オンとは?

オン【on】

[名](スル)

スイッチが入った状態。機械などが作動中の状態。⇔オフ

ゴルフで、ボールグリーンにのること。「第2打でオンする」

《「オンタイム」の略》仕事中であること。「オンとオフ切り替える」⇔オフ

他の外来語の上に付いて、上にある、接している、その状態にあるなどの意を表す。「オンザロック」「オンライン

[補説] 3日本語での用法。


おん【音】

[音]オン(呉) イン(漢) [訓]おと ね

学習漢字1年

[一]〈オン〉

おと。「音響音質音波擬音跫音(きょうおん)・玉音高音轟音(ごうおん)・雑音消音心音騒音低音爆音美音防音録音

音楽のふし。ねいろ。「音頭(おんど)・音符音律楽音主音半音和音

言葉音声的な要素。「音韻音声唇音清音舌音促音濁音短音長音同音発音撥音(はつおん)・鼻音表音拗音(ようおん)」

漢字の読み方の一。中国語音に由来するもの。「音訓漢音呉音字音唐音和音

たより。「音信

[二]イン

おと。「余音

音楽。「知音

言葉音声的な要素。「子音母音

たより。「音信音物(いんもついんぶつ)/疎音訃音無音(ぶいん)・福音

[三]〈おと〉「足音雨音(あまおと)・羽音(はおと)・水音物音

[四]〈ね〉「音色遠音初音本音(ほんね)・弱音

名のりお・と・なり


おん〔をん〕【雄】

おす。お。⇔雌(めん)。

「―はいないのだが、どこかで子種をもらって来たよ」〈志賀暗夜行路


おん【温】

[音]オンヲン)(呉)(漢) ウン(唐) [訓]あたたか あたたかい あたたまる あたため ぬくい

学習漢字3年

たたかい。「温気(おんき・うんき)・温室温泉温暖

あたたかさ度合い温度。「気温検温高温常温水温体温地温低温適温保温

顔色や心がおだやかである。「温顔温厚温情

大切にする。「温存

おさらいをする。「温故・温習

名のりあつ・あつし・いろ・おつ・すなお・ただす・なが・ならう・のどか・はる・まさ・みつ・やす・ゆたか・よし

難読温州(うんしゅう)・温明殿(うんめいでん)・微温湯(ぬるまゆ)・微温(ぬる)む


おん【恩】

[音]オン(呉)(漢)

学習漢字6年

めぐみ。いつくしみ情け。「恩愛(おんあいおんない)・恩恵恩師恩賜恩赦恩情恩人恩寵(おんちょう)・恩典感恩旧恩君恩厚恩高恩鴻恩(こうおん)・謝恩重恩大恩朝恩仏恩報恩忘恩

名のり]おき・めぐみ


おん【音】

【一】[名]

おと。ねいろ。「ドの音」

人の口から発せられる言葉構成する、一つ一つのおと。「『ひ』と『し』の音を混同する」

漢字の読み方の一。日本伝来して国語化した漢字発音伝来した時代や、もとになる中国語方言などにより、一つ漢字が数種の音をもつこともある。呉音漢音唐音などが主なもの。字音漢字音。「音で読む」⇔訓(くん)。

【二】接尾助数詞

言葉構成する、一つ一つのおとを数えるのに用いる。「俳句5・7・517からなる

音楽で、全音または半音数えるのに用いる。「1音下げて歌う」


おん【陰/飲/隠/×蔭】

〈陰〉⇒いん

〈飲〉⇒いん

〈隠〉⇒いん

〈蔭〉⇒いん


おん【恩】

人から受ける、感謝すべき行為恵み情け。「恩を施す」


おん【怨/×苑/園/遠/×厭】

〈怨〉⇒えん

〈苑〉⇒えん

〈園〉⇒えん

〈遠〉⇒えん

〈厭〉⇒えん


おん【穏〔穩〕】

常用漢字] [音]オンヲン)(呉)(漢) [訓]おだやか

落ち着いている。おだやか。「穏健穏和安穏(あんおんあんのん)・静穏不穏平穏

名のり]しず・とし・やす・やす


おん【×唵】

《(梵)oṃの音写インドの宗教哲学で、神聖神秘的な意味をもつとされる語。仏教でも、真言陀羅尼(だらに)の冠頭に置かれることが多い。帰命(きみょう)・供養あるいは仏の三身を表すとするなど、種々の解釈がある。


おん【御】

[接頭]《「おおん」の音変化名詞に付いて、尊敬相手への尊敬を含む)の意を表す。「お」よりも敬意強く、やや改まった場合に用いられる。「御身」「御礼

[補説] 中古の「御」は「おおん」と読むのが妥当とされる中世ごろには「御所ざまの御やうも御(おん)ゆかしくて」〈とはずがたり・五〉のように形容詞(さらに形容動詞など)に付くこともあった。→おおん


オン・オフ

スペルONOFF
ON=入れる、OFF=切る。用語に加えるまでもなく誰もが知るところだろうけど、バイク世界においては少々特殊な使いをすることがある。 たとえば、スロットル別にスイッチがあるわけでもないのに、スロットル開けることをスロットルオン、スロットルを閉じることをスロットルオフという。 オンロードオフロードもそう。アスファルト舗装された道をオンロード、それ以外の未舗装路をオフロードというが、「オフ好き」とか「オンしか走らない」というように、略称がそれぞれ、オン、オフとなる。
関連用語】オフロード オンロード

オンロード

【別称】オン
アスファルト舗装された道路全般のことで、一般公道からサーキットまでを指す。
一度アスファルト舗装されていないオフロードを走ってみれば理解できると思うが、オンロードは真っ平らである。デコボコがあったとしてもわだち(車が何度も何度も同じところを通ることでできたくぼみ)くらいなもの。このオンロードを走行することを前提に作られたモデルは、オフロード車区別して「オンロード用モデル」と総称されることもある。

関連用語】オフ車 オフロード

オン (On)

グリーンボール乗ること。オンしている、と言えばグリーンボールが乗っているという意味。
 
»

グリーン上での重要なルール





オン

名前 On; OngOhnOnnWen

ON

(オン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/11 17:14 UTC 版)

ON, on(オン、オーエヌ)




「ON」の続きの解説一覧

オン

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 20:44 UTC 版)

語源

名詞

  1. 機械などのスイッチが入っている状態。
  2. ゴルフで、打球グリーンの上乗ること。

対義語

語義1

同音の漢字


  • 画数:16
  • 音読み:オン、 ラン
  • ピンイン:lan3
  • 対応する英語:disappointed


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「オン」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オン」の関連用語

オンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2021 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
豆辞典ドットコム豆辞典ドットコム
www.mamejiten.com - all rights reserved
豆辞典ドットコムゴルフ豆辞典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのON (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのオン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS