holdとは? わかりやすく解説

ホールド【hold】

読み方:ほーるど

支えること。からだなどを一定の状態に保つこと

登山で、岩登り際に手や足をかける所。フリークライミングなどで、人工に取付けられる突起物についてもいう。

ロングタッチ

野球で、中継ぎ投手セットアップマン)に与えられる記録日本プロ野球では、自チームリードしているか同点の場面で登板しリードまたは同点の状態を保って降板すれば記録される


ホールド

読み方ほーるど
【英】:Hold

ボール投げず持っていることを指す言葉

ジャグリングは常にボール投げているものだが、パターンによってはボール投げないでしばらく持っているものもある。(サイトスワップ言えば2という投げ方(?)に相当する。)ボール投げないので見た目にはすこし退屈に見えることもあるが、ボール持った手を動かす事によって非常に面白パターンできることもある。バークスバレッジヨーヨーといったトリックが有名。

またジャグリング動き解析するときに手の中ボールある時間の事をホールドタイム(保持時間ということもある。


Hold

名前 ホルト

HOLD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 06:35 UTC 版)

オンゲキ」の記事における「HOLD」の解説

TAPラインつながったノーツ対応するボタンライン最後まで押し続ける。ライン終点ボタン離さなくてもよい。

※この「HOLD」の解説は、「オンゲキ」の解説の一部です。
「HOLD」を含む「オンゲキ」の記事については、「オンゲキ」の概要を参照ください。


HOLD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 16:06 UTC 版)

チュウニズム」の記事における「HOLD」の解説

黄色く長いノーツ終点までスライダータッチし続ける。

※この「HOLD」の解説は、「チュウニズム」の解説の一部です。
「HOLD」を含む「チュウニズム」の記事については、「チュウニズム」の概要を参照ください。


Hold(停止)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/10 15:07 UTC 版)

証明書失効リスト」の記事における「Hold(停止)」の解説

有効な状態に戻すことができる。例えば、ユーザー秘密鍵紛失した盗まれ可能性がある考えたときに一時的に証明書停止させ、後日それが間違い誰もその間秘密鍵アクセスできなかったことが判れば、再度証明書有効にできる。その場合、その証明書のシリアル番号CRLから削除されることがある

※この「Hold(停止)」の解説は、「証明書失効リスト」の解説の一部です。
「Hold(停止)」を含む「証明書失効リスト」の記事については、「証明書失効リスト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「hold」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「hold」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「hold」に関係したコラム

  • 株式の投資判断とは

    株式の投資判断とは、証券会社などの証券アナリストが銘柄を分析して投資判断を下すことです。投資判断では、「1、2、3」のような数字で表現したり、「売り、買い、中立」、「Underweight、Overw...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「hold」の関連用語

holdのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



holdのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2022 by JugglingDonuts
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオンゲキ (改訂履歴)、チュウニズム (改訂履歴)、証明書失効リスト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS