務めとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 務めの意味・解説 

つとめ【勤め/務め】

当然果たさなければならない事柄任務義務。「税金納めることは国民の―だ」

官公庁会社などに雇われて、働くこと。勤務。「一日の―を終える」

仏道修行また、僧侶日課として行う勤行(ごんぎょう)。「朝夕の―を欠かさない」

遊女などが稼業として客の相手をすること。

「あの娼妓は、あなたにゃあ―をはなれた、仕うちでげすぜ」〈魯文安愚楽鍋

遊女揚げ代。また一般に支払うべき金銭勘定

四十ばかりの女、…―をとりにきたり」〈滑・膝栗毛・六〉


務め

読み方:つとめ

マ行下一段活用動詞「務める」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

務め

出典:『Wiktionary』 (2020/02/23 05:16 UTC 版)

漢字混じり表記

(つとめ)

  1. つとめ参照



務めと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「務め」の関連用語

務めのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



務めのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの務め (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS