丁寧語とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 丁寧語の意味・解説 

ていねい‐ご【丁寧語】

読み方:ていねいご

敬語の一。話し手聞き手に対し敬意を表して丁寧にいう言い方現代語では「ます」「です」などの助動詞古語では「はべり」「候ふ」などの補助動詞をつけていう。

[補説] 「(で)ございます」は「ます」「です」よりも高い敬意を表す。


丁寧語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 14:09 UTC 版)

敬語」の記事における「丁寧語」の解説

話や文章相手に対して丁寧に述べるもの。広義として聞き手に対する配慮を表すもろもろの語を含め場合があるが、文法的に語末使われる現代語の「です」「ます」「ございます」、古語の「はべり」「候ふ」などを指す。 丁寧さ添える「です・ます」で終わ文体敬体普通の「だ」や動詞・形容詞終止形終わ文体常体と呼ぶ。 丁寧を表す語形変化以下の通りであるが文法カテゴリーに応じて語彙変える場合があり、文法的には丁寧語というよりも丁寧体として分析される。 です名詞+繋辞 - 学生だ→学生です(現在)、学生だった→学生でした(過去)、学生ではない→学生ではありません否定)、学生だろう→学生でしょう推測形容動詞 - 綺麗だ綺麗です(現在)、綺麗だった綺麗でした過去)、綺麗ではない→綺麗でありません否定)、綺麗だろう綺麗でしょう推測) ます動詞 - 見る→見ます意志)、見た見ました過去)、見ない見ません(否定)、見よう見ましょう(勧誘ございます形容詞 - 忙しい→忙しゅうございます(現在)、忙しかった忙しゅうございました過去)、忙しくない忙しゅうございません否定)、忙しいだろう忙しゅうございましょう推測ウ音便用いてございます」に接続させる形(例:忙しゅうございます)が伝統的な丁寧体である。形容詞名詞形容動詞用いる「です」を接続させる形(例:忙しいです)は誤りであるとする考え方もあるが、1952年第1回国語審議会これから敬語」では「平明簡素な形として認めてよい」とされた。

※この「丁寧語」の解説は、「敬語」の解説の一部です。
「丁寧語」を含む「敬語」の記事については、「敬語」の概要を参照ください。


丁寧語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 05:59 UTC 版)

日本語」の記事における「丁寧語」の解説

丁寧語は、文末丁寧にすることで、聞き手への敬意を表すものである動詞・形容詞終止形終わ常体に対して名詞・形動詞語幹などに「です」を付けた形(「学生です」「きれいです」)や、動詞に「ます」をつけた形(「行きます」「分かりました」)等の丁寧語を用いた文体敬体という。 一般に目上の人には丁寧語を用い同等目下の人には丁寧語を用いないといわれる。しかし、実際の言語生活に照らして考えれば、これは事実ではない。母が子を叱るとき、「お母さんはもう知りませんよ」と丁寧語を用い場合もある。丁寧語が用いられる多くの場合は、敬意謝意表現とされるが、稀に一歩引いた心理的な距離をとろうとする場合もある。 「お弁当」「ご飯」などの「お」「ご」も、広い意味では丁寧語に含まれるが、宮地裕は特に「美化語」と称して区別する相手への丁寧の意を示すというよりは話し手自分の言葉遣い配慮した表現である。したがって、「お弁当食べようよ。」のように、丁寧体でない文でも美化語用いことがある文化審議会の「敬語の指針」でも「美化語」を設けている。

※この「丁寧語」の解説は、「日本語」の解説の一部です。
「丁寧語」を含む「日本語」の記事については、「日本語」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「丁寧語」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

丁寧語

出典:『Wiktionary』 (2020/08/08 01:41 UTC 版)

名詞

ていねいご

  1. 日本語における敬語一つ。「です」「ます」などがあり、動詞続けて用いることにより、会話文章において、話し手または書き手から聞き手または読み手への敬意表現する
  2. 広義語義1のものに加え名詞前に「お」や「ご」をつけて相手上品印象を与えるもの。名詞によっては「お」「ご」をつけず、対応する丁寧語表現決まっている美化語

発音(?)

ていねいご

または

てーねーご

関連語


「丁寧語」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

丁寧語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



丁寧語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの敬語 (改訂履歴)、日本語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの丁寧語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS