No GENIC or New GENIC?」としており、Noを突きつけられるのか、それとも次なるステージへGENICは向かうことができるのかー。そんな様々な思いを込めた「N_G」に挑み、振り幅の広いGENICを打ち出すエンターテインメント作品となっている。

初めてメンバーそれぞれが作詞・作曲・振り付けなど手掛けた7人7色のセルフプロデュース楽曲を7曲収録するほか、メンバーが作詞を手掛けた3曲も新たに収録されている。なお、そのうち1曲の「Never Gonna Stop」は通常盤のみBonus trackとなっている。

本作を引っ提げて大規模ライブハウスツアー『GENIC LIVE TOUR 2024 N_G』を行った。

収録曲

CD

  1. 3rd Overture
    作曲 & 編曲:宇佐美宏 ・ Ryu
  2. I'll Be There
    作詞:西澤呈 ・ 増子敦貴
    作曲:奈良ひより ・ Takahito Nakamura ・ Ryo Ito
    編曲:Takahito Nakamura
    読売テレビドラマDiVE「好きやねんけどどうやろか」オープニング主題歌
  3. New Game!!
    作詞:小池竜暉
    作曲:Xisco ・ Christofer Erixon
    編曲:Xisco
    Lemino配信ウェブドラマ「絶対BLになる世界 VS 絶対BLになりたくない男 2024」主題歌
  4. TALK
    作詞 & 作曲:Taiki Kudo ・ 小池竜暉・ 西澤呈
    編曲:小池竜暉 ・ Shinpei Nasuno
  5. 恋愛 (読み:こいあい)
    作詞:増子敦貴
    作曲:小高光太郎UiNA加藤冴人
    編曲:加藤冴人
    増子敦貴セルフプロデュース楽曲
  6. Hallelujah
    作詞:雨宮翔 ・ KOMU
    作曲:Secret Weapon ・C NORTH ・ DEY GON GET IT ・ Paichi JR.
    編曲:Secret Weapon
    雨宮翔セルフプロデュース楽曲
  7. きみといた
    作詞:宇井優良梨
    作曲:CONY ・ Sayaka Inoue ・ Tommy
    編曲:Tommy ・ CONY
    宇井優良梨セルフプロデュース楽曲
  8. GradatioN
    作詞 & 作曲:西澤呈・Taiki Kudo
    編曲:西澤呈
    西澤呈セルフプロデュース楽曲
  9. Chill out!!
    作詞:福岡良太 ・ 西本茉生
    作曲:tasuku ・福岡良太
    編曲:tasuku
    西本茉生セルフプロデュース楽曲
  10. Checkmate
    作詞:JUN ・ 金谷鞠杏
    作曲 & 編曲:久保田真悟Jazzin' park
    金谷鞠杏セルフプロデュース楽曲
  11. ラストシーン
    作詞 & 作曲:小池竜暉
    編曲:菊池博人
    小池竜暉セルフプロデュース楽曲
  12. Flavor
    作詞 & 作曲:小池竜暉・西澤呈
    編曲:小池竜暉 ・ 西澤呈 ・ KAY
  13. サヨナラの理由
    作詞:西澤呈・小池竜暉
    作曲 & 編曲:福岡良太 ・ Tommy
    テレビ朝日系全国放送「musicるTV」 1月度エンディングテーマ
  14. Negai_Goto
    作詞:GENIC
    作曲:宅見将典・SQVARE
    編曲:宅見将典
  15. Never Gonna stop (bonus track)
    作詞:西澤呈
    作曲 & 編曲:Justin Reinstein
    通常版のみのbonus track

Blu-ray

初回生産限定盤A
  • 「TALK」Music Video & メイキングドキュメント
  • 「Flavor」Music Video & メイキングドキュメント
  • 「サヨナラの理由」Music Video & メイキングドキュメント
  • 「I’ll Be There」レコーディングムービー & ソロインタビュー
  • 特典映像「NGを言わずにNGをゲットしろ!?トークゲーム」
初回生産限定盤B
  • N_G <メドレーMUSIC VIDEO&メイキングドキュメント>

収録曲(I’ll Be There / 恋愛 / Hallelujah / きみといた / GradatioN / Chill out!! / Checkmate / ラストシーン)

  • ファンクラブツアー『GENImeeting 2023 FUN FOR FAN ~one stone two birds~』1部MC集&2部ダイジェストムービー
  • 特典映像「7人全員クリアするまで帰れまテン!?N_Gは許さないYO!プレッシャーゲーム」

チャート成績

2024年3月5日付オリコンデイリーアルバムランキングで1位にランクインし、GENICとしてはシングル・アルバム通じて初の首位獲得となった[5]

2024年3月18日付(集計期間:2024年3月4日~3月10日)のオリコン週間アルバムランキングでは、推定3万枚を売り上げて2位にランクインした。また、2024年3月13日公開(集計期間:2024年3月4日~3月10日)のBillboard JAPAN 総合アルバム・チャート“Hot Albums”の週間チャートでも2位にランクインした。

脚注

出典

  1. ^ a b GENIC/N_G”. tower.jp. 2024年3月5日閲覧。
  2. ^ “Album「N_G」”. GENIC. (2023年12月24日). https://avex.jp/genic/discography/detail.php?id=1020124 2024年3月5日閲覧。 
  3. ^ GENIC/N_G <初回生産限定盤A>”. tower.jp. 2024年3月5日閲覧。
  4. ^ GENIC/N_G <初回生産限定盤B>”. tower.jp. 2024年3月5日閲覧。
  5. ^ 【GENIC】初のオリコンデイリーランキング1位&YouTubeチャンネル登録者数10万人突破でファンも歓喜”. avexnet. 2024年3月13日閲覧。

NG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/10 13:13 UTC 版)

NG, ng

NG

ng



NG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 02:39 UTC 版)

ツイキャス」の記事における「NG」の解説

荒らし行為行ったり、放送スタイルそぐわないリスナーブロック閲覧コメント不能に)すること。

※この「NG」の解説は、「ツイキャス」の解説の一部です。
「NG」を含む「ツイキャス」の記事については、「ツイキャス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ng」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ng」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ngと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ng」の関連用語

ngのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ngのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2024 Japan Video Software Association
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2024 Food Safety Commission. All Right Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ng (改訂履歴)、N G (改訂履歴)、NG (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのツイキャス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS