責めとは?

せめ【責め】

精神的肉体的苦痛与えこらしめること。せめること。「責めを食う」

負わされた任務責任義務。「責めを果たす」

刀の鞘(さや)、扇子などの端からはめて留めるたがのような輪。

邦楽舞踊で、終曲近く高声になったり、急調子になったりする部分

横笛で、強く吹いて高く鋭い音を出すこと。また、その音。


せめ【責】

〔名〕 (動詞「せめる(責)」の連用形名詞化

① 責めること。苦しめること。とがめ。呵責(かしゃく)。

源氏100114頃)夢浮橋御志深かりける御中を背(そむ)きて、あやしき山賤(やまがつ)の中に出家給へる事、かへりては仏のせめ添ふべき事なるをなん承り驚き侍る

太平記14C後)三七或は父兄の道を違へ、或は主従の義を背(そむ)く故(ゆゑ)に天の譴(セメ)あるに非(あら)ずや」

負債また、負い目

大智度論平安初期点(850頃か)「責(セメ)を負へるとき、責主之(これ)を索めば、当(まさ)に歓喜すべし」

責任

日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉六「何ぞ必ずしも責を一二執政者過失帰すべけんや

拷問

平家13C前)二「井にふたをし、火にをかけ、水火のせめにおよぶ」

談義本根無草(1763‐69)前「剣の山の責(セメ)一等を許彼が好む処の釜いりに仕らん」

(5) 日本音楽および日本舞踊などで、終曲近く高声急調子になる部分責念仏などと用いる。

名語記(1275)六「舞のをはりのせめ、如何

(6) 能狂言の型の一つ閻魔(えんま)大王その手下の鬼が亡者を責めて追いたてる動作表現したもの。笛・大小の鼓(つづみ)・太鼓囃子(はやし)がつく。

*虎明本狂言朝比奈室町末‐近世初)「『いかにざい人、いそげとこそ』せめ一だん」

(7) 篳篥(ひちりき)・刀のさや・扇子からかさなどの端からはめて留めて置くたがのような輪。

*十操記(870‐924頃)「喘者吹出吹終責音、不拍子指使

(8) 笛の吹き方の一つ強く吹いて、高い澄んだ音を出すこと。

(9) 浪曲で、けんか・火事などの緊迫した情景描写用いる節。


責め


責め

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

責め(せめ)

責槽せめぶね)から出る酒をいう。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「責め」の関連用語

責めのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



責めのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2022 Japan Sake Brewers Association

©2022 GRAS Group, Inc.RSS