女神とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > 人形 > 女神の意味・解説 

おみな‐がみ〔をみな‐〕【女神】

読み方:おみながみ

晴天祈って作る紙人形てるてる坊主の類。

「女神」に似た言葉

じょ‐しん〔ヂヨ‐〕【女神】

読み方:じょしん

女性の神。めがみ。


め‐がみ【女神】

読み方:めがみ

女性の神。⇔男神(おがみ)。「勝利の—がほほえむ」「自由の—」

[補説] 日本神話では特に伊弉冉尊(いざなみのみこと)を指し、「陰神」「妻神」とも書く。


女神

作者太宰治

収載図書太宰治全集 9
出版社筑摩書房
刊行年月1989.5
シリーズ名ちくま文庫

収載図書太宰治全集 8
出版社筑摩書房
刊行年月1990.8

収載図書文豪ミステリ傑作選 太宰治
出版社河出書房新社
刊行年月1998.10
シリーズ名河出文庫

収載図書太宰治全集 10 小説
出版社筑摩書房
刊行年月1999.1

収載図書津軽通信 21改版
出版社新潮社
刊行年月2004.10
シリーズ名新潮文庫

収載図書大活字版 ザ・太宰治全小説全二冊 下巻
出版社第三書館
刊行年月2006.10


女神

作者舟崎克彦

収載図書幽霊
出版社北宋
刊行年月1990.5
シリーズ名北宋コレクション


女神

作者山本道子

収載図書女神
出版社講談社
刊行年月1997.6


女神

作者星新一

収載図書妄想銀行
出版社双葉社
刊行年月1999.11
シリーズ名双葉文庫

収載図書星新一ショートショートセレクション 3 ねむりウサギ
出版社理論社
刊行年月2002.1


女神

作者三島由紀夫

収載図書決定版 三島由紀夫全集 5 長編小説
出版社新潮社
刊行年月2001.4


女神

作者フランチェスカ・リア・ブロック

収載図書Nymph妖精たちの愛とセックス
出版社アーティストハウス
刊行年月2002.1
シリーズ名BOOK PLUS


女神

作者小池昌代

収載図書裁縫師
出版社角川書店
刊行年月2007.5


女神

読み方:メカミ(mekami)

所在 静岡県牧之原市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

女神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/07 02:58 UTC 版)

女神(めがみ)とは、女性の姿を持つのこと。


  1. ^ 千葉公慈 『知れば恐ろしい 日本人の風習』 河出文庫 2016年 ISBN 978-4-309-41453-9 p.103.
  2. ^ バウボ』 - コトバンク
  3. ^ 古川のり子 『昔ばなしの謎 あの世とこの世の神話学』 角川ソフィア文庫 2016年 ISBN 978-4-04-400080-6 p.104.
  4. ^ 『女性はにわ その装いとしぐさ』 埼玉県立博物館 1998年 p.28.
  5. ^ フィリップ・ヴァルテール『ユーラシアの女性神話-ユーラシア神話試論Ⅱ』(渡邉浩司・渡邉裕美子訳)中央大学出版部2021年 ISBN 978-4-8057-5183-1、202頁。
  6. ^ 関裕二 『寺社が語る秦氏の正体』 祥伝社新書 2018年 ISBN 978-4-396-11553-1 pp.33 - 36.


「女神」の続きの解説一覧

女神(「新」ではビーナス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/09 02:51 UTC 版)

ゲーム帝国」の記事における「女神(「新」ではビーナス)」の解説

「女神の四の字固めコーナー担当の女神(『新ゲーム帝国』では、「ビーナス電脳空間コーナー担当)。銀河一の美貌自称)と高飛車な性格人気を博し、毎週膨大な量の変態ハガキ格闘していた。後期エロ見せかけて日常風景を描く「まぎらわシリーズ」でコーナー埋め尽くされた。また、まぎらわシリーズ」にはエロではなく一見バイオレンス内容と思いきや、「ただ魚料理をしているだけ」と一風変わったものが採用された事があるまた、たまに来るマトモ質問お悩み相談等)が採用される事もあり、その場合は意外と親切な回答をする。特に質問に対して女性側の視点から見た上で回答が多い。

※この「女神(「新」ではビーナス)」の解説は、「ゲーム帝国」の解説の一部です。
「女神(「新」ではビーナス)」を含む「ゲーム帝国」の記事については、「ゲーム帝国」の概要を参照ください。


女神(ゲスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 03:12 UTC 版)

女神のキセキ」の記事における「女神(ゲスト)」の解説

大原麗子三原じゅん子美輪明宏 石原真理 加藤登紀子アグネス・チャン 安達祐実杉田かおる 70年代アイドル太田光代江利チエミ 川島なお美 夏目雅子 泉ピン子 池上季実子浅香唯クミコ 西原理恵子松田美由紀 美空ひばり 杉本彩シルク 梶芽衣子テレサ・テンドリームモーニング娘。

※この「女神(ゲスト)」の解説は、「女神のキセキ」の解説の一部です。
「女神(ゲスト)」を含む「女神のキセキ」の記事については、「女神のキセキ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「女神」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

女神

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 05:22 UTC 版)

和語の漢字表記

 

  1. めがみを参照

「女神」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



女神と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

女神のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



女神のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの女神 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのゲーム帝国 (改訂履歴)、女神のキセキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの女神 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS