押しとは? わかりやすく解説

おし【押し/圧し】

読み方:おし

【一】[名]

力を加えること。

上から重みをかけること。また、そのもの。おもし。「漬物に―をする」「ズボンの寝―」

相撲で四つ身にならず手のひら相手当てて前へ進むこと。

無理にでも自分の意志通そうとすること。また、その力。「―の強い人」

わなの一。知らずに踏むとおもしが人や動物打ち圧死させる仕掛け

「殿を作りその内に―を張りて」〈記・中〉

【二】接頭(押し)動詞に付く

強力に強引に無理に、などの意を表す。「―つける」「―通す」

下に付く動詞の表す意味を強める。「―詰まる」「―黙る」


押し

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

オシ(押し)

相手の石にノビ促すような手。


オシ (囲碁)

(押し から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/30 14:10 UTC 版)

オシ囲碁用語のひとつ。「押し」とも表記し、動詞では「押す」となる。自分の石と相手の石が斜めの位置関係にあるとき、その両方に隣接させるように打ち、相手の石を押しつけるようにして自分の石の勢力範囲を伸ばす手である。下図の黒1,3がオシの一例である。


  1. ^ "囲碁用語「車の後押しヘボ碁の見本」". 日本囲碁連盟. 2020年9月21日閲覧


「オシ (囲碁)」の続きの解説一覧

押し

出典:『Wiktionary』 (2021/08/23 11:09 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. 「おし」参照

「押し」の例文・使い方・用例・文例



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「押し」に関係したコラム

  • 株式やFX、CFDの3段高下論とは

    株式やFX、CFDの3段高下論(三段高下論)とは、相場の推移は3段の上げと3段の下げからなるという考えのことです。3段高下論は3段高下法則(三段高下法則)ともいいます。3段高下論では、1段上げの後に少...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「押し」の関連用語

押しのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



押しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
playGO.toplayGO.to
Copyright (C) 2022 playGO.to. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオシ (囲碁) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの押し (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS