セックスとは? わかりやすく解説

セックス【sex】

読み方:せっくす

[名](スル)

生物上の男女雌雄の別。性。→ジェンダー2

性の交わり求め欲望性愛また、性交


セックス

作者フィリスR.ネイラー

収載図書アリスの恋テスト
出版社講談社
刊行年月1999.8
シリーズ名講談社 青い鳥文庫


Sex

(セックス から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/25 09:25 UTC 版)

性交の1つとして、異性のお互いの性器を交わす行為をSEX(セックス)と呼ぶ。主に男性器女性器に挿入しピストン運動をする。
快楽や愛情表現を目的として行われることも多く、必ずしも生殖に結びつかない。異性間のセックスは主に男性器及び女性器を用いるので、肛門を使用する場合は肛門性交にあたる。
快楽目的や同性愛においては、同性同士での肛門性交はセックスと呼ばれる場合がある。それは男性器同士では挿入することが出来ないためである。主に肛門という意味のanal sexと呼ばれている。




「Sex」の続きの解説一覧

セックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 18:30 UTC 版)

Sex」の記事における「セックス」の解説

セックス (かかしの曲) セックス (岡村靖幸の曲) - 岡村靖幸の曲。 セックス山

※この「セックス」の解説は、「Sex」の解説の一部です。
「セックス」を含む「Sex」の記事については、「Sex」の概要を参照ください。


セックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 23:34 UTC 版)

日刊ゲンダイ」の記事における「セックス」の解説

ゲンダイ具体的な売春情報掲載し好評得た。現在でも性風俗関連特殊営業風俗店)の広告を受けることが多く、特に内外タイムス改めリアルスポーツ廃刊後は関東地方風俗店関連した三行広告ゲンダイ夕刊フジ集中するようになったその一方で、風俗専門雑誌インターネットなどとの競争にもさらされている。 「内外タイムス#歴史」も参照 2011年平成23年10月26日風俗適正化法違反無届け業者広告宣伝禁止ほう助疑い逮捕され違法マッサージ店関連広告掲載先として、警視庁が日現代社などを家宅捜索している。

※この「セックス」の解説は、「日刊ゲンダイ」の解説の一部です。
「セックス」を含む「日刊ゲンダイ」の記事については、「日刊ゲンダイ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「セックス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

セックス

出典:『Wiktionary』 (2021/08/23 21:36 UTC 版)

語源

英語: sex転写

名詞

セックス

  1. 性交交接
  2. 男女雌雄性別

発音(?)

せ↘っくす

関連語

動詞

活用


「セックス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

セックスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



セックスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2022, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSex (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのSex (改訂履歴)、日刊ゲンダイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのセックス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS