ニンテンドーDSとは?

ニンテンドーDS(にんてんどー・でぃー・えす)(Nintendo DS)

任天堂開発した新し携帯型ゲーム機の名称

本体は、持ち運びときには閉じておき、ゲームをするときに開いて利用する。2つの液晶画面があることから、ダブル・スクリーン(2画面)の略でDSと名づけた。年内発売される予定

タッチパネル音声操作することができるほか、ワイヤレス・ネットワークによる最高16台の接続が可能で、ゲームソフトが対応していれば通信対戦などを楽しめることもできる。また、ゲームボーイアドバンス用のスロット用意されているので、DS専用ゲームソフトだけでなく、ゲームボーイアドバンス用のゲームソフト動作する。

任天堂先月28日、「ニンテンドーDS」の本体デザインを正式に発表した。ただし、価格発売日などの詳細公表されていない発売年末になると見られ年末商戦向けて徐々に全容明かしていく方針らしい。

ニンテンドーDS任天堂

(2004.08.02掲載


ニンテンドーDS

読み方ニンテンドーディーエス
【英】Nintendo DS

ニンテンドーDSとは、任天堂2004年12月発売した携帯型ゲーム機のことである。

ニンテンドーDSの最大特徴として、本体タッチスクリーン式の液晶画面が2個搭載されている点を挙げることができる。従来ありがちだった娯楽要素ゲーム加えてスタイラスペン活用した漢字学習思考トレーニングといった学習要素の色濃いゲームソフト多数登場し、ゲーマー層に留まらず老若男女幅広いユーザー支持を得た。「脳トレ」はニンテンドーDSのゲームソフト通称であったが、一種社会現象にもなった。

ニンテンドーDSには十字キーボタン通常どおり搭載されている。ゲームボーイアドバンス上位互換性を持っており、ゲームボーイアドバンス用のソフトウェアプレイすることができる。その他、入力音声認識機能標準搭載し、無線通信機能利用して最大16台での通信対戦なども可能となっている。

2006年3月には、ニンテンドーDSの上機種としてニンテンドーDS Lite発売された。基本機能DSと同じであるが、小型軽量化実現画面明るさ・見やすさが向上されている。2011年1月現在では「ニンテンドーDSi」「ニンテンドーDSi LL」が発売されている。


ニンテンドーDS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/11 23:58 UTC 版)

ニンテンドーDS(ニンテンドーディーエス、Nintendo DS、略称:DS)は、任天堂が開発して2004年(平成16年)に発売した携帯型ゲーム機




注釈

  1. ^ 任天堂が発表した 連結販売実績数量推移表[リンク切れ]より、ニンテンドーDSシリーズ全体の売上台数からニンテンドーDS以外の売上台数を減算して求めた値。
  2. ^ ゲームボーイアドバンスソフトのバーチャルコンソールはニンテンドー3DSでアンバサダープログラムを権利を持った本体でのみ対応。
  3. ^ ニンテンドー2DSは裸眼立体視に対応していない。
  4. ^ Newニンテンドー2DS LLは裸眼立体視に対応していない。
  5. ^ 2011年末までにおいて、ニンテンドーDSi専用として発売されているのは、アルファ・ユニットの「モンスターファインダー」(2009年11月19日発売)のみとなっている(ニンテンドー3DS・3DS LL・2DSNew 3DS・New 3DS LLにも対応する)。
  6. ^ 2008年当時の20代以上への普及データ。おおよそ倍程度の差がついている[27]
  7. ^ a b DS Lite・DSiでは使用不可。
  8. ^ DS LiteやDSiでも使用可能だが、サイズが異なる。
  9. ^ a b DS Liteでも使用可能だがサイズが違うなどの問題がある。DSi、3DSでは使用不可。
  10. ^ a b c DSi、3DSでは使用不可。

出典

  1. ^ a b 「第11章 CESAゲームアーカイブス」『2016 CESAゲーム白書』、CESA、175頁。
  2. ^ 「第11章 CESAゲームアーカイブス」『2014 CESAゲーム白書』、CESA、164頁。
  3. ^ 「第11章 CESAゲームアーカイブス」『2014 CESAゲーム白書』、CESA、170頁。
  4. ^ NINTENDO DS Preview!”. 2014年8月1日閲覧。
  5. ^ a b c 2006年12月7日 日本外国特派員協会 社長スピーチ概要”. 2013年8月9日閲覧。
  6. ^ CESA ゲームが人間に与える影響に関する報告書を公開 「“ゲーム脳”の結論付けは時期尚早」”. 2013年8月9日閲覧。
  7. ^ アジア オンラインゲームカンファレンス2005レポート 初日に行なわれた中から3講演をピックアップして紹介”. 2013年8月9日閲覧。
  8. ^ スクウェア・エニックスが「ドラゴンクエストXに関する報道」について正式にコメント”. 2013年8月9日閲覧。
  9. ^ 【CEDEC 2013】ゲーム脳から10年以上経た、ゲームをめぐる現在の認知機能研究”. 2013年11月17日閲覧。
  10. ^ ニンテンドーDS、中学教材に活用”. 2013年8月9日閲覧。
  11. ^ “杉並区立和田中学校、DSで算数復習”. 毎日jp (毎日新聞社). (2008年2月15日). オリジナルの2008年2月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080216081338/http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080215k0000e040093000c.html 
  12. ^ DSで生活が便利になる――任天堂・岩田聡社長と宮本茂専務、ゲーム機の現在と未来を語る”. 2013年8月9日閲覧。
  13. ^ 遊んでいる姿が楽しそうなのが大事――マリオの父、宮本茂氏の設計哲学(後編) (1/5)”. 2013年11月17日閲覧。
  14. ^ 任天堂 “ハード・ソフト販売実績”. 任天堂. 2015年2月3日閲覧。
  15. ^ E3 2004 News Release "NINTENDO DS LETS PLAYERS TOUCH THE FUTURE"” (英語). 任天堂 (2004年5月12日). 2009年11月21日閲覧。[リンク切れ]
    E3 2004 ニュースリリース「『ニンテンドー・ディーエス(仮称)』がプレイヤーを将来に触れさせてくれる」”. 任天堂 (2004年5月12日). 2009年11月21日閲覧。[リンク切れ]
  16. ^ a b 社長が訊く『メイドイン俺』」より。
  17. ^ https://www.nintendo.co.jp/3ds/interview/hardware/vol1/index4.html
  18. ^ http://www.wi-fi.org/certified-products-results?category=11
  19. ^ 「コロコロパズル ハッピィパネッチュ!」について任天堂。2008年1月20日閲覧
  20. ^ Craig Harris (2004年9月20日). “Official Nintendo DS Launch Details” (英語). IGN. 2010年10月2日閲覧。
  21. ^ Matthew (2005年1月11日). “Australian DS Launch” (英語). PAL Gaming Network. 2010年10月2日閲覧。[リンク切れ]
  22. ^ DS『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』の販売本数が早くも150万本突破!eg、2006年10月。 Archived 2007年10月1日, at the Wayback Machine.
  23. ^ 毎日新聞 2007年6月6日記事。
  24. ^ 東京新聞 2007年7月3日記事。
  25. ^ 岩田聡 (2008年4月25日). “2008年4月25日(金) 決算説明会 任天堂株式会社 社長 岩田聡 講演内容全文”. 任天堂. 2009年11月22日閲覧。
  26. ^ 2008年国内ゲーム市場規模は約5826億1000万円(エンターブレイン調べ)”. ファミ通.com (2009年1月5日). 2009年11月22日閲覧。
  27. ^ http://www.gamenews.ne.jp/archives/2008/10/2ds_1.html
  28. ^ Eric Caoili (2009年1月16日). “Nintendo Claims Credit For 99 Percent Of 2008 Revenue Growth” (英語). 2009年11月22日閲覧。
  29. ^ 岩田聡 (2009年1月30日). “2009年1月30日(金) 第3四半期決算説明会 任天堂株式会社 社長 岩田聡 講演内容全文”. 任天堂. 2009年11月22日閲覧。
  30. ^ ニンテンドーDS:国内販売数2500万台突破 ゲーム機初の領域に 足かけ4年で”. まんたんウェブ (2009年1月10日). 2009年2月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年10月20日閲覧。
  31. ^ ニンテンドーDS:1億台出荷ほぼ確実に 発売4年、最速の大台突破”. まんたんウェブ (2009年1月29日). 2009年3月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年10月20日閲覧。
  32. ^ ニンテンドーDSシリーズ1億台販売”. 任天堂 (2009年3月11日). 2009年11月22日閲覧。
  33. ^ ニンテンドーDS、1億台突破 世界累計販売”. ITmedia News (2009年3月12日). 2009年11月22日閲覧。
  34. ^ スクエニ、DS「ドラゴンクエストIX」 累計出荷本数415万本突破 「DQ」シリーズ最高記録を樹立”. GAME Watch (2009年12月21日). 2009年12月25日閲覧。
  35. ^ ニンテンドーDSi LL、発売から2日間で10万3524台を販売(エンターブレイン調べ)”. ファミ通.com (2009年11月24日). 2011年10月20日閲覧。
  36. ^ 2010年1月29日(金) 第3四半期決算説明会 任天堂株式会社 社長 岩田聡 講演内容全文”. 任天堂 (2010年1月29日). 2010年3月20日閲覧。
  37. ^ ファミ通.com (2010年3月23日). “ニンテンドーDSの国内累計販売台数が3000万台を突破”. 2010年3月25日閲覧。
  38. ^ 平成22年3月期 決算短信 (PDF)”. 任天堂株式会社. p. 3 (2010年5月6日). 2020年1月30日閲覧。
  39. ^ 「ニンテンドーDSシリーズ」メーカー希望小売価格改定及び「ニンテンドーDSi LL」の新色発売のお知らせ”. 任天堂 (2010年6月2日). 2011年6月15日閲覧。
  40. ^ 岩田聡 (2010年9月29日). “2010年9月29日(水) 任天堂カンファレンス2010 岩田聡 社長講演”. 任天堂. 2010年10月20日閲覧。[リンク切れ]
  41. ^ ファミ通.com 2010年国内家庭用ゲーム市場規模は約4936億円―もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト』に
  42. ^ ニンテンドーDSi / DSi LLの「ニンテンドーDSiショップ」サービス終了のお知らせ”. 2016年3月31日閲覧。
  43. ^ ニンテンドーDS 修理受付終了に関するお知らせ”. 2016年4月11日閲覧。
  44. ^ ニンテンドーDS Liteの修理受付終了に関するお知らせ”. 2017年4月4日閲覧。
  45. ^ ニンテンドーDSi / DSi LLの「ニンテンドーDSiショップ」サービス終了に伴う払い戻しについて”. 2018年8月8日閲覧。
  46. ^ 社長が訊く『ニンテンドー3DS』ソフトメーカークリエーター篇 第1回:『レイトン教授と奇跡の仮面』 4.「これはゲームじゃなくていい」
  47. ^ 任天堂 2009年5月8日(金)決算説明会 任天堂株式会社 社長 岩田聡 講演内容
  48. ^ 任天堂で働くということ/製品技術編
  49. ^ DS Survives Everest: Expedition Update
  50. ^ スカイダイブしながら『ニンテンドーDS』ワイヤレス対戦 | WIRED.jp
  51. ^ テクモプレスカンファレンス2007SpringGAME Watch
  52. ^ 週刊ファミ通. 株式会社エンターブレイン. (20191217 2004年10月8日). p. [要ページ番号] 
  53. ^ 「ニンテンドーDS」および「ニンテンドーDS Lite」専用ACアダプタの一部不良発生についてのお詫びとお願い任天堂、2006年12月15日。
  54. ^ ニンテンドーDS 被害は3000億円超との試算も産経新聞、2009年2月27日。 Archived 2009年3月2日, at the Wayback Machine.
  55. ^ DS鬼ごっこで遊ぼ 無線通信で“情報戦””. 東京新聞 (2008年7月12日). 2008年7月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年4月10日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニンテンドーDS」の関連用語

ニンテンドーDSのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ニンテンドーDSのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2020 時事用語のABC All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリニンテンドーDSの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニンテンドーDS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS