ひまわり9号とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ひまわり9号の意味・解説 

ひまわり9号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/03 04:01 UTC 版)

ひまわり9号は、気象庁(JMA)が開発三菱電機が製造し、三菱重工業宇宙航空研究開発機構(JAXA)が2016年11月2日にH-IIAロケット31号機で打ち上げに成功した[注 1]静止気象衛星である。7号以前のひまわりに比べて観測バンド数が大幅に増えたため『静止地球環境観測衛星』とも呼ばれる[5]。運用時期以外はすべてひまわり8号と同じ。




注釈

  1. ^ H-IIAロケット13号機以降は、打ち上げ事業は三菱重工業に移管され、JAXAは打ち上げ安全監理業務(地上安全確保業務、飛行安全確保業務、カウントダウン時の総合指揮業務等)を担当している[4]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j 新しい気象衛星 -ひまわり8号・9号- (PDF)”. 気象庁 (2014年3月). 2014年10月7日閲覧。
  2. ^ ひまわり8・9号”. 三菱電機 (2014年10月7日). 2014年10月7日閲覧。
  3. ^ a b 放射計(AHI)”. 気象衛星センター. 2014年10月7日閲覧。
  4. ^ H-IIAロケットとは”. 宇宙航空研究開発機構. 2014年10月8日閲覧。
  5. ^ “静止地球環境観測衛星「ひまわり8 号及び9 号」の紹介” (プレスリリース), 気象衛星センター技術報告, (2013年2月), http://www.data.jma.go.jp/mscweb/technotes/msctechrep58-3.pdf 2015年8月2日閲覧。 
  6. ^ ひまわり8号・9号”. 気象衛星センター. 2016年2月23日閲覧。
  7. ^ “平成26年度気象庁関係予算決定概要” (PDF) (プレスリリース), 気象庁, (2013年12月24日), http://www.jma.go.jp/jma/press/1312/24a/26kettei.pdf 2014年10月9日閲覧。 
  8. ^ 赤石一英「ひまわり運用等事業について (PDF) 」 、『測候時報』第79巻1-2、気象庁、2012年、 1-14頁、 ISSN 1342-5692
  9. ^ a b “2015年予定の「ひまわり8号」運用開始に向けて 「ひまわり8号/9号」運用等事業 地上設備の現地工事完了のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 宇宙技術開発, (2013年10月7日), http://www.sed.co.jp/images/sednews_20131007.pdf 2014年1月12日閲覧。 
  10. ^ a b “三菱電など、「ひまわり8号/9号」の地上設備の据え付け工事を完了”. 日刊工業新聞. (2013年10月8日). http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0320131008bjao.html 2013年10月13日閲覧。 
  11. ^ “気象衛星「ひまわり」、江別で管制 台風少ない道内に副局設置”. 北海道新聞. (2013年10月8日). オリジナル2013年10月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131016043931/http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/496704.html 2013年10月13日閲覧。 
  12. ^ 「ひまわり8号」プロジェクトマネージャーに聞く”. 三菱電機 (2014年9月16日). 2016年11月2日閲覧。


「ひまわり9号」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ひまわり9号」の関連用語

ひまわり9号のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

パッチ

猿庫の泉

ゴホンアカシマホンヤドカリ

感度分析

FOMA F705i

軒高

RSS

プラズマ加工





ひまわり9号のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのひまわり9号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS