指示とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 指示 > 指示の意味・解説 

し‐じ【指示】

読み方:しじ

[名](スル)

物事をそれとさししめすこと。「地図上の一点を—する」

さしずすること。命令。「—に従う」「—を与える」「部下に—する」


指示

作者星新一

収載図書凶夢など30
出版社新潮社
刊行年月1991.12
シリーズ名新潮文庫

収載図書星新一ショートショートセレクション 8 夜の山道で
出版社理論社
刊行年月2002.11


指示

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/11 07:31 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「指示」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「指示」を含むページの一覧/「指示」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「指示」が役に立つかも知れません。

関連項目



指示

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/05 22:10 UTC 版)

トップマネジメント」の記事における「指示」の解説

総務 教育実施全社員能力アップ維持となる。 福利厚生モラル愛社精神アップ。低いと社員によるアクシデント・ストライキ、大量離脱それに伴う社員引き抜き発生する開発 改良基本となるコンピューター性能アップ維持放っておく性能が落ちる配置人数によって改良による効果変わる。 人配年初振り分けた人材それぞれの分野配置する製造 人配開発人配置と同じ。 ライン割り年初決めた製造ライン割り振り営業 商戦兵士となる、各担当販売営業部配置数と宣伝活動宣伝雑誌新聞テレビがあり数回行うとブランド力アップする情報 他社状況自社シェア売り上げ調べる。 個数、生産 ここで次のターンまでの生産数値段決定しターン終了社員能力性能ブランドシェアによって売り上げ販売数在庫決まる。

※この「指示」の解説は、「トップマネジメント」の解説の一部です。
「指示」を含む「トップマネジメント」の記事については、「トップマネジメント」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「指示」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

指示

出典:『Wiktionary』 (2021/10/24 03:42 UTC 版)

名詞

(しじ)

  1. それと指し示すこと。
  2. 他人に指図すること。命令すること。手順段取りを示すこと。またその内容

発音(?)

し↘じ

関連語

翻訳

動詞

活用

翻訳


「指示」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



指示と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「指示」に関係したコラム

  • ETFや株式の取引手段とメリット、デメリット

    ETFや株式の取引手段には、「店頭取引」、「電話取引」、「パソコン取引」、「スマホ取引」の4種類があります。ここでは、それぞれの取引手段とそのメリット、デメリットを紹介します。▼店頭取引店頭取引は、顧...

  • 株365や株式投資で必ず儲かる話は本当か

    株365や株式投資、FX、CFDなどで必ず儲かるという謳い文句で投資を勧誘する手口が後を絶ちません。勧誘の手口には次のようなものが挙げられます。「絶対儲かる。借金してでも投資する価値がある。」と絶対儲...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

指示のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



指示のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
K-PrologK-Prolog
Copyright (C) 2022 K-Prolog All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの指示 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトップマネジメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの指示 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS