フォローとは? わかりやすく解説

フォロー

英語:follow

フォローとは、フォローの意味

フォロー(follow)とは、もともと「追う」「後に続くという意味の英語であり、特にソーシャルメディアにおいて特定のアカウント活動を追うこと、および、その機能のことである。フォローの語源である英語の「follow」は、「追う・次ぐ・継ぐ・続く」といったイメージを持つ例えば、「follow me」は「ついて来なさい」という意味であり、「follow about~」は「~にずっとつきまとうという意味である。フォローの語は基本的に特定の誰かや、ものの後を追いかける行為について、用いる言といえる

一方、フォローの派生的な意味合いとして「関心を持つ」というイメージ使われることがあるこの場合のフォローとは、単に興味を抱くだけでなく、対象の動向継続的に追っていくことを指す。英語で「I followed him」という文があったなら、「私は彼に注目した」との意味使われている可能性がある

フォローの類義語

フォローの類義語には、「サポート」「チェイス」などが挙げられるサポートは、脇役立場から「支える」「協力する」といったニュアンス含んでいるので、フォローと違う文脈使われることが多い。「チェイス」は、運動として「追いかける」状態を表す。フォローの「追う」には精神的な意味合い込められており、やはりチェイスとは異なる。それに、チェイスの場合は相手自分から逃げているイメージをともなう。フォローは、あくまで相手後に続いているだけである。

日本語圏におけるフォローの使い方

日本語圏におけるフォローは名詞であり、基本的には「フォローをする」「フォローをされた」といった表現をされる。しかし、動詞として「フォローする」のように使われるケース少なくない。フォローにはさまざまな意味が含まれているので、シチュエーションを問わず登場する語句でもある。特に、ビジネスシーンにおいてはかなりの頻度で「フォローする」という表現用いられている。

例えば、誰か起こした事象引き継ぐイメージから、「後処理をする」という意味でフォローを使う機会も多い。「先輩後輩フォローするといえば、「先輩後輩面倒を見るという意味になる。もしくは後輩失態に対し、「先輩始末をする」との文意を持つ。なお、ビジネスシーンで「フォロワーといわれるとき、リーダー支えてプロジェクト成功に導く同志たちを意味する要するに、「仲間」のことである。そのほか経過観察意味するフォローアップ」という言葉ビジネスシーンではよく使われる

ゴルフのような球技では、「フォロースルー」という言葉出てくる。ゴルフの場合、スイングをして完全に腕を振り切った状態をフォロースルー表現するフォロースルー美しいとボール飛距離伸びるといわれているので、「フォロースルー意識して振ろう」といった使い方をされてきた。ここでのフォローには、ボール打った後に「続く」との意味込められている。

SNSやソーシャルメディアにおけるフォローの使い方

SNSソーシャルメディア機能にも「フォロー」が存在するTwitterInstagramFacebookでは、特定のアカウントフォローすることが可能だフォローし後は、そのアカウント投稿自分のタイムライン表示される相手投稿リアルタイムで追えるようになるので、自分から検索をする手間が省ける。主に、関心のあるアカウントに対して利用する機能といえる。なお、フォローしているアカウントを「フォロワー」、フォローされているアカウントを「フォロイーと呼ぶ2つアカウントお互いフォローしていると、「相互フォロー」となる。

フォロワー数の多いアカウントは、インターネット上巨大な影響力を持つことも少なくない宣伝用の投稿行ったときに、フォロー数が多い拡散力が強まからであるそのため、ビジネスアカウント芸能人は、フォロワー増やすためにさまざまな工夫施しながらSNS利用している。

SNSでフォローを増やすためのポイントは、「内容」と「投稿タイミング」である。大前提として、多くの人関心を持ってくれる投稿しなければフォロワー増えない美し画像有益な情報トレンドに関する言及などが、フォロワー増やしやすい投稿である。そして、需要のある投稿高頻度かつ、最適なタイミングで行うことが必要であるSNSには早朝15時前後など、拡散されやすい時間帯がある。そこで投稿をすれば、ほかの時間帯よりもフォロワー急増する確率は高い。

フォローバックフォロバ)」とは、誰かフォローされたとき、自らも相手フォローし返すことである。「フォロー返し」とも呼ぶ。ただし、フォローバック意図SNSユーザーによって異なる。深い意味はなく誰でもフォローバックする人もいれば、関心のある相手にしか返さないケース少なくないそのため、フォローバック意図をめぐってトラブル起こ可能性もある。

フォローリクエスト」とは、公開範囲限定している相手にフォローを許可してもらうため、申請を送る行為である。SNSユーザーによっては、不特定多数投稿閲覧される状況を嫌う。そこで、彼らはフォローリクエストチェックし問題ない認めた相手のみでタイムライン形成する当然ながらフォローリクエスト拒否されユーザーは、相手投稿見ることできない。そして、相手のフォローを外す行為が「フォロー解除」である。フォローを解除したアカウント投稿は、自分のタイムライン流れてこなくなる。そして、フォロワー見直し害のありそうアカウントブロックしたりミュートしたりする作業を「フォロー整理と呼ぶ

主に若者世代にとって、SNSフォロワー大きな関心である。こうしたトレンドを踏まえ2019年10月にはAbemaTVで「フォローされたら終わり」という連続ドラマ放送された。話題アカウントフォローした元クラスメイトたちが、不思議な体験をするという物語である。「フォローされたら終わり」ではSNSにまつわる危険性スリルが、エンターテイメントとして表現されている。

フォロー【follow】

読み方:ふぉろー

[名](スル)

足りないところや仕損じところをあとから補うこと。「初心者ベテランが—する」

一段落したあともさらに追い続けたり、何かことがあれば処置したりすること。「停戦後経過を—する」

following windの略》ゴルフで、打球追いやるように吹く風。転じて情勢有利であること。「業界に—の状況が続く」⇔アゲンスト

スポーツで、ボール持ったプレーヤーのあとにいて補助をすること。「ゴールポスト当たったボールを—して再び押し込む

ツイッター・フェースブック・インスタグラムなどのソーシャルメディアで、他人投稿自分のページタイムライン)で見られるよう登録すること。→アンフォロー


フォロー

【英】follow

フォローとは、「追う」「従う」「関心をもつ」「傾聴するなどのような意味を持つ英語であるが、IT用語としては、Twitterをはじめとするソーシャルサービスにおいて、他のユーザー動向を知ることができるようつながりを得ることである。特にTwitterにおいては対象ユーザーツイート受信するように登録すること、および、そうしてツイート受信している状態のことである。

あるユーザーフォローし場合自分はそのユーザーの「フォロワー」である、と形容される。互いに互いフォローしている関係は「相互フォロー」と呼ばれることが多い。

Twitterユーザーフォローすると、そのユーザーツイート自分のホームタイムライン上に表示される複数気になるユーザー動向を、リアルタイムに、ページあちらこちら移動することなく追跡することができる。

Twitterにおけるフォローは、一般的なソーシャルサービスいわゆる友だち」関係とは異なりフォローする際に申請して相手承認を得る必要はない。フォローは一方向的であり自分フォロワーとなっただけで相手フォローされこともないTwitterでは自分のフォロワー自分フォローしている相手に対して第三者公開されないダイレクトメッセージ」を送ることができる。相手から自分へダイレクトメッセージ受け取場合には、自分相手フォローしてフォロワーになって)おく必要がある


フォロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/12 02:30 UTC 版)

Medium (Webサービス)」の記事における「フォロー」の解説

ユーザーは、他のユーザーや、パブリケーション、タグフォローすることができる。Mediumは、各ユーザーのフォローの内容閲覧履歴をもとにして、ユーザーへのおすすめの記事ピックアップし、各ユーザートップページ表示する

※この「フォロー」の解説は、「Medium (Webサービス)」の解説の一部です。
「フォロー」を含む「Medium (Webサービス)」の記事については、「Medium (Webサービス)」の概要を参照ください。


フォロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 14:49 UTC 版)

WorldCosplay」の記事における「フォロー」の解説

コスプレイヤーのプロフィールページにある「フォローする」を押すと、そのコスプレイヤー新着投稿自身のアクティビティタイムライン表示できる

※この「フォロー」の解説は、「WorldCosplay」の解説の一部です。
「フォロー」を含む「WorldCosplay」の記事については、「WorldCosplay」の概要を参照ください。


フォロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 21:37 UTC 版)

LINE ブラウンファーム」の記事における「フォロー」の解説

LINE友だちではない他のユーザー友だちリスト追加する機能最大5名まで。

※この「フォロー」の解説は、「LINE ブラウンファーム」の解説の一部です。
「フォロー」を含む「LINE ブラウンファーム」の記事については、「LINE ブラウンファーム」の概要を参照ください。


フォロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 18:13 UTC 版)

ゴルフ」の記事における「フォロー」の解説

追い風」のこと。和製英語無風状態よりキャリーがより増えることがある

※この「フォロー」の解説は、「ゴルフ」の解説の一部です。
「フォロー」を含む「ゴルフ」の記事については、「ゴルフ」の概要を参照ください。


フォロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 18:13 UTC 版)

ゴルフ」の記事における「フォロー」の解説

英語の follow (〜に従うという意味動詞から生まれた和製英語。英語では tailwind などと言う

※この「フォロー」の解説は、「ゴルフ」の解説の一部です。
「フォロー」を含む「ゴルフ」の記事については、「ゴルフ」の概要を参照ください。


フォロー (follow suit)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/22 23:56 UTC 版)

トランプ用語一覧」の記事における「フォロー (follow suit)」の解説

主にトリックテイキングゲームにおいて、台札と同じスートカードを出すこと。

※この「フォロー (follow suit)」の解説は、「トランプ用語一覧」の解説の一部です。
「フォロー (follow suit)」を含む「トランプ用語一覧」の記事については、「トランプ用語一覧」の概要を参照ください。


フォロー (follow)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 01:33 UTC 版)

Twitter」の記事における「フォロー (follow)」の解説

他のユーザーツイート自分のタイムライン表示できるようにユーザー自分のフォローリストに登録すること。相手ユーザーフォロワーになるということ。相手設定によってはフォローされたことが通知されるツイート公開にしているユーザーの場合は設定した時点ですぐにフォローとなるが、ツイート非公開にしているユーザーフォローする場合は、設定する相手リクエスト送ることになり、相手承認した時点でフォローとなる。自分フォローしているプロテクトユーザーをフォローする場合でも相手承認が必要。

※この「フォロー (follow)」の解説は、「Twitter」の解説の一部です。
「フォロー (follow)」を含む「Twitter」の記事については、「Twitter」の概要を参照ください。


フォロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 09:37 UTC 版)

キャプテン翼II スーパーストライカー」の記事における「フォロー」の解説

相手スルーをした場合は、スルー後のボール狙って取りに行く相手トラップをした場合は、即座に地上接触した状態へと移る。こぼれ球を拾う確率上昇する

※この「フォロー」の解説は、「キャプテン翼II スーパーストライカー」の解説の一部です。
「フォロー」を含む「キャプテン翼II スーパーストライカー」の記事については、「キャプテン翼II スーパーストライカー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「フォロー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

フォロー

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 12:50 UTC 版)

語源

発音

名詞

フォロー

  1. 追跡
  2. 移動撮影
  3. 和製英語フォローアップの略)補助動向注視し、必要に応じ応援すること。

動詞

フォロー-する

  1. (他動詞) 先行するものに従う真似る倣う
  2. (他動詞, 和製英語, フォローアップの略) 必要に応じて応援したり、方針変えたりするために動向注視して把握する。
  3. (他動詞, 和製英語) 欠点足りない点を補う困っている人や悩み事などを手助けする
  4. (他動詞, インターネット) ソーシャルネットワークサービスにおける個々のアカウントなどを指定登録し、それらからの発信自動的に配布されたり表示されたりする機能を使う。

活用


「フォロー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「フォロー」に関係したコラム

  • FXやCFDの線形回帰トレンドとは

    FXやCFDの線形回帰トレンドとは、2つの期間におけるトレンドのラインを描画するテクニカル指標のことです。線形回帰トレンドは指定した期間の価格の中心ラインを通ります。上の図は日経平均株価(日経225)...

  • FXやCFDのシャンデクロールストップとは

    FXやCFDのシャンデクロールストップ(Chande Kroll Stop)とは、テクニカル指標のATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)を元にしたテクニカル指標のことです。シャンデクロールストップは、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

フォローのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フォローのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリフォローの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのMedium (Webサービス) (改訂履歴)、WorldCosplay (改訂履歴)、LINE ブラウンファーム (改訂履歴)、ゴルフ (改訂履歴)、トランプ用語一覧 (改訂履歴)、Twitter (改訂履歴)、キャプテン翼II スーパーストライカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのフォロー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS