子供一人とは? わかりやすく解説

子供一人

作者川端康成

収載図書愛する人達 78改版
出版社新潮社
刊行年月2006.3
シリーズ名新潮文庫


子供一人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/04 07:59 UTC 版)

母の初恋」の記事における「子供一人」の解説

この春、女学校出たばかりの芳子病院で、激しいつわり苦しみお産ができるかどうか危ぶまれていた。そんな未熟な幼な妻母体危機を夫・元田いたわり見守っていた。田舎町造り酒屋の娘・芳子卒業間近、親の縁談嫌がり畳屋息子で、苦学し去年大学出て働いていた元田アパート逃げて行ったのだった芳子妊娠し2人結婚許されたため、芳子死んでも産むと言い張り自分死んだ後に夫が日常のことに困らないように書きつけた「遺言状」まで作っていた。 やがて不安は薄れ芳子食欲増し、どんどん太ってきた。しかし芳子平気で煙草吸い、人が変わったように下品になり、夫に反抗的態度を取るようになってきた。芳子病的な嫉妬悩まされ女中辞めさせ、夫が母体心配して医者中絶頼んだことさえも逆恨みし、被害妄想陥った精神に異常をきたした芳子自分でも自覚して宗教書などを読んだりしたが、被害妄想収まらず、夫に虐待されているから離婚すると里へ手紙出したりした。辞めていった女中芳子実家様子伝えていたため、迎えにきた芳子の姉は、元田責めなかった。芳子は戻るつもりらしく「遺言状」が残してあった。不可解な女心元田の胸にしみた。 やがて無事に出産したという電報来て元田芳子産室へ行くと、にっこり笑って再び可憐な少女のような芳子戻り赤ん坊に乳を含ませていた。元田信じられないような奇怪な思いで芳子幾つも人間変えて魔術師のように翻弄したとも思えるあどけない猿のような新し生き物が母の乳を強い力で吸っているのを見つめていた。

※この「子供一人」の解説は、「母の初恋」の解説の一部です。
「子供一人」を含む「母の初恋」の記事については、「母の初恋」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「子供一人」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「子供一人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

子供一人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



子供一人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの母の初恋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS