チェスとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > チェスの意味・解説 

チェス【chess】

西洋将棋白・黒16個ずつの駒(キング・クイーン・ビショップ・ナイト・ルーク・ポーン)を市松模様の盤に並べ、交互に動かして相手キング詰めゲーム

チェスの画像

ピメトロジン

分子式C10H11N5O
その他の名称:ピメトロジン、CGA-215944、Pymetrozine、6-Methyl-4-[[(E)-3-pyridylmethylene]amino]-2,3,4,5-tetrahydro-1,2,4-triazine-3-one、チェス、エンデバーChess、4-[[(E)-(3-Pyridinyl)methylene]amino]-6-methyl-4,5-dihydro-1,2,4-triazine-3(2H)-one、Endeavor、フルフィル、Fulfill、プレヌム、Plenum
体系名:4-[[(E)-(3-ピリジニル)メチレン]アミノ]-6-メチル-4,5-ジヒドロ-1,2,4-トリアジン-3(2H)-オン、6-メチル-4-[[(E)-3-ピリジルメチレン]アミノ]-2,3,4,5-テトラヒドロ-1,2,4-トリアジン-3-オン


チェス

作者ルネ・ゴシニ

収載図書プチ・ニコラニコラ仲間たち 4
出版社偕成社
刊行年月1996.6
シリーズ名偕成社文庫


チェス

作者中村基,星護

収載図書世にも奇妙な物語小説の特別編
出版社角川書店
刊行年月2000.10
シリーズ名角川ホラー文庫


チェス

名前 Chess

チェス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/23 14:42 UTC 版)

チェス: chessペルシア語: شطرنج‎ šaṭranj シャトランジ)は、2人で行うボードゲームマインドスポーツの一種である。先手・後手それぞれ6種類16個の駒を使って、敵のキングを追いつめるゲームである。その文化的背景などから、チェスプレイヤーの間では、チェスはゲームであると同時に「スポーツ」でも「芸術」でも「科学」でもあるとされ[1]、ゲームに勝つためにはこれらのセンスを総合する能力が必要であると言われている[2]




注釈

  1. ^ この格言の出典については、チェルネフとスピールマンの二説がある。前者は「最新図解チェス」(渡井美代子、日東書院)などに、後者は英語版ウィキクオートなどに記載されている。
  2. ^ ICCF:International Correspondence Chess Federation
  3. ^ JCCA:Japan Correspondence Chess Association
  4. ^ JPCA:Japan Postal Chess Association
  5. ^ その後、人間がコンピュータに負けにくいアリマアという新しいボードゲームが考案された。

出典

  1. ^ 『チェスの本』フランスワ・ル・リヨネ 成相恭二訳 白水社 ISBN 4-560-05603-X
  2. ^ 松本康司「チェスの妙味(解説篇)」『チェスの名人になってみないか 図解チェス入門』青年書館、1980年3月、20頁。全国書誌番号:80023310
    ロフリン (1977, 日本語版への序)
  3. ^ ロフリン (1977, p. 2)
  4. ^ a b c d 村上耕司 (2006年1月1日). “将棋の起源”. 朝日現代用語 知恵蔵2006. 朝日新聞社. pp. 999-1000. ISBN 4-02-390006-0. 
  5. ^ 松田道弘 (1993, p. 323)
  6. ^ a b 倉田操「チェスについて」『ゲームとチェスの遊び方』虹有社、1981年7月10日、9刷、103頁。全国書誌番号:93009517。「我国では,チェスのことを,将棋によく似ているところから「西洋将棋」とも言っております。」
  7. ^ a b 増川宏一「チェス」『盤上遊戯』法政大学出版局〈ものと人間の文化史(29)〉、1978年7月10日、初版、137頁。ISBN 978-4588202919
  8. ^ チェス”. 競技情報. 日本オリンピック委員会 (2006年). 2009年11月7日閲覧。
    “チェス〈chess〉”, 旺文社国語辞典 (中型新 ed.), 旺文社, (1965), p. 678, 全国書誌番号:65001185 
    “chess”, 新英和中辞典 (第4 ed.), 研究社, (1977), p. 248, 全国書誌番号:84016323 
    “chess”, デイリーコンサイス英和辞典 (第3 ed.), 三省堂, (1979年12月10日), p. 89, ISBN 4-385-10297-X 
    “chess”, ニュー・アンカー英和辞典 (初 ed.), 学習研究社, (1988年1月20日), p. 226, ISBN 4-05-103565-4 
    日本語大辞典 (初 ed.). 講談社. (1989年11月6日). pp. 1077,1237. ISBN 4-06-121057-2. 
    “チェス”, 新明解国語辞典 (第4版小型 ed.), 三省堂, (1989年12月10日), p. 808, ISBN 4-385-13142-2 
    “チェス[chess]”, 大きな活字の三省堂国語辞典 (第4版大字 ed.), 三省堂, (1992年4月1日), p. 722, ISBN 4-385-13179-1 
    “チェス[chess]”, 大辞林goo辞書 (第2 ed.), 三省堂, (1995年11月3日), ISBN 4-385-13902-4, http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/123604/m0u/ 2009年10月29日閲覧。 
    “チェス【chess】”, 大辞泉Yahoo!辞書 (増補・新装 ed.), 小学館, (2006), ISBN 978-4095012124, http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?index=13691811827000&dtype=0&stype=0&enc=UTF-8&p=%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B9 2009年10月29日閲覧。 
    “チェス”. マイペディア. 日立システムアンドサービス. (2008年6月). http://kotobank.jp/word/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B9 2009年10月29日閲覧。. 
  9. ^ “第22回朝日オープン将棋選手権 五番勝負第2局”. asahi.com (朝日新聞社): p. 第7譜. (2004年5月8日). http://www.asahi.com/shougi/open22/5ban02/07.html 2009年11月7日閲覧。 
  10. ^ a b Davis, Morton.D「第2章 完全情報・有限・2人・ゼロ和ゲーム」『ゲームの理論入門 チェスから核戦略まで』桐谷維、森克美訳、講談社ブルーバックス〉、1973年9月30日(原著1970年)、第46刷、31-32頁。ISBN 4-06-117817-2。「ゲームの理論家の眼から見れば、チェス・ゲームの例には四つの本質的要素がある。(中略)これら四つの特性を持つゲームは「完全情報・有限・2人・ゼロ和ゲーム」といわれる。」
  11. ^ 松田道弘 (1993, pp. 206-262)
  12. ^ Garry Kasparov, Raymond Keene (1989). Batsford Chess Openings 2, Henry Holt and Company. ISBN 0-8050-3409-9.
  13. ^ Nick De Firmian (1999). Modern Chess Openings: MCO-14, Random House Puzzles & Games. ISBN 0-8129-3084-3.
  14. ^ How Many Chess Players? « ChessManiac
  15. ^ Chess.comの記事「チェスを指す人は世界で何人?」
  16. ^ 羽生善治 「上達するヒント」 p.3 まえがき
  17. ^ Yen, Chen, Yang, Hsu (2004) "Computer Chinese Chess" Archived 2015年7月9日, at the Wayback Machine.
  18. ^ a b 美添一樹「モンテカルロ木探索-コンピュータ囲碁に革命を起こした新手法」『情報処理』第49巻第6号、2008年6月15日、 686–693。
  19. ^ a b c d e Yen, Chen, Yang, Hsu (2004) "Computer Chinese Chess"
  20. ^ Combinatorics of Go”. tromp.github.io. John Tromp, Gunnar Farneback. 2018年12月22日閲覧。
  21. ^ Searching for Solutions in Games and Artificial Intelligence
  22. ^ Davis, Morton.D「第2章 完全情報・有限・2人・ゼロ和ゲーム」『ゲームの理論入門 チェスから核戦略まで』桐谷維、森克美訳、講談社ブルーバックス〉、1973年9月30日(原著1970年)、第46刷、36-37頁。ISBN 4-06-117817-2
  23. ^ Claude Shannon (1950). “Programming a Computer for Playing Chess”. Philosophical Magazine 41 (314). http://archive.computerhistory.org/projects/chess/related_materials/text/2-0%20and%202-1.Programming_a_computer_for_playing_chess.shannon/2-0%20and%202-1.Programming_a_computer_for_playing_chess.shannon.062303002.pdf. 



チェス

出典:『Wiktionary』 (2019/02/21 07:11 UTC 版)

語源

英語 chess

発音

チェ↘ス

名詞

チェス

  1. 2人行なうボードゲーム一種で、8列の市松模様盤上勝負を争う。西洋将棋

関連語

参照

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チェス」の関連用語

チェスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



チェスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチェス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのチェス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS