ネット碁とは?

ネット碁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/22 04:01 UTC 版)

ネット碁(ネットご)は、インターネット専用線などのコンピュータネットワークを介して行われる囲碁の対局である。インターネット囲碁、ネット囲碁ともいう。オンラインゲームの一つ。




  1. ^ 2003年、韓国棋院の株式会社世界サイバー棋院(現サイバーオロ)との提携により設立された。提携企業の選定を巡る日本棋院内の紛争が話題となった(朝日新聞:提携先の再選定勧告日本棋院のネット対局計画で監査委(2004年4月22日)。2015年7月30日閲覧)。
  2. ^ サンサン
  3. ^ [1]
  4. ^ [2]
  5. ^ [3]
  6. ^ ふぃご村囲碁道場ポスト碁とRT碁。2015年7月30日閲覧。
  7. ^ MEGAターミナル
  8. ^ サンサン
  9. ^ GOBASE.org。2015年7月30日閲覧。
  10. ^ 2002年、株式会社パンダネットとして分社化された。
  11. ^ IGS有料化問題を語ろう (1997年8月15日)。2015年7月30日閲覧。
  12. ^ WINGWINGヒストリー(1997年6月17日)。2015年7月30日閲覧。
  13. ^ ISP事業「InfoPepper」の一部として提供されていた(東芝情報システム株式会社技術情報誌「Wave」バックナンバー:Vol. 3(2003年7月)。2015年7月30日閲覧)。その後、2006年4月に株式会社イージェーワークスに「InfoPepper」の営業権が移管され、2008年にパンダネットとの運営提携及び有料化が行われた。さらに2013年にパンダネットに事業譲渡された。
  14. ^ 棋聖堂会社概要。2015年7月30日閲覧。
  15. ^  【中国話題】「4年間で4000局、タイジェムが私を育てた!」世界三冠王に登板-柯潔ストーリー① nitro15
  16. ^ 第1回パケット名人戦
  17. ^ 第1期パケット名人戦
  18. ^ パケット名人戦
  19. ^ 日本棋院囲碁ネット棋戦大和証券杯。2015年7月30日閲覧。大和証券杯としてはネット将棋棋戦も開催されていた。
  20. ^ パケット名人戦
  21. ^ ジュニア名人戦(2002年-)
  22. ^ 学生棋聖戦
  23. ^ 岩橋培樹「東アジアに展開される碁ビジネス-現代的な創造産業としての現状と可能性-」。公益財団法人アジア成長研究所「東アジアへの視点」第20巻3号、pp. 30-32。2015年7月30日閲覧。
  24. ^ 日本棋院:世界の囲碁人口分布図(2003年)。2015年7月30日閲覧。
  25. ^ 銀星囲碁の項目を参照。
  26. ^ 一例としてKGSヘルプ:初心者向けFAQエスケーパー荒らしサンドバッガーの定義が記載されている。また、KGSヘルプ:対局のマナーには日本の慣習を強調し過ぎない、最大公約数的なマナーが記載されている。


「ネット碁」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ネット碁」の関連用語

ネット碁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ネット碁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのネット碁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS