命名とは? わかりやすく解説

めい‐めい【命名】

[名](スル)名前をつけること。「祖父名の一字をとって—する」「新造船の—式」


お七夜(命名)

贈答慣習

お七夜(命名)またこの日に「命名 ( 式 ) 」を併せて行ないます。
昔は出産後の肥立ち悪く、無事な生育を願うことから「三夜」「五夜」「七夜」「九夜」と奇数日に祝っていた頃のなごりです。内輪だけの祝宴催しますが、招かれた場合は「出産祝い」と兼ねて贈るのが一般的です。

お祝いを贈る時期

お七夜の当日贈ります。

お祝い返しの時期

内輪祝宴に招く人は当日会食で相当、招かない人へは一週間以内に「内祝」を贈ります。

名付け親への謝礼

内輪祝宴に招いて当日会食相当する場合と、会食あわせて別に御礼」を手渡す場合あります

助産師への謝礼

助産師への「御礼」も当日に贈るのが一般的です。

ひとくちMEMO

双方両親名付け親別途御礼)を招待会食で祝い返しに代える場合あります名付け親謝礼祝い返しを贈る場合には子供の名前書き入れた命名紙を付ける。

ご贈答のマナー

贈答様式 贈り 献辞表書き 慶弔用品
祝い金を贈る 身内
身内以外
お七夜命名
御祝
御命名お祝い
のし袋花結び
金封赤白花結び/赤白あわび結び
のし紙花結び
名付け親への謝礼 子供の親 命名御礼
御礼
祝い返し 子供の親 命名
命名内祝

使用例(のし紙/金封/のし袋の様式)

のし紙/金封/のし袋様式 使い方
のし紙:使用例 のし袋:使用例

赤ちゃん出生時のマメ知識

赤ちゃん誕生すると色んな行事待ってます何をしていいのかわからない方の為に誕生から七五三までの儀式の祝い方」「命名紙の書き方や用い方」をご紹介



命名

作者中村恵美

収載図書フーコー短編小説傑作14
出版社フーコー
刊行年月2004.1


命名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/27 23:54 UTC 版)

命名(めいめい)、ネーミング英語: naming)とは、人、物、商品、土地、時代、気候、ほか概念化可能な対象一般に対して、それを他から区別し、指示できるようにする為に、一意的な記号(一般に言葉文字)を与える行為である。


  1. ^ ロドリゲス『日本語小文典(下)』池上岑夫 訳、岩波書店(岩波文庫)1993年、130,131,139,197~201頁など


「命名」の続きの解説一覧

命名

出典:『Wiktionary』 (2021/06/15 13:53 UTC 版)

名詞

 めいめい

  1. 名前付けること。「」は「名付ける」の意。

発音(?)

め↗ーめー

翻訳

動詞

  1. 名付ける

活用

サ行変格活用
命名-する

翻訳


「命名」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

命名のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



命名のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2022
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの命名 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの命名 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS