JAXAとは? わかりやすく解説

【JAXA】(じゃくさ)

Japan Aerospace Exploration Agency宇宙航空研究開発機構).

日本国政府設立運営している宇宙開発組織
本社東京都調布市の「調布航空宇宙センター」に所在している。

2003年それまで文部科学省の下で人工衛星宇宙ロケット開発・運用航空技術研究などを行ってき3つの政府機関統合し内閣府総務省経済産業省及び文部科学省所管独立行政法人として設立された。

母体となった機関以下の通りである。

宇宙開発分野では、これまでに数々の優秀な宇宙探査機人工衛星運用実績挙げており、アメリカ航空宇宙局NASA)やロシア連邦宇宙局EUの「欧州宇宙機関ESA)」などと並ぶ、世界的に著名な宇宙機関一角占めている。
また、NASA運用していた「スペースシャトル」や国際共同の「国際宇宙ステーション」にも日本人宇宙飛行士派遣し他国宇宙飛行士と共に宇宙空間における各種の科学実験研究従事している。

一方航空技術分野では「国産旅客機開発MRJプロジェクト)への技術支援」「環境負荷の低いジェットエンジン研究」「QSSTスクラムジェット研究」などを行っている

公式サイトhttp://www.jaxa.jp/

組織構成

2013年4月現在の構成

主な施設・事業所


宇宙航空研究開発機構

(JAXA から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 11:14 UTC 版)

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(うちゅうこうくうけんきゅうかいはつきこう、: Japan Aerospace Exploration Agency略称: JAXA)は、日本の航空宇宙開発政策を担う国立研究開発法人。本部は東京都調布市にある。


  1. ^ 日本の宇宙開発の歴史 21世紀、JAXA情報センター
  2. ^ 世界をリードする日本の天文学、JAXA
  3. ^ 「ひので」の成果が、科学雑誌「サイエンス」の特集と表紙に!、Astro Arts
  4. ^ 科学誌「サイエンス」が「かぐや」特集号を発行、Astro Arts
  5. ^ “米科学誌「サイエンス」における「はやぶさ」特別編集号の発行について” (プレスリリース), JAXA, (2011年8月26日), https://www.jaxa.jp/press/2011/08/20110826_hayabusa_j.html 
  6. ^ 「はやぶさ」ギネス世界記録に認定、JAXA
  7. ^ 田中誠士「世界初の宇宙ヨット JAXA「イカロス」、ギネス認定」『朝日新聞』、2012年12月12日。2020年1月11日閲覧。「現在はインターネットアーカイブ内に残存」
  8. ^ 打ち上げ成功おめでとう! H-IIAロケット29号機、通信衛星「テルスター12ヴァンテージ」の打ち上げに成功”. sorae.jp (2015年11月24日). 2015年12月9日閲覧。
  9. ^ 「あかつき」軌道投入成功、日本初の惑星探査へ JAXA 2015年12月9日
  10. ^ SS-520 5号機がギネス世界記録(R)に認定されました JAXA 2018年4月27日
  11. ^ 世界最低高度で飛行 JAXAの地球観測衛星がギネス認定 産経新聞 2019年12月24日
  12. ^ JAXAなどにサイバー攻撃か 中国共産党員を書類送検” (日本語). 日本経済新聞 (2021年4月20日). 2021年4月20日閲覧。
  13. ^ 平成23年 世界の宇宙インフラデータブック ロケット編 Archived 2014年8月14日, at the Wayback Machine.、社団法人 日本宇宙航空工業会
  14. ^ “宇宙ステーション補給機「こうのとり」3号機 (HTV3) の打上げについて” (プレスリリース), JAXA, (2012年7月19日), https://www.jaxa.jp/press/2012/07/20120719_kounotori3_j.html 
  15. ^ 塚本直樹 (2017年9月12日). “「H-IIA」ロケット、インマルサット衛星「Inmarsat-6」初号機の打ち上げ契約 2020年予定”. sorae.jp. https://sorae.info/030201/2017_09_12_mhi.html 2017年9月13日閲覧。 
  16. ^ H3ロケットの試験機1号機の打上げについて”. 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 (2022年1月21日). 2022年1月21日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 宇宙基本計画工程表(令和2年度改訂) (PDF)”. 宇宙開発戦略本部 (2020年12月15日). 2021年12月23日閲覧。
  18. ^ EXPLORERES PROGRAM”. NASA. 2019年3月14日閲覧。
  19. ^ 宇宙基本計画工程表(令和元年度改訂案) (PDF)”. 宇宙開発戦略本部. 内閣府 (2019年12月13日). 2019年12月13日閲覧。
  20. ^ “英インマルサット社と三菱重工、新型基幹ロケットH3での打上げで民間企業と初の合意 打上げは2022年以降を予定” (プレスリリース), 三菱重工業, (2018年12月6日), https://www.mhi.com/jp/news/story/181206.html 2018年12月6日閲覧。 
  21. ^ JUICE探査スケジュール”. JAXA. 2019年1月15日閲覧。
  22. ^ NEC、ベトナム地球観測衛星「LOTUSat-1」を受注NECプレスリリース2020年4月23日
  23. ^ ISASニュース編集委員会: “ISASニュース2016年1月号 No.418 (PDF)”. 宇宙科学研究所. p. 3 (2016年1月22日). 2016年1月26日閲覧。
  24. ^ ISAS、公募型小型4号機にSolar-C(EUVST)を選定 ISAS 2020年6月8日
  25. ^ 航空技術部門 実験用航空機レポート2011年10月28日より
  26. ^ a b c 上野剛志(ニッセイ基礎研究所) (2010年10月1日). “第8回:「はやぶさ」で脚光!日本の宇宙予算は「3390億円」”. 数字で読み解く23歳からの経済学. 日本生命保険. 2020年1月11日閲覧。 “現在はインターネットアーカイブ内に残存”
  27. ^ a b 宇宙航空研究開発機構の事業と今後の課題について 平成22年3月16日 (PDF)
  28. ^ a b わが国の宇宙輸送系の現状と今後の方向性 平成23年2月24日 (PDF) 首相官邸公式サイト 宇宙開発戦略本部)
  29. ^ 社会環境報告書2010』(レポート)、(PDF)宇宙航空研究開発機構、2010年、28-29頁。2020年1月11日閲覧。「『JAXAの経営計画、組織と人員』項より」
  30. ^ 役員図”. JAXA (2020年4月1日). 2020年7月23日閲覧。
  31. ^ “JAXA理事長に山川氏起用”. 日本経済新聞. (2018年3月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2861760027032018EAF000/ 2018年9月9日閲覧。 
  32. ^ 組織図 (PDF)”. JAXA (2016年3月1日). 2016年3月6日閲覧。
  33. ^ “JAXAにおけるコンピュータウイルス感染の発生について” (プレスリリース), JAXA, (2012年1月13日), https://www.jaxa.jp/press/2012/01/20120113_security_j.html 
  34. ^ a b “コンピュータウイルス感染に関する調査結果について” (プレスリリース), JAXA, (2012年3月27日), https://www.jaxa.jp/press/2012/03/20120327_security_j.html 
  35. ^ JAXAのパソコンにウイルス、「こうのとり」の情報などが漏洩の恐れ It pro 2012年1月16日
  36. ^ のウイルス感染は標的型メールの疑い、NASA関連の情報も漏えい ITmedia 2012年1月13日
  37. ^ “JAXAにおけるコンピュータウイルス感染の発生及び情報漏洩の可能性について” (プレスリリース), JAXA, (2012年11月30日), https://www.jaxa.jp/press/2012/11/20121130_security_j.html 
  38. ^ 宇宙機構でPCウイルス感染 ロケットの情報漏洩か 日本経済新聞 2012年11月30日
  39. ^ 三菱重工でもウイルス感染 宇宙関連情報、漏洩か 日本経済新聞 2012年11月30日
  40. ^ JAXAウイルス感染原因は震災メール NHKニュース・2013年2月20日付け《2020年1月11日閲覧;現在はインターネットアーカイブ内に残存》
  41. ^ “JAXAにおけるコンピュータウィルス感染に関する調査結果について” (プレスリリース), JAXA, (2013年2月19日), https://www.jaxa.jp/press/2013/02/20130219_security_j.html 
  42. ^ “JAXAのサーバーに対する外部からの不正アクセスについて” (プレスリリース), JAXA, (2013年4月23日), https://www.jaxa.jp/press/2013/04/20130423_security_j.html 
  43. ^ “JAXAにまた不正アクセス”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年4月23日). オリジナルの2013年4月22日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2013-0424-0948-29/www3.nhk.or.jp/news/html/20130423/t10014130401000.html 2013年4月22日閲覧。 
  44. ^ きぼう情報流出か…JAXAに不正アクセス、国内と中国から接続。運用には支障なし - 産経ニュース・2013年4月23日付け《2020年1月11日閲覧;現在はインターネットアーカイブ内に残存》
  45. ^ JAXA職員が架空発注で97万円だまし取る 詐欺容疑で逮捕 宮城県警」『MSN産経ニュース』、2013年5月14日。2020年1月11日閲覧。「現在はインターネットアーカイブ内に残存」
  46. ^ JAXA元職員、研究開発業務の偽装発注で賠償命令」『SANSPO.COM(サンスポ)』、2019年1月28日。2020年1月11日閲覧。
  47. ^ “機構職員の逮捕について” (プレスリリース), JAXA, (2013年5月14日), https://www.jaxa.jp/press/2013/05/20130514_incident_j.html 
  48. ^ “新しいJAXA理念とコーポレートスローガンについて” (プレスリリース), JAXA, (2013年10月9日), https://www.jaxa.jp/press/2013/10/20131009_jaxa_j.html 
  49. ^ JAXAのイメージソング - JAXA《2020年1月11日閲覧;現在はインターネットアーカイブ内に残存》
  50. ^ 内閣府と内閣官房の業務見直し、4つの組織を廃止 行革会議 日本経済新聞 2016年1月26日
  51. ^ 内閣府ホーム > 宇宙政策
  52. ^ 内閣府ホーム > 組織・制度 > 内閣府について > 幹部名簿
  53. ^ 文部科学省:宇宙開発委員会のページ ※ 現在はインターネットアーカイブ内に残存
  54. ^ 文部科学省:航空科学技術委員会のページ
  55. ^ 第7回宇宙開発戦略本部資料、宇宙開発戦略本部
  56. ^ 宇宙開発利用部会(第8期)の調査審議について”. 文部科学省 (2016年4月19日). 2016年6月15日閲覧。
  57. ^ 航空科学技術に関する研究開発の推進のためのロードマップ(2013)”. 文部科学省 (2013年6月21日). 2016年6月15日閲覧。
  58. ^ 平成26年度業務実績評価の進め方について (PDF)”. 宇宙政策委員会. 2016年6月15日閲覧。



JAXA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 07:01 UTC 版)

二段式宇宙輸送機」の記事における「JAXA」の解説

単段式宇宙輸送機#日本あるとおり、のちにJAXAの母体となる各前身組織では、それぞれTSTO基礎技術とも共通するSSTO基礎研究おこなわれていた。これらを組み合わせる形でTSTO構想発表された。 まず、HOPE-X大型化たような機体ロケットエンジン推進剤搭載したものを開発する。この機体NASDAのロケットプレーンに類似しているが、ロケットプレーン検討時に判明したとおり軌道速度達しないため、衛星軌道乗らずそのまま大気圏再突入して、滑走路着陸する。この機体技術実験機というだけでなく、使い捨てロケット搭載して衛星打ち上げることや、準軌道宇宙観光などに使用できるとしている。 次にジェットエンジン搭載した極超音速飛行機開発する。このエンジンATREX呼ばれラム圧縮で高温になった空気を、液体水素利用した熱交換器冷却し水素燃料ターボジェットエンジン供給するこのためスクラムジェットエンジンとは異なり最大速度マッハ5程度にとどまる。この機体に、前述のロケットプレーン型機を背負い式に搭載し空中発射することで二段スペースプレーン実現するというものである。 この構想鍵を握るのはATREXエンジン実用化であるが、エンジン搭載した最初の実験機の開発2015年前後考えられていることからTSTO開発それより後になる

※この「JAXA」の解説は、「二段式宇宙輸送機」の解説の一部です。
「JAXA」を含む「二段式宇宙輸送機」の記事については、「二段式宇宙輸送機」の概要を参照ください。


JAXA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 06:04 UTC 版)

ROBOTICS;NOTES」の記事における「JAXA」の解説

瀬乃宮 健一郎(せのみや けんいちろう) 声 - 小山武宏 あき穂やみさ希の父親。JAXAの種子島宇宙センター所長かつてはデキる人物だったらしいが、今は優しく頼り甲斐無さそうおじさんになっている天王寺 綯(てんのうじ なえ) 声 - 山本彩乃 JAXAの職員で、前作『STEINS;GATE』登場人物1人20歳。 いつもぽわっとした笑顔浮かべており、誰に対して気さくに接する。歳が近いこともあってロボ部面々ともまるで友人のように接するが、本人曰く媚び方を心得ている」らしく上層部掛けあってガンつくプロジェクト出資決めさせるなど侮れない力の持ち主。「目が笑っていない」と言われるのがコンプレックス愛車は「さやいんげん号」と名付けた空色の自転車。キルバラのランク200位台。「変な二つ名付けるのが趣味近所のおじさん」からは、格ゲー四天王入りする実力指して暴走小町(フラットアウト・プリンセス)」と呼ばれていた。 実は三百人委員会対抗する組織一員であり、『S・ブラウン』のコードネームを持つ。徒手格闘秀でており、武装した相手数人無力化する程の腕前澤田は彼女に会ったことはないが『S・ブラウンコードネームを持つ人物種子島にいる』ことを知っており、海翔に彼女を頼るようにと伝えた

※この「JAXA」の解説は、「ROBOTICS;NOTES」の解説の一部です。
「JAXA」を含む「ROBOTICS;NOTES」の記事については、「ROBOTICS;NOTES」の概要を参照ください。


JAXA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 22:56 UTC 版)

単段式宇宙輸送機」の記事における「JAXA」の解説

日本では2009年現在宇宙航空研究開発機構 (JAXA) が宇宙開発一元的担っているが、その統合母体となった3機関では、それぞれSSTO開発構想を持っていた。 まず航空宇宙技術研究所 (NAL) は、スペースプレーン開発を掲げスクラムジェットエンジン研究に取組んできた。この研究そのままJAXAにも引き継がれている2009年現在は、前述した複数エンジン搭載しなければならない問題に対処するため、スクラムジェットエンジンロケットエンジン機能単一のエンジンで持つ、複合サイクルエンジン研究している。 宇宙開発事業団 (NASDA) は、ロケットエンジンで垂直離陸し着陸するロケットプレーンと称する構想発表したことがある。この機体開発構想というよりロケットSSTO開発必要な技術整理するためのスタディーと呼ぶべきものであったこの結果ロケットSSTOであっても当時技術では機体構造重量超過エンジン性能不足により衛星軌道到達できないことが判明した一方宇宙科学研究所 (ISAS) では、まずHIMES呼ばれる着陸SSTO研究が行われた。これは、離陸に際してリニアモーター使用したカタパルトや、気球による空中打ち上げ利用することで本体性能補おうしたものであったが、実現しなかった。 ISASではその後HIMESエンジン技術引き継いでATREX研究続けられている。 JAXAでは、ATREX実用化対象としてTSTO構想示している二段式宇宙輸送機#JAXA)。 垂直離着陸SSTO要素技術としては、ISASRVT開発している。RVT垂直離着陸SSTO要素技術である、ロケットエンジンによる垂直離着陸と、そのような機体繰り返し飛行させ、故障があっても飛行中止して安全に帰還できる技術の開発目的としている。本計画統合後継続されており、当面の目標として微少重力実験高層大気観測目的とした小型ロケット代替する、低コスト準軌道実用化を掲げている。

※この「JAXA」の解説は、「単段式宇宙輸送機」の解説の一部です。
「JAXA」を含む「単段式宇宙輸送機」の記事については、「単段式宇宙輸送機」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「JAXA」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「JAXA」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「JAXA」の関連用語

JAXAのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



JAXAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
JAXAJAXA
Copyright 2022 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宇宙航空研究開発機構 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの二段式宇宙輸送機 (改訂履歴)、ROBOTICS;NOTES (改訂履歴)、単段式宇宙輸送機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS