オスとは? わかりやすく解説

お・す

[動サ特活近世江戸遊里語

「ある」「居る」の丁寧語ありますございますおります

「まだ妹も—・すから」〈洒・甲子夜話

補助動詞形容詞のウ音便形、形容動詞指定助動詞「だ」の連用形「で」に付いて、丁寧の意を表す。(で)ございます。(で)あります

「主(ぬし)の心意気未だ詳かならずで—・すよ」〈黄・盧生夢魂

[補説] 活用は、連用形「おし」、終止形「おす」の用例みられる


お‐す〔を‐〕【小×簾】

読み方:おす

小さい簾(すだれ)。また、簾。

玉だれの—の外には」〈一葉暁月夜


お・す【押す】

読み方:おす

[動サ五(四)

動かそうとして上や横から力を加える

向こうへ動かそうとして力を加える。「荷車を—・す」「—・しても引いて動かない

(ろ)を使って舟を進める。「を—・す」

圧力を加える

㋐(「圧す」とも書く)上から重みを加える。「重石(おもし)で—・す」

㋑(「捺す」とも書く)印判などを押しつけて形を写す。「判を—・す」

はりつける。「箔(はく)を—・す」

状態・事柄をある基点から先へ進めようとする。

強力に迫る。「いま一押し—・せば要求通せる

威力押さえつける優勢になる圧倒する。「大資本に—・される」

そのままで物事進める。「この方針で—・していく

無理にする。強行する。「病を—・して出席する

確かめる。「念を—・す」「駄目を—・す」

テレビ演劇などで、予定した時間よりも遅れる。「開始時間10分—・す」⇔巻く。

一面に行き渡らせる

春日山—・して照らせるこの月は妹(いも)が庭にもさやけかりけり」〈万・一七四

軍勢進める。攻める。

「岨(そば)伝ひに—・す」〈甲陽軍鑑三五

[可能] おせる

[下接句] 尻(しり)を押す・太鼓のような判を捺(お)す・太鼓判を捺す・駄目(だめ)を押す・念を押す・判で押したよう横に車を押す横車を押す烙印(らくいん)を押される


おす

[感]若い男性どうしが出会ったときに使うあいさつ語親しい間柄使われる。おっす。

[補説] 「押忍」とも当てて書く。


お・す【推す】

読み方:おす

[動サ五(四)《「押す」と同語源》

人や事物を、ある地位・身分ふさわしいものとして、他に薦める推薦する。「候補者に—・す」「優良図書に—・す」

あること根拠として、他のことを判断する推し量る。「彼の口ぶりから—・すと失敗したらしい」

さらに突き詰めて考える。「その点を—・していくと、問題の本質明らかになる

[可能] おせる


おす〔をす〕【雄/×牡】

読み方:おす

動物の性別で精巣をもち、精子をつくるほう。また、植物雄花をつけるもの。お。⇔雌(めす)。

雄ねじ。またはコネクターなどの接続部品において、接続部が凸になっている側(ピン)。⇔雌。

「雄」に似た言葉

お・す〔をす〕【食す】

読み方:おす

[動サ四]

治める」の尊敬語統治なさる。しろしめす

大君の命(みこと)かしこみ—・す国の事取り持ちて」〈四〇〇八〉

「食う」「飲む」の尊敬語召し上がる。

「献(まつ)り来し御酒(みき)ぞ残(あ)さず—・せ」〈記・中・歌謡〉

「着る」の尊敬語お召しになる。

「臣(おみ)の子(たへ)のはかまを七重(ななへ)—・し」〈雄略紀・歌謡


同義/類義語:オス
英訳・(英)同義/類義語:male

有性生殖をする生物で、精子雄性配偶子)を作る個体

食す

読み方:オス(osu

(1)「食う」「飲む」「着る」などの尊敬語
(2)天皇などが「治める」ことの尊敬語


オス

名前 Os

オス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 15:13 UTC 版)

オスおす、雄)




「オス」の続きの解説一覧

「オス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「オス」に関係したコラム

  • 株式市場の01銘柄とは

    株式市場の01銘柄とは、4桁の証券コードのうち下2桁が01で終わる証券コードの銘柄のことです。01銘柄は、その業種の代表的な銘柄であることが多く、株価の値動きは市場関係者から注目されています。次の表は...

  • 株式の小型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

オスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリオスの記事を利用しております。
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS