ナダレ定石とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 鉱物 > > ナダレ定石の意味・解説 

ナダレ定石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/30 14:31 UTC 版)

ナダレ定石(なだれじょうせき)は囲碁定石に付けられた俗称の一つで、小目への一間高ガカリ下ツケする形から発生する定石を指す。最初から接触戦となり、また変化型が多い難解定石の代表の一つ。石が接触しながら戦いになっていく様を「ナダレ」と形容された。命名者は三堀将[1]




  1. ^ 三堀将『楽しい囲碁心理学』(日本棋院)P.41
  2. ^ 1939年に加藤信の著書のために、当時読売新聞囲碁欄担当記者だった三堀が「かりにこれを雪崩型と云わうか」と記した(三堀将『黒白縦横』東京書籍 1979年)


「ナダレ定石」の続きの解説一覧



ナダレ定石と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ナダレ定石」の関連用語

ナダレ定石のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ナダレ定石のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナダレ定石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS