.laとは?

ランタン

別名:La
英語:Lanthanum

軽レアアース一種ライター用の発火石に数十%ほど含まれている。カメラなどの光学レンズ素材として利用される他、セラミックコンデンサ蛍光体材料としても利用されている。

エル‐エー【LA】


エル‐エー【LA/L.A.】

Los Angelesロサンゼルスのこと。


エル‐エー【L.A.】


ラ【(イタリア)la】

洋楽階名の一。長音階の第6音、短音階の第1音。

日本音名イ音イタリア音名


L/A

読み方エル・エー
英文正式名Loan Agreement
日本名(略称):借款契約

円借款具体実施のため、実施機関相手国政府(または実際借入機関)との間で締結される契約諸手続き権利義務関係を詳細規定し、これによって融資確定する。

※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

ランタンイオン(3+)

分子式La
その他の名称:ランタンイオン(3+)


エルギン

分子式C16H17N3O
その他の名称:リセルガミド、Lysergamide、(+)-リセルグアミド、リセルグ酸アミド、エルギン、リセルグアミド、(+)-Lysergamide、Lysergic acid amide、LA-III、LA、Ergineリゼルグ酸アミド、9,10-Didehydro-6-methylergoline-8β-carboxamide
体系名:9,10-ジデヒドロ-6-メチルエルゴリン-8β-カルボアミド


ランタントリカチオン

分子式La
その他の名称:Lanthanum trication
体系名:ランタントリカチオン


ランタンイオン(2+)

分子式La
その他の名称:ランタンイオン(2+)


ランタン

分子式La
その他の名称:Lanthanum、La
体系名:ランタン


物質
ランタン
英語名
Lanthanum
元素記号
La
原子番号
57
分子量
138.9055
発見
1839年
原子半径(Å)
1.88
密度(g/cm3
6.15
比熱(cal/g ℃)
0.045
イオン化エネルギー(eV)
5.577
電子親和力(eV)
0.5


ループスアンチコアグラント(LA) ( Lupus Anticoagulant )


La

名前

.la

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/20 01:19 UTC 版)

.laは、ラオス国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)である[1][2]




  1. ^ National Portal of Lao PDR”. 2013年7月4日閲覧。
  2. ^ https://www.iana.org/domains/root/db/la.html
  3. ^ Los Angeles Has Its Own Domain Name”. Marketwire. 2015年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月20日閲覧。
  4. ^ The World's First Emoji Domain”. Panic Blog. Panic. 2017年8月31日閲覧。
  5. ^ Maierbrugger, Arno (2013年7月10日). “Laos rents '.la' Internet domain to Los Angeles businesses”. Inside Investor. 2013年7月11日閲覧。
  6. ^ .LA - The Official .LA Registory”. 2021年1月20日閲覧。
  7. ^ 880974 – adding a tinyurl.com link is blocked as spam at wiki.mozilla.org”. mozilla.org. 2021年1月20日閲覧。
  8. ^ Tesla Motors - Premium Electric Vehicles”. ts.la. 2021年1月20日閲覧。
  9. ^ IDN ccTLD Form of Interest | Laos


「.la」の続きの解説一覧

ロサンゼルス

(.la から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/28 08:31 UTC 版)

ロサンゼルス英語: Los Angeles, スペイン語: Los Ángeles)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州の都市。同州最大かつ北米屈指の世界都市。アメリカ国内ではニューヨークに次いで人口が多い[1]




注釈

  1. ^ カリフォルニア州議会は州内全ての公立病院が救急医療部を備え、救急室が耐震構造を持つことを義務化する法律を2005年1月1日に通過させた。

出典

  1. ^ Census Bureau Announces Most Populous Cities(アメリカ合衆国国勢調査局)
  2. ^ 在ロサンゼルス日本国総領事館、在留邦人数調査結果
  3. ^ JLL、世界の都市比較インデックスを分析「都市パフォーマンスの解読」を発表 JLL 2017年10月25日閲覧。
  4. ^ Cities Rank Among the Top 100 Economic Powers in the World Chicago Council on Global Affairs 2016年10月28日閲覧。
  5. ^ Los Angeles Region United Census Bureau 2012年8月28日閲覧
  6. ^ Noelle Sullivan (2009). It Happened in Southern California: Remarkable Events That Shaped History. Rowman & Littlefield. p. 9. ISBN 0762763221 
  7. ^ 『南加州日本人七十年史』45ページ、南加日系人商業会議所編(1960年)
  8. ^ MSN天気予報 - ロサンゼルス”. msn.com. 2009年11月19日閲覧。
  9. ^ : Southland
  10. ^ Demographia: World Urban Areas & Population Projections
  11. ^ Los Angeles (city), California”. State & County QuickFacts. U.S. Census Bureau. 2012年8月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年12月16日閲覧。
  12. ^ a b c Race and Hispanic Origin for Selected Cities and Other Places: Earliest Census to 1990”. U.S. Census Bureau. 2012年1月2日閲覧。
  13. ^ a b From 15% sample
  14. ^ Hispanic origin based on the White population of Spanish mother tongue.
  15. ^ Moffatt, Riley (1996). Population History of Western U.S. Cities & Towns, 1850–1990. Lanham, Maryland: Scarecrow. p. 41 
  16. ^ Annual Estimates of the Resident Population for Incorporated Places Over 100,000, Ranked by July 1, 2011 Population: April 1, 2010 to July 1, 2011 (CSV)”. United States Census Bureau, Population Division (2011年7月1日). 2012年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月9日閲覧。
  17. ^ “ロサンゼルスのホームレス人口は全米最大、当局発表”. AFPBB News. (2007年10月12日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2296736/2234174 2013年6月21日閲覧。 
  18. ^ 増え続けるLAのホームレス人口、立ち並ぶテントが犯罪の温床に”. CNN (2019年6月6日). 2019年6月6日閲覧。
  19. ^ a b GFCI 28 Rank - Long Finance”. www.longfinance.net. 2020年10月19日閲覧。
  20. ^ 日系チャプスイレストランにおけるフォーチュンクッキーの受容 Archived 2016年3月4日, at the Wayback Machine. 中町泰子、神奈川大学日本常民文化研究所非文字資料研究センター年報非文字資料研究 (5), 173-186, 2009-03
  21. ^ http://www.mla.org/map_data_results&state_id=6&county_id=&mode=&zip=&place_id=44000&cty_id=&ll=&a=&ea=&order=r Modern Language Association Data Center Results of Los Angeles, California Modern Language Association
  22. ^ http://www.infoplease.com/us/cities/safest-dangerous-cities.html
  23. ^ Discovery of Oil in Los Angeles (USC)
  24. ^ JALグループ、2014年度国際線路線便数計画を一部変更 日本航空 2014年9月5日閲覧
  25. ^ 終わりなき闇 チェット・ベイカーのすべて. 河出書房新社. (2006) 
  26. ^ ロサンゼルス市の姉妹都市 Archived 2007年1月4日, at the Wayback Machine.
  27. ^ テルアビブ・ロサンゼルスの協力関係 Archived 2008年6月23日, at the Wayback Machine. グレーター・ロサンゼルスのユダヤ連合



LA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/07 07:32 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

LA, la

地名

科学・技術

情報通信

その他





.laと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.la」の関連用語

.laのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.laのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
e-血液.come-血液.com
Copyright 2021(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.la (改訂履歴)、ロサンゼルス (改訂履歴)、LA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS