ラインとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ライン > ラインの意味・解説 

line

読み方:ライン

(1)英語で「線」「列」あるいは「線を描く」といった意味で用いられる語。
(2)LINE株式会社提供しているメッセンジャーアプリの名称。正式名称はすべて大文字で「LINE」と表記される
(3)出生年を示す際に用いられることのあるの表記西暦下二にlineの語を加えて、たとえば1997年生まれなら「97line」という風に表現される

ライン【line】


ライン【Rhein】


ライン


LINE

読み方:ライン
別名:NAVER LINE

LINEとは、LINE株式会社提供しているスマートフォン向けコミュニケーションアプリである。

LINEの中心的な機能IP電話インターネット電話)による通話機能と、LINEスタンプ使えるテキストチャット機能である。通話パケット通信利用するため通話料金発生せずパケット定額サービス加入していれば通信料金発生しないテキストチャットでは、イラスト化されLINEスタンプメッセージ添えることによって、はっきりと言いにくい感情文字では表現しにくい微妙なニュアンス手軽に込めることができる。

LINEはスマートフォン特化したネイティブアプリとして開発された。ユーザーIDとして端末電話番号利用しアドレス帳連携して発着信できるようにしたことで、シンプルな操作方法実現している。

LINEは2011年6月公開された。提供開始から半年間でアプリダウンロード数1000万突破し2012年1月には累計1500ダウンロード突破している。中東東南アジアヨーロッパ圏などでも多くのユーザーがあり、スイスApp Store無料総合ランキング1位にもなっている。登録ユーザー数2013年1月1億突破2013年7月には2億を突破11月には3億を突破した

LINEは韓国NHN日本法人であるNHN Japanにより開発された。2013年NHN Japanは「LINE株式会社」に改称しゲーム事業部門を「NHN Japan株式会社」として新たに発足させている。

2012年半ばからはLINEゲームLINEクーポンなどの連携サービス連携アプリなどを多数展開しメッセージ交換し合うだけのメッセンジャーアプリではなく総合的なソーシャルプラットフォームとしてのサービス拡充が行われている。


参照リンク
LINE
Webサービスのほかの用語一覧
LINE:  Letter Sealing  LINE WORKS  LINEデリマ  LINE  LINE Camera  LINE Card  LINE公式アカウント

ライン

ラインカラー加工ビーズの穴に着色メッキなどをしたもの通常透明のビーズの穴に着色メッキをすることが多い。

ex. ブラックライン、シルバーライン、コパーライン

関連用語:中染め,中メッキシルバーライン

ライン


ライン

作者みかみちひろ

収載図書むすぶ―第11回フェリシモ文学賞作品集
出版社フェリシモ
刊行年月2008.6


ライン

名前 LineRhineLyneReinRyneLainLaínLynneRijn

ライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/29 07:46 UTC 版)

英語の「Line」




「ライン」の続きの解説一覧

ライン(釣り糸)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/05 00:22 UTC 版)

ルアーフィッシング」の記事における「ライン(釣り糸)」の解説

ナイロンフロロカーボンPE等がある。

※この「ライン(釣り糸)」の解説は、「ルアーフィッシング」の解説の一部です。
「ライン(釣り糸)」を含む「ルアーフィッシング」の記事については、「ルアーフィッシング」の概要を参照ください。


ライン (Lignes)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 15:19 UTC 版)

スポールブール」の記事における「ライン (Lignes)」の解説

コート境界示し、またコートエリア分割する線。

※この「ライン (Lignes)」の解説は、「スポールブール」の解説の一部です。
「ライン (Lignes)」を含む「スポールブール」の記事については、「スポールブール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ライン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ライン

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 11:14 UTC 版)

語源

英語: line

名詞

ライン

  1. 、筋。
  2. (航空) 航路空路
  3. 区画線境界線
  4. (スポーツ) 競技必要な線、走路線等。
  5. (単位) ヤードポンド法長さ補助単位12分の1インチ
  6. 製造販売などの実務に関する部門
  7. 命令系統貫かれている組織系列
  8. 会社などで出世コースみなされている人事職階上の系列
  9. 生産工程路線ベルトコンベヤー方式などの流れ作業による生産組立
  10. (釣り)道糸

関連語




ラインと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ライン」に関係したコラム

  • FXやCFDのサポートラインとレジスタンスラインのパターン

    FXやCFDでのサポートラインとは、相場の下値を支える線のことで、支持線ともいいます。また、レジスタンスラインとは、相場の上値を押える線のことで、抵抗線ともいいます。FXやCFDでのサポートラインとレ...

  • FXやCFDのホッペンシュテット方式とは

    FXやCFDのホッペンシュテット方式とは、ポイントアンドフィギュアでトレンドラインを引く方法のことです。ホッペンシュテット方式は考案者のシュリッカーの名をとって、シュリッカー方式ともいいます。ホッペン...

  • FXのチャート分析ソフトMT4でラインを引いて分析するには

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)でラインを引いて分析する方法を紹介します。MT4でラインを引くには、画面上部のラインアイコンを用います。「|」は垂線、...

  • CFDのカマリリャピボットとは

    カマリリャピボット(Camarilla Pivot)とは、オシレーター系のテクニカル指標のピボットを元に作られた指標のことです。カマリリャピボットは、当日の値動きは前日の高値と安値の中間値が基準になる...

  • FXのピボットの計算方法と使い方

    ピボット(PIVOT)は、前日の為替レートをもとに当日の為替レートを予測するFXのテクニカル指標です。主にデイトレード向きの手法で用いられています。ピボットで求めるのは、基準となるPIVOT値と、サポ...

  • FXやCFDの標準偏差チャネルとは

    FXやCFDの標準偏差チャネルとは、線形回帰線から一定の標準偏差分を乖離した直線のことです。標準偏差チャネルは、線形回帰線からプラスに乖離した直線と、マイナスに乖離した直線の2本の線を描画します。下の...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ライン」の関連用語

ラインのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ラインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリLINEの記事を利用しております。
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
すずらん工房すずらん工房
Copyright (c) 2000-2022 BOW All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのライン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのルアーフィッシング (改訂履歴)、スポールブール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのライン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS