定義とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 定義 > 定義の意味・解説 

てい‐ぎ【定義】

読み方:ていぎ

[名](スル)

物事の意味内容他と区別できるように、言葉で明確に限定すること。「敬語の用法を—する」

論理学で、概念内包明瞭にし、その外延を確定すること。通常、その概念が属す最も近い類と種差挙げることによってできる。


定義

作者佐伯一麦

収載図書川筋物語
出版社朝日新聞社
刊行年月2005.4
シリーズ名朝日文庫


定義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 04:01 UTC 版)

定義(ていぎ)は、一般にコミュニケーションを円滑に行うために、ある言葉の正確な意味や用法について、人々の間で共通認識を抱くために行われる作業。一般的にそれは「○○とは・・・・・である」という言い換えの形で行われる。基本的に定義が決められる場合は1つである。これは、複数の場合、矛盾が生じるからである。ただし例外もある。(例:電子掲示板用語の「キャップ」、CDソフトに付く帯の「キャップ」など。)


  1. ^ tigris 種を "Species tigiris" と表記することは無いが、意味は同じ。
  2. ^ ただしこれは一般向けの極めて簡易で不正確な分類表記である。多角的で数多くの新知見がもたらされたことにより、21世紀の分類学はもはや旧来の表記法では正確性を担保できなくなっているのであり、ここでもそれを示すことはできない。とは言え、本項が論旨とする「属と種」のレベルに限って不正確な所は無い。
  3. ^ このような定義に対して、最近類としてヒト属を示さないのは誤りだ、という主張は見当違いである。というのも、分類学(生物分類学)における類種関係は絶対的なものでなく、文脈によっては分類学とは異なる関係を前提とした定義もあり得るためである。


「定義」の続きの解説一覧

定義(第2条)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 01:31 UTC 版)

ビールの表示に関する公正競争規約」の記事における「定義(第2条)」の解説

ビール」の定義を行っている酒税法に従って定められる麦芽ホップ、および水原料とし発酵させたもの 麦芽ホップおよび米その他の政令定め物品原料として発酵させたもので、その原料中、酒税法定め物品重量合計麦芽重量100分の5を超えないもの「米その他の政令定め物品」は、米、トウモロコシコウリャンデンプンおよび糖類果実乾燥果実煮詰めたもの、濃縮させた果汁などを含む)、コリアンダーなど財務省令定め香味料 上記2項の酒に政令定め物品加えて発酵させたもので、その原料中、政令定め物品重量合計麦芽重量100分の5を超えないもの「政令定め物品」は、上記の目に追加しカラメル胡椒シナモンクローブ山椒などの香辛料カモミールセージバジルレモングラスなどのハーブサツマイモカボチャなどの野菜ソバゴマ蜂蜜食塩味噌、花、茶、コーヒーココア牡蠣昆布ワカメ鰹節

※この「定義(第2条)」の解説は、「ビールの表示に関する公正競争規約」の解説の一部です。
「定義(第2条)」を含む「ビールの表示に関する公正競争規約」の記事については、「ビールの表示に関する公正競争規約」の概要を参照ください。


(第2条)定義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 15:35 UTC 版)

環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約」の記事における「(第2条)定義」の解説

環境改変技術」(environmental modification techniques)とは、「自然の作用意図的に操作することにより地球生物相岩石圏水圏及び気圏を含む。)又は宇宙空間構造組成又は運動変更加え技術」をいう。(第2条

※この「(第2条)定義」の解説は、「環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約」の解説の一部です。
「(第2条)定義」を含む「環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約」の記事については、「環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約」の概要を参照ください。


定義(第2条)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/23 19:06 UTC 版)

旅館業法」の記事における「定義(第2条)」の解説

この法律で「旅館業」とは、旅館・ホテル営業簡易宿所営業及び下宿営業をいう。

※この「定義(第2条)」の解説は、「旅館業法」の解説の一部です。
「定義(第2条)」を含む「旅館業法」の記事については、「旅館業法」の概要を参照ください。


定義(第一条)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/28 20:44 UTC 版)

逃亡犯罪人引渡法」の記事における「定義(第一条)」の解説

第一項「この法律において「締約国」とは、日本国との間に犯罪人引渡に関する条約締結した外国をいう。」(締約国の定義)犯罪人引渡に関する条約他の国と結ばれた場合、この法案則って引渡しが行なわれることを示す。現在条約結んでいない国から逃亡犯罪人引渡し要求があった場合は、第三条二号により「請求国から日本国が行なう同種の請求応ずべき旨の保証」が条件となる。 第二項「この法律において「引渡犯罪」とは、引渡条約において締約国が日本国に対し犯罪人引渡請求することができるものとして掲げ犯罪をいう。」は内容条約に譲るものとすることをあらわす。 第三項「この法律において「逃亡犯罪人」とは、引渡犯罪犯し、その犯罪について締約国刑事に関する手続が行われた者であって引渡条約により締約国が日本国に対し引渡請求することができるものをいう。」は、逃亡犯罪人の定義。 なお、「刑事に関する手続が行われた者」は、従来条文が「有罪宣告クハ告訴告発ヲ受ケタル者」だったが、刑事に関する諸般の手続が行われたら引き渡すことができるとして、範囲広げた

※この「定義(第一条)」の解説は、「逃亡犯罪人引渡法」の解説の一部です。
「定義(第一条)」を含む「逃亡犯罪人引渡法」の記事については、「逃亡犯罪人引渡法」の概要を参照ください。


定義 (行列の平方根)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/19 15:33 UTC 版)

行列の平方根」の記事における「定義 (行列の平方根)」の解説

行列 B が行列 A の平方根であるとは、B2 = A満たすときに言う。

※この「定義 (行列の平方根)」の解説は、「行列の平方根」の解説の一部です。
「定義 (行列の平方根)」を含む「行列の平方根」の記事については、「行列の平方根」の概要を参照ください。


定義(2条)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/21 08:43 UTC 版)

学校教育の情報化の推進に関する法律」の記事における「定義(2条)」の解説

学校教育情報化とは、学校の各教科等の指導等における情報通信技術の活用及び学校における情報教育充実並びに学校事務における情報通信技術の活用である。

※この「定義(2条)」の解説は、「学校教育の情報化の推進に関する法律」の解説の一部です。
「定義(2条)」を含む「学校教育の情報化の推進に関する法律」の記事については、「学校教育の情報化の推進に関する法律」の概要を参照ください。


定義(令和元年改正法)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/09 02:22 UTC 版)

歩行補助車」の記事における「定義(令和元年改正法)」の解説

道路交通法一部改正する法律令和元年法律第20号改正施行後の定義は、次の1または2のいずれかに該当するものとなる。 1 歩行補助車小児用の車及びショッピング・カート 2 レール又は架線によらない通行させる車であって、次のいずれにも該当するものイ 車体大きさが、他の歩行者通行妨げるおそれのないものとして、次を超えないこと長さ 190cm 幅 60cm ロ 車体構造が、歩きながら用いるものとして、普通自転車乗車装置幼児用座席を除く)を使用することができないようにした車その他の車であって、通行させる者が乗車することができない構造であること 2のロの「普通自転車乗車装置幼児用座席を除く)を使用することができないようにした車」については、幼児乗車可の自転車ベビーカーとの間で構造的転換可能な特種車(Taga Bike-Strollerなど)を想定していると想定される。また「その他の車」も含まれる事から、そのような特種車は例示としてそれに限定もされず、「歩きながら用いるものとして」かつ「通行させる者が乗車できない構造」である事が要件である。

※この「定義(令和元年改正法)」の解説は、「歩行補助車」の解説の一部です。
「定義(令和元年改正法)」を含む「歩行補助車」の記事については、「歩行補助車」の概要を参照ください。


定義 (細分)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 07:14 UTC 版)

リーマン積分」の記事における「定義 (細分)」の解説

P(x, t), Q(y, s) がともに区間 I の点付き分割とする。分割 Q(y, s) が分割 P(x, y) の細分 (refinement) とは、0 ≤ i ≤ n なる各整数 i に対して整数 r(i)xi = yr(i) なるもの存在し、かつ r(i) ≤ j < r(i + 1) なる適当な j に対して ti = sj とできるときにいう。

※この「定義 (細分)」の解説は、「リーマン積分」の解説の一部です。
「定義 (細分)」を含む「リーマン積分」の記事については、「リーマン積分」の概要を参照ください。


定義 (多項式の根)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 07:55 UTC 版)

多項式の根」の記事における「定義 (多項式の根)」の解説

多項式 P の A における根とは、A の元 α であって不定元 X にその値 α を代入するとき、P(α) が A において零元なるものを言う。

※この「定義 (多項式の根)」の解説は、「多項式の根」の解説の一部です。
「定義 (多項式の根)」を含む「多項式の根」の記事については、「多項式の根」の概要を参照ください。


定義 (多項式の分解)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 07:55 UTC 版)

多項式の根」の記事における「定義 (多項式の分解)」の解説

多項式 P が体 L に係数を持つ一次式の積に表されるとき、多項式 P は L において分解すると言う

※この「定義 (多項式の分解)」の解説は、「多項式の根」の解説の一部です。
「定義 (多項式の分解)」を含む「多項式の根」の記事については、「多項式の根」の概要を参照ください。


定義 (孤立零点)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 06:37 UTC 版)

零点」の記事における「定義 (孤立零点)」の解説

複素函数 f の零点 a が孤立するとは、それが f の零点集合孤立点となる(すなわち、a を中心とする十分小さな円板をとれば、その中含まれる f の零点が a のみであるようすることができる)ときに言う。

※この「定義 (孤立零点)」の解説は、「零点」の解説の一部です。
「定義 (孤立零点)」を含む「零点」の記事については、「零点」の概要を参照ください。


定義 (零点の重複度)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 06:37 UTC 版)

零点」の記事における「定義 (零点重複度)」の解説

正則函数 f の孤立零点 a の重複度が n であるとは、自然数 n が、任意の自然数 k < n に対して f(k)(a) = 0 かつ f(n)(a) ≠ 0 を満たすときに言う。このとき a は n-位の零点であるという。また、n = 1 のときは a を単純零点 (simple zero) とも呼ぶ。

※この「定義 (零点の重複度)」の解説は、「零点」の解説の一部です。
「定義 (零点の重複度)」を含む「零点」の記事については、「零点」の概要を参照ください。


定義 (Hall divisor)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/25 14:47 UTC 版)

ホール部分群」の記事における「定義 (Hall divisor)」の解説

自然数 n のホール因子は、n の約数 d で、d と n/d とが互いに素なるものを言う。

※この「定義 (Hall divisor)」の解説は、「ホール部分群」の解説の一部です。
「定義 (Hall divisor)」を含む「ホール部分群」の記事については、「ホール部分群」の概要を参照ください。


定義 (Hall subgroup)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/25 14:47 UTC 版)

ホール部分群」の記事における「定義 (Hall subgroup)」の解説

有限群 G のホール部分群は、G の位数 |G| のホール因子位数に持つ部分群、すなわちその位数がその指数互いに素部分群を言う。

※この「定義 (Hall subgroup)」の解説は、「ホール部分群」の解説の一部です。
「定義 (Hall subgroup)」を含む「ホール部分群」の記事については、「ホール部分群」の概要を参照ください。


定義 (Q 上の形式的に p-進な体)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/23 00:04 UTC 版)

p進閉体」の記事における「定義 (Q 上の形式的に p-進な体)」の解説

体 K は有理数体 ℚ とし、付値 v は通常の p-進付値(ただし v(p) = 1 と正規化する)とする。K の(必ずしも代数的とは限らない拡大体 F がそれ自身付値 w を持つとき、付値体 (F, w) が形式的に p-進 (formally p-adic) とは、以下の条件満足されるときに言う:

※この「定義 (Q 上の形式的に p-進な体)」の解説は、「p進閉体」の解説の一部です。
「定義 (Q 上の形式的に p-進な体)」を含む「p進閉体」の記事については、「p進閉体」の概要を参照ください。


定義 (p-進閉体)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/23 00:04 UTC 版)

p進閉体」の記事における「定義 (p-進閉体)」の解説

形式的 p-進体 F が、形式的に p-進な真の代数拡大体を持たないならば、F は p-進閉であるという。

※この「定義 (p-進閉体)」の解説は、「p進閉体」の解説の一部です。
「定義 (p-進閉体)」を含む「p進閉体」の記事については、「p進閉体」の概要を参照ください。


定義 (chart)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/09 01:38 UTC 版)

アトラス (多様体)」の記事における「定義 (chart)」の解説

位相空間 M のチャートは M の開集合 U と U 上で定義されユークリッド空間開集合への同相写像 φ の組 (U, φ) を言う。このとき、φ を U 上の座標系座標函数系、座標標構、座標写像などとも)と呼び、φ の像空間における各成分局所座標函数あるいは U 上の座標函数と呼ぶまた、M の各点 p に対し、p ∈ U となるようなチャート (U, φ) を考えるとき、U を p の座標近傍、φ(p) を x の座標と呼ぶ

※この「定義 (chart)」の解説は、「アトラス (多様体)」の解説の一部です。
「定義 (chart)」を含む「アトラス (多様体)」の記事については、「アトラス (多様体)」の概要を参照ください。


定義(第2条)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 02:49 UTC 版)

公害防止事業費事業者負担法」の記事における「定義(第2条)」の解説

1 この法律において「公害」とは、環境基本法第2条第3項規定する下記の公害をいう。環境保全上の支障のうち、事業活動等の人の活動に伴って生ずる相当範囲にわたる大気汚染水質汚濁水質以外の水の状態又は水底底質(底質汚染)]が悪化することを含む。以下同じ)、土壌汚染騒音振動地盤沈下及び悪臭によって、人の健康又は生活環境に係る被害生ずることをいう。 2 この法律において「公害防止事業」とは、下記の事業で、事業活動による公害防止するために事業者費用全部一部負担させるものとして国・地公共団体実施するものをいう工場事業場周辺地域緑地等施設設置管理事業 汚でいその他公害原因となる物質たい積底質汚染)し、又は水質汚濁している河川湖沼港湾その他の公共の用供される水域において実施される浚渫(しゆんせつ)事業導水事業等の事業 公害原因となる物質により被害生じている農用地若しくは農業用施設又はダイオキシン類により土壌汚染されている土地について実施される客土事業施設改築事業その他の政令定め事業 下水道等の施設特定の事業者事業活動主として利用されるものの設置の事業 工場又は事業場周辺にある住宅移転事業

※この「定義(第2条)」の解説は、「公害防止事業費事業者負担法」の解説の一部です。
「定義(第2条)」を含む「公害防止事業費事業者負担法」の記事については、「公害防止事業費事業者負担法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「定義」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

定義

出典:『Wiktionary』 (2021/10/24 01:33 UTC 版)

名詞

ていぎ

  1. 概念用語意味内容正確限定区別すること。また、その命題

翻訳

動詞

活用

翻訳


「定義」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



定義と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「定義」に関係したコラム

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のインディケーターで矢印を表示するには

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)にはさまざまなインディケーターが用意されています。インディケーターは、売買のエントリーポイントを見つける手段の1つとし...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



定義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの定義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのビールの表示に関する公正競争規約 (改訂履歴)、環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約 (改訂履歴)、旅館業法 (改訂履歴)、逃亡犯罪人引渡法 (改訂履歴)、行列の平方根 (改訂履歴)、学校教育の情報化の推進に関する法律 (改訂履歴)、歩行補助車 (改訂履歴)、リーマン積分 (改訂履歴)、多項式の根 (改訂履歴)、零点 (改訂履歴)、ホール部分群 (改訂履歴)、p進閉体 (改訂履歴)、アトラス (多様体) (改訂履歴)、公害防止事業費事業者負担法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの定義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS