内外とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 内外 > 内外の意味・解説 

うち そと [3]内外

内と外。うちと。ないがい家の-を見回る
その程度数量であることを示す。 五十年の-何して暮せばとて/浮世草子永代蔵 4

うち と 内外

内と外 -に侍(さぶらい)あり/平家 8
内外の宮」の略。 かたそぎ千木は-に変れども誓ひはおなじいせの神風風雅 神祇
その程度数量であることを示す。ないがい三町が-の物ははづさずつよう射けり/平家 11
内教外教げきよう)の意 仏教儒教

ない がい -ぐわい [1]内外

うちとそと。 建物の-
国内国外緊迫した-の情勢
数量時間を表す語の下に付いて、だいたいその見当であることを示す。ぐらい。前後一週間-で出発する 千円-で足りる

ない げ 内外

内と外造道十余町を見下して-に鳥居立てたり/盛衰記 33
貴人ところに出入りすること。 今は-も許させ給ひてむとぞ頼み侍りける/源氏 朝顔
奥向き表向き万事につけて申しければ/盛衰記 19
内外典ないげてんに同じ。 真言極め-の文の道足れり今昔 31

内外

読み方:ないがい

  1. 素人随時為す賭博のこと。
  2. しろうとのやるばくちの一種。〔一般犯罪
  3. 素人のやる賭博一種

分類 犯罪賭博

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



内外と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「内外」の関連用語

内外のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



内外のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS